Azure Cosmos DB の価格

フル マネージドでグローバル分散型のマルチモデル データベース サービス

Azure 無料アカウントの利用を開始して、30 日間有効な $200 のクレジットと、Azure Cosmos DB への 12 か月の無料アクセスを入手しましょう。

Azure Cosmos DB を活用して、任意のスケールでリアルタイムの常時接続アプリケーションを開発しましょう。このデータベースは、フル マネージドでグローバル分散型のマルチモデル データベース サービスであり、99.999 パーセントの高可用性と、世界中のあらゆる場所での 10 ミリ秒未満の読み書き待機時間が包括的な SLA で保証されています。5 つの整合性モデル自動インデックス作成複数のデータ モデルおよび API を含む、組み込みのクラウドネイティブ機能により、アプリ開発を簡略化して開発者の生産性を強化できます。

MongoDBGremlinCassandra、および Etcd データベースからの既存のデータを、アプリケーションを変更せずに簡単に移行し、Azure Cosmos DB にネイティブに組み込まれた Apache Spark コネクタと Jupyter Notebook (プレビュー) によりリアルタイムの運用分析を実行します。スループットとストレージは柔軟かつ瞬時に制限なくスケーリングできるため、お支払いは必要な分だけです。

料金設定

Azure Cosmos DB では、プロビジョニング スループットと時間あたりの使用ストレージに対して課金されます。

プロビジョニング スループットは、様々なデータベース操作 (挿入、読み込み、置換、アップサート、削除、クエリなど) に使用される、秒あたりの要求ユニット (RU/秒) で表されます。データベース アカウントは、複数リージョン (マルチマスター) または単一リージョン (シングルマスター) で書き込みを受け入れるように構成できます。プロビジョニング スループットは、1 年または 3 年契約の Azure Cosmos DB 予約容量を利用すると、大幅に節約できます。

ストレージは、SSD を使用するデータとインデックスが使用する GB 単位で課金されます。

プロビジョニング スループット

コンテナーまたはデータベースに対する最小のプロビジョニング スループットは 400 RU/秒であり、1 か月あたり 10 億回の読み取りに相当します。スループットはプロビジョニングでき、100 RU/秒 (1 か月あたり 2 億 6780 万回の読み取りに相当) 刻みで柔軟にスケーリングできます。また、SLA を保ったままいつでも数億 RU/秒まで柔軟にスケールアップできます。お使いのコンテナーまたはデータベースにプロビジョニングされた最大スループットに対し、時間単位で課金されます。アカウントは、複数リージョン (マルチマスター) または単一リージョン (シングルマスター) で書き込みを受け入れるように構成できます。

プロビジョニング スループットの手動構成

Azure portal を使用して、またはプログラムで API を使用して、お使いの Cosmos コンテナーまたはデータベースにプロビジョニング スループットを手動で構成できます。

プロビジョニング スループット - 単位 (1 時間あたり 100 RU/秒) 料金
100 RU/秒の単一リージョン アカウント 1 x $-
100 RU/秒の複数リージョン、シングルマスター アカウント (N = 選択されている Azure リージョンの数) N リージョン x $-、N > 1
100 RU/秒の複数リージョン、マルチマスター アカウント (N = 選択されている Azure リージョンの数)* (N リージョン +1) x $-、N > 1

データ転送速度は Standard サービス レベルの速度が適用されます。月額料金の見積は、1 か月あたりの時間を 730 として算出されています。

Cosmos コンテナーおよびデータベースでは、最低でも 400 RU/秒のプロビジョニング スループットが必要です。

*運用環境のミッション クリティカルなワークロードに対する推奨値。

Azure Cosmos DB の容量計画ツール (RU 計算ツール) を使用して、プロビジョニング スループットのニーズを推定することができます。

オートパイロットでのプロビジョニング スループットの自動構成 プレビュー

オートパイロット モードでは、お使いのコンテナーおよびデータベースのプロビジョニング スループットが、ワークロード パターンに基づき、SLA を保って、自動的にスケーリングされます。容量の管理やレート制限の処理を手動で行う必要はありません。これは、予測不可能なワークロード、低頻度のワークロード、またはバースト性のワークロードに最適です。オートパイロット モードでは、アプリケーションで Cosmos コンテナーまたはデータベースへの要求が行われると、ワークロードのニーズに基づいて、すぐに自動的にプロビジョニング スループットが調整されます。

