Media Services の価格

可用性が高くスケーラブルなエンド ツー エンド メディア ソリューションを構築およびデプロイ

Azure Media Services では、クラウドを使用して、さまざまなデバイスであらゆるメディアを世界中のどこへでも配信できます。サービスのコレクションは、Encoding、ライブまたは On-Demand Streaming、Content Protection、およびビデオとオーディオ コンテンツのインデックス作成を提供します。

ビデオ オン デマンド (VoD) エンコード

Standard Encoder は、ビデオとオーディオの入力ファイルを、さまざまなデバイス (スマートフォン、タブレット、PC、ゲーム機、テレビなど) での再生に適した出力形式にエンコードします。Premium Encoder は、ブロードキャストと映画アプリケーションに共通の形式をエンコードします。また、複雑なロジックを必要とするビデオ ワークフローをサポートします。2 つのエンコーダーの機能を詳しく比較したドキュメントをご覧ください。

Standard Encoder1 Premium Encoder1
$-/出力時間 (分) $-/出力時間 (分)

1出力時間 (分) の請求は、成功したジョブにのみ適用されます。

メモ: エンタープライズ契約のお客様の料金については、マイクロソフトのアカウント マネージャーにお問い合わせください。

出力時間 (分) の乗数

エンコード タスクの出力時間 (分) の合計を算出するときには、以下の乗数が適用されます。

品質 乗数
SD (1280 × 720 未満) 1 x SD 出力 10 分は SD 時間で 10 分
HD (1280 × 720 – 1920 x 1080) 2 x HD 出力 10 分は SD 時間で 20 分
UHD (1920 x 1080 を超え、最大 4096 x 2160) 4 x UHD 出力 10 分は SD 時間で 40 分
音声出力のみ 0.25 x 出力オーディオ 4 分 は SD 時間で 1 分

: 解像度 1920 x 1080p の QuickTime ビデオがあり、長さが 20 分だとします。これを同じ長さの MP4 出力にエンコードします。ビデオの解像度は 1920 x 1080p、オーディオ トラック数は 1 とします。有効な乗数は 2 (HD) と 0.25 (オーディオ) で、合計すると 2.25 です。合計で (20 分 x 2.25) = 45 出力時間 (分) に対して課金されます。このエンコードに Media Encoder Standard を使用した場合は、料金は(45 出力時間 (分) x $- / 出力時間 (分)) = $- です。

FAQ には他の例も掲載されています。

ストレージデータ転送 の料金も適用される場合があり、標準 Azure 料金で課金されます。

メディア予約ユニット

ワークロードで複数のタスクを同時に実行する必要がある場合は、メディア予約ユニットをお勧めします。(a) メディア予約ユニットの数を増やして同時に多くのタスクが処理されるようにしたり、(b) より高速のメディア予約ユニット (S3 など) を使用したりすることで、サービスのスループット全体を向上させることができます。詳細については、ドキュメントをご覧ください。10 以上の メディア予約ユニットを使用する場合は、Micosoft にお問い合わせください

S1 S2 S3
各ユニット $- / 時間1 $- / 時間1 $- / 時間1
同時プロセス 1/ユニット 1/ユニット 1/ユニット
相対パフォーマンス2 S1 のおよそ 2 倍 S1 のおよそ 4 倍

1料金は分単位で計算されます。

2Media Encoder Standard を使用して予測されるパフォーマンスのスピードアップ。

ライブ イベント

ライブ イベント (旧 API での別名はチャネル) では、ほぼリアルタイムでコンテンツを視聴者にストリーム配信することができます。ライブ イベントはストリーミング ユニットと組み合わせて使用され、ライブ ストリーミング サービスを提供します。ストリーミング ユニットの料金の詳細については、このページのストリーミングのセクションを参照してください。ライブ イベントのオプションには次のようなものがあります。

