Azure Synapse Analytics の価格

制限のない分析サービスで分析情報を得るまでの時間を大幅に短縮

Azure Synapse は、エンタープライズ データ ウェアハウスとビッグ データ分析がまとめられた無制限の分析サービスです。サーバーレスまたはプロビジョニング済みリソースのいずれかを使用して、自分の条件でデータを自在かつ大規模にクエリすることができます。Azure Synapse では、これら 2 つの機能が 1 つのエクスペリエンスに統合され、データの取り込み、準備、管理、提供を行い、BI や機械学習でのニーズにすばやく対応することができます。

Azure Synapse の価格設定

Azure Synapse (以前の Azure SQL Data Warehouse) を使用してエンタープライズ データ ウェアハウスを実装する場合の価格詳細については、以下を参照してください。既存の SQL Data Warehouse のお客様については、データ ウェアハウスのワークロードに対する価格変更はありません。

Azure Synapse Studio でアクセスできる新しいパブリック プレビュー機能の価格については、タイトルの [(プレビュー)] セクションにスクロールするか、下の切り替えバーを使用して直接移動すると確認できます。Azure Synapse を使用する場合は、選択した機能に対してのみ課金されます。パブリック プレビュー期間中は、Azure Synapse ワークスペースのプロビジョニングにコストはかかりません。マネージド VNET とカスタマー マネージド キーを有効にすると、パブリック プレビュー後にワークスペースの料金が発生する可能性があります。機能が追加されたワークスペースの価格は、今後発表される予定です。

Azure Synapse (ワークスペース プレビュー) の詳細についてご確認ください

Azure Synapse SQL (一般提供)

一般提供が開始されているエンタープライズ データ ウェアハウス機能 (旧称 Azure SQL Data Warehouse)。

Azure Synapse SQL (一般提供) では、対話型、バッチ処理、ストリーミング、予測分析のための豊富な T-SQL エクスペリエンスが提供されます。スケールアウト アーキテクチャを活用して、複数のノードにデータのコンピューティング処理を分散できます。コンピューティングをストレージから切り離すことで、システム内のデータとは無関係に、コンピューティングをスケーリングできるようになります。

Azure Synapse (以前の Azure SQL Data Warehouse) を使用してエンタープライズ データ ウェアハウスを実装する場合の価格詳細については、以下を参照してください。

Azure Synapse を使用する場合は、選択した機能に対してのみ課金されます。

データ ウェアハウジングなどの一貫したコンピューティング要件を持つワークロードのパフォーマンスを向上させる、アダプティブ キャッシュが含まれています。クエリ パフォーマンスとコンピューティングの拡張性に対して高いニーズを持つ、集中型のワークロード向けに設計されています。この価格は、Azure Synapse の一般提供リソース センター (旧称 SQL Data Warehouse) からリソースをプロビジョニングする場合のものです。

サービス レベル DWU 従量課金制 1 年予約
(% 割引)
3 年予約
(% 割引)
DW100c 100 $- $- $-
DW200c 200 $- $- $-
DW300c 300 $- $- $-
DW400c 400 $- $- $-
DW500c 500 $- $- $-
DW1000c 1000 $- $- $-
DW1500c 1500 $- $- $-
DW2000c 2000 $- $- $-
DW2500c 2500 $- $- $-
DW3000c 3000 $- $- $-
DW5000c 5000 $- $- $-
DW6000c 6000 $- $- $-
DW7500c 7500 $- $- $-
DW10000c 10000 $- $- $-
DW15000c 15000 $- $- $-
DW30000c 30000 $- $- $-

Azure Synapse Analytics でのエンタープライズ データ ウェアハウスのリソースについては、Azure の予約予約容量の価格の詳細をご確認ください。

コンピューティングとストレージを分離し、リソースを独立的かつ柔軟にサイズ設定できるようにします。コンピューティング コストやクラウドの " バースト" シナリオの管理のため、頻繁にスケール変更操作を行う方を対象に設計されています。スケール変更の最低の出発点です。