オートパイロット スループット - 単位 (1 時間あたり 100 RU/秒) 料金
100 オートパイロット RU/秒 $-

詳細については、ドキュメントのページをご覧ください。

プロビジョニング スループットの予約容量

Azure Cosmos DB の予約容量価格を活用すると、最大 65 パーセントのコスト削減を実現し、優れた可用性 SLA を利用するとともに、容量計画または管理の負担を減らすことができます。一括払いで 1 年または 3 年分のプロビジョニング スループットを確保し、1 つの加入契約に含まれるすべてのリージョン、API、アカウント、サブスクリプション全体で予約済みプロビジョニング スループットを共有しましょう。詳細については、ドキュメント ページをご覧ください。

1 年予約 3 年予約
スループット 単一リージョン書き込み 複数リージョン書き込み 単一リージョン書き込み 複数リージョン書き込み
価格/割引 100 RU/秒あたりの価格
(従量課金制と比較した割引率)
100 RU/秒あたりの価格
(従量課金制と比較した割引率)
100 RU/秒あたりの価格
(従量課金制と比較した割引率)
100 RU/秒あたりの価格
(従量課金制と比較した割引率)
最初の 50K RU/秒 $- $- $- $- $- $- $- $-
次の 450K RU/秒 $- $- $- $- $- $- $- $-
次の 2.5M RU/秒 $- $- $- $- $- $- $- $-
3M RU/秒超 $- $- $- $- $- $- $- $-

予約容量を超えてプロビジョニングしたスループットについては、標準のプロビジョニング スループット料金で課金されます。

消費されたストレージ

Azure Cosmos DB では、トランザクションや分析 (プレビュー) のストレージが無制限に提供されます。ストレージは、Azure Cosmos DB を使用しているすべてのリージョンで、データとインデックスが使用するローカル SSD の論理ストレージの GB 単位で課金されます。たとえば、Azure Cosmos DB アカウントを 3 つのリージョン間でレプリケートする場合は、それらの 3 つのリージョンごとの合計ストレージ コストに対して支払います。

データは、トランザクションと分析 (プレビュー) の 2 種類のストレージ層で管理されます。ワークロードは同じ論理データを使用して動作し、相互に干渉することはありません。トランザクション ストレージは既定で常に有効になりますが、分析 (プレビュー) ストレージは Cosmos コンテナーで明示的に有効にする必要があります。

ストレージ要件を見積もるには、容量プランナー ツールをご使用ください。

消費されたストレージ 料金
1 GB の消費されたトランザクション ストレージ (行指向) $-/月
1 GB の消費された分析ストレージ (列指向) - プレビュー $-/月

トランザクション ストレージの場合、IOPS (入力/出力操作数/秒) に対する追加料金はありません。分析 (プレビュー) ストレージの場合、ストレージ トランザクションは次のように請求されます。

分析ストレージ トランザクション プレビュー

トランザクション 料金
書き込み操作 (10,000 操作あたり) $-
読み取り操作 (10,000 操作あたり) $-

複数リージョンと可用性ゾーン

Azure Cosmos DB is a fully managed database service with turnkey global distribution and transparent multi-master replication. You can add and remove regions to your Azure Cosmos account at any time. The throughput that you configure for various Azure Cosmos databases and containers is reserved in each region associated with your Cosmos account.

複数リージョン構成に加えて、Azure Cosmos データベースに関連付けるリージョンを選択するときに、ゾーンの冗長性を有効にできるようになりました。ゾーン冗長では、特定のリージョン内の複数のゾーン間でデータがレプリケートされることにより、そのリージョン内での冗長性が向上します。可用性ゾーン冗長は、単一リージョン アカウント、および複数リージョンの書き込みが有効になっている複数リージョン アカウントで使用できます。

スループット - 単位 (1 時間あたり 100 RU/秒) 料金
100 RU/秒、単一リージョン アカウント 1 x $-
100 RU/秒、N>1 リージョン、単一の書き込み可能リージョン N x $-
100 RU/秒、N>1 リージョン、すべてのリージョンが書き込み可能 (N + 1) x $-
100 RU/秒、N>1 リージョン、すべてのリージョンが書き込み可能、可用性ゾーンが有効 (N + 1) x $-

