ナビゲーションをスキップする

クラウド移行とは

クラウドからクラウドやデータセンターへの移行など、さまざまな種類の移行について詳しく確認し、クラウド移行に関するさまざまなトピックについての学習リソースをご覧ください。

クラウド移行の定義

クラウド移行とは、アプリケーションやデータをある場所 (多くの場合、企業のプライベートなオンサイト ("オンプレミス") サーバー) からパブリック クラウド プロバイダーのサーバーに移行するプロセスですが、異なるクラウド間での移行も含まれます。クラウド移行の主なメリットとしては、IT コストの削減やパフォーマンスの向上が挙げられますが、セキュリティや利便性などのメリットもあります。

引き続き、主な移行の種類、一般的なメリットと課題、アプリケーションとデータをクラウドに移行する方法、3 つの主要なマネージド サービス モデル: IaaS、SaaS、PaaS について詳しくご確認ください。

クラウド移行の種類

ほとんどの移行では、次の 2 つの主要な技術的要因があります。

1. 移行されているリソースの種類 (または "ワークロード") および

2. 移行先の場所を指定します。

このセクションでは、最も一般的な移行シナリオのいくつかを説明し、さまざまな移行プロセス、ベスト プラクティス、ビジネス上の考慮事項の概要を提供します。

データセンターの移行

データセンターへの移行とは、オンプレミスのサーバーやメインフレーム (多くの場合、組織のオフィスのサーバー ルームに保管されている) から、クラウド プロバイダーのサーバー (通常は、非常に大きく、安全性が高く、専門的に管理された建物に収容されています) にデータを移行するプロセスのことです。

データセンターのリソースをクラウドに移行するには、大容量のネットワークを利用するのが一般的ですが、強力なネットワークが利用できない場合でも、まずリソースを大容量のディスクや "データ ボックス" に移し、その後、物理的にクラウド プロバイダーに輸送してそのサーバーにアップロードすることで、リソースを移行することができます。

ハイブリッド クラウド移行

多くの組織は、リソースの一部をオンプレミスのデータセンターに残し、その一部だけをクラウドに移行する "ハイブリッド クラウド "を選択します。 ハイブリッド クラウドには、既存のオンプレミスのデータセンター設備の価値を最大化することや、特定の業界の組織が業界や政府のコンプライアンス要件を満たすことができるなどのメリットがあります。

また、ハイブリッド クラウドは、火災や水害、犯罪などでオンプレミスのデータセンターが使えなくなった場合のディザスター リカバリー対策として、オンプレミスのデータをパブリック クラウドにバックアップする クラウドからクラウドのバックアップ にも有効です。(この場合、"クラウドからクラウド" とは、オンプレミスのデータセンター ("プライベート クラウド" と呼ばれることがあります) を意味します)。

クラウドからクラウドの移行

クラウド コンピューティングが一般的になった現在、多くの組織が複数のクラウドを利用しており (多くの場合は合併や買収によるもの)、また、クラウドからクラウドの移行を利用してパブリック クラウド間でリソースを移動させている場合もあります。この種類の移行は、組織が異なるクラウド プラットフォームの製品、サービス、価格を利用したい場合にも有効です。

複数のクラウドにまたがってリソースを管理するのは難しいと思われるかもしれませんが、中央管理ツールを使用すれば、すべてを 1 か所で便利に管理することができます。

アプリケーション、データベース、メインフレームの移行

LinuxSAPSQL ServerWindows Server は、最も一般的に移行されるワークロードの一部です。メインフレーム移行の場合、最も一般的に使用されるのは IBM と Unisys の 2 つです。

このようなワークロードのクラウド移行の一般的なメリットとしては、コストの削減、パフォーマンスの高速化と信頼性の向上、クラウドベースの開発ツールや API へのアクセス、より強固なセキュリティに加え、新たな機器の購入、設置、保守を必要とせずに容量を増減できることなどが挙げられます。

このようなワークロードは、変更を加えずに移行できることが多いですが ("リフト アンド シフト" 移行と呼ばれます)、クラウド上でのパフォーマンスと信頼性を最適化できるよう、ワークロードを更新すること (または "リファクタリング") にはメリットがあります。

