ナビゲーションをスキップする

Azure Cosmos DB の価格

グローバル分散型のマルチモデル データベース サービス

Azure 無料アカウントの利用を開始して、30 日間有効な $200 のクレジットと、Azure Cosmos DB への 12 か月の無料アクセスを入手しましょう。

Azure Cosmos DB は、Microsoft が提供するグローバル分散型のマルチモデル データベースです。Azure Cosmos DB は、グローバル分散と水平方向への拡張性を中心として一から構築されています。透過的なスケーリングとあらゆる場所のユーザーへのデータ レプリケーションにより、使い始めてすぐに任意の数の Azure リージョン全体でグローバル分散を実現できます。スループットとストレージを世界規模で弾力的にスケーリングでき、お支払いは必要なスループットとストレージの分のみとなります。Azure Cosmos DB では、世界中のあらゆる場所で待ち時間の 99% が確実に 10 ミリ秒未満となります。また、明確でわかりやすい複数の整合性モデルでパフォーマンスを細かく調整することができ、マルチホーム機能により高可用性も保証されます。これらはすべて、業界トップ レベルの包括的なサービス レベル アグリーメント (SLA) の対象となります。

Azure Cosmos DB は真にスキーマ非依存であり、スキーマやインデックスの管理にお客様が手を煩わせることなく、自動ですべてのデータのインデックスが作成されます。またマルチモデルでもあり、ドキュメント、キー値、グラフ、列ファミリの各データ モデルにネイティブに対応しています。Azure Cosmos DB では SQL (ドキュメント)、MongoDB (ドキュメント)、Azure Table Storage (キー値)、Gremlin (グラフ)、Cassandra (列ファミリ) がすべてネイティブでサポートされているため、お好きな API を使用してデータにアクセスできます。

Azure Cosmos DB の機能
マルチマスター機能によるターン キー グローバル分散 利用可能
グローバルな可用性 (米国政府、DoD、中国を含むすべての Azure リージョン) 利用可能
マルチモデル、充実したクエリ サポートと自動インデックス作成のあるマルチ API 利用可能
99 パーセンタイルで 10 ミリ秒未満の読み取り/書き込み待ち時間を保証する SLA 利用可能
包括的な SLA
  • 可用性 SLA
  • スループット SLA
  • 整合性 SLA
  • 待ち時間 SLA
利用可能
セキュリティ
  • エンド ツー エンドのデータ暗号化 (保存データと移動中のデータ)
  • IP と VNET の分離
  • アクセスの制御と認可
利用可能
エラスティックで無制限のスケール
  • スループットとストレージに制限なし
  • オンプレミスや IaaS ホストされた NoSQL データベースでは得られないレベルの TCO 削減を実現するインスタント スケーリング
利用可能
Azure のコンプライアンスと合致した包括的なコンプライアンス認定 利用可能

価格の概略

プロビジョニング スループット

Azure Cosmos DB データベース アカウントを、1 つまたは複数の Azure リージョン間で分散できます。読み取りは、ご利用のデータベース アカウントに関連付けられているすべてのリージョンで処理できますが、データベース アカウントに必要な構成を行うことで、すべてのリージョンで書き込みを処理する (マルチマスター) ことも、単一のリージョンのみで書き込みを処理する (シングル マスター) こともできます。

Azure Cosmos DB では、プロビジョニング スループット時間あたりの使用ストレージに対して課金されます。スループットは、1 秒あたりの要求ユニット (RU/秒) と呼ばれる、正規化されたスループットの通貨で表現されます。プロビジョニング後は、各種のデータベース操作 (挿入、読み取り、置換、upsert、削除、クエリなど) を一律に RU/秒で表現することが可能です。プログラム (または Azure portal) を使って必要なスループットを構成したり、プロビジョニング スループットをいつでも弾力的にスケール変更したりすることができます。