ライブ エンコードの種類 パススルー (なし) Standard Live Encoding Premium Live Encoding
出力ストリームの最大解像度 最大 4K (60 フレーム/秒) 最大 720p (30 フレーム/秒) 最大 1080p (30 フレーム/秒)
マルチビットレート エンコード 利用できません はい はい
料金 ~$-/分 ($-/時間) ~$-/分 ($-/時間) ~$-/分 ($-/時間) 1
1 課金は秒単位で計算されます。課金は、ビデオがサービスでストリーミング中であるかかどうかに関係なく、ライブ イベント エンティティが実行中状態の時間に基づいて計算されます。不要な課金を避けるため、使用しないときにはライブ イベント エンティティを停止してください。

すべてのライブ イベントの種類において、課金は実行中状態の合計時間に基づいて計算されます。ビデオがサービスでストリーム配信中であるかどうかは関係ありません。ライブ イベントの状態と課金の詳細については、以下の FAQ を参照してください。

ストレージデータ転送料金も適用される場合があり、標準 Azure 料金で課金されます。

24 時間年中無休のライブ リニア配信にライブ エンコードを使用する場合は、お問い合わせください

Live Transcription

Live Transcription is designed to work in conjunction with live streaming workloads, as an add-on capability when using Pass-through Live Events, or Standard/Premium Live Encoder Live Events. Pricing is based on the overall duration that the Live Event is kept in the running state.

Instance 料金
Live Transcriptions $-/時間

ストリーミング

お客様に、オンデマンドとライブのビデオ ストリーミングを、複数のフォーマットで大規模に配信します。Standard ストリーミング サービスおよび Premium ストリーミング サービスは、コンテンツを直接メディア プレーヤー アプリケーション、またはさらに配信するために Content Delivery Network に配信するものです。

Media Services をご利用のお客様には、ニーズに合わせて Standard エンドポイントまたは 1 つ以上の Premium ストリーミング ユニットをお選びいただきます。Standard ストリーミング エンドポイントはほとんどのストリーミング ワークロードに適しています。Premium ストリーミング ユニットと同じ機能を含み、自動的に送信帯域幅をスケールします。Premium ストリーミング ユニットは専用のスケーラブルな帯域幅の容量を提供するため、高度なワークロードに適しています。Premium ストリーミング ユニットは “スタック” します。つまり 1 つのユニットが有効になるごとに、アプリケーションに追加の帯域幅の容量が提供されます。Standard ストリーミング エンドポイントは “スタック” をしません。代わりに、帯域幅の要件に基づいて自動的に帯域幅をスケールします。詳細をご覧ください。

ストリーミングはストリーミング サービスとデータの転送量の組み合わせとして請求されます。Azure Content Delivery Network が Media Services ポータルまたは API を通じてストリーミング エンドポイントに対して有効になっている場合、Standard Content Delivery Network の価格がすべての転送データに適用されます。Azure Content Delivery Network でストリーミング エンドポイントが有効になっていない場合、データ転送はデータ転送の価格に基づいて課金されます。

ストリーミング ユニット

Standard ストリーミング エンドポイント Premium ストリーミング ユニット
料金 (プレビュー) 2 ~$-/日 ($-/月 1) 該当なし
料金 (ユニットごと) 該当なし ~$-/日 ($-/月1)
帯域幅 最大 600 Mbps ストリーミング エンドポイントおよび Content Delivery Network を使用したスケールから 最大 200 Mbps/単位

1課金は 1 か月あたり 31 日として、日割りで計算されます。

2プレビュー価格は一般提供時に変更されることがあります。

コンテンツ保護

PlayReady デジタル著作権管理 (DRM)、Widevine Modular によるライセンス配信、Apple FairPlay Streaming、またはクリア キー Advanced Encryption Standard (AES) による暗号化を使用して資産を保護します。料金は、サービスにより発行されたライセンスまたはキーの数に基づきます。

PlayReady

PlayReady
料金 $-/100 ライセンス

Widevine

Widevine
料金 $-/100 ライセンス

Advanced Encryption Standard (AES) キー

AES キー
料金 $-/100 キー

ストレージデータ転送 の料金も適用される場合があり、標準 Azure 料金で課金されます。

FairPlay

FairPlay
料金 $-/100 ライセンス

Video Indexer

Extract, review, curate, customize, search, and publish insights in a single job from your audio and video files using AI for video technologies, powered by Azure Media Services.

