Azure Cosmos DB の価格

グローバル分散型のマルチモデル データベース サービス

無料で試す

Azure Cosmos DB は、Microsoft が提供するグローバル分散型のマルチモデル データベースです。Azure Cosmos DB は、グローバル分散と水平方向への拡張性を中心として一から構築されています。透過的なスケーリングとあらゆる場所のユーザーへのデータ レプリケーションにより、使い始めてすぐに任意の数の Azure リージョン全体でグローバル分散を実現できます。世界中のスループットとストレージを弾力的にスケーリングでき、お支払いは必要なスループットとストレージの分のみとなります。Azure Cosmos DB では、世界中のあらゆる場所で 99 パーセントのユーザーの待機時間が確実に 1 桁ミリ秒となります。また、明確でわかりやすい複数の整合性モデルでパフォーマンスを細かく調整することができ、マルチホーム機能により高可用性も保証されます。これらはすべて、業界トップ レベルのサービス レベル アグリーメント (SLA) の対象となります。

Azure Cosmos DB は真にスキーマ非依存であり、スキーマやインデックスの管理にお客様が手を煩わせることなく、自動ですべてのデータのインデックスが作成されます。またマルチモデルでもあり、ドキュメント、キー値、グラフ、列ファミリの各データ モデルにネイティブに対応しています。Azure Cosmos DB では DocumentDB SQL (ドキュメント)、MongoDB (ドキュメント)、Azure Table Storage (キー値)、Gremlin (グラフ) などの API がネイティブにサポートされているため、お好きな API を利用してデータへアクセスできます。

価格の詳細

プロビジョニング スループット

あらゆる規模でデータを格納し、スループット容量をプロビジョニングできます。各コンテナーは、格納されたデータ量 (GB 単位) と、100 RU/秒の単位で予約されたスループット (最低 400 RU/秒) に基づいて、時間単位で課金されます。無制限のコンテナーは、1 つのパーティションにつき最低 100 RU/秒です。

パブリック プレビューの段階では、Gremlin API をご利用いただいても追加料金が発生することはありません。

単位 料金
SSD ストレージ (GB あたり) $- GB/月
予約済み RU/秒 (100 RU ごと、最低 400 RU) $-
標準的なデータ転送速度が適用されます。月あたりの見積額は 1 か月に 744 時間として算出しています。

コンテナーのスケーリング

高いスループットと多くのストレージを必要とするワークロードには、コンテナー作成時にパーティション キーを定義して無制限のストレージ コンテナーを作成できます。パーティション分割されたコンテナーは、格納されるデータ量と予約されるスループットが増加するにつれて、シームレスにスケールアウトします。

Azure Cosmos DB Emulator (無料)

無料の Azure Cosmos DB Emulator をダウンロードして、ローカル マシンで Azure Cosmos DB を使用してアプリケーションの開発とテストを行うことができます。開発したアプリケーションの動作に問題がなければ、Azure Cosmos DB のインスタンスをポイントするように構成を切り替えるだけでアプリケーションをデプロイできます。

geo レプリケーションによる世界規模のコレクション

Azure Cosmos DB コンテナーは世界中に分散させることができるため、簡単に世界規模でアプリを作成できます。すなわち、すべてのデータが指定したリージョンに自動的にレプリケートされます。アプリは 1 つの論理エンドポイントで動作し続けますが、データは、データ一貫性99.99% の可用性のための直感的なプログラミング モデルを利用して、ユーザーに最も近いリージョンから自動的に提供されます。世界中に分散されたコンテナーは、各リージョンで消費されたストレージと各 Azure Cosmos DB コンテナーで予約されたスループットに、Azure Cosmos DB データベース アカウントに関連付けられたリージョン数を掛けた数字に基づいて課金されます。リージョン間におけるレプリケーション データ転送には標準のデータ転送料金が適用されます。たとえば、3 つの Azure リージョンにまたがるデータベース アカウントと、1M RU と 2M RU でそれぞれプロビジョニングされた 2 つのコンテナーがあるとします。最初のコンテナーに対してプロビジョニングされる合計 RU は 3M RU (1M RU x 3 リージョン)、2 つ目のコンテナーに対してプロビジョニングされる合計 RU は 6M RU (2M RU x 3 リージョン) となります。

高スループットで待機時間の短いクエリ

Azure Cosmos DB では持続的なデータを書き込むことが可能ですが、これらのデータは、書き込み用に最適化され、ソリッドステート ドライブ (SSD) 向けにアクセス待機時間を短縮するよう設計されたラッチフリーのデータベース エンジンにより、書き込みと同時にインデックス化されるため、一貫性のある SQL クエリを実行することができます。データはグローバルに分散されますが、読み取りおよび書き込み要求は、常にローカル リージョンから提供されます。自動のインデックス作成動作をカスタマイズすることで、パフォーマンスをさらに最適化することができます。