さまざまなワークロードを移行する方法については、リソース セクションを参照してください。

マネージド サービス モデル

クラウド移行について調べていると、IaaS、PaaS、SaaS などの用語を目にする機会が多いでしょう。これらの用語は、多くの技術およびクラウド プロバイダーを通じて提供される、さまざまなレベルのマネージド サービスを指します。

IaaS (サービスとしてのインフラストラクチャ) では、お客様は需要の変化に応じて迅速にスケールアップまたはダウンすることができ、使用した分だけ支払うことができます。独自の物理サーバーやその他のデータセンター インフラストラクチャの購入と管理にかかる費用を節減し、その複雑さを解消できます。

PaaS (サービスとしてのプラットフォーム) は、IaaS の利点だけでなく、マネージド開発者ツール、データベース、ビジネス アナリティクス、オペレーティング システムが含まれます。開発コストを削減し、開発時間を短縮するのに最適です。

SaaS (サービスとしてのソフトウェア) には IaaS と PaaS が含まれますが、アプリのホスティングという利便性が加わっており、ユーザーはインターネット上でクラウドベースのアプリ (メールやオフィス アプリなど) に接続して利用することができます。

クラウド移行のステージ

さまざまなワークロードを移行し、さまざまなクラウド構成を構築するための、さまざまな技術的プロセスやベスト プラクティスがありますが、すべてのクラウド移行は基本的に同じ 6 つのステージに沿って行われます。

戦略を定義する

移行および予想される結果のビジネス上の正当な理由を定義します。

計画

クラウド移行計画を望ましいビジネス上の成果に合わせます。

準備

移行のために、オンプレミスおよびクラウド環境を準備します。

移行

ワークロードをクラウド環境に移行します。

ガバナンス

クラウド環境とワークロードのセキュリティとコスト ガバナンスのベスト プラクティスをベンチマークし、実施します。

管理

実証済みの手法を使用することで、クラウド ソリューションを継続的に管理できます。

クラウド移行の利点と課題

クラウド移行の利点として最も一般的なものは次のとおりです。

クラウド移行の利点についての詳細情報

最適化されたコスト

コスト面でワークロードを最適化できるだけでなく、機器やメンテナンス、また不動産のコストも大幅に削減できます。

柔軟性とスケーラビリティ

必要なときに必要なだけのコンピューティング リソースをオンデマンドで利用でき、お客様が使わない機器の費用を支払う必要はありません。また、一部のクラウド プラットフォームはグローバルに展開しているため、お客様の顧客の近くでワークロードを実行し、より良いパフォーマンスを実現することができます。

セキュリティを強化

パブリック クラウドでは、プラットフォーム レベルでの組み込みセキュリティに加え、さまざまな専用セキュリティ ツールが提供されており、お客様のデータやアプリケーションをより簡単に保護することができます。多くの場合、セキュリティ修正プログラムはクラウド プロバイダーによって自動的に実行されます。

Compliance

金融、医療、政府機関など、規制の厳しい業界向けに、コンプライアンス要件をより簡単に満たせるようにするための特別なオファリングを提供するクラウド プラットフォームもあります。

バックアップ、復旧、フェールオーバー

ほとんどのクラウド プロバイダーは、異なる地理的地域にバックアップを保存する機能など、組み込みのワンクリック バックアップ復旧機能を提供しています。

簡素化された管理と監視

クラウド プロバイダーが中央管理ツールを提供している場合、データセンターとクラウド リソースを 1 つの画面で簡単に管理および監視することができます。

移行に関する最も一般的な課題は次のとおりです。

計画

個々のワークロードの移行は簡単明瞭ですが、大規模な移行を計画するには、組織全体で大規模な計画を立てる必要があります。

コスト

クラウドへの移行は、短期的にも長期的にも投資効果が期待できますが、移行の計画と実施にかかるコストを計算に入れることが重要です。

セキュリティとコンプライアンス

クラウド プロバイダーはさまざまなセキュリティやコンプライアンスのオファリングを提供していますが、お客様には自分のニーズに合った適切なソリューションを導入する責任があります。