See the full list of Video Indexer AI features

Video Indexer can be used with two types of accounts:

Free trial account: up to 10 hours of free indexing for website users, and up to 40 hours of free indexing for API users.

Paid unlimited account: for larger scale indexing, create a new Video Indexer account connected to a paid Microsoft Azure subscription.

Pricing is based on the duration of the input file. Indexing is charged for audio analysis, video analysis, or both. The service takes advantage of your Media Reserved Units to process tasks in parallel when possible. Learn more about media processing

ビデオ分析 オーディオ分析
入力時間 1 分あたりの価格 $- $-

Redactor

特定の個人の顔を検出してぼかし、ビデオを匿名化できます。Azure Media Redactor は、公共の安全やニュース メディアのシナリオでの使用に最適です。料金は、入力ファイルの所要時間と解像度に基づいて算出されます。Redactor はメディア予約ユニットを利用して、可能な場合にビデオ処理タスクを並行して実行します (注: Redactor の SLA は、S3 メディア予約ユニットにのみ適用されます)。詳細についてはドキュメントをご覧ください。

S1 S2 S3
サポートされる入力解像度1 640 x 480 以下 641 x 481 から 1280 x 720 1281 x 721 から 1920 x 1200
最初の 50,000 分/月2 $-/コンテンツ入力時間 (分) ($-/時間) $-/コンテンツ入力時間 (分) ($-/時間) $-/コンテンツ入力時間 (分) ($-/時間)
次の 950,000 分 (50K-1M 分)/月 $-/コンテンツ入力時間 (分) ($-/時間) $-/コンテンツ入力時間 (分) ($-/時間) $-/コンテンツ入力時間 (分) ($-/時間)
1,000,000 分以上/月 $-/コンテンツ入力時間 (分) ($-/時間) $-/コンテンツ入力時間 (分) ($-/時間) $-/コンテンツ入力時間 (分) ($-/時間)

1入力解像度の両方の寸法が、メーターでサポートされる入力解像度内に収まる必要があります。収まらない場合は、上位の解像度で算出されます (FAQ で例をご確認ください)。

2最低使用単位は 1 分です。使用量はすべて、次の 1 分に切り上げられます。

インデックス作成

音声コンテンツを抽出することで、ビデオ ファイルとメディア コンテンツを検索可能にします。Azure Media Indexer の料金は、入力ファイルの所要時間に基づいて算出されます。Indexer は、可能なときには、複数の音声処理タスクを並行して実行するためにメディア予約ユニットを利用します (注: Standard と Premium のエンコード ユニットでは、インデックス作成処理のパフォーマンスは向上しません)。

廃止のお知らせ - 2020 年 10 月 1 日、Azure Media Indexer サービスを廃止します。

移行の詳細については、ドキュメントをご覧ください。

インデクサー1
最初の 20,000 分/月 $-/コンテンツ入力時間 (分) ($-/時間)
次の 180,000 分 (20K-200K 分)/月 $-/コンテンツ入力時間 (分) ($-/時間)
次の 800,000 分 (200K-1M 分)/月 $-/コンテンツ入力時間 (分) ($-/時間)
1,000,000 分以上/月 $-/コンテンツ入力時間 (分) ($-/時間)

11 つのジョブにつき 5 分間分の最低料金が適用されます。

サポートおよび SLA

  • テクニカル サポートは、Azure Media Services を含め、一般提供されているすべてのサービスで、Azure サポートを通じて $29/月からご利用いただけます。請求およびサブスクリプション管理に関するサポートを無料で提供しています。
  • Microsoft は、Media Services のエンコード、インデックス作成、パッケージ、コンテンツ保護サービスについて、REST API トランザクションの 99.9% の可用性を保証します。ストリーミングについては、1 つ以上のストリーミング ユニットが購入されている場合、既存のメディア コンテンツに関して 99.9% の可用性を保証します。ライブ イベントについては、ライブ イベントの外部接続 (実行中の状態) 時間の 99.9% 以上の可用性を保証します。可用性の計算は毎月の請求サイクルに基づきます。プレビュー サービスについては SLA が提供されません。詳細については、Azure の SLA ページをご覧ください。

