ナビゲーションをスキップする

ハイブリッドとマルチクラウドのソリューション

オンプレミス、マルチクラウド、エッジ環境全体で、あらゆる場所で革新を実現するための一貫性と柔軟性を実現

あらゆる場面での Azure によるイノベーション

効果的なハイブリッドおよびマルチクラウドのアプローチを利用することで、リモート ワークを可能にし、クラウドのイノベーションを活用し、既存のオンプレミスへの投資を最大限に生かすことができます。Azure は、オンプレミス、マルチクラウド、およびエッジ環境のあらゆる場所でイノベーションを実現するための、包括的かつシームレスで安全なアプローチを提供します。

オンプレミス、マルチクラウド、エッジ環境にまたがり、サーバー、Kubernetes クラスター、アプリをシームレスに 1 か所から管理、制御、保護できます。

常に最新の Azure サービスをあらゆるインフラストラクチャに導入し、柔軟なスケール、自動化、統合管理、業界をリードするセキュリティの恩恵を受けることができます。

独自のデータセンターでクラウドネイティブ アプリを構築してデプロイします。クラウドに接続されたハイパーコンバージド インフラストラクチャでオンプレミスの仮想化アプリを集約し、最高のコスト パフォーマンスを実現します。

Azure コンピューティング、ストレージ、インテリジェンスを IoT デバイスに持ち込むことができます。機械学習と高度な分析をエッジで実行して、リアルタイムの分析情報を得ることができます。

Azure マルチクラウドとハイブリッド クラウドのソリューションと製品を詳しく見る

Apps

ハイブリッド クラウドのあらゆる場所で、真に一貫性のあるアプリのエクスペリエンスをビルド、デプロイできます。

データ

デジタル資産全体のデータをシームレスに移行、管理、分析します。必要な場所で、Azure データ サービスを実行します。

管理

1 つのコントロール プレーンから、オンプレミス、マルチクラウド、エッジ環境にまたがる IT リソースを管理、制御、保護できます。

セキュリティ

オンプレミス、Azure、その他のクラウド環境にまたがるすべてのワークロードに対する統合ハイブリッド セキュリティ管理と高度な脅威防止を実現できます。

ID 管理

統合 ID プラットフォームでアクセスを管理することにより、クラウド、モバイル、オンプレミスのアプリ全体で、ユーザーにシームレスなシングル サインオン エクスペリエンスを提供します。

ネットワークの種類

Azure を既存のネットワークの拡張機能として、分散したワークロードと場所を世界規模で安全に接続します。

ソルーション アーキテクチャ

ソリューション アーキテクチャの例を通じてマルチクラウドおよびハイブリッド クラウド ソリューションを構築する

リモート オフィスまたはブランチ オフィス用に Azure Stack HCI のスイッチレス相互接続と軽量クォーラムを使用する

リモート オフィス/ブランチ オフィス (ROBO) のシナリオで、高可用性の仮想化されコンテナー化されたワークロードのインフラストラクチャを設計できます。

Azure Arc ハイブリッド構成管理

Azure の外部 (企業ネットワークや Azure 以外のクラウド プロバイダー) でホストされている Windows や Linux のマシンを、ネイティブの Azure 仮想マシンと同じように管理することができます。

クラウドへのオンプレミスのアプリケーションおよびデータのバックアップ

実行する環境ではなく、ソリューションに専念できます。Azure Backup と Azure Blob Storage は高可用性環境で実行され、お客様のデータやアプリケーションをバックアップできるようパッチが適用され、サポートされます。

VPN ゲートウェイを使用した Azure へのオンプレミス ネットワークの接続

サイト間仮想プライベート ネットワーク (VPN) を使用して、オンプレミスまたは Azure Stack から Azure 仮想ネットワークへネットワークを拡張できます。トラフィックは IPSec VPN トンネルまたは Azure Stack マルチテナント VPN ゲートウェイを介して、オンプレミスのネットワークと Azure 間を流れます。

オンプレミスの Active Directory ドメインと Azure Active Directory を統合する

クラウドベースのマルチテナント ディレクトリと ID サービスである Azure Active Directory (Azure AD) を使用して、クラウドベースの ID 認証を提供できます。

Azure Security Center と Azure Sentinel を使用したハイブリッド セキュリティ監視

Azure Security Center と Azure Sentinel を使用して、オンプレミスと Azure オペレーティング システムのワークロードのセキュリティ構成とテレメトリを監視できます。

Azure ハイブリッドとマルチ クラウド ソリューションにより、お客様はすばらしい成果を上げています

"With Azure Arc, we are able to distribute solutions and workloads across multiple clouds and datacenters to support our clients that would have otherwise been bound to a datacenter."

Aram Lauxtermann 氏 (クラウド担当ディレクター、KPMG)
KPMG

"With Azure Arc, we can visualize and centrally manage multiple edge locations. That means our customers can deploy services in their customers' regions—critical for reducing latency."

Africa’s Talking、ソフトウェア エンジニア、Calvin Karundu 氏
AfricasTalking

"By binding our Azure and on-premises environments together through policies and tagging, we can create a consistent way to deploy and manage our systems in a disparate environment. That's really important to us because as we become leaner as an organization, we still need to effectively manage our IT footprint."

Kristina Melo 氏 (SQL Server Database 管理者、Ferguson)
Ferguson

"With Azure Stack Hub and Azure DevOps, we have more opportunities for automation plus ready-to-use templates for our developers. It's a much faster environment to work in."

Carsten Beckmann 氏 (Azure プロジェクト リーダー、Volkswagen Financial Services)
Volkswagen Financial Services

"With Azure Stack Edge Rugged, we've opened up incredible possibilities with AI and cognitive services, helping us deliver more insightful, actionable, real-time video into our customers' workflows."

Marcus Schioler 氏 (製品マーケティング担当副社長、Haivision)
Haivision

Azure ハイブリッドおよびマルチクラウド ソリューションの最新ニュースとリソースを入手する

よく寄せられる質問

  • ハイブリッド クラウド コンピューティングとは、パブリック クラウドと、プライベート クラウドを含むオンプレミス インフラストラクチャを組み合わせ、データとアプリケーションを共有できるようにしたコンピューティング環境のことです。これを使用すると、オンプレミス環境との相互運用性を提供すると同時に、コンピューティング リソースをスケーリングし、クラウド イノベーションを活用するためのより多くのデプロイ オプションが得られ、柔軟