Azure Cosmos DB を無料で試す

Azure Cosmos DB ローカル エミュレーターにより、運用可能なアプリをローカル コンピューターで開発してテストする ローカル環境の Windows コンピューターで、無料の Azure Cosmos DB エミュレーターをダウンロードします。データベースの準備ができたら、クラウドの Azure Cosmos DB インスタンスをポイントすることでデプロイできます。
Azure を初めて使用し、運用前のアプリをテストしたいですか?Azure の無料アカウントで Azure Cosmos DB と他の Azure サービスをお試しください 12 か月の Azure の無料アカウントの一部として、Azure Cosmos DB と他の Azure サービスをお試しください。30 日間使用できる $200 のクレジットを取得し、400 RU/秒のプロビジョニング スループットと月あたり 5 GB のストレージを一年間ご利用いただけます。)
Azure Cosmos DB を無料で試す」から契約不要のグローバルな Azure Cosmos DB データベースを作成して、30 日間実行する。 Azure Cosmos DB を無料で試す」から、一定期間に限り、Azure サブスクリプション不要で、グローバルに分散された Azure Cosmos DB をご利用いただけます。その場合、料金は発生しません。 何回でも変更できます。

サポートおよび SLA

  • テクニカル サポートは、Azure サポートを通じて $29/月 からご利用いただけます。請求およびサブスクリプション管理に関するサポートを無料で提供しています。
  • Azure Cosmos DB は、パブリック クラウド、政府機関向けクラウド、DoD クラウドを含め、すべての Azure リージョンでご利用いただけます。詳細については、Azure サービスのリージョン別に利用可能な製品に関するページを参照してください。
  • SLA - 単一リージョンのデータベースに対しては 99.99 パーセント以上の可用性、複数リージョンのデータベースに対しては 99.999 パーセント以上の可用性が保証され、Azure Cosmos DB で要求の処理や操作の実行を問題なく行えます。さらに、待機時間、スループット、一貫性、および高可用性に対応する包括的な SLA が他に用意されています。詳細については、SLA ページをご覧ください。

FAQ

  • Azure Cosmos DB では、(データベースまたはコンテナーの) スループットをご予約いただき、1 時間ごとの予約済みスループットのみがお支払い対象となります。お客様にとって、プロビジョニング スループット ベースのモデルの利点は、どんなスケールでもパフォーマンスと弾力性が保証されるという点です。プロビジョニング スループット モデルに従うことで、Cosmos DB ではスケールに関係なく 99 パーセンタイルのスループットを保証できるだけでなく、高可用性や、保証された低待機時間を提供できます。予約スループットは、1 秒あたりの要求ユニット (RU) 単位で指定されます。ドキュメントの書き込み、更新、読み取り、クエリの実行など、Azure Cosmos DB での各操作は、CPU、メモリ、IOPS を消費します。つまり、それぞれの操作により、請求の要求が発生し、それが要求ユニット (RU) で表されます。詳細については、Azure Cosmos DB の要求ユニットに関するページを参照してください。

  • 料金は、ご使用の Azure Cosmos DB データベースまたはコンテナーに対して予約されたプロビジョニング スループット (秒単位の要求ユニット数 (RU/s) で表す) に基づき、1 時間あたりの料金で、プロビジョニングされていた時間に応じて請求されます。

    個々のコンテナーのプロビジョニング スループット:

    米国東部 2 の Azure Cosmos DB アカウントでコンテナーを 2 つ作成し、それぞれ 500 RU/秒と 700 RU/秒でスループットをプロビジョニングした場合、プロビジョニングされたスループットは合計で 1,200 RU/秒になります。そのため、請求される額は 12 x $- = $-/時間 になります。

    スループットを変更する必要が生じて、各コンテナーの容量を 500 RU/秒増やし、さらに 20,000 RU/秒を使用する新しいコンテナーを作成した場合は、合計で 22,200 RU/秒 (1,000 RU/秒 + 1,200 RU/秒 + 20,000 RU/秒) の容量がプロビジョニングされたことになります。そのため、請求される額は $- x 222 = $-/時間 になります。

