ナビゲーションをスキップする

Azure SQL

アプリケーションの移行、最新化、開発のための柔軟なオプションを提供する SQL クラウド データベースのファミリ

SQL ポートフォリオ全体で一貫性のある統一されたエクスペリエンスを実現し、エッジからクラウドまで幅広いデプロイ オプションを利用できます。インテリジェントで安全な Azure SQL データベース サービスにより、以下のことが簡単になります。

  • Azure Virtual Machines の SQL Server を使用して SQL ワークロードを移行する。
  • Azure SQL Managed Instance で既存のアプリケーションを最新化する、またはハイブリッドの柔軟性活用をする。
  • Azure SQL Database で最新のクラウド アプリケーションをサポートする。
  • Azure SQL Edge を使用すると、お客様のアプリケーションを IoT エッジ ゲートウェイおよびデバイスに拡張できます。
  • Azure Arc 対応データ サービスを使用して、オンプレミスとマルチクラウド環境で Azure SQL を実行できます。
  • 移行の時間とコストを節約する方法についての詳細をご確認ください。

Azure SQL データベース サービスについて調べる

Azure Virtual Machines における SQL Server

SQL Server との完全な互換性とオペレーティング システム レベルのアクセスを維持しながら、SQL ワークロードを Azure に簡単に移行

Azure SQL Managed Instance

インテリジェントなフル マネージド サービスにより、既存の SQL Server カスタム アプリケーションおよびベンダー提供のアプリケーションを自分のペースで大規模にモダン化します

Azure SQL Database

サーバーレス コンピューティングと Hyperscale ストレージを含むインテリジェントなフル マネージド サービスで、最新のクラウド アプリケーションをサポート

Azure SQL Edge

お客様のアプリケーションを IoT エッジ ゲートウェイやデバイスに拡張し、接続された環境、切断された環境、またはハイブリッド環境でリアルタイムの分析情報を得ることができます。

データベースの選択

適切な Azure SQL データベース サービスの選択を支援いたします。いくつかの質問にお答えください。お客様の特定のニーズを満たすソリューションをご案内します。

目的

目的の内容は?

コントロール

OS へのアクセスや制御 (コンプライアンス上の理由、または追加のソフトウェアの依存関係のインストールのため) が必要ですか ?

変更点

変更可能な点は?

コンピューティング

コンピューティング リソースの予想消費量をどのように表現しますか?

機能

どの SQL 機能が必要ですか?

ストレージ

必要なストレージの量は?

ストレージ

必要なストレージの量は?

ストレージ

必要なストレージの量は?

推奨

Azure SQL Database サーバーレス

断続的で予測不可能な使用を伴うデータベースに対して、価格パフォーマンスを最適化し、パフォーマンス管理を簡素化するコンピューティング レベルである、Azure SQL Database サーバーレスをお勧めします。サーバーレスは、ワークロードの需要に基づいて単一のデータベースのコンピューティングを自動的に拡張し、1 秒あたりの計算使用量を請求するため、使用分のみを支払うだけです。詳細については、ドキュメント および インフォグラフィック をご覧ください。この 手順を説明するガイダンス の使用を開始します。

推奨

Azure SQL Database、General Purpose レベルまたは Business Critical レベル

Azure SQL Database は、インテリジェントでフルマネージドなデータベース サービスで、ストレージや事業継続の要件に応じたさまざまなサービス レベルで最新のクラウド アプリケーションをサポートすることを推奨します。汎用レベルでは、予算に応じてバランスよく拡張可能なコンピューティングとストレージのオプションが用意され、ビジネス クリティカルでは、最高レベルの障害回復性と I/O 性能が用意されています。ドキュメント を確認し、適切なサービス レベルの選択に関する詳細をご覧ください。この 手順に沿ったガイダンス の使用を開始します。

推奨

Azure SQL Database Hyperscale レベル

Microsoft は、インテリジェントでフルマネージドなデータベース サービスで、ストレージや事業継続の要件に応じたさまざまなサービス レベルで最新のクラウド アプリケーションをサポートする Azure SQL Database をお勧めします。ハイパースケール レベルは、ストレージと読み取りスケールの要件が高度に拡張可能なビジネス ワークロードに最適で、最大 100 TB のストレージまで高速拡張できます。SQL Database Hyperscale その他の サービス レベル の詳細については、ドキュメントを確認してください。この 手順を説明するガイダンス の使用を開始します。

推奨

Azure Virtual Machines における SQL Server

SQL Server のワークロードの最適な移行先として、SQL Server のパフォーマンス、セキュリティ、分析に Azure の柔軟性を組み合わせ、100% のコードの互換性を可能にする、Azure Virtual Machines 上の SQL Server をお勧めします。詳細については、ドキュメントをご覧ください。この詳細なガイダンスを参照して開始できます。

