ナビゲーションをスキップする

Azure Cosmos DB の価格

グローバル分散型のマルチモデル データベース サービス

Azure 無料アカウントの利用を開始して、30 日間有効な $200 のクレジットと、Azure Cosmos DB への 12 か月の無料アクセスを入手しましょう。

Azure Cosmos DB は、Microsoft が提供するグローバル分散型のマルチモデル データベースです。Azure Cosmos DB は、グローバル分散と水平方向への拡張性を中心として一から構築されています。透過的なスケーリングとあらゆる場所のユーザーへのデータ レプリケーションにより、使い始めてすぐに任意の数の Azure リージョン全体でグローバル分散を実現できます。スループットとストレージを世界規模で弾力的にスケーリングでき、お支払いは必要なスループットとストレージの分のみとなります。Azure Cosmos DB では、世界中のあらゆる場所で待ち時間の 99% が確実に 10 ミリ秒未満となります。また、明確でわかりやすい複数の整合性モデルでパフォーマンスを細かく調整することができ、マルチホーム機能により高可用性も保証されます。これらはすべて、業界トップ レベルの包括的なサービス レベル アグリーメント (SLA) の対象となります。

Azure Cosmos DB は真にスキーマ非依存であり、スキーマやインデックスの管理にお客様が手を煩わせることなく、自動ですべてのデータのインデックスが作成されます。またマルチモデルでもあり、ドキュメント、キー値、グラフ、列ファミリの各データ モデルにネイティブに対応しています。Azure Cosmos DB では SQL (ドキュメント)、MongoDB (ドキュメント)、Azure Table Storage (キー値)、Gremlin (グラフ)、Cassandra (列ファミリ) がすべてネイティブでサポートされているため、お好きな API を使用してデータにアクセスできます。

限りなく柔軟でエラスティック、そしてスケーラブル

Azure Cosmos DB は、マルチモデル データベースです。選択したデータ モデルと API に応じて、Azure Cosmos DB のコレクション、テーブル、グラフを作成すると、いずれも内部的には Azure Cosmos DB コンテナーに対してマップされます。プログラムからスループットをプロビジョニング (増減) するか、コンテナーのストレージが拡大 (または縮小) すると、Azure Cosmos DB によって、そのコンテナーのストレージとスループットが透過的かつエラスティックに、自動でスケーリングされます。 Azure Cosmos DB では、個々のコンテナーに対してスループットをプロビジョニングする以外にも、コンテナー セットに対してスループットをプロビジョニングすることもできます。その場合は、そのコンテナー セット間で、プロビジョニングされたスループットが共有されます。 次の操作は、Azure Cosmos DB データベース内で、プログラムまたはポータルからいつでも行うことができます。

  1. 特定のコンテナーに対してスループットをプロビジョニングする。
  2. コンテナー セットのまとまりに対してスループットをプロビジョニングする (そのすべてのコンテナー間でスループットが共有される)。

個々のコンテナーに対してスループットをプロビジョニングした場合、その特定のコンテナー用にスループットが予約されることが、スループットの SLA によって裏打ちされる形で保証されます。これに対し、コンテナー セットに対してスループットをプロビジョニングした場合は、すべてのコンテナー間でスループットを共有することができます。 ご利用の Azure Cosmos DB データベース アカウント内で、スループットを共有するコンテナーと、専用スループットがプロビジョニングされたコンテナーとを適宜組み合わせることができる点に注目してください。 プロビジョニングされたスループットは、その対象が個々のコンテナーであれコンテナー セットであれ、プログラムからいつでも増やしたり (スケールアップ)、減らしたり (スケールダウン) することができます。ワークロードの変化に応じてエラスティックにスケーリングでき、実際に構成したスループットにしか支払いは発生しません。

価格の詳細

単位 料金
SSD ストレージ (GB あたり) $- GB/月
予約済み RU/秒 (100 RU ごと、最低 400 RU) $-
標準的なデータ転送速度が適用されます。月額料金の見積は、1 か月あたりの時間を 730 として算出されています。

プロビジョニング スループット

プロビジョニング スループットは、1 秒あたりの要求ユニット数 (RU)、つまり RU/秒の単位で課金されます。要求ユニット (RU) は、明確に定義された通貨として、Azure Cosmos DB コンテナーに対する各種操作 (読み取り、書き込み、クエリ) のスループットに課金する目的で使用されます。 Azure Cosmos DB で支払いの対象となるのは、プロビジョニングしたスループット (RU) と SSD に格納されたデータ (GB) だけです。