    1 か月を 720 時間として、500 時間分のスループットを 1,200 RU/秒でプロビジョニングし、残りの 220 時間分のスループットを 22,200 RU/秒でプロビジョニングした場合、1 か月の料金は、500 x $-/時間 + 220 x $-/時間 = $-/月 となります。

    データベース (コンテナー セット) のプロビジョニング スループット:

    米国東部 2 のアカウントで Cosmos DB データベースを 2 つ (それぞれコレクションのセットを含む) 作成し、それぞれ 50K RU/秒と 70K RU/秒でスループットをプロビジョニングした場合、プロビジョニングされたスループットは合計で 120K RU/秒になります。そのため、請求される額は 1,200 x $- = $-/時間 になります。

    スループットを変更する必要が生じて、各データベースのプロビジョニング スループットを 10K RU/秒増やした場合は、合計で 140K RU/秒 (60K RU/秒 + 80K RU/秒) の容量がプロビジョニングされたことになります。そのため、請求される額は 1400 * $- = $-/時間 になります。

    1 か月を 720 時間として、500 時間分のスループットを 120K RU/秒でプロビジョニングし、残りの 220 時間分のスループットを 140K RU/秒でプロビジョニングした場合、1 か月の料金は、500 x $-/時間 + 220 x $-/時間 = $- + $- = $-/月 となります。

  • オートパイロット (現在はプレビュー) では、選択したサービス レベルに対する基本料金と、ワークロードのパターンに基づいて時間ごとに割り当てられるオートパイロット モードでの最大プロビジョニング スループットに対して、時間単位で請求されます。プロビジョニング スループットは、1 秒間の要求単位数 (RU/秒) で表されます。
  • (データベースとコンテナーを伴う) Cosmos アカウントを複数の地理的リージョンに分散することを選択した場合、各リージョンのコンテナーごとのスループットとストレージ、およびリージョン間のデータ転送に対して課金されます。たとえば、米国西部にコンテナーがあり、今月は 10,000 RU/秒のスループットでプロビジョニングされ、1TB のデータが保存されているとします。3 つのリージョン (米国東部、北ヨーロッパ、東アジア) を追加し、各リージョンのストレージとスループットが同じであると仮定します。今月の請求書の合計金額は次の通りです (1 か月を 31 日とした場合):

    項目 使用量 (月あたり) 料金 月額料金
    米国西部のコンテナーのスループット料金 10K RU/秒 * 24 * 31 1 か月あたり 100 RU/秒につき $- $-
    追加された 3 つのリージョン (米国東部、北ヨーロッパ、東アジア) のスループット料金 3 * 10K RU/秒 * 24 * 31 1 か月あたり 100 RU/秒につき $- $-
    米国西部のコンテナーのストレージ料金 1 TB $-/GB $-
    追加された 3 つのリージョン (米国東部、北ヨーロッパ、東アジア) のストレージ料金 3 * 1TB $-/GB $-
    合計 $-

    また、米国東部、北ヨーロッパ、および東アジアにデータをレプリケートするために、毎月 100GB のデータを米国西部のコンテナーから送信するとします。送信に対しては、データ転送料金に従って課金されます。

  • 複数の地理的リージョンをまたいでコンテナーを運用することにした場合は、各リージョンのコンテナーごとのプロビジョニング スループットとストレージのほか、リージョン間のデータ転送に対して課金されます。プロビジョニング スループットに対して課金されます。

    複数リージョン書き込み

    米国西部にコンテナーがあり、今月は 10,000 RU/秒のスループットでプロビジョニングされ、1TB のデータが保存されているとします。3 つのリージョン (米国東部、北ヨーロッパ、東アジア) を追加し、各リージョンのストレージとスループットが同じであるとき、グローバルに分散するアプリから 4 つすべてのリージョンのコンテナーに書き込めるようにしたいとしましょう。今月の請求書の合計金額は次の通りです (1 か月を 31 日とした場合):