サービス レベル DWU 料金
DW100 100 $-
DW200 200 $-
DW300 300 $-
DW400 400 $-
DW500 500 $-
DW600 600 $-
DW1000 1000 $-
DW1200 1200 $-
DW1500 1500 $-
DW2000 2000 $-
DW3000 3000 $-
DW6000 6000 $-

標準のエグレス料金が適用されます。

データ ストレージおよびスナップショット

データ ストレージの課金は 1 TB あたりのデータ処理数 $- ($-/1 TB/時) 単位で行われます。データ ストレージには、データ ウェアハウスのサイズ、および 7 日分の増分スナップショット ストレージが含まれます。

: ストレージ トランザクションに対する課金は行われません。ストレージ トランザクションではなく、保存したデータに対してのみお支払いいただきます。

geo 冗長ディザスター リカバリー

ディザスター リカバリーに備えて、geo 冗長ストレージにデータ ウェアハウスがコピーされます。 ディザスター リカバリー ストレージは $-/GB/月 から課金されます。

脅威の検出

Azure SQL Database Threat Detection は、サービスに組み込まれたセキュリティ インテリジェンスをさらに強化します。この機能は、データベースへの不自然なアクセスや疑わしいアクセス、または攻撃と見なされる不審なデータベース操作について、24 時間体制で学習、プロファイリング、検出します。

SQL Database Threat Detection のアラートは Azure Security Center と統合されています。保護対象の各 SQL Database Server は、Azure Security Center Standard レベルの価格 ($-/ノード/月) で課金されます。保護対象の SQL Database Server は、それぞれ 1 つのノードとしてカウントされます。60 日間は無料で試用版をご利用いただけます。詳細については、Azure Security Center の価格に関するページをご覧ください。

サポートおよび SLA

  • 請求およびサブスクリプション管理サポート (無償)。
  • 柔軟なサポート プラン ($29 ~/月)。プランの選択
  • Azure Synapse Analytics の 99.9% のアップタイムを保証します (プレビュー リージョンを除く)。SLA を参照してください

Azure Synapse SQL (プレビュー)

サーバーレスおよびプロビジョニング済みの従量課金モデルの両方を使用して、T-SQL でデータ レイクとデータ ウェアハウスのデータのクエリと分析を行うことができます。

Azure Synapse SQL (プレビュー) では、対話型、バッチ、ストリーミング、予測分析のための豊富な T-SQL エクスペリエンスが提供されます。ユーザーは、プロビジョニング済みおよびサーバーレスのリソースのどちらを使用するかを柔軟に選択できます。これによりお客様は、データ ウェアハウスや、データ レイク全体での探索的分析など、要求が高く予測可能なワークロードに対し、使い慣れた SQL を使用することができます。

プロビジョニング済みおよびサーバーレスのリソースの両方の価格の詳細については、以下をご覧ください。

既存の SQL Data Warehouse のお客様については、データ ウェアハウスのワークロードに対する価格変更はありません。Azure Synapse を使用する場合は、選択した機能に対してのみ課金されます。

サーバーレス

この機能により、クエリごとに支払いを行うことができ、T-SQL を使用して、事前にリソースをプロビジョニングするのではなく、Azure のデータ レイクからデータをクエリすることができます。

料金
サーバーレス 1 TB あたりのデータ処理数 $-

この価格は、お使いのデータ レイクからのデータのクエリに固有のものです。ストレージの価格については、Azure Data Lake Storage の価格に関するページをご覧ください。

コンピューティング最適化 Gen2 を使用してプロビジョニングされたリソース

データ ウェアハウジングなどの一貫したコンピューティング要件を持つワークロードのパフォーマンスを向上させる、アダプティブ キャッシュが含まれています。クエリ パフォーマンスとコンピューティングの拡張性に対して高いニーズを持つ、集中型のワークロード向けに設計されています。この価格は、Azure Synapse プレビュー ワークスペースからリソースをプロビジョニングする場合のものです。