推奨

Azure SQL Managed Instance

インテリジェントでスケーラブルなクラウド データベース サービスである Azure SQL Managed Instance をお勧めします。このサービスは、SQL Server エンジンとの幅広い互換性と、サービスとしてのフルマネージドで常に新しいプラットフォームの運用上および財務上の全てのメリットを兼ね備えています。使い慣れたツールやリソースを使用してスキルと経験を組み合わせ、クラウドを利用して既存のものをさらに活用します。ドキュメントをレビューし、Azure SQL での最新化によるコストの削減について要約したインフォグラフィックをご覧ください。このステップバイステップのガイダンスを開始します。

推奨

Azure Virtual Machines または Azure SQL Managed Instance の SQL Server

SQL Server のワークロードをリフトアンドシフトする素晴らしい宛先であり、SQL Server のパフォーマンス、セキュリティ、分析、および分析を組み合わせ、Azure の柔軟性と 100% のコード互換性を兼ね備えた、SQL Server on Azure Virtual Machines をお勧めします。 詳細については、ドキュメント をご覧ください。

OS へのアクセスや制御を必要とせず、データベースやアプリケーションのコードの変更が最小限であることを承諾いただける場合は、Azure SQL Managed Instance はフルマネージド オプションとして、クラウド上でインスタンスレベルの機能を提供するものです。SQL Server との幅広い互換性を使用して、オンプレミスで使用する機能の多くがクラウド上でも同じか、同等の機能性を備えています。SQL Server と SQL Managed Instance の 機能比較 を参照してください。 詳細については、ドキュメント をご覧ください。Azure SQL の正しい展開オプションの選択に関する

詳細はこちら

この 手順を説明するガイダンス の使用を開始します。

推奨

Azure SQL Edge

SQL Server および Azure SQL に対応する同じエンジンのセキュリティとパフォーマンスに裏付けされた、IoT ワークロード用に最適化されたリアルタイム データ エンジンである Azure SQL Edge をお勧めします。接続、非接続、またはハイブリッド環境において、ソースでデータのストリーミング、保存、分析を行います。詳細については、お客様の事例 をご覧いただくか、ドキュメント をご覧ください。

フル マネージドで常に最新の状態

データベースのパッチ適用、更新、バックアップにかかる時間を短縮し、イノベーションのための時間を増やします。Azure は、最新の更新プログラムとパッチを自動的に適用する唯一のクラウドであり、最新の SQL Server 機能が提供されます。データベースは常に最新の状態に保たれるので、サポート終了について心配する必要がありません。

パフォーマンス チューニング、高可用性、ディザスター リカバリー、バックアップなどの複雑なタスクも自動化されるので、ユーザーはアプリケーションに集中できます。

既存の SQL 経験をクラウドで活用

Azure SQL は、既に使い慣れている同じ SQL Server テクノロジ上に構築されているため、移行するときに SQL スキルを学び直す必要はありません。既存の SQL スキルを使用して一度アプリケーションを開発したら、Azure 上の任意の Azure SQL クラウド データベースにそれをデプロイします。また、Azure は、エッジからクラウドまで広がる一貫した SQL コード ベースを持つ唯一のクラウドです。

最低限の総保有コストで節約

SQL Server データベースを Azure に移行するときに、業界をリードする価格設定で、既存のオンプレミスへの投資を最大限に活用しましょう。

  • Azure ハイブリッド特典を使用して既存の SQL Server ライセンスを Azure に導入すると、従量課金制で最大 85%1 節約できます。
  • Azure ハイブリッド特典と予約価格を組み合わせると、より多くのクラウドをより安価で利用できます。
  • Azure での進行中の開発とテストをサポートする割引料金の対象となります。
  • Azure SQL データベース、仮想マシン、プール、インスタンスのすべてを 1 か所で表示できる単一ポータルを使用して、ワークロードの監視にかかる時間を短縮します。

Azure SQL のコスト パフォーマンス

Azure は、SQL ワークロードの AWS よりも 2.9 倍高速で、最大 86% も低コストです。

AWS と Azure SQL Database を使用した場合の 3 年間の価格の比較を示す図。Azure を使用した場合、コストが 86% 削減されました
AWS と Azure Virtual Machines 上の SQL Server を使用した場合の 3 年間の価格の比較を示す図。Azure を使用した場合、コストが 64% 削減されました

Azure SQL Database とAWS RDS の比較

Azure SQL Database に移行して、他のクラウド プロバイダーよりも優れたコスト パフォーマンスを実現しましょう。Azure SQL Database は、お客様のミッションクリティカルな要件を満たすことができ、競合他社に比べてコストを最大 86% 減らすことができます。2