FAQ

  • インデックス付きのためビデオを送信した場合、ユーザーはインデックスをビデオ分析、オーディオ分析、またはその両方として定義します。これにより、課金される SKU が決まります。処理中に重大レベルのエラーが発生した場合、エラー コードが応答として返されます。こうした場合、課金は行われません。重大なエラーは、コード内のバグか、サービスが持つ内部的異存の重大なエラーによって発生します。間違った認識や分析情報の抽出などのエラーは重大と見なされず、応答が返されます。有効な (エラーのないコード) 応答が返された場合はすべて、課金が行われます。

  • メディア予約ユニットをアカウントに追加すると、複数のファイルが必ず同時に処理されるようになります。また、メディア予約ユニットの種類を変更すると、ファイルの処理速度に影響があります。たとえば、あるアカウントに 3 つのメディア予約ユニット (S1 タイプ) があるとします。この場合、最大 3 つのファイルが同時に処理されます。メディア予約ユニットのタイプを S3 に変更すると、各ファイルの処理が高速になります。詳細についてはドキュメントをご覧ください。

  • はい。アカウントのメディア予約ユニット数はスケール可能です。ただし、Azure Portal には既定の制限 (ソフト制限) があります。たとえば、S2 メディア予約ユニットの最大数は 25 です。上限を高くする必要がある場合は、お問い合わせください。

  • いいえ。出力時間 (分) と、メディア予約ユニット数のみに基づいて課金されます。詳細については、以下の例を参照してください。

  • いいえ。エンコード ジョブが失敗した場合は課金されません。
  • はい。メディア予約ユニットの料金とは別に、エンコードの出力時間 (分) に基づいて課金されます (Standard Encoder: 出力時間 (分) あたり $-、Premium Encoder: 出力時間 (分) あたり $-)。詳細については、以下の例を参照してください。

  • 例 1 - Joe は、30 のエンコード ジョブで Media Encoder Standard を使用しました (Standard Encoder の料金が適用されます)。それぞれのジョブで 10 出力時間 (分) が作成されました (合計 300 出力時間 (分))。Joe は S1 メディア予約ユニット (RU) を 1 個使用しています。各ジョブの実行には 2 時間かかります。Joe は、S1 RU を合計で 60 時間連続して使い、RU をオフにしました (RU の数をゼロに設定しました)。

    • 出力時間 (分) (Standard Encoder): 300 x $-/分 = $-
    • S1 メディア予約ユニット: 1 ユニット x 60 時間 x $-/時間 = $-
    • 料金総額: $-

    例 2 - Joe は、30 のエンコード ジョブで Media Encoder Standard を使用しました。それぞれのジョブで 10 出力時間 (分) が作成されました (合計 300 出力時間 (分))。今回、Joe は S2 メディア予約ユニット (RU) を 3 個使用しました。それぞれのジョブはわずか 1 時間で完了します。Joe の 30 のジョブはわずか 10 時間で完了しました。Joe は、S2 RU を合計で 10 時間連続して使い、RU をオフにしました (RU の数をゼロに設定しました)。

    • 出力時間 (分) (Standard Encoder): 300 x $-/分 = $-
    • S2 メディア予約ユニット:3 ユニット x 10 時間 x $-/時間 = $-
    • 料金総額: $-

    例 3 - Joe は解像度 1920 x 1080 の 2 時間の映画を Media Encoder Standard でエンコードし、既定のプリセット “H264 Multiple Bitrate 1080p” を使用します。そのため、この映画は iOS と Android のデバイスでストリーミングできるようになります。エンコードのプリセットにより 3 つの HD 出力ビデオ、5 つの SD 出力ビデオ、1 つのオーディオが生成されます。このエンコード タスクの合計の乗数は (3 x 2 + 5 + 0.25) = 11.25 です。したがって、出力時間 (分) の合計は 11.25 x 2 x 60 = 1,350 です。料金総額は 1,350 x $-/分 = $- です。