サービス レベル DWU 料金
DW100c 100 $-
DW200c 200 $-
DW300c 300 $-
DW400c 400 $-
DW500c 500 $-
DW1000c 1000 $-
DW1500c 1500 $-
DW2000c 2000 $-
DW2500c 2500 $-
DW3000c 3000 $-
DW5000c 5000 $-
DW6000c 6000 $-
DW7500c 7500 $-
DW10000c 10000 $-
DW15000c 15000 $-
DW30000c 30000 $-

Azure Synapse Analytics でのエンタープライズ データ ウェアハウスのリソースについては、Azure の予約予約容量の価格の詳細をご確認ください。

データ ストレージおよびスナップショット

データ ストレージの課金は 1 TB あたりのデータ処理数 $- ($-/1 TB/時) 単位で行われます。データ ストレージには、データ ウェアハウスのサイズ、および 7 日分の増分スナップショット ストレージが含まれます。

: ストレージ トランザクションに対する課金は行われません。ストレージ トランザクションではなく、保存したデータに対してのみお支払いいただきます。

geo 冗長ディザスター リカバリー

ディザスター リカバリーに備えて、geo 冗長ストレージにデータ ウェアハウスがコピーされます。 ディザスター リカバリー ストレージは $-/GB/月 から課金されます。

脅威の検出

Azure SQL Database Threat Detection は、サービスに組み込まれたセキュリティ インテリジェンスをさらに強化します。この機能は、データベースへの不自然なアクセスや疑わしいアクセス、または攻撃と見なされる不審なデータベース操作について、24 時間体制で学習、プロファイリング、検出します。

SQL Database Threat Detection のアラートは Azure Security Center と統合されています。保護対象の各 SQL Database Server は、Azure Security Center Standard レベルの価格 ($-/ノード/月) で課金されます。保護対象の SQL Database Server は、それぞれ 1 つのノードとしてカウントされます。60 日間は無料で試用版をご利用いただけます。詳細については、Azure Security Center の価格に関するページをご覧ください。

SLA

SLA は、プレビュー期間中のサービスには適用されません。詳細情報

Apache Spark Integration (プレビュー)

Azure Synapse の Apache Spark プールを簡単に作成および構成できます。

Azure Synapse で直接、統合 Apache Spark を使用してビッグ データ処理タスクを実行できます。

Azure Synapse を使用する場合は、選択した機能に対してのみ課金されます。

Type 料金
メモリの最適化 仮想コア時間あたり $-

Azure Synapse での Apache Spark 統合の詳細については、ドキュメントをご覧ください。

SLA

SLA は、プレビュー期間中のサービスには適用されません。詳細情報

Azure Synapse Pipelines (プレビュー)

直感的なビジュアル環境内でコーディングなしで ETL プロセスおよび ELT プロセスを容易に構築することも、独自のコードを記述することもできます。

Azure Synapse Pipelines の価格は、次の基準に基づいて計算されます。

  • パイプラインのオーケストレーションと実行
  • データ フローの実行とデバッグ
  • Data Factory の操作 (パイプラインの作成やパイプラインの監視など) の数。

パイプラインは、アクティビティと呼ばれる複数の別々のステップの制御フローです。データ パイプラインは、クラウドホステッドまたはセルフホステッドのいずれかにすることができます。データ パイプライン オーケストレーションの料金は、アクティビティの実行と、統合ランタイムの時間ごとのアクティビティの実行に基づいて発生します。統合ランタイムは、Azure ではサーバーレス、ハイブリッド シナリオではセルフホステッドであり、パイプライン内のアクティビティを実行するために使用するコンピューティング リソースを提供します。実行は分単位で計算され、切り上げられます。

Azure Synapse を使用する場合は、選択した機能に対してのみ課金されます。

データ パイプライン (プレビュー)

