HDInsight の価格

Azure HDInsight では、完全に管理されフル サポート付きの Apache Hadoop®、Spark、HBase、Storm のクラスターを提供します。これらのうちどのワークロードでも、数回のクリックで数分以内に立ち上げて稼働状態にすることができます。ハードウェアを購入したり、ビッグ データ インフラストラクチャに付き物の専門の運用チームを雇ったりする必要はありません。

HDInsight クラスターはノードのセットで構成されています。料金は、クラスターの耐用期間におけるノードの使用量に対して請求されます。課金は、クラスターが作成されると開始され、クラスターが削除されて分単位で比例配分されると終了します。Standard クラスターまたは Premium クラスターからお選びいただけます。Premium クラスターは、Standard の価格に追加料金を支払うことでご利用いただけます。Premium クラスターはパブリック プレビュー段階にあり、下記に示す料金は、一般提供価格の 50% の金額になっています。

R Server クラスターの使用には追加料金が発生します。HDInsight Kafka は、限定パブリック プレビュー期間中です。HDInsight Kafka は、追加料金なしでご利用いただけます。

Azure クラウド データ プラットフォーム

HDInsight の特長 Standard
基本料金/ノード時間
Premium
基本料金/ノード時間 + $-/コア時間 プレビュー
無制限のスケール
柔軟なスケール
プロビジョニングが容易
高可用性
SLA

エンタープライズに対応

HDInsight の特長 Standard
基本料金/ノード時間
Premium
基本料金/ノード時間 + $-/コア時間 プレビュー
ベーシックな監視機能
Hadoop バージョン アップグレードと修正
保存データの暗号化
セキュアなゲートウェイと Zookeeper ノード
Ranger (セキュア Hadoop) + AD 統合

クラスターのタイプ

HDInsight の特長 Standard
基本料金/ノード時間
Premium
基本料金/ノード時間 + $-/コア時間 プレビュー
Hadoop (Hive、Pig、Storm)
LLAP を採用した Hadoop (対話型クエリ)
NoSQL データベース用 HBase
リアルタイム ストリーム分析用 Storm
インメモリ SQL クエリ、ML、およびリアルタイムのストリーム分析用 Spark
並列機械学習用 R Server

料金体系について

Hadoop、HBase、Storm、Spark R Server Kafka
Standard クラスター 基本料金/ノード時間 基本料金/ノード時間 + $-/コア時間 基本料金/ノード時間 + $-/コア時間 + ストレージ1
Premium クラスター プレビュー 基本料金/ノード時間 + $-/コア時間
1 Kafka には 管理ディスクが必要です。Standard 管理ディスクまたは Premium 管理ディスクからお選びいただけます。管理ディスクの料金が適用されます

基本料金/ノード時間

HDInsight では、ご利用の Azure サポート契約に Hadoop の完全サポートが含まれます。Azure サポートのサブスクリプションでは、Hadoop を導入する組織向けのテクニカル サポートと、Azure の他のすべてのサービスに関するテクニカル サポートが、Microsoft のエキスパートにより提供されます。また、Apache Hadoop オープン ソースの開発をリードする Hortonworks による支援もあります。Hortonworks には、Hadoop の全コードの 50% 以上を作成した当初の開発者やアーキテクトの一部が雇用されています。以上の理由により、Microsoft は、エキスパートによるテクニカル サポートと、オープン ソースの Hadoop にまで立ち戻ってコードの修正とコミットができるという能力を通じて、お客様のデプロイをより強力にサポートすることができます。

StorageData Transfers など、HDInsight に関連するその他の Azure サービスは、標準料金を使用して別途課金されます。料金の見積もりについては、Azure 計算ツールを使ってください。

HDInsight では、クラスターに関連付けられたストレージ アカウントでログ ファイルが作成されることに注意してください。これらのログ ファイルは、クラスターのドロップ後も利用可能であり、いつでも削除できます。

HDInsight 用 A シリーズ汎用ノードの基本料金

A1、A2、A3 ノードの使用は、Zookeeper ノードとヘッド ノードに制限されています。A シリーズはデータ ノードとワーカー ノードでは使用できません。

インスタンス コア RAM ディスク サイズ 基本料金/ノード
A1 1 1.75 GB 70 GB $-
A2 2 3.5 GB 135 GB $-
A3 4 7 GB 285 GB $-
A4 8 14 GB 605 GB $-
A5 2 14 GB 135 GB $-
A6 4 28 GB 285 GB $-
A7 8 56 GB 605 GB $-