異なる粒度でのプロビジョニング

スループットは、異なる粒度でプロビジョニングできます。スループットのプロビジョニング対象は次のとおりです。

  1. Cosmos DB コンテナー。選択したデータ モデルまたは API に応じて、Cosmos DB コンテナーは、コレクション (MongoDB、SQL など)、グラフ (Gremlin など)、テーブル (Cassandra、Azure Table Storage など) のいずれかになります。Cosmos DB のコンテナーは水平方向にパーティション分割され、エラスティックなスケーリングにより無制限のスループットとストレージを実現できます。
  2. Cosmos DB データベース。データベースに対して構成されるスループットは、データベースのすべてのコンテナー間で共有されます。特定のコンテナーをデータベースのプロビジョニングから明示的に除外したうえで、それらのコンテナーに対して、スループットをコンテナー レベルでプロビジョニングすることもできます。
プロビジョニングの粒度 最小スループット (RU/秒) スケールアップ/ダウンの増分 (RU/秒) 最大スループット 適用範囲
単一リージョン書き込み 複数リージョン書き込み 単一リージョン書き込み 複数リージョン書き込み
コンテナー* 400 400 100 100 無制限 スループットのプロビジョニング対象となるパーティション分割されたコンテナー
データベース** 400 400 100 100 無制限 データベース内のパーティション分割された全コンテナー間ですべてのスループットが共有されます (スループットが明示的にプロビジョニングされたコンテナーを除く)

* Cosmos DB コンテナーは、Cosmos DB コレクション (SQL API の使用時)、MongoDB コレクション (MongoDB API の使用時)、テーブル (Cassandra API または Table Storage API の使用時)、グラフ (Gremlin API の使用時) のいずれかにマッピングされます。

** Cosmos DB データベースは、データベース (SQL または MongoDB API の使用時)、キースペース (Cassandra API の使用時)、データベース アカウント (Gremlin API または Table Storage API の使用時) のいずれかにマッピングされます。

読み取りと書き込みを世界規模でエラスティックにスケーリングする

Azure リージョンはいつでも、ご利用の Cosmos DB データベース アカウントに対して世界中どこからでも追加 (またはアカウントから削除) できます。各種 Cosmos DB データベースおよび Cosmos DB コンテナーに対して構成したスループットは、Cosmos DB データベース アカウントに関連付けられている各 Azure リージョンで予約されることが保証されています。

SSD を使用したストレージ

データとインデックスは、SSD を使用したストレージに永続的に格納され、(Cosmos DB データベース アカウントに関連付けられている 1 つ以上の Azure リージョン間で) レプリケートされます。1 時間あたりのプロビジョニング スループットに加え、データおよびインデックスに実際に使用されたストレージ (GB 単位) も課金の対象になります。

価格の詳細

単位 料金
SSD ストレージ (GB あたり) $- GB/月
プロビジョニング スループット (単一リージョンの書き込み) (100 RU/秒あたり) $-
プロビジョニング スループット (複数リージョンの書き込み) (100 RU/秒あたり) $-
標準的なデータ転送速度が適用されます。月額料金の見積は、1 か月あたりの時間を 730 として算出されています。

Azure Cosmos DB の予約容量によるさらなるコスト削減

Cosmos DB の予約容量ベースの価格は、さらにコスト削減効果 (最大 65% 割引) があり、従来よりも一層厳しい (99.999 を超える) 可用性 SLA に対応します。また、キャパシティ プランニングの負担も軽減されます。1 回限りの前払い料金で、1 年間または 3 年間のプロビジョニング スループットを大幅な割引額で予約することができます。予約容量を超えてプロビジョニングしたスループットについては、標準のプロビジョニング スループット料金で課金されます。プロビジョニングされたスループットの予約容量は、特定の加入契約下のすべてのリージョン、すべての API、すべてのサブスクリプション、すべてのアカウント間で共有できます。予約容量は 20K RU/秒から利用できます。予約容量を購入するには、ドキュメント ページに移動します。