Type Azure ホステッド価格 Azure ホステッド マネージド VNET の価格 セルフホステッド価格
オーケストレーション アクティビティの実行 1,000 実行あたり $- 1,000 実行あたり $- 1,000 実行あたり $-
データ移動 $-/DIU 時間 $-/DIU 時間 $-/時間
パイプライン アクティビティ $-/時間 $-/時間
(最大 50 の同時パイプライン アクティビティ)
$-/時間
外部パイプライン アクティビティ $-/時間 $-/時間
(最大 800 の同時外部パイプライン アクティビティ)
$-/時間
読み取り/書き込み操作 50,000 操作あたり $- 50,000 操作あたり $- 50,000 操作あたり $-
監視操作 50,000 操作あたり $- 50,000 操作あたり $- 50,000 操作あたり $-

データ フロー

Data Flows は、データ変換を大規模に行えるようにするための視覚的に設計されたコンポーネントです。Data Flows は現在パブリック プレビュー中です。仮想コア時間あたりの Data Flow クラスターの実行時間とデバッグ時間に対して課金されます。

Data Flow を実行するための最小クラスター サイズは 8 仮想コアです。実行とデバッグの料金は分単位で切り上げて按分請求されます。

Type 料金
コンピューティングの最適化 仮想コア時間あたり $-
汎用 仮想コア時間あたり $-
メモリの最適化 仮想コア時間あたり $-

*Azure データセンターからデータを送信するためにコピー アクティビティを使用すると、ネットワーク帯域幅の追加料金が発生します。これは、別個の送信データ転送の明細項目として請求書に記載されます。送信データ転送の価格の詳細を参照してください

**パイプライン アクティビティは統合ランタイム上で実行されます。パイプライン アクティビティには、検索、メタデータの取得、削除、作成中のスキーマ操作 (接続のテスト、フォルダー リストとテーブル リストの参照、スキーマの取得、データのプレビュー) などが含まれます。

***外部パイプライン アクティビティは統合ランタイム上で管理されますが、実行はリンクされたサービス上で行われます。外部アクティビティには、Databricks、ストアド プロシージャ、HDInsight のアクティビティなど多くが含まれます。外部アクティビティの完全な一覧については、こちらをご覧ください。Mapping Data Flow アクティビティについては、以下の「Data Factory Data Flow Execution and Debugging (Data Factory Data Flow 実行とデバッグ)」セクションを参照してください。

非アクティブなパイプライン

トリガーに関連付けられていないか、1 か月間で一度も実行されなかったパイプラインは、非アクティブであると見なされます。非アクティブなパイプラインは (~ $-/月) で課金されます。

SLA

SLA は、プレビュー期間中のサービスには適用されません。詳細情報

FAQ

  • はい。データ ウェアハウスが作成されると、コンピューティングとストレージに時間単位で課金されるようになります。データ ウェアハウスが一時停止していない限り、コンピューティングは $-/100 DWU/月 で課金されます。ストレージは 1 TB あたりのデータ処理数 $- で課金されます。

  • データ ウェアハウスを一時停止すると、コンピューティングも一時停止されます。丸 1 時間データ ウェアハウスを一時停止した場合には、その時間分のコンピューティング料金は発生しません。ただし、1 時間の間に、アクティブなデータ ウェアハウスを一時停止に切り替えた場合には、1 時間分のコンピューティング料金が課金されます。データ ウェアハウスを一時停止している場合、データ ウェアハウスのファイル、7 日分の増分バックアップ、geo 冗長コピー (オプトイン済みの場合) が含まれるストレージの料金が課金されます。詳細については、こちらのドキュメントをご覧ください。

  • 消費されたコンピューティング リソースのレベルを分かりやすくするため、請求書の Compute と Storage は別々に記載されます。コンピューティングの使用量は時間単位で課金されます。たとえば、お客様のデータ ウェアハウスが 1 か月に 12 時間アクティブな場合は、データ ウェアハウスが存在した 12 時間分だけ課金されます。データ ウェアハウスが存在した時間が 1 か月で 30 分間の場合は、1 時間分の料金が課金されます。