  • こちらのサンプルのように、通常のエンコード作業の一部としてサムネイルを生成する場合、サムネイル画像の生成について追加料金は発生しません。ただし、サムネイルのみを生成するエンコード タスクを送信する場合 (出力にビデオや音声がない場合)、出力アセットの各画像は 1 秒 (1 分の 60 分の 1) としてカウントされます。

  • 請求はメディア予約ユニットを実際に使用した時間 (分) に基づいて行われます。より詳しい例を以下で説明します。Joe のメディア予約ユニット (RU) がゼロから開始するようになっているとします。ある日の午前 10 時に、Joe は 2 つの S1 RU を使用するようにアカウントを設定しました。その日の午後に追加のビデオが届いたため、午後 1 時 15 分に Joe は 4 つの S3 RU を使用するようにアカウントを変更しました。すべてのビデオは午後 4 時に処理され、Joe はその後、アカウントの RU をオフにします (RU の数値をゼロに設定する)。Joe の使用量は次のように算出されます。

    • S1 メディア予約ユニット:2 単位 x 3.25 時間 (10 AM - 1:15 PM) x $-/時間 = $-
    • S3 メディア予約ユニット: 4 単位 x 2.75 時間 (1:15 PM - 4 PM) x $-/時間 = $-

    このように、Joe がメディア予約ユニットを使用した際の料金総額は $- + $- = $- になります。

    メディア予約ユニットとは異なり、ストリーミング ユニットは 1 日ごとにプロビジョニングされるストリーミング ユニットの最大数に基づいて課金されます (高基準値)。

  • いいえ。メディア予約ユニットの料金は時間 (分) に基づいて計算されます。ストリーミング ユニットの場合は日割り計算です。

    エンコード プロジェクトの費用がどれくらいになるかを調べるには、オンラインの計算ツールをご利用ください。

  • ストリーミング ユニットは、コンテンツ ストリーミング用の専用リソース セットを提供し、1 ユニットごとに帯域幅スループット最大 200 Mbps の増加が保証されます。

  • はい、コンテンツ ストリーミング用の複数のストリーミング ユニットを購入できます。

  • 1 日ごとにプロビジョニングされるストリーミング ユニットの最大数に基づいて課金されます。この例では、その日の 4 個のストリーミング ユニットに対して課金されます。

  • ライブ イベントの現在の状態によって異なります。状態は次ののいずれかになります。

    • 停止済み。 これは、ライブ イベントを作成した後の初期状態です。この状態では、ライブ イベントのプロパティを更新できますが、ストリーミングは許可されていません。
    • 開始中。 ライブ イベントを開始しています。この状態の間は、更新もストリーミングもできません。エラーが発生した場合、ライブ イベントは "停止済み" 状態に戻ります。
    • 実行中。 ライブ イベントは、ライブ ストリームを処理できます。
    • 停止中。 ライブ イベントを停止しています。この状態の間は、更新もストリーミングもできません。
    • 削除中。 ライブ イベントを削除しています。この状態の間は、更新もストリーミングもできません。

    次の表に、状態と課金モードの対応を示します。

    ライブ イベントの状態 課金対象?
    開始中 いいえ (一時的な状態)
    実行中 はい
    停止中 いいえ (一時的な状態)
    停止中 いいえ
  • シナリオ: Stella は、2 時間のスポーツ イベントのストリーム配信を行い、Standard Live Encoding を使用したライブ イベントを使用しようとしています。

    1. Stella はライブ イベントを設定して、イベントが始まる 20 分前にそのライブ イベントを開始しました。ライブ イベントは、5 分間、“開始中” の状態でした。
      • この間、Stella には課金されません
    2. 開始されると、ライブ イベントの状態は “実行中” になり、ストリームを受信する準備ができました。ライブ イベントは、15 分間、“開始中” の状態でした。
      • Stella にはこの期間に対して課金されます
    3. イベントは時間どおりにストリーミングを開始し、2 時間、つまり 120 分続きました。
      • Stella にはこの期間に対して課金されます
    4. Stella はビデオ フィードを停止しますが、ライブ イベントは停止しません。Stella はこのモードでライブ イベントを 5 分間そのままにします。
      • Stella にはこの期間に対して課金されます
    5. 次に Stella は、試合後の番組を 30 分間ストリーム配信します。
      • Stella にはこの期間に対して課金されます
    6. Stella は、試合後の番組の後すぐにライブ イベントを停止し、削除しました。
      • この間、Stella には課金されません

