ナビゲーションをスキップする

Azure Arc の価格

インフラストラクチャ、アプリ、Azure サービスをどこからでもセキュリティで保護、開発、運用する

場所を問わずに Azure の管理とサービスを拡張可能

Azure Arc を利用すると、Azure の管理とサービスをあらゆるインフラストラクチャへ拡張できます。Azure の拡張機能として、以下のコア コントロール プレーンが無料で提供される一方で、Azure によって提供されるすべての管理とサービスについては一貫した料金が維持されます。

  • Azure のリソース グループとタグを利用したリソースのインベントリと編成
  • Azure Resource Graph を利用したインデックス作成と検索
  • RBAC とサブスクリプションを利用したアクセスとセキュリティ
  • テンプレートと拡張機能を利用した環境と自動化

以下の Azure Arc 対応サービスについては、元の Azure サービスと同様に一貫した料金が請求されます (お客様が提供するインフラストラクチャのコストは除く)。

  • Azure SQL Managed Instance (GA)
  • PostgreSQL 向け Azue データベース (プレビュー)
  • その他、利用可能となる Arc 対応サービス

価格オプションの詳細

フィルターを適用して、価格オプションをお客様のニーズに合わせてカスタマイズします。

価格は見積もりに過ぎず、実際の価格設定としては意図されていません。実際の価格は、Microsoft との契約の種類、購入日、通貨換算レートによって異なる場合があります。料金は米ドルに基づいて計算され、毎月 1 日に更新される Thomson Reuters ベンチマーク レートを使用して変換されます。Azure 料金計算ツールにサインインして、Microsoft での現在のプログラム/プランに基づく価格を確認してください。価格の詳細については、Azure 営業担当者に問い合わせるか、価格クォートを要求してください。Azure の価格の詳細については、よく寄せられる質問を参照してください。

Azure Arc 対応サーバー

含まれている機能に加えて、Azure の外部のサーバー用に、Azure Update Management を追加費用なしでご利用になれます。Azure Arc 対応サーバーに対するアドオンの Azure 管理サービス (Azure Policy ゲスト構成、Azure Monitor、Microsoft Defender for Cloud など) については、有効になっている場合に料金が発生します。

Azure Policy のゲスト構成機能

Azure Policy のゲスト構成機能は、オペレーティング システムのコンプライアンスと構成管理を提供します。ゲスト構成は、スタンドアロンのプラットフォームとしても、Azure Policy によって大規模にオーケストレーションされたものとしても使用できます。コンプライアンスと構成管理の例としては、パスワード ポリシー、暗号化プロトコル、管理者アクセス、証明書の有効期限やネットワーク接続性などの運用基準の検証が挙げられます。

構成割り当ての詳細については、次の Docs ページをご覧ください: https://docs.microsoft.com/azure/governance/policy/concepts/guest-configuration-assignments

課金は、このサービスに登録されているサーバーのうち、1 つ以上のゲスト構成が割り当てられているサーバーの数に応じて行われます。課金は時間単位で計算されます。オフラインのマシン (1 時間の間、接続が切れていたり、電源が切れていたりするマシン) には、課金されません。

ゲスト構成で管理される Azure Arc リソースは、以下のシナリオでは課金の対象外となります。

Azure Automation

  • ゲスト構成の割り当ては、マシンが Azure Automation で提供される状態構成や変更追跡機能で既に管理されている場合は、課金されません。

Microsoft Defender for Cloud

  • Azure セキュリティ ベンチマーク イニシアチブの Azure Policy の割り当てにより、構成の割り当てが作成される
  • 「規制遵守」カテゴリの組み込みポリシー イニシアチブの Azure Policy 割り当てにより、構成の割り当てが作成される
  • Microsoft Defender for Cloud で作成されたカスタム ポリシー イニシアチブの Azure Policy の割り当てにより、構成の割り当てが作成される

Azure Stack HCI

Azure Stack HCI クラスターで Azure 特典をオンにすると、ゲスト構成の割り当てを追加料金なしで使用できるようになります。Azure Stack HCI で Azure 特典をオンにする の詳細をご覧ください。

  • 仮想マシン - 仮想マシンが Azure Stack HCI によってホストされている場合、ゲスト構成の割り当ては課金されません。
  • 物理マシン - マシンが Azure Stack HCI によってホストされている場合、ゲスト構成の割り当ては課金されません。
Azure リソース Azure Arc リソース
Azure のコントロール プレーン機能 Free Free
Azure Policy ゲスト構成 (Azure Automation の変更の追跡、インベントリ、State Configuration を含む) Free $-/サーバー/月

接続されている他のすべての Azure サービス (Microsoft Defender for Cloud や Azure Monitor など) については、そのサービスの価格に従って請求されます。

Azure Arc 対応 Kubernetes

Azure Arc 対応 Kubernetes を利用するお客様は、お客様のデータセンター、エッジの場所、マルチクラウドをまたいで Kubernetes クラスターを接続および構成することができます。

任意の数の Kubernetes クラスターを、追加費用なしで Azure portal で接続および編成できます。Arc 対応サーバーと同様に、アドオンの Azure 管理サービス (Kubernetes 構成など) は、有効にすると料金が発生します。

Kubernetes 構成

Kubernetes 構成は、GitOps を使用した構成管理とアプリケーション デプロイを提供するものです。この機能により、クラスター管理者はクラスターの構成とアプリケーションを Git で宣言できます。そうすると、開発チームは pull request と使い慣れたツール (既存の DevOps パイプライン、Git、Kubernetes マニフェスト、Helm chart) を使用して、アプリケーションを Azure Arc 対応 Kubernetes クラスターに簡単にデプロイし、運用環境で更新を行うことができます。GitOps エージェントによって変更がリッスンされ、それらの変更によってシステムが信頼できる情報源とは異なる状態になった場合に、容易に自動ロールバックを行うことができます。請求はクラスター内の 1 時間あたりの vCPU 数が基準となっており、月単位で請求されます。クラスターについては、接続されているリポジトリの数に関係なく、構成管理に対して単一の料金が発生します。