  • データ ストレージ料金には、プライマリ データベースのサイズ、および 7 日分の増分スナップショットが含まれます。料金は、TB 単位で四捨五入されます。たとえば、お客様のデータ ウェアハウスが 1.5 TB で、100 GB のスナップショットがある場合は、2 TB 分のデータ ストレージ料金 ( 1 TB あたりのデータ処理数 $- ) が課金されます。

  • ストレージは 1 TB 単位で販売されています。お客様のストレージ容量が 1 TB を超えた場合は、ストレージ アカウントの容量が自動的に 2 TB に増加されます。

Azure Synapse 予約容量の価格

  • 予約容量を使用すると、1 年または 3 年契約でコンピューティング容量を前払いすることで、従量課金制の料金と比較した場合、データ ウェアハウス リソースで最大 65% の節約が可能になります。

  • 一括前払いで 1 年または 3 年契約の予約容量を購入できます。予約の購入は、Azure portal で行うことができます。[予約] メニューが Azure portal の左側のウィンドウに表示されます。

  • 予約容量のスコープは、単一サブスクリプションまたは Shared に設定されます。このスコープにより、予約に伴う料金の特典を利用できるサブスクリプションの数と、特定のサブスクリプションに対する予約の適用方法が制限されます。

    スコープが単一サブスクリプションに設定された予約の場合、予約容量の割引は、選択したサブスクリプション内の Synapse Analytics でのデータ ウェアハウス リソースにのみ適用されます。

    スコープが Shared に設定された予約の場合、予約に対する料金の特典は、加入契約 (Enterprise Agreement のお客様の場合) またはアカウント (従量課金制のお客様の場合) に含まれるサブスクリプションで共有できます。

  • 予約の開始日と終了日は、予約の購入日と期間に基づいて決まります。特典は、予約を利用できる場所 (つまり、スコープが単一サブスクリプションに設定されている場所か Azure アカウント/加入契約全体で共有されている場所) に基づいた予約の諸条件に一致する稼働中のすべてのデプロイに即座に適用されます。それ以外の場合、予約の特典は予約の諸条件に一致する新しいデプロイが行われたときに適用されます。

  • EA のお客様の場合、予約容量の購入は必ず、最初に利用可能な年額コミットメントから差し引かれます。この差し引きは、予約容量が購入された月に発生します。年額コミットメントが十分にない場合やまったくない場合は、予約容量の購入はすべて、次回の超過分請求書に表示されます。

    Web Direct のお客様の場合、予約容量の請求はすべて、登録したクレジット カードに対して行われるか、ご自身のアカウントで請求期間を設定した場合は次回の請求書に表示されます。

  • 予約容量の利用状況は、EA ポータル の [レポート] メニューの下にある [利用状況の概要] ページで確認できます。そこには、予約容量の利用状況をが表示される [予約] セクションがあります。このほかに、EA ポータルからダウンロードできる詳細な使用状況ファイル (CSV) で予約容量の利用状況の詳細を確認することもできます。[追加情報] フィールドは、予約容量に対する使用量を確認するのに役立ちます。

  • 予約容量の特典の期限が切れても、お客様のデプロイは稼働を続け、オンデマンドのレートで請求されるようになります。予約容量の料金の特典を受けることはできなくなります。

  • はい。有効期限の少なくとも 30 日前までにはメールの通知が送信されます。さらに、予約の詳細情報を Azure portal で確認することもできます。

リソース

Azure サービスの月額料金を概算できます。

Azure の価格についてよく寄せられる質問を見ることができます

Azure Synapse Analyticsの詳細を表示します

技術チュートリアル、ビデオ、その他のリソースを確認します。

見積に追加されました。 計算ツールで表示するには 'v' を押してください

$200 のクレジットで学習と開発ができ、継続は無料です