サポートおよび SLA

  • Azure Cosmos DB を始めとして一般公開されているすべての Azure サービスのテクニカル サポートは Azure サポートを通じて提供され、1 か月あたり $29 からご利用いただけます。課金やサブスクリプションの管理についてのサポートは、無料で提供されています。
  • SLA - Azure Cosmos DB リソースに対する操作の実行要求が 99.99% 以上の時間、正常に処理されることを保証します。SLA の詳細については、SLA のページをご覧ください。

FAQ

  • 要求ユニット (RU) とは、Azure Cosmos DB におけるスループットの単位です。1 RU は、1 KB のアイテムを取得するスループットに相当します。Azure Cosmos DB におけるすべての操作 (読み込み、書き込み、SQL クエリ、ストアド プロシージャの実行を含む) には、操作を完了するのに必要なスループットに基づいて、明確な要求ユニット値が設定されています。CPU、IO、メモリや、これらがアプリケーションのスループットに及ぼす影響を考慮するのではなく、要求ユニットを 1 つの単位として考えることができます。

    1 秒あたり、または 1 分間のバケットあたりにプロビジョニング済みの要求ユニットで使用される RU は一定です。

    要求ユニットの詳細や、コンテナーが必要とする RU 量を判断するためのサポートについては、こちらをご覧ください。

  • 該当期間内に Azure Cosmos DB アカウントでプロビジョニングされた全体の容量 (RU/秒) に基づいて、予測可能な固定の時間料金が請求されます。

    米国東部 2 でアカウントを作成し、500 RU/秒と700 RU/秒の 2 つの単一パーティションを使用している場合は、プロビジョニングされている容量は合計で1,200 RU/秒になります。そのため、12 x $- = $-/時間 が請求されます。

    スループットを変更する必要が生じて、各パーティションの容量を 500 RU/秒増やし、さらに 20,000 RU/秒を使用する新しい無制限のストレージ コンテナーを作成した場合は、合計で 22,200 RU/秒 (1,000 RU/秒 + 1,200 RU/秒 + 20,000 RU/秒) の容量がプロビジョニングされたことになります。そのため、請求される額は $- x 222 = $-/時間 になります。

    1 か月の 720 時間のうち、1,200 RU/秒でプロビジョニングされたのが 500 時間、22,200 RU/秒でプロビジョニングされたのが 220 時間の場合は、その月の請求書には 500 x $-/時間 + 220 x $-/時間 = $-/時間 と表示されます。

  • ストレージ容量は、1 か月にわたり保存されていた、1 時間あたりの最大データ量 (GB 単位) を基準に請求されます。たとえば、月の前半は 100 GB のストレージを使用し、後半は 50 GB を使用した場合、その月は 75 GB に相当するストレージが課金されることになります。

  • コンテナーが存在した時間単位で定額が請求されます。使用量は考慮されず、コンテナーがアクティブだった時間が 1 時間未満だったとしても同様です。たとえば、コンテナーを作成し、それを 5 分後に削除した場合でも、1 時間分の料金が請求されます。

  • コンテナーに独自のパフォーマンスを定義した場合は、午前 9 時 30 分に 400 RU から 1,000 RU にアップグレードし、午前 10 時 45 分に 400 RU にダウングレードすると、2 時間分の 1,000 RU の料金が課金されます。

    事前定義のコレクションのパフォーマンス レベルを選択し、午前 9 時 30 分に S1 コレクションから S3 コレクションにアップグレードし、午前 10 時 45 分に S1 にダウングレードした場合は、2 時間分 の S3 の料金が課金されます。

  • Azure Portal や、サポートされている SDK または REST API のいずれかを使用して、Azure Cosmos DB アカウント内で各コンテナーの要求ユニットの数を増減できます。

  • S1、S2、S3 のパフォーマンス レベルのコレクションを、同じストレージ サイズを備えた単一パーティションに移行するには、Azure Portal を使用したパフォーマンス レベルの変更に関する記事を参照してください。

    既存の 1 つのコレクションを無制限のストレージ コンテナーへ移行する方法については、Azure Cosmos DB でのパーティション分割とスケーリングに関する記事を参照してください。

  • 前提として、単一パーティションのスループットは S1 より高く (400 RU/秒と 250 RU/秒)、低料金です。最大 10,000 RU/秒にスケールアップすることも可能です。S3 の場合は 2,500 RU/秒です。新しいプロビジョニング モデルの優れた点は、100 RU/秒単位でスケールを変更できるため、1,200 RU/秒しか必要ではないのに、2,500 RU/秒の S3 の料金を支払う、ということにならずに済みます。

リソース

計算ツール

Azure サービスの月額料金を概算できます。

購入の FAQ

Azure の価格についてよく寄せられる質問を見ることができます

製品詳細

詳細を表示するAzure Cosmos DB

ドキュメント

技術チュートリアル、ビデオ、その他のリソースを確認します。

今すぐサインアップして $200 の Azure クレジットを手に入れましょう

今すぐ利用を開始する