Azure Remote Rendering の価格

高品質の対話型 3D コンテンツをレンダリングし、リアルタイムでデバイスにストリーミング

Azure Remote Rendering を使用すると、最高品質の 3D コンテンツと対話型エクスペリエンスを HoloLens 2 などのエッジ デバイスで利用できます。このサービスでは、Azure のコンピューティング能力を使用して、クラウド内で最も複雑なモデルをレンダリングし、デバイスにリアルタイムでストリーミングします。これにより、ユーザーは 3D コンテンツを簡単に操作できるようになります。

価格オプションの詳細

フィルターを適用して、価格オプションをお客様のニーズに合わせてカスタマイズします。

操作 Price 詳細
Standard Remote Rendering $-/時間 Standard Remote Rendering では、少なくとも 8 テラフロップのグラフィックス コンピューティング能力が提供され、最大 2,000 万ポリゴンまでのシーンをレンダリングできます。
Premium Remote Rendering $-/時間 Premium Remote Rendering は大規模なシーン向けで、少なくとも 42 テラフロップのグラフィックス コンピューティング能力が提供されており、数百以上のポリゴンのシーンをレンダリングできます。
アセット変換 100 無料トランザクション/月
$-/アセット
アセット変換は、レンダリングする各 3D モデルにつき 1 回必要です。 このプロセスでは、ソース FBX または GLTF ファイルをリモート レンダリングに最適な形式に変換します。

セッションの作成に使用するレンダリング サーバーを割り当てる場合は、Azure Remote Rendering に対して課金されます。 お客様が割り当てた時間に対して課金されます。 部分時間には、部分時間の料金が請求されます。

テラフロップ数は、GPU 製造元から報告されたパフォーマンスに基づいています。

Azure の価格および購入オプション

Microsoft と直接つながる

Azure の価格のチュートリアルをご覧ください。お客様のクラウド ソリューションの価格について理解し、コストの最適化について確認し、カスタムの提案を依頼できます。

営業担当者に問い合わせる

購入方法を見る

Azure の Web サイト、Microsoft の担当者、または Azure パートナーを通じて、Azure サービスをご購入ください。

お客様のオプションを調べる

その他の資料

Azure Remote Rendering の詳細

Azure Remote Rendering の特徴と機能についての詳細情報

料金計算ツール

Azure 製品の任意の組み合わせを使用する場合の推定の月間コストを見積もります。

SLA

この製品のサービス レベル アグリーメントをご確認ください。

ドキュメント

技術チュートリアル、ビデオ、その他の Azure Remote Rendering のリソースをご確認ください。

よく寄せられる質問

  • Azure Remote Rendering では、必要に応じてレンダリング サーバーを使用できるようにセッションを作成します。 サーバーが使用可能になってからリリースされるまで、レンダリング料金が課金されます。 レンダリングの部分時間には、部分時間の料金で課金されます。 また、変換するアセットごとに、アセット変換の標準料金も請求されます。 これは、レンダリングごとではなく、アセットごとに 1 回だけ実行する必要があります。
  • お使いのアプリケーションが Azure Remote Rendering に接続すると、使用するサーバーが選択されます。 アプリケーション開発者は、サーバーの設定をハード コーディングするか、エンドユーザーに選択肢を提供するか、ニーズに応じて (たとえば、3D モデルのサイズに基づいて) 動的にサーバーを選択するためのカスタム ロジックを作成するかを選択できます。
  • レンダリングできるポリゴンの最大数は、コンテンツによって異なります。 モデル内のポリゴンのサイズ、使用するテクスチャと素材、透明度などのその他のシーンの影響を受けることがあります。 Standard Remote Rendering での最大シーン サイズは 2000 万ポリゴンです。 Premium Remote Rendering では、ハードの最大値は適用されませんが、コンテンツがサービスのレンダリング機能を超えた場合、パフォーマンスが低下する可能性があります。
  • Azure Remote Rendering では、FBX と GLTF 形式の 3D モデルを使用できますが、これらのモデルは、Azure Remote Rendering でレンダリングする前に、サービスのランタイムの "ArrAsset" 形式に変換する必要があります。
  • Standard または Premium の Remote Rendering を選択すると、1 つ以上のグラフィックス プロセッシング ユニット (GPU) を使用してコンテンツがレンダリングされます。 上記のテラフロップ数は、コンテンツをレンダリングするために割り当てられるすべての GPU の最小の組み合わせの単精度テラフロップを表します。 レンダリングに使用される特定のハードウェアは、可用性によって異なる場合がありますが、定義されている最小パフォーマンス特性以上を満たします。
  • 各デバイスは、Azure Remote Rendering のそれぞれのインスタンスに接続し、個別の料金が発生します。

Azure の価格の説明については、営業担当者にお問い合わせください。クラウド ソリューションの価格を把握できます。

無料のクラウド サービスと、30 日間 Azure を検証できる $200 のクレジットを利用できます。