Azure Virtual Machines とAWS EC2 上の SQL Server の比較

Azure Virtual Machines で SQL Server に切り替えると、他のクラウド プロバイダーよりもパフォーマンスと価格パフォーマンスが向上します。Azure SQL Virtual Machines は業務の遂行において不可欠な要件を満たし、アマゾン ウェブ サービスよりも最大 2.9 倍高速で、かつ 64% も低コストです。3

2コスト パフォーマンスの記述は、2019 年 8 月に Microsoft が依頼して GigaOm が実施した調査のデータに基づきます。調査では、単一の 80 仮想コア Gen 5 Azure SQL Database (Business Critical サービス レベル) と、SQL Server での Amazon Web Services Relational Database Service (AWS RDS) 向け db.r4.16x 大規模オファリングのコスト パフォーマンスが比較されました。ベンチマークのデータは GigaOm Analytic Field Test から取得されています。これは、業界標準として評価されている TPC Benchmark™ E (TPC-E) に由来するもので、読み取り専用トランザクションと更新を集中的に行うトランザクションの組み合わせが基になっており、複雑な OLTP アプリケーション環境で見られるアクティビティをシミュレーションしています。コスト パフォーマンスは GigaOm により計算されます。クラウド プラットフォームを継続的に 3 年間実行するコストを、1 秒間のスループットあたりのトランザクション数で割ったものです。価格は、米国東部 (Azure SQL Database) および米国東部 (オハイオ州、AWS RDS) での公開された米国価格設定に基づきます (2019 年 8 月の時点)。コスト パフォーマンスの結果は構成により異なります。詳細については、GigaOm Analytic Field Test をご覧ください。 実際の結果と価格は、構成とリージョンにより異なる場合があります。

3コスト パフォーマンスの記述は、2021 年 7 月に Microsoft が依頼して GigaOm が実施した調査のデータに基づきます。調査では、Azure E64ds_v4 インスタンス タイプ (P30 Premium SSD ディスク搭載) における Red Hat Enterprise Linux Server 8.2 エディション上の SQL Server 2019 Enterprise Edition on と、AWS EC2 r5d.16xlarge インスタンス タイプ (General Purpose (gp3) ボリューム搭載) における Red Hat Enterprise Linux Server 8.2 エディション上の SQL Server 2019 Enterprise Edition のコスト パフォーマンスが比較されました。ベンチマーク データは、業界標準として認識されている TPC Benchmark™ E (TPC-E) に基づく、GigaOm Analytic Field Test で測定されました。このフィールド テストではすべての TPC-E ベンチマークを実施しているわけではないため、公開された他の TPC-E ベンチマークと比較することはできません。価格は、2021 年 7 月時点で公開されていた米国での価格設定 (Azure Virtual Machines 上の SQL Server は米国西部、AWS EC2 は US West 2) に基づいています。価格には、Azure と AWS のコンピューティングに対する 3 年間の予約価格、SQL Server の Azure ハイブリッド特典、AWS での SQL Server に対するライセンス モビリティが含まれています。ソフトウェア アシュアランスとサポートの費用は含まれていません。実際の結果と価格は、構成とリージョンにより異なる場合があります。

組み込みのインテリジェントなセキュリティで投資を保護

独自の Azure オファーと有利な価格設定で節約

Azure の既存のオンプレミス ライセンスで Azure ハイブリッド特典を使用して、Azure SQL データベース デプロイ全体のコストを管理します。また、Azure 予約価格で予測可能なワークロードを前払いして、最大限に節約できます。詳細情報:

Azure SQL の学習リソースとドキュメントから始めるか、Azure のスペシャリストにお問い合わせになって、詳細をご確認ください。

学習

Azure SQL、データベースの移行、一般的な Azure のスキルを無料の実践的なチュートリアルを使用して構築:

Microsoft 認定資格者になる

ロールベースの認定資格を調べる

Azure SQL でビジネスを変革したお客様事例

H&R Block は SQL Server を使用して税務申告サービスを提供

"[SQL Managed Instance] gives us a smooth migration path for moving existing workloads to Azure with minimal technical reengineering."

Sameer Agarwal 氏 (Manager-Enterprise Data Analytics、H&R Block)
H&R Block

Komatsu は [SQL Managed Instance] でコストを半分に削減

"We determined [SQL Managed Instance] was the best choice for us in terms of scalability, cost, and performance...We've seen a 49 percent cost reduction and 25 to 30 percent performance gains."

Nipun Sharma 氏 (Analytics Architect、Business Technology and Systems、Komatsu)
コマツ

Allscripts は数か月ではなく数週間で移行

"By moving our acquired applications to Azure, we were able to get them up, running, and adding value to the business in three weeks versus the three months needed to requisition servers and storage."