コンテナーのプロビジョニング スループット: スループットがプロビジョニングされた各コンテナーは、100 RU/秒単位 (最低 400 RU/秒) でプロビジョニングされるスループットに対して時間単位で課金されるほか、保存したデータ (GB 単位) に対して課金されます。これは、業界トップ レベルの包括的なサービス レベル アグリーメント (SLA) の対象となります。

API 最小スループット スケール増分 プロビジョニング スループットの範囲
SQL コレクションあたり 400 RU 100 RU の増分 スループットのプロビジョニング対象となるコレクション
MongoDB コレクションあたり 400 RU 100 RU の増分 スループットのプロビジョニング対象となるコレクション
Cassandra テーブルあたり 400 RU 100 RU の増分 スループットのプロビジョニング対象となるテーブル
テーブル テーブルあたり 400 RU 100 RU の増分 スループットのプロビジョニング対象となるテーブル
Gremlin グラフあたり 400 RU 100 RU の増分 スループットのプロビジョニング対象となるグラフ

コンテナー セットに対するプロビジョニング スループット: 特定のコンテナーに対してスループットをプロビジョニングすることに加え、データ モデルまたは API によっては、データベース (SQL、MongoDB など) レベル、データベース アカウント (Gremlin、Table など) レベル、キー スペース (Cassandra など) レベルでスループットを構成することにより、コンテナー セット間でプロビジョニング スループットを共有することもできます。データベース (その他データベース アカウント、キー スペース) には、コンテナー セットを格納して、そのすべてのコンテナー間で親にプロビジョニングされたスループットを共有できるほか、コンテナー セットを格納して、それぞれのコンテナーに専用のスループットを個別にプロビジョニングすることができます。親のスループットを共有するコンテナーは、専用スループットが割り当てられたコンテナーとは異なり、1 秒あたりの RU に関して、個別には最小要件がありません。スループットがプロビジョニングされた各データベース (その他データベース アカウント、キー スペース) は、10K RU/秒単位 (最低 50K RU/秒) でプロビジョニングされるスループットに対して時間単位で課金されるほか、保存したデータ (GB 単位) に対しても課金されます。これは、業界トップ レベルの包括的なサービス レベル アグリーメント (SLA) の対象となります。

API 最小スループット スケール増分 プロビジョニング スループットの範囲
SQL データベースあたり 50K RU 10K RU の増分 データベース。データベース内のすべてのコレクション間で、すべてのスループットが共有されます (コレクションのスループットは明示的にはプロビジョニングされません)
MongoDB データベースあたり 50K RU 10K RU の増分 データベース。データベース内のすべてのコレクション間で、すべてのスループットが共有されます (コレクションのスループットは明示的にはプロビジョニングされません)
Cassandra キー スペースあたり 50K RU 10K RU の増分 キー スペース。キー スペース内のすべてのテーブル間で、すべてのスループットが共有されます (キー スペースのスループットは明示的にはプロビジョニングされません)
テーブル データベース アカウントあたり 50K RU 10K RU の増分 データベース アカウント。データベース アカウント内のすべてのテーブル間で、すべてのスループットが共有されます (テーブルのスループットは明示的にはプロビジョニングされません)
Gremlin データベース アカウントあたり 50K RU 10K RU の増分 データベース アカウント。データベース アカウント内のすべてのグラフ間で、すべてのスループットが共有されます (グラフのスループットは明示的にはプロビジョニングされません)

世界規模でスループットをエラスティックにスケーリング

Azure Cosmos DB データベースは世界中に分散できるため、簡単に世界規模でアプリを作成できます。すなわち、すべてのデータが指定したリージョンに自動的にレプリケートされます。アプリは 1 つの論理エンドポイントで動作し続けますが、データは、データ一貫性高可用性のための直感的なプログラミング モデルを利用して、ユーザーに最も近いリージョンから自動的に提供されます。世界中に分散されたコンテナーは、各リージョンで消費されたストレージと各 Azure Cosmos DB コンテナーでプロビジョニングされたスループットに、Azure Cosmos DB データベース アカウントに関連付けられたリージョン数を掛けた数字に基づいて課金されます。リージョン間におけるレプリケーション データ転送には標準のデータ転送料金が適用されます。