クラスターは、Azure に常時接続されていなくても機能できます。接続されていない場合、各クラスターの料金は、Azure Arc に登録されている最新の既知の vCPU 数に基づいて決定されます。クラスターが Azure から切り離される予定で、Kubernetes Configuration への課金を避けたい場合は、構成を削除することができます。vCPU の数は接続時に 5 分ごとに更新されます。最初の 6 個の vCPU については料金が発生しません。

Azure リソース Azure Arc リソース
Azure のコントロール プレーン機能 Free Free
Kubernetes 構成 Free 最初の 6 個の vCPU については無料、それ以上については毎月 vCPU あたり $-*
*Arc 対応 Kubernetes クラスターが Azure Stack Edge、AKS on Azure Stack HCI、または AKS on Windows Server 2019 Datacenter に存在する場合、Kubernetes 構成については料金が発生しません。詳細については、ドキュメントのページをご覧ください。

Kubernetes 用の Azure Policy、Azure Monitor for Containers、Microsoft Defender for Cloud などの他の管理サービスはプレビュー段階であるため、現時点ではサービスの使用料金は発生しません。ただし、Kubernetes 用の Azure Policy と Azure Monitor for Containers については、これらのサービスによって保持されるデータに対して、当該サービスの価格に従って料金が発生する場合があります。

Azure Arc 対応 SQL Managed Instance

Azure Arc 対応のデータ サービスでは、Azure SQL Managed Instance (一般提供中) および Azure PostgreSQL (パブリック プレビュー中) のデータベースをオンプレミスでも任意のインフラストラクチャ上のマルチクラウド環境でも実行できます。コストを効率的に管理できるクラウド課金モデルなど、Azure の革新とクラウドのメリットを受けることができます。さらに、SQL Server のユーザーは、Azure ハイブリッド特典を利用すれば SQL のライセンス料金を追加で支払うことなく Azure Arc 対応の SQL Managed Instance を導入できます。

General Purpose と Business Critical の 2 つのサービス レベルがあるため、パフォーマンス、高可用性、ディザスター リカバリーに関するさまざまな要件に基づいてデータ ワークロードに対応できます。また、多様な接続モードで Arc 対応データ サービスを実行できるため、Azure への直接接続がない場合は課金を自動設定することもできます。

各サービス レベル直接接続がない場合の課金設定最小システム要件の詳細については、ドキュメントを確認してください。

General Purpose レベル

1 仮想コア/月 従量課金制 1 年の予約インスタンス 3 年の予約インスタンス
ライセンス込み $- $- $-
Azure ハイブリッド特典* $- $- $-

Business Critical レベル

1 仮想コア/月 従量課金制** 1 年の予約インスタンス 3 年の予約インスタンス
ライセンス込み $- $- $-
Azure ハイブリッド特典* $- $- $-

*アマゾン ウェブ サービス、およびアマゾン ウェブ サービス、Google Cloud Platform、Alibaba クラウド上の VMware を除く。

**従量課金制のユーザーは、その月に使用した実際の時間に基づいて課金されます。表示されている料金は、最大月額料金です。

この料金の詳細を確認するには、ライセンス ガイドをダウンロードしてください。

Azure Arc 対応アプリケーション サービス

現在のプレビュー フェーズでは、追加費用なしで Azure Arc 対応アプリケーション サービスをご利用いただけます。

Azure の価格および購入オプション

Microsoft と直接つながる

Azure の価格のチュートリアルをご覧ください。お客様のクラウド ソリューションの価格について理解し、コストの最適化について確認し、カスタムの提案を依頼できます。

営業担当者に問い合わせる

購入方法を見る

Azure の Web サイト、Microsoft の担当者、または Azure パートナーを通じて、Azure サービスをご購入ください。

お客様のオプションを調べる

その他の資料

Azure Arc

Azure Arc の特徴と機能についての詳細情報

料金計算ツール

Azure 製品の任意の組み合わせを使用する場合の推定の月間コストを見積もります。

SLA

Azure Arc のサービス レベル アグリーメントをご確認ください。

ドキュメント

技術チュートリアル、ビデオ、その他の Azure Arc のリソースをご確認ください。

  • Azure Policy にはさまざまな機能があります。Azure Policy ゲスト構成では、Azure Arc を通じて接続された Azure の外部のサーバーについては、サーバー単位で 1 か月に $- の請求が発生します。そのサーバーでは、任意の数のポリシーを使用できます。

    ゲスト構成を利用しないその他の種類の Azure Policy は、追加費用なしでご利用になれます。これには、Azure Monitor や Azure Security Center などのサービスや自動タグ付けのためのポリシーを有効にする VM 拡張機能が含まれます。

  • Azure Arc 対応 Kubernetes が一般提供になりました。上記の更新された価格の詳細をご覧ください。
  • Azure Arc 対応データ サービスの価格の詳細は、一般提供になった時点で更新されます。
  • 特定のサービスの価格を確認するには、その Azure.com ページにアクセスして、[料金設定] タブをクリックしてください。

Azure の価格の説明については、営業担当者にお問い合わせください。クラウド ソリューションの価格を把握できます。

無料のクラウド サービスと、30 日間 Azure を検証できる $200 のクレジットを利用できます。

見積に追加されました。 計算ツールで表示するには 'v' を押してください
どのようなご用件ですか?