IoT Edge の価格

Azure IoT Edge は、クラウド サービスを IoT デバイスにデプロイし、お客様がご自分のエッジ デバイスでローカルにデータを処理し、分析を実行して、情報を読み取れるようにします。これは、人工知能、Azure Machine Learning、Azure Functions、Azure Stream Analytics などのクラウド サービスをデプロイし、エッジ デバイスを Azure IoT Hub から管理することで可能になります。カスタム コードの展開も可能なので、カスタマイズした複雑なビジネス ロジックをエッジ デバイスに展開することもできます。Azure IoT Edge では、クラウドとエッジの間でコードを対称に保つことができ、開発の手間が少なく、開発者はインフラストラクチャの管理ではなくエンド ユーザー価値を提供する機能の構築に集中することができます。

価格の詳細

Azure IoT Edge を介してエッジにデプロイしたサービスやデバイスを安全に管理するには、Azure IoT Hub が必要です。Azure IoT Edge は、お好みのハードウェアの Windows と Linux の両方で実行できるように設計されています。Azure IoT Edge は、十分なメモリとその他のリソースを備えた IoT デバイス (通常はゲートウェイ クラスのデバイス) にデプロイします。

Azure IoT Hub の詳細情報価格

Azure IoT Edge は無料でご利用いただけます。Azure IoT Edge を使用すると、複数の Azure サービスをエッジで実行できます。IoT Edge で実行される Azure の各種サービスは、それぞれの価格に従って課金されます。

Azure IoT Edge で実行できるサービスの詳細と価格については、以下のページをご覧ください。

Azure Machine Learning Services の詳細情報価格

Azure IoT Edge 用 AI ツールキットの詳細情報 (無料でご利用いただけます)

Azure Functions の詳細情報価格

Azure Stream Analytics の詳細情報価格

サポートおよび SLA

  • 請求およびサブスクリプション管理サポート (無償)
  • プレビュー サービスの技術サポートが必要ですか?フォーラムを利用する
  • プレビュー期間中は SLA は提供されません。詳細情報

FAQ

  • Azure IoT Edge サービスそのものは無料ですが、デバイスの安全な管理とエッジのデプロイには Azure IoT Hub が必要です。IoT Edge を使用して Azure の各種サービスにアクセスすることにした場合は、特定のサービスのエッジでの使用に対して、そのサービスの課金モデルに基づく料金がかかります。たとえば、Azure Stream Analytics を IoT Edge で実行することにした場合は、IoT Hub の使用と Azure Stream Analytics のエッジ価格に従って課金されます。

リソース

Azure サービスの月額料金を概算できます。

Azure の価格についてよく寄せられる質問を見ることができます

詳細を表示するIoT Edge

技術チュートリアル、ビデオ、その他のリソースを確認します。

見積に追加されました。 計算ツールで表示するには 'v' を押してください 計算ツールで表示する

$200 のクレジットで学習と開発ができ、継続は無料です

無料アカウント