Azure Cosmos DB を無料で試す

  • Azure Cosmos DB Emulator (無料): 無料の Azure Cosmos DB Emulator をダウンロードし、ローカル マシンで Azure Cosmos DB を使用してアプリケーションの開発とテストを行うことができます。開発したアプリケーションの動作に問題がなければ、クラウド上の Azure Cosmos DB インスタンスをポイントするように構成を切り替えるだけでアプリケーションをデプロイできます。
  • Azure の無料アカウント: Azure 無料アカウントのサービスとして、Azure Cosmos DB をお試しいただけます。
  • Azure Cosmos DB を無料で試す: 「Azure Cosmos DB を無料で試す」から、一定期間に限り、サブスクリプション不要で、グローバルに分散された Azure Cosmos DB をご利用いただけます。課金や契約も必要ありません。

Azure Cosmos DB が存在するリージョンは、どこで確認できますか?

Azure Cosmos DB は、パブリック クラウド、政府機関向けクラウド、ソブリン クラウド、DoD クラウドを含め、Azure が存在するあらゆる場所にあります。詳細については、Azure サービスのリージョン別に利用可能な製品に関するページを参照してください。

サポートおよび SLA

  • Azure Cosmos DB を始めとして一般公開されているすべての Azure サービスのテクニカル サポートは Azure サポートを通じて提供され、1 か月あたり $29 からご利用いただけます。課金やサブスクリプションの管理についてのサポートは、無料で提供されています。
  • SLA - 単一リージョンのデータベースに対して 99.99% 以上の可用性を、複数リージョンのデータベースに対しては 99.999% 以上の可用性を保証し、Azure Cosmos DB での要求の処理や操作の実行を問題なく行えるようにします。SLA の詳細については、SLA のページをご覧ください。

FAQ

  • Azure Cosmos DB では、1 秒あたりの要求ユニットで、プロビジョニング スループットを指定します。要求ユニットはスループットの通貨と考えることができます。この通貨によって、アプリケーションで利用できる保証されたリソース (メモリ、CPU、IOPS) 量を秒単位で予約できます。Azure Cosmos DB での各操作 (書き込み、読み取り、更新、クエリ) は、CPU、メモリ、IOPS を消費します。つまり、それぞれの操作により、リソースが消費され、それが要求ユニットで表されます。Azure Cosmos DB の要求ユニットに関するページを参照してください。

  • 料金は、お使いの Azure Cosmos DB コンテナーまたはコンテナー セット (データベースなど) に対するプロビジョニング済みスループット (RU/秒) に基づいて、1 時間あたりの料金で、プロビジョニングされていた時間に応じて請求されます。

    個々のコンテナーのプロビジョニング スループット:

    米国東部 2 の Azure Cosmos DB アカウントでコンテナーを 2 つ作成し、それぞれ 500 RU/秒と 700 RU/秒でスループットをプロビジョニングした場合、プロビジョニングされたスループットは合計で 1,200 RU/秒になります。そのため、請求される額は 12 x $- = $-/時間 になります。

    スループットを変更する必要が生じて、各コンテナーの容量を 500 RU/秒増やし、さらに 20,000 RU/秒を使用する新しい無制限のコンテナーを作成した場合は、合計で 22,200 RU/秒 (1,000 RU/秒 + 1,200 RU/秒 + 20,000 RU/秒) の容量がプロビジョニングされたことになります。そのため、請求される額は $- x 222 = $-/時間 になります。

    1 か月を 720 時間として、500 時間分のスループットを 1,200 RU/秒でプロビジョニングし、残りの 220 時間分のスループットを 22,200 RU/秒でプロビジョニングした場合、1 か月の料金は、500 x $-/時間 + 220 x $-/時間 = $-/月 となります。

    コンテナー セットのプロビジョニング スループット:

    米国東部 2 のアカウントで Cosmos DB データベースを 2 つ (それぞれコレクションのセットを含む) 作成し、それぞれ 50K RU/秒と 70K RU/秒でスループットをプロビジョニングした場合、プロビジョニングされたスループットは合計で 120K RU/秒になります。そのため、請求される額は 1,200 x $- = $-/時間 になります。