    項目 使用量 (月あたり) 料金 月額料金
    米国西部のコンテナーのスループット料金 (複数リージョンの書き込み) 10K RU/秒 * 24 * 31 1 か月あたり 100 RU/秒につき $- $-
    追加された 3 つのリージョン (米国東部、北ヨーロッパ、東アジア) のスループット料金 (複数リージョンの書き込み) (3 + 1) * 10K RU/秒 * 24 * 31 1 か月あたり 100 RU/秒につき $- $-
    米国西部のコンテナーのストレージ料金 1 TB $-/GB $-
    追加された 3 つのリージョン (米国東部、北ヨーロッパ、東アジア) のストレージ料金 3 * 1TB $-/GB $-
    合計 $-

    上記の例で、米国東部、北ヨーロッパ、および東アジアにデータをレプリケートするために、毎月 100 GB のデータを米国西部のコンテナーから送信するとします。送信に対しては、データ転送料金に従って課金されます。

    2019 年 11 月 30 日まで、新しい Azure Cosmos DB アカウントは、アカウントの有効期間での選択したリージョンへの複数リージョン書き込み (マルチマスター) を最大 33 % オフで入手できます。対象となるのは新規アカウントのみです。アカウントは、2019 年 8 月 15 日から 2019 年 11 月 30 日までの間に作成されている必要があります。この割引は、アカウントの場所と Geo 冗長の両方が、北ヨーロッパ、西ヨーロッパ、米国中南部、または米国中北部のリージョン内にあるアカウントに限定され、それらの同じリージョン内の複数リージョン書き込みにのみ適用されます。 Geo 冗長と複数リージョン書き込みは、アカウント設定で有効にする必要があります。実際の割引額は、選択された適格なリージョンの数によって異なります。

  • ストレージ容量は、1 か月にわたり保存されていた、1 時間あたりの最大データ量 (GB 単位) を基準に請求されます。たとえば、月の前半は 100 GB のストレージを使用し、後半は 50 GB を使用した場合、その月は 75 GB に相当するストレージが課金されることになります。

  • コンテナーまたはデータベースが存在した時間単位で請求されます。使用量は考慮されず、コンテナーまたはデータベースがアクティブだった時間が 1 時間未満の場合も同様です。たとえば、コンテナーまたはデータベースを作成し、それを 5 分後に削除した場合でも、1 時間分の料金が請求されます。

  • 特定の 1 時間の中の最大のプロビジョニング スループットが請求されます。

    たとえば、プロビジョニング済みスループットを午前 9:30 に 400 RU/秒から 1,000 RU/秒に増やし、午前 10:45 にプロビジョニング済みスループットを 400 RU/秒に戻した場合、1,000 RU/秒を 2 時間使用したとして請求されます。

    特定のコンテナーまたはコンテナー セットについて、プロビジョニング スループットを午前 9:30 に 100K RU/秒から 200K RU/秒に増やし、午前 10:45 にプロビジョニング スループットを 100K RU/秒に戻した場合、200K RU/秒を 2 時間使用したとして請求されます。

  • Azure portal、サポートされているいずれかの SDK、REST API を使用して、各コンテナーまたはデータベースのプロビジョニング スループット (つまり 1 秒あたりの要求ユニットの数) をスケールアップまたはスケールダウンできます。

  • Azure Cosmos DB 予約容量では、1 年または 3 年分の Cosmos DB プロビジョニング スループット容量を前払いいただくと、データベースとコンテナー (テーブル/コレクション/グラフ) の Cosmos DB プロビジョニング スループットの割引が適用されて、費用の節約に役立ちます。Azure Cosmos DB 予約容量では、Cosmos DB にかかる費用を大幅に削減できます。1 年分または 3 年分の前払いにより、通常価格からの割引が可能になります。割引が適用されても、Cosmos DB リソースのランタイム状態は維持されます。Cosmos DB の予約容量は、Azure portal で購入できます。予約容量について詳しくは、Cosmos DB ドキュメントをご覧ください。

リソース

Azure サービスの月額料金を概算できます。

Azure の価格についてよく寄せられる質問を見ることができます

Azure Cosmos DBの詳細を表示します

技術チュートリアル、ビデオ、その他のリソースを確認します。

見積に追加されました。 計算ツールで表示するには 'v' を押してください

$200 のクレジットで学習と開発ができ、継続は無料です