1 年予約 3 年予約
スループット 単一リージョン書き込み 複数リージョン書き込み 単一リージョン書き込み 複数リージョン書き込み
価格/割引 100 RU/秒あたりの価格
(従量課金制と比較した割引率)
100 RU/秒あたりの価格
(従量課金制と比較した割引率)
100 RU/秒あたりの価格
(従量課金制と比較した割引率)
100 RU/秒あたりの価格
(従量課金制と比較した割引率)
最初の 50K RU/秒 $- $- $- $- $- $- $- $-
次の 450K RU/秒 $- $- $- $- $- $- $- $-
次の 2.5M RU/秒 $- $- $- $- $- $- $- $-
3M RU/秒超 $- $- $- $- $- $- $- $-

Azure Cosmos DB を無料で試す

  • Azure Cosmos DB Local (ダウンロード版): 無料の Azure Cosmos DB Local をダウンロードし、ローカル コンピューターから Azure Cosmos DB を使用してアプリケーションの開発とテストを行うことができます。開発したアプリケーションの動作に問題がなければ、クラウド上の Azure Cosmos DB インスタンスをポイントするように構成を切り替えるだけでアプリケーションをデプロイできます。
  • Azure の無料アカウント: Azure 無料アカウントのサービスとして、Azure Cosmos DB をお試しいただけます。
  • Azure Cosmos DB を無料で試す: 「Azure Cosmos DB を無料で試す」から、一定期間に限り、サブスクリプション不要で、グローバルに分散された Azure Cosmos DB をご利用いただけます。課金や契約も必要ありません。
  • Cosmos DB には、オンプレミスや、IaaS でホストされたクラウドの NoSQL データベースにはない TCO 削減効果があります。詳しくは、こちらをご覧ください。

Azure Cosmos DB が存在するリージョンは、どこで確認できますか?

Azure Cosmos DB は、パブリック クラウド、政府機関向けクラウド、DoD クラウドを含め、すべての Azure リージョンでご利用いただけます。詳細については、Azure サービスのリージョン別に利用可能な製品に関するページを参照してください。

サポートおよび SLA

  • Azure Cosmos DB を始めとして一般公開されているすべての Azure サービスのテクニカル サポートは Azure サポートを通じて提供され、1 か月あたり $29 からご利用いただけます。課金やサブスクリプションの管理についてのサポートは、無料で提供されています。
  • SLA - 単一リージョンのデータベースに対して 99.99% 以上の可用性を、複数リージョンのデータベースに対しては 99.999% 以上の可用性を保証し、Azure Cosmos DB での要求の処理や操作の実行を問題なく行えるようにします。SLA の詳細については、SLA のページをご覧ください。

FAQ

  • Azure Cosmos DB では、(データベースまたはコンテナーの) スループットをご予約いただき、1 時間ごとの予約済みスループットのみがお支払い対象となります。お客様にとって、プロビジョニング スループット ベースのモデルの利点は、どんなスケールでもパフォーマンスと弾力性が保証されるという点です。プロビジョニング スループット モデルに従うことで、Cosmos DB ではスケールに関係なく 99 パーセンタイルのスループットを保証できるだけでなく、高可用性や、保証された低待機時間を提供できます。予約スループットは、1 秒あたりの要求ユニット (RU) 単位で指定されます。ドキュメントの書き込み、更新、読み取り、クエリの実行など、Azure Cosmos DB での各操作は、CPU、メモリ、IOPS を消費します。つまり、それぞれの操作により、請求の要求が発生し、それが要求ユニット (RU) で表されます。詳細については、Azure Cosmos DB の要求ユニットに関するページを参照してください。

  • 料金は、ご使用の Azure Cosmos DB データベースまたはコンテナーに対して予約されたプロビジョニング スループット (秒単位の要求ユニット数 (RU/s) で表す) に基づき、1 時間あたりの料金で、プロビジョニングされていた時間に応じて請求されます。

    個々のコンテナーのプロビジョニング スループット:

    米国東部 2 の Azure Cosmos DB アカウントでコンテナーを 2 つ作成し、それぞれ 500 RU/秒と 700 RU/秒でスループットをプロビジョニングした場合、プロビジョニングされたスループットは合計で 1,200 RU/秒になります。そのため、請求される額は 12 x $- = $-/時間 になります。

    スループットを変更する必要が生じて、各コンテナーの容量を 500 RU/秒増やし、さらに 20,000 RU/秒を使用する新しいコンテナーを作成した場合は、合計で 22,200 RU/秒 (1,000 RU/秒 + 1,200 RU/秒 + 20,000 RU/秒) の容量がプロビジョニングされたことになります。そのため、請求される額は $- x 222 = $-/時間 になります。

    1 か月を 720 時間として、500 時間分のスループットを 1,200 RU/秒でプロビジョニングし、残りの 220 時間分のスループットを 22,200 RU/秒でプロビジョニングした場合、1 か月の料金は、500 x $-/時間 + 220 x $-/時間 = $-/月 となります。

    データベース (コンテナー セット) のプロビジョニング スループット:

    米国東部 2 のアカウントで Cosmos DB データベースを 2 つ (それぞれコレクションのセットを含む) 作成し、それぞれ 50K RU/秒と 70K RU/秒でスループットをプロビジョニングした場合、プロビジョニングされたスループットは合計で 120K RU/秒になります。そのため、請求される額は 1,200 x $- = $-/時間 になります。

    スループットを変更する必要が生じて、各データベースのプロビジョニング スループットを 10K RU/秒増やした場合は、合計で 140K RU/秒 (60K RU/秒 + 80K RU/秒) の容量がプロビジョニングされたことになります。そのため、請求される額は 1,400 * $- = $-/時間 になります。

    1 か月を 720 時間として、500 時間分のスループットを 120K RU/秒でプロビジョニングし、残りの 220 時間分のスループットを 140K RU/秒でプロビジョニングした場合、1 か月の料金は、500 x $-/時間 + 220 x $-/時間 = $- + $- = $-/月 となります。

  • (データベースとコンテナーを伴う) Cosmos アカウントを複数の地理的リージョンに分散することを選択した場合、各リージョンのコンテナーごとのスループットとストレージ、およびリージョン間のデータ転送に対して課金されます。たとえば、米国西部にコンテナーがあり、今月は 10,000 RU/秒のスループットでプロビジョニングされ、1TB のデータが保存されているとします。3 つのリージョン (米国東部、北ヨーロッパ、東アジア) を追加し、各リージョンのストレージとスループットが同じである場合、今月の請求書の合計金額は次の通りです (1 か月を 31 日とした場合):

    項目 使用量 (月あたり) 料金 月額料金
    米国西部のコンテナーのスループット料金 10K RU/秒 * 24 * 31 1 か月あたり 100 RU/秒につき $- $-
    追加された 3 つのリージョン (米国東部、北ヨーロッパ、東アジア) のスループット料金 3 * 10K RU/秒 * 24 * 31 1 か月あたり 100 RU/秒につき $- $-
    米国西部のコンテナーのストレージ料金 1 TB $-/GB $-
    追加された 3 つのリージョン (米国東部、北ヨーロッパ、東アジア) のストレージ料金 3 * 1TB $-/GB $-
    合計 $-

    また、米国東部、北ヨーロッパ、および東アジアにデータをレプリケートするために、毎月 100GB のデータを米国西部のコンテナーから送信するとします。送信に対しては、データ転送料金に従って課金されます。

  • 複数の地理的リージョンをまたいでコンテナーを運用することにした場合は、各リージョンのコンテナーごとのプロビジョニング スループットとストレージのほか、リージョン間のデータ転送に対して課金されます。プロビジョニング スループットに対して課金されます。