Peter Tomlinson 氏 (Director of IS、Technology Operations、Allscripts)
Allscripts

"Going forward, it doesn't make sense to be anywhere but in Azure because it makes us a more effective, efficient, and flexible development organization."

Rohit Mistry 氏 (インフラストラクチャ アナリスト、Manulife)
マニュライフ

Legacy はマネージド インスタンスを使用して冗長なハイブリッド環境を構築

"We are able to spin up resources in a few hours instead of months, and we've reduced the operational costs of disaster recovery by almost 65 percent. We essentially avoided a half-million-dollar capital purchase."

Jeff Olson 氏 (IS Technical Director、Legacy Health)
Legacy Health

TeamSystem は Azure Virtual Machines の SQL Server を使用してより速くデプロイ

Linux ベースの Azure Virtual Machines で SQL Server を使用すると、TeamSystem では、プラットフォームの実行にかかる労力とコストを削減すると同時に、パフォーマンスを損なうことなく、デプロイのアジリティと速度を向上させることができます。

Team System

Fugro は Azure SQL Edge で分析情報をすばやく生成

"Traditionally, it took two weeks to prep each client's monthly data, to verify the report, and for the client to receive it. Now we deliver the first draft of that report in eight minutes."

Richard Corless 氏 (リード クラウド アーキテクト、Fugro)
フグロ

Azure SQL に関してよく寄せられる質問

  • Azure SQL は、フル マネージドの安全でインテリジェントな SQL データベース サービスのファミリで、同じ SQL Server エンジンをベースに構築されています。幅広いデプロイ オプションと制御要件アプリケーション パターンを提供し、最も要求の厳しい移行や近代化のイニシアチブに対応します。Azure SQL を使用すると、Azure Virtual Machines の SQL Server で SQL ワークロードを再ホストし、Azure SQL Managed Instance を使用した既存のアプリケーションを最新化し、Azure SQL Database で最新のクラウド アプリケーションをサポートすることができます。要件に合わせて適切なリソースを作成するためのシナリオベースのガイダンスを提供する、一貫性のある統一されたエクスペリエンスを通じて、ポートフォリオ全体を管理できます。
  • 要件に合わせて適切な Azure SQL サービスを選択するには、主に次の 3 つの考慮事項があります。全体的な目的、オペレーティング システム (OS) へのアクセスや制御を必要とする範囲、お好みの SQL Server バージョンです。コンプライアンスまたはソフトウェアの依存関係のために基盤となる OS を制御する必要があり、現在のバージョンの SQL Server を使い続けたい場合は、Azure Virtual Machines 上の SQL Server に再ホストすることをお勧めします。ただし、OS の制御が要件ではなく、最新の 「バージョンレス」 SQL Server を使用する場合は、既存のアプリケーションを最新化するか、Azure SQL Database や Azure SQL Managed Instance などのフル マネージド ソリューションで最新のクラウド アプリケーションをサポートすることをお勧めします。
  • Azure migration center へのアクセスをお勧めします。クラウドへの移行を開始するためのツール、リソース、ガイダンスを入手できます。

準備ができたら、Azure SQL Database、Azure Virtual Machines での SQL Server、または Azure SQL Managed Instance ソリューションの作成を開始します。

13 年の予約インスタンスまたは予約容量で月に 744 時間を 12 か月間実行したシナリオに基づき、計算しています。価格は 2018 年 10 月 24 日時点のものです。価格は変更されることがあります。Azure Windows VM の計算は、米国西部 2 リージョンで D2V3 の Azure VM を 1 台、SUSE Linux Enterprise Basic の料金を利用した場合です。AWS の計算は、米国西部(オレゴン州)で m5.Large VMを 1 台、Windows Server の予約済みインスタンスの従量課金制(標準 3 年、全額前払い)を利用した場合です。SQL Server は、米国西部 2 の 8 vCore Azure SQL Database Managed Instance Business Critical を Azure Hybrid Benefit レートで実行した場合の計算値です。AWS の計算は、RDS for SQL EE for db.r4.2xlarge を 米国西部(オレゴン州)の複数の AZ にデプロイし、予約済みインスタンスの従量課金(標準3年)、全額前払いを利用した場合です。AWS に使用されるセキュリティ更新プログラムの延長コストは、Windows Server Standard のオープン NL ERP 価格 (米国ドル) に基づいています。実際の節約額は、リージョン、インスタンス サイズ、パフォーマンス レベルによって異なる可能性があります。節約額には、Software Assurance 費用 (ボリューム ライセンス契約により異なる) は含まれません。詳細については、営業担当者にお問い合わせください。

どのようなご用件ですか?