ビジネスのダウンタイム

大量のデータであっても、クラウドへの移行は非常に迅速に行うことができますが、移行中のダウンタイムを最小限に抑えるためには、慎重な計画が必要です。

組織の導入とトレーニング

IT プロフェッショナルや開発者は、現在持っているスキルのほとんどをクラウドに適用できることがわかるでしょう。しかしそれでも、いくつかのスキルのトレーニングは必要です。

移行パートナーおよびベンダーの選択

移行を計画および実施するための専門知識や能力を持つ人が社内にいない企業にとって、パートナーは非常に貴重な存在ですが、適切なパートナーを選ぶには慎重な検討が必要です。

よく寄せられる質問

    • Azure クラウド移行リソースのページでは、データセンター移行のビデオ、Microsoft のウェビナー、シナリオ ガイド、一般的なシナリオやワークロードの学習リソースをご覧いただけます。
    • メインフレームとミッドレンジの移行ページでは、お客様のメインフレーム アプリケーションをクラウドに移行する方法について説明されています。
    • Azure 移行プログラムを通じて、お客様の移行の各ステージについて、Azure のエンジニアやパートナーからの厳選されたリソースを利用したり、専門家の支援を受けたりすることができます。
  • Azure Backup を使用して、お客様のオンプレミスとクラウドのすべてのリソースに対して、コスト効率に優れ、安全性が高く、管理しやすいバックアップを実装する方法についてご確認ください。
  • ほとんどの組織では、その答えは移行プロジェクトのサイズと複雑さに加え、社内の IT 組織の能力によって異なります。Azure は、社内およびパートナー支援型の移行の両方について、さまざまなリソース、ツール、トレーニング、ガイダンスを提供しています。

    • 何から始めればよいかわからない場合は、無料の Azure 移行プログラムに参加して、カスタマイズされた提案、Azure エキスパートとの電話相談、厳選されたリソース、パートナーからの推奨事項を利用することをお勧めします。
    • ご自分で移行 (またはその一部) を実施したい場合は、Azure クラウド移行リソース ページで、一般的なシナリオやワークロードに対応するための移行ビデオ、ウェビナー、シナリオ ガイド、学習リソースをご確認ください。

Azure 移行リソース

Azure 移行およびモダン化プログラム

クラウド体験のすべての段階で、選別されたリソースとエキスパートの支援を受けられます

クラウド移行リソース

一般的なシナリオに対応したビデオ、シナリオ ガイド、学習リソースを見つける

Azure Migrate

お客様のオンプレミスの VM を検出および評価して適切なサイズに調整し、Azure に移行する

アプリの移行

ミッションクリティカルな Web アプリをすばやく作成して大規模にデプロイする

Windows Server の移行

使い慣れたツールを使用して Windows Server のワークロードを移行する

SQL Server の移行

コードの変更をほとんどまたはまったく行わずに SQL Server データベースを Azure に移行する

Linux 移行

実績のあるツールを使用して Azure に Linux ワークロードを移行する

メインフレーム移行

メインフレームとミッドレンジ アプリケーションをクラウドに移行する

Azure Backup

ワンクリックでできるクラウドからクラウドのバックアップでデータ保護を簡素化する

Azure Arc

Azure のサービスと管理を、あらゆるインフラストラクチャで利用できます

Azure Data Box

Azure やエッジ コンピューティングにデータを転送するためのアプライアンスとソリューションを入手する

Microsoft Cost Management

信頼性のあるクラウド支出管理

Azure SQL

アプリケーションの移行に対する柔軟なオプションを備え、常に最新の SQL をクラウドで実行可能

Azure ハイブリッド特典

Windows と SQL Server に最適なクラウドに、ワークロードをコスト効率よく移行できます。

Azure 移行およびモダン化プログラムにより、クラウド体験のすべての段階で、選別されたリソースとエキスパートの支援を受けられます

Azure クラウド プラットフォーム クラウドに移行して、12 か月間の無料サービスで開始しましょう

どのようなご用件ですか?