    複数リージョン書き込み

    米国西部にコンテナーがあり、今月は 10,000 RU/秒のスループットでプロビジョニングされ、1TB のデータが保存されているとします。3 つのリージョン (米国東部、北ヨーロッパ、東アジア) を追加し、各リージョンのストレージとスループットが同じであるとき、グローバルに分散するアプリから 4 つすべてのリージョンのコンテナーに書き込めるようにしたいとしましょう。今月の請求書の合計金額は次の通りです (1 か月を 31 日とした場合):

    項目 使用量 (月あたり) 料金 月額料金
    米国西部のコンテナーのスループット料金 (複数リージョンの書き込み) 10K RU/秒 * 24 * 31 1 か月あたり 100 RU/秒につき $- $-
    追加された 3 つのリージョン (米国東部、北ヨーロッパ、東アジア) のスループット料金 (複数リージョンの書き込み) (3 + 1) * 10K RU/秒 * 24 * 31 1 か月あたり 100 RU/秒につき $- $-
    米国西部のコンテナーのストレージ料金 1 TB $-/GB $-
    追加された 3 つのリージョン (米国東部、北ヨーロッパ、東アジア) のストレージ料金 3 * 1TB $-/GB $-
    合計 $-

    上記の例で、米国東部、北ヨーロッパ、および東アジアにデータをレプリケートするために、毎月 100 GB のデータを米国西部のコンテナーから送信するとします。送信に対しては、データ転送料金に従って課金されます。

  • ストレージ容量は、1 か月にわたり保存されていた、1 時間あたりの最大データ量 (GB 単位) を基準に請求されます。たとえば、月の前半は 100 GB のストレージを使用し、後半は 50 GB を使用した場合、その月は 75 GB に相当するストレージが課金されることになります。

  • コンテナーまたはデータベースが存在した時間単位で請求されます。使用量は考慮されず、コンテナーまたはデータベースがアクティブだった時間が 1 時間未満の場合も同様です。たとえば、コンテナーまたはデータベースを作成し、それを 5 分後に削除した場合でも、1 時間分の料金が請求されます。

  • 特定の 1 時間の中の最大のプロビジョニング スループットが請求されます。

    たとえば、プロビジョニング済みスループットを午前 9:30 に 400 RU/秒から 1,000 RU/秒に増やし、午前 10:45 にプロビジョニング済みスループットを 400 RU/秒に戻した場合、1,000 RU/秒を 2 時間使用したとして請求されます。

    特定のコンテナーまたはコンテナー セットについて、プロビジョニング スループットを午前 9:30 に 100K RU/秒から 200K RU/秒に増やし、午前 10:45 にプロビジョニング スループットを 100K RU/秒に戻した場合、200K RU/秒を 2 時間使用したとして請求されます。

  • Azure portal、サポートされているいずれかの SDK、REST API を使用して、各コンテナーまたはデータベースのプロビジョニング スループット (つまり 1 秒あたりの要求ユニットの数) をスケールアップまたはスケールダウンできます。

  • Azure Cosmos DB 予約容量では、1 年または 3 年分の Cosmos DB プロビジョニング スループット容量を前払いいただくと、データベースとコンテナー (テーブル/コレクション/グラフ) の Cosmos DB プロビジョニング スループットの割引が適用されて、費用の節約に役立ちます。Azure Cosmos DB 予約容量では、Cosmos DB にかかる費用を大幅に削減できます。1 年分または 3 年分の前払いにより、通常価格からの割引が可能になります。割引が適用されても、Cosmos DB リソースのランタイム状態は維持されます。Cosmos DB の予約容量は、Azure portal で購入できます。予約容量について詳しくは、Cosmos DB ドキュメントをご覧ください。

リソース

Azure サービスの月額料金を概算できます。

Azure の価格についてよく寄せられる質問を見ることができます

詳細を表示するAzure Cosmos DB

技術チュートリアル、ビデオ、その他のリソースを確認します。

見積に追加されました。 計算ツールで表示するには 'v' を押してください 計算ツールで表示する

$200 のクレジットで学習と開発ができ、継続は無料です