Azure Database for PostgreSQL の価格

エンタープライズ対応のフル マネージド コミュニティ PostgreSQL

Azure Database for PostgreSQL は、高可用性、インテリジェンスなどの機能が組み込まれたフルマネージドのサービスとしてのデータベースです。お好きな言語とフレームワークを初期費用なしで引き続きご利用いただけます。予約容量の価格で使用した分だけお支払いいただけるようになりました。

予約容量価格をご利用いただけるようになりました。通常の従量課金制の支払いオプションと比較して、最大 60% 節約できます

柔軟で明瞭な価格設定

コンピューティングとストレージを、ワークロードに基づいて独立してスケーリングできます。使用した分だけお支払い。

コストの最適化

従量課金制オプションと比較して、予約容量では最大 60% を節約できます。

バースト可能インスタンスと停止/開始機能で総保有コストを削減することができます。データベースが停止しているときには、ストレージへの支払いのみが発生します。

デプロイ オプションの選択

単一サーバー、フレキシブル サーバー (プレビュー)、ハイパースケールなどのデプロイ オプションを使用して、データベース管理とカスタマイズのニーズを満たすことができます。

Azure Database for PostgreSQL のすべての価格オプションを確認する

ご自身のワークロードに適したデプロイ オプションをお選びください

Hyperscale は、数百のノードに対し水平方向のスケールアウト機能を提供し、以下を必要とするハイ パフォーマンスのワークロードに最適です。

  • 手動シャーディングのコストをかけずに動的なスケーラビリティを実現し、アプリケーションの再設計を減らす
  • 同じデータベース上で実行するトランザクションおよび分析クエリ

Azure Database for PostgreSQL Hyperscale の詳細情報

ワーカー ノード サイズ (コンピューティングとメモリ)

Hyperscale (Citus) データベース クラスターは、2 ワーカー ノードから開始されます。ワークロードが増大した場合は、仮想コア (論理 CPU) とメモリをワーカー ノードに追加できます。また、ワーカー ノードを追加して、Postgres クラスターをスケール アウトできます。

vCore/ノード メモリ (GiB)/ノード 料金/ノード 1 年予約
(% 割引)*
3 年予約
(% 割引)*
4 32 GiB $- $- $-
8 64 GiB $- $- $-
16 128 GiB $- $- $-
32 256 GiB $- $- $-
64 432 GiB $- $- $-
*1 年および 3 年間の予約容量の詳細情報をご確認ください。

コーディネーター ノード サイズ (コンピューティングとメモリ)

Hyperscale (Citus) データベース クラスターごとに 1 つのコーディネーター ノードが含まれます。

vCore* メモリ (GiB) 料金 1 年予約
(% 割引)**
3 年予約
(% 割引)**
4 16 GiB $- $- $-
8 32 GiB $- $- $-
16 64 GiB $- $- $-
32 128 GiB $- $- $-
64 256 GiB $- $- $-

*コーディネーター ノード コンピューティングは、論理 CPU である仮想コア (vCore) でプロビジョニングされます。

**1 年および 3 年間の予約容量の詳細情報をご確認ください。

ノードあたりのストレージ - General Purpose SSD ストレージ

Hyperscale (Citus) ワーカー ノードとコーディネーター ノード用ストレージが、ノードあたり 512 GiB (0.5 TiB)、またはノードあたり 1 TiB あるいは 2 TiB になるように構成できます。General Purpose ストレージの課金は、プロビジョニングしたストレージに対して GiB 単位で行われます。

料金
0.5 TiB $-/月
1.0 TiB $-/月
2.0 TiB $-/月

高可用性

高可用性 (HA) は、サーバー グループ内の各ノードのスタンバイ レプリカを維持することでデータベースのダウンタイムを回避する機能です。ノードがダウンした場合、Hyperscale は、障害が発生したノードからそのスタンバイに受信接続を切り替えます。フェールオーバーは数分で完了し、昇格されたノードには、PostgreSQL の同期ストリーミング レプリケーションを通じて常に最新のデータが格納されます。Hyperscale (Citus) クラスターの HA を有効にすると、実質上、別のノード セットが作成されるため、クラスターの価格が倍増します。

バックアップ ストレージ

バックアップ ストレージは、Hyperscale (Citus) クラスターの自動バックアップに関連付けられたストレージです。バックアップ ストレージは、特定のノード上にプロビジョニングされたストレージ合計の 100% まで追加料金がかかりません。2020 年 9 月 1 日以降、追加バックアップ ストレージの使用については、月あたりの GiB 数で請求されます。

料金
ローカル冗長 (1 GiB) $-/月

サポート

  • 請求およびサブスクリプション管理サポート (無償)
  • 柔軟なサポート プラン ($29 ~/月)。プランの選択

よく寄せられる質問

  • Hyperscale (Citus) は Azure Database for PostgreSQL の新しいデプロイ オプションで、このオプションにより Postgres が水平方向にスケールアウトされます。Hyperscale (Citus) データベース クラスターは、Postgres が実行されているノード グループで、1 つのコーディネーター ノードと 2 つ以上のワーカー ノードが含まれます。
  • Hyperscale (Citus) のデータベース クラスターの最小サイズは 3 ノード (1 つのコーディネーター ノードと 2 つのワーカー ノード) です。
  • Azure Database for PostgreSQL Hyperscale (Citus) クラスターは、数百ノードまでスケールアウトできます。
  • Azure Database for PostgreSQL Hyperscale (Citus) は、仮想コアのプロビジョニングされたワーカー ノード コンピューティング、仮想コアのプロビジョニングされたコーディネーター ノード コンピューティング、クラスターに対してプロビジョニングされたストレージの月あたりの GiB 数、およびクラスターに対するバックアップ ストレージに基づいて、予測可能な時間単価で請求が行われます。請求書では、ワーカー仮想コア、コーディネーター仮想コア、ストレージの月あたりの GiB 数、およびバックアップ ストレージの月あたりの GiB 数が個別の行項目として表示されます。
  • バックアップ ストレージは、Azure Database for PostgreSQL Hyperscale (Citus) クラスターの自動バックアップに関連付けられたストレージです。バックアップ保持期間を長くすると、Hyperscale (Citus) クラスターで使用されるバックアップ ストレージが増えます。バックアップ ストレージは、プロビジョニングされたクラスター ストレージ合計の 100% まで追加料金がかかりません。100% を超えるバックアップ ストレージの使用については、月あたりの GiB 数で請求されます。たとえば、クラスター ストレージ サイズが 1.5 TiB の場合は、追加費用なしで 1.5 TiB のバックアップを使用できます。ただし、バックアップが 2 TiB の場合は、増分 0.5 TiB のバックアップ ストレージに対してお支払いいただきます。
  • はい。詳細については、帯域幅価格の詳細ページを参照してください。
  • 予約容量を使用すると、コンピューティング能力を予約することができます。この価格オプションを使用すると、従量課金制の料金と比較して、1 年間で最大 45%、3 年間で最大 65% の節約が可能です。

リソース

Azure サービスの月額料金を概算できます。

Azure の価格についてよく寄せられる質問を見ることができます

Azure Database for PostgreSQLの詳細を表示します

技術チュートリアル、ビデオ、その他のリソースを確認します。

見積に追加されました。 計算ツールで表示するには 'v' を押してください

Azure の価格の説明については、営業担当者にお問い合わせください。クラウド ソリューションの価格を把握できます。

無料のクラウド サービスと、30 日間 Azure を検証できる $200 のクレジットを利用できます。