    スループットを変更する必要が生じて、各データベースのプロビジョニング スループットを 10K RU/秒増やした場合は、合計で 140K RU/秒 (60K RU/秒 + 80K RU/秒) の容量がプロビジョニングされたことになります。そのため、請求される額は 1,400 * $- = $-/時間 になります。

    1 か月を 720 時間として、500 時間分のスループットを 120K RU/秒でプロビジョニングし、残りの 220 時間分のスループットを 140K RU/秒でプロビジョニングした場合、1 か月の料金は、500 x $-/時間 + 220 x $-/時間 = $- + $- = $-/月 となります。

  • 異なる地理的なリージョンの間にコンテナーを分散することを選択した場合、各リージョンのコンテナーごとのスループットとストレージ、およびリージョン間のデータ転送に対して課金されます。たとえば、米国西部にコンテナーがあり、今月は 10,000 RU/秒のスループットでプロビジョニングされ、1TB のデータが保存されているとします。3 つのリージョン (米国東部、北ヨーロッパ、東アジア) を追加し、各リージョンのストレージとスループットが同じ場合、 今月の請求書の合計金額は次の通りです (1 か月を 31 日とした場合):

    項目 使用量 (月あたり) 料金 月額料金
    米国西部のコンテナーのスループット料金 10K RU/秒 * 24 * 31 1 か月あたり 100 RU/秒につき $- $-
    追加された 3 つのリージョン (米国東部、北ヨーロッパ、東アジア) のスループット料金 3 * 10K RU/秒 * 24 * 31 1 か月あたり 100 RU/秒につき $- $-
    米国西部のコンテナーのストレージ料金 1 TB $-/GB $-
    追加された 3 つのリージョン (米国東部、北ヨーロッパ、東アジア) のストレージ料金 3 * 1TB $-/GB $-
    合計 $-

    また、米国東部、北ヨーロッパ、および東アジアにデータをレプリケートするために、毎月 100GB のデータを米国西部のコンテナーから送信するとします。送信に対しては、データ転送料金に従って課金されます。

  • ストレージ容量は、1 か月にわたり保存されていた、1 時間あたりの最大データ量 (GB 単位) を基準に請求されます。たとえば、月の前半は 100 GB のストレージを使用し、後半は 50 GB を使用した場合、その月は 75 GB に相当するストレージが課金されることになります。

  • コンテナーまたはデータベースが存在した時間単位で定額が請求されます。使用量は考慮されず、コンテナーまたはデータベースがアクティブだった時間が 1 時間未満だったとしても同様です。たとえば、コンテナーまたはデータベースを作成し、それを 5 分後に削除した場合でも、1 時間分の料金が請求されます。

  • プロビジョニング済みスループットを午前 9:30 に 400 RU/秒から 1,000 RU/秒に増やし、午前 10:45 にプロビジョニング済みスループットを 400 RU/秒に戻した場合、1,000 RU/秒を 2 時間使用したとして請求されます。

    特定のコンテナーまたはコンテナー セットについて、プロビジョニング スループットを午前 9:30 に 100K RU/秒から 200K RU/秒に増やし、午前 10:45 にプロビジョニング スループットを 100K RU/秒に戻した場合、200K RU/秒を 2 時間使用したとして請求されます。

  • Azure Portal や、サポートされている SDK または REST API のいずれかを使用して、Azure Cosmos DB アカウント内で各コンテナーの要求ユニットの数を増減できます。

  • 無制限のスケールと柔軟性を確保するために、常に "無制限" のコンテナーを使用することをお勧めします。無制限のコンテナーは水平方向にパーティション分割されます。Azure Cosmos DB では、無制限のコンテナーに使用するスループットとストレージをエラスティックかつ透過的に、自動でスケーリングすることができます。"固定" のコンテナーでは、スケールアップが 10K RU までに制限され、利用できる SSD ストレージも最大 10 GB となります。また、一連の "固定" のコンテナー間でスループットを共有することもできません。
  • パフォーマンスを最大限に高め、ストレージを最適化するには、こちらに記載されているガイドラインに従ってください。

リソース

Azure サービスの月額料金を概算できます。

Azure の価格についてよく寄せられる質問を見ることができます

詳細を表示するAzure Cosmos DB

技術チュートリアル、ビデオ、その他のリソースを確認します。

見積に追加されました。 計算ツールで表示するには 'v' を押してください 計算ツールで表示する

$200 のクレジットで学習と開発ができ、継続は無料です