    ライブ イベントは、合計で 170 分間 “実行中” の状態でした (イベント前にストリーミングしていない状態で 15 分 + イベントの 120 分 + イベント後のストリーミングしていない状態で 5 分 + 試合後の番組の 30 分)。料金は次のようになります。

    170 分 x ~$- = ~$-

  • 入力ビデオの両端が、各メーターでサポートされる入力解像度内に収まる必要があります。たとえば、600 x 481 のビデオは、両端が 480 よりも大きいため、S1 の最大解像度である 640 x 480 を上回ることになり、S2 の計算方法の対象となります。

  • いいえ。この場合は Standard Live Encoding を使用できます。これは高さと幅を乗算したもので、1280 × 720 以下である必要があります。Standard Live Encoding 料金でのみ課金されます。
  • ライブ イベントの種類に応じて課金されます。この場合、Standard Live Encoding を選択すると、ビデオが 1280 x 720 で出力されていなくても、Standard Live Encoding 料金が課金されます。

    Premium Live Encoding を使用するようライブ イベントを構成した場合は、その料金が課金されます。

  • You get billed for Live Transcription when you enable this feature while using a Live Event to stream, for example, a webinar. Your account gets billed for the duration where the Live Event is in a Running state. Possible values for the state of a Live Event include:

    • Stopped. This is the initial state of the Live Event after its creation. In this state, the Live Event properties can be updated but streaming is not allowed.
    • Starting. The Live Event is being started. No updates or streaming are allowed during this state. If an error occurs, the Live Event returns to the "Stopped" state.
    • Running. The Live Event is capable of processing live streams.
    • Stopping. The Live Event is being stopped. No updates or streaming are allowed during this state.
    • Deleting. The Live Event is being deleted. No updates or streaming are allowed during this state.

    The following table shows how the states map to the billing mode.

    Live Event state Billed?
    Starting No (transient state)
    Running Yes
    Stopping No (transient state)
    Stopped No
  • Scenario: Stella wants to stream a 2-hour webinar, and intends to use a Live Event with Standard Live Encoding, with Live Transcription enabled.

    1. Stella sets up the Live Event and starts it 20 minutes before the event begins. The Live Event is in the “Starting” state for 5 minutes.
      • Stella is not billed during this time
    2. After starting, the Live Event moves into the “Running” state ready to receive a stream. The Live Event remains in the "Running” state for 15 minutes.
      • Stella does get billed for this period, for both Standard Live Encoding and Live Transcription. She will get billed regardless of whether or not the audio feed has any spoken words in this period.
    3. The event begins streaming on-time and lasts 2 hours or 120 minutes.
      • Stella gets billed for this period, for both Standard Live Encoding and Live Transcription
    4. Stella stops the video feed but does not stop the Live Event, Stella leaves the Live Event in this mode for 5 minutes.
      • Stella does get billed for this period, for both Standard Live Encoding and Live Transcription
    5. Stella then streams a question-and-answer (Q&A) session for 30 minutes.
      • Stella gets billed for this period, for both Standard Live Encoding and Live Transcription
    6. After the Q&A session, Stella immediately stops the Live Event and deletes it.
      • Stella is not billed during this time

    In total the Live Event was in the “Running” state for 170 minutes (15 minutes with no stream before the event + 120 minute event + 5 minutes with no stream after event + 30 minute Q&A). The charges are: 170 Minutes x ~$- = ~$- (170 Minutes x (Standard Live Encoding Rate + Live Transcription Rate)

リソース

Azure サービスの月額料金を概算できます。

Azure の価格についてよく寄せられる質問を見ることができます

Media Servicesの詳細を表示します

技術チュートリアル、ビデオ、その他のリソースを確認します。

見積に追加されました。 計算ツールで表示するには 'v' を押してください

ビデオを最大 100 GB までエンコーディング。