HDInsight の価格

Azure HDInsight では、完全に管理されフル サポート付きの Apache Hadoop®、Spark、HBase、Storm のクラスターを提供します。これらのうちどのワークロードでも、数回のクリックで数分以内に立ち上げて稼働状態にすることができます。ハードウェアを購入したり、ビッグ データ インフラストラクチャに付き物の専門の運用チームを雇ったりする必要はありません。

HDInsight クラスターはノードのセットで構成されています。料金は、クラスターの耐用期間におけるノードの使用量に対して請求されます。課金は、クラスターが作成されると開始され、クラスターが削除されて分単位で比例配分されると終了します。クラスター タイプを選択できるほか、必要に応じて Standard と Premium を選ぶことができます。Premium を選択すると、Standard 料金に追加料金が加算されます。また、R Server クラスターを選択するとと、固有のワークロードを反映した追加料金が加算されます。下記のプレビュー料金には、Premium GA 価格の 50% 割引が適用されています。HDInsight Kafka も、限定パブリック プレビュー期間中です。サービスと価格の詳細についてはお問い合わせください。

HDInsight の特長 Standard
基本料金/ノード時間
Premium
基本料金/ノード時間 + $-/コア時間 プレビュー
Azure クラウド データ プラットフォーム
無制限のスケール Health Good
柔軟なスケール
プロビジョニングが容易
高可用性
SLA
エンタープライズに対応
ベーシックな監視機能
Hadoop バージョン アップグレードと修正
保存データの暗号化
セキュアなゲートウェイと Zookeeper ノード
Ranger (セキュア Hadoop) + AD 統合
クラスターのタイプ
Hadoop (Hive、Pig、Storm)
LLAP を採用した Hadoop (対話型クエリ)
NoSQL データベース用 HBase
リアルタイム ストリーム分析用 Storm
インメモリ SQL クエリ、ML、およびリアルタイムのストリーム分析用 Spark
並列機械学習用 R Server

How pricing works

Hadoop、HBase、Storm、Spark R Server
Standard クラスター 基本料金/ノード時間 基本料金/ノード時間 + $-/コア時間
Premium クラスター プレビュー 基本料金/ノード時間 + $-/コア時間

基本料金/ノード時間

HDInsight では、ご利用の Azure サポート契約に Hadoop の完全サポートが含まれます。Azure サポートのサブスクリプションでは、Hadoop を導入する組織向けのテクニカル サポートと、Azure の他のすべてのサービスに関するテクニカル サポートが、Microsoft のエキスパートにより提供されます。また、Apache Hadoop オープン ソースの開発をリードする Hortonworks による支援もあります。Hortonworks には、Hadoop の全コードの 50% 以上を作成した当初の開発者やアーキテクトの一部が雇用されています。以上の理由により、Microsoft は、エキスパートによるテクニカル サポートと、オープン ソースの Hadoop にまで立ち戻ってコードの修正とコミットができるという能力を通じて、お客様のデプロイをより強力にサポートすることができます。

StorageData Transfers など、HDInsight に関連するその他の Azure サービスは、標準料金を使用して別途課金されます。料金の見積もりについては、Azure 計算ツールを使ってください。

HDInsight では、クラスターに関連付けられたストレージ アカウントでログ ファイルが作成されることに注意してください。これらのログ ファイルは、クラスターのドロップ後も利用可能であり、いつでも削除できます。

HDInsight 用 A シリーズ汎用ノードの基本料金

A1、A2、A3 ノードの使用は、Zookeeper ノードとヘッド ノードに制限されています。A シリーズはデータ ノードとワーカー ノードでは使用できません。

インスタンス コア RAM ディスク サイズ 基本料金/ノード
A1 1 1.75 GB 70 GB $-
A2 2 3.5 GB 135 GB $-
A3 4 7 GB 285 GB $-
A4 8 14 GB 605 GB $-
A5 2 14 GB 135 GB $-
A6 4 28 GB 285 GB $-
A7 8 56 GB 605 GB $-

A シリーズ コンピューティング集中型の基本料金

選択データ センターで利用可能。A10 および A11 仮想マシンの特色は、インテル® Xeon® E5 プロセッサです。ハイパフォーマンス クラスター、モデリングとシミュレーション、ビデオ エンコード、およびその他のコンピューティング集中型あるいはネットワーク集中型のシナリオに最適です。A8 および A9 のインスタンスの構成と類似していますが、InfiniBand ネットワークと RDMA テクノロジは含まれません。

クラスターを A10 または A11 マシン上にデプロイする場合、クラスター内のノードはすべて A10 または A11 でなければならないことに注意してください。

インスタンス コア RAM ディスク サイズ 基本料金/ノード
A10 8 56 GB 382 GB $-
A11 16 112 GB 382 GB $-

Dv2 シリーズの最適化されたノードの基本料金: D シリーズより 35% 高速な最新世代の CPU

Dv2 シリーズのインスタンスは、D シリーズのインスタンスよりも平均で約 35% 高速の強力な CPU を搭載する次世代の D シリーズのインスタンスです。D シリーズと同じメモリ構成とディスク構成で稼働します。Dv2 シリーズのインスタンスは、最新世代の 2.4 GHz Intel Xeon® E5-2673 v3 (Haswell) プロセッサをベースとしており、Intel Turbo Boost Technology 2.0 の使用により 3.2 GHz まで高速化できます。Dv2 シリーズ。Hadoop 上で、低レイテンシー、ローカル SSD アクセス、あるいはより高速の CPU を必要とするアプリケーションを実行するお客様にとっては、Dv2 シリーズを使用するのが有利かもしれません。HBase for HDInsight のお客様にとっては、大容量メモリ搭載の Dv2 シリーズで高いパフォーマンスを実現するのが有利かもしれません。HBase for HDInsight のお客様にとっては、大容量メモリ搭載の D シリーズで高いパフォーマンスを実現するのが有利かもしれません。Storm for HDInsight と Spark for HDInsight のお客様にとっては、大容量のメモリにより大量の参照データを読み込み、高速 CPU により高スループットを実現するのが有利かもしれません。

D1 ノード、D2 ノード、D11 ノードは、HBase 用と Storm 用の Zookeeper ノードとしてのみ提供されています。D シリーズは今後も提供されますが、DV2 シリーズのご利用をおすすめします。R Server エッジ ノードは、D4 v2、D12 v2、D13 v2、D14 v2 でのみ提供されています。

インスタンス コア RAM ディスク サイズ 基本料金/ノード
D1 v2 1 3.5 GB 50 GB $-
D2 v2 2 7 GB 100 GB $-
D3 v2 4 14 GB 200 GB $-
D4 v2 8 28 GB 400 GB $-
D5 v2 16 56 GB 800 GB $-
D11 v2 2 14 GB 100 GB $-
D12 v2 4 28 GB 200 GB $-
D13 v2 8 56 GB 400 GB $-
D14 v2 16 112 GB 800 GB $-

サポートおよび SLA

  • 請求およびサブスクリプション管理サポート (無償)
  • 柔軟なサポート プラン ($29.0 ~/月)。プランの選択
  • 複数インスタンスに対して 99.9% の接続確保を保証。SLA を参照する

リソース

Calculator

計算ツール

Azure サービスの月額料金を概算できます。

Frequently Asked Questions

購入の FAQ

Azure の価格についてよく寄せられる質問を見ることができます

Product Details

サービスの詳細

詳細を表示するHDInsight

Documentation

ドキュメント

技術チュートリアル、ビデオ、その他のリソースを確認します

今すぐサインアップして $200 の Azure クレジットを手に入れましょう

今すぐ利用を開始する