A シリーズ コンピューティング集中型の基本料金

インスタンス コア RAM ディスク サイズ 基本料金/ノード
A10 8 56 GB 382 GB $-
A11 16 112 GB 382 GB $-

Dv2 シリーズの最適化されたノードの基本料金: D シリーズより 35% 高速な最新世代の CPU

インスタンス コア RAM ディスク サイズ 基本料金/ノード
D1 v2 1 3.5 GB 50 GB $-
D2 v2 2 7 GB 100 GB $-
D3 v2 4 14 GB 200 GB $-
D4 v2 8 28 GB 400 GB $-
D5 v2 16 56 GB 800 GB $-
D11 v2 2 14 GB 100 GB $-
D12 v2 4 28 GB 200 GB $-
D13 v2 8 56 GB 400 GB $-
D14 v2 16 112 GB 800 GB $-

サポートおよび SLA

  • 請求およびサブスクリプション管理サポート (無償)
  • 柔軟なサポート プラン ($29.0 ~/月)。プランの選択
  • 複数インスタンスに対して 99.9% の接続確保を保証。SLA を参照する

FAQ

  • HDInsight は、クラスター タイプごとに異なる数のノードをデプロイします。特定のクラスター タイプの中には、さまざまなノードのための異なる複数のロールがあります。それらによりお客様は、自分のワークロードの詳細にふさわしい特定のロールでそれらのノードのサイズを調整できます。たとえば、Hadoop クラスターにおいて実行する分析がメモリ消費型のものである場合、大量のメモリを備えたワーカー ノードを用意することができます。

    HDInsight の Hadoop クラスターは、以下の 2 つのロールによりデプロイできます。

    • ヘッド ノード (2 ノード)
    • データ ノード (少なくとも 1 ノード)

    HDInsight 用 HBase クラスターは、以下の 3 つのロールによりデプロイできます。

    • ヘッド サーバー (2 ノード)
    • リージョン サーバー (少なくとも 1 ノード)
    • Master/Zookeeper ノード (3 ノード)

    HDInsight 用 Storm クラスターは、以下の 3 つのロールによりデプロイできます。

    • Nimbus ノード (2 ノード)
    • Supervisor サーバー (少なくとも 1 ノード)
    • Zookeeper ノード (3 ノード)

    HDInsight 用 Spark クラスターは、以下の 3 つのロールでデプロイされます。

    • ヘッド ノード (2 ノード)
    • ワーカー ノード (少なくとも 1 ノード)
    • Zookeeper ノード (3 ノード) (A1 Zookeeper では無料)

    R Server の利用には、クラスター デプロイ アーキテクチャに加えて 1 台のエッジ ノードの料金がかかります。

  • クラスターの実行時間に対して、分単位で料金がかかります。時間は、1 時間単位ではなく 1 分単位で四捨五入されます。

  • 米国東部で、ヘッド ノード D13 v2 × 2、データ ノード D12 v2 × 3、Zookeeper D11 × 3 の構成のクラスターを 100 時間実行した場合の課金には、次の 2 つのシナリオが考えられます。

    • HDInsight Standard をコア HDInsight クラスターで使用: 100 時間 x (2 x $1.368/時間 + 3 x $0.76/時間 + 3 x $0.38/時間) = $615.60
    • HDInsight Premium をコア HDInsight クラスターで使用し、R Server も使用: 100 時間 x (2 x $1.368/時間 + 3 x $0.76/時間 + 3 x $0.38/時間) + 100 時間 x (2 x 8 + 3 x 4 + 3 x 2) x $-/コア時間 = $751.6

  • HDInsight クラスターを停止するためには、クラスターを削除する必要があります。既定では、HDInsight クラスターが運用する全データは BLOB Storage に存在するため、データがこの影響を受けることはありません。Hive メタデータ (テーブル、スキーマ) を保持する場合は、外部のメタデータ ストアでクラスターをプロビジョニングする必要があります。詳細については、こちらのドキュメントをご覧ください。

  • データ ノードの数は、必要性によって異なります。Azure Cloud Services が提供する弾力性を活用してさまざまなクラスター サイズを試せるため、パフォーマンスとコストの最適なバランスを決定することができます。またその時に使用した内容に対してのみ支払います。また、クラスターは、ワークロードの要件に合わせてオンデマンドで拡大/縮小できます。

  • いくつまで HDInsight データ ノードを作成できるかは、サブスクリプションごとに既定の上限があります。現在のサブスクリプションの最大値を合算で超えるような、大きな HDInsight クラスターまたは複数の HDInsight クラスターを作成する必要がある場合は、サブスクリプションの利用上限を増やすように要求することができます。サポートの種類を「課金」としてサポート チケットを開いてください。要求したサブスクリプションごとの最大ノード数に基づいて、デプロイを最適化するために必要な追加の情報を要求される場合があります。

  • さまざまなサイズのクラスターのコストを見積もるには、Azure 計算ツールを試してください。

リソース

計算ツール

Azure サービスの月額料金を概算できます。

購入の FAQ

Azure の価格についてよく寄せられる質問を見ることができます

製品詳細

詳細を表示するHDInsight

ドキュメント

技術チュートリアル、ビデオ、その他のリソースを確認します

今すぐサインアップして $200 の Azure クレジットを手に入れましょう

今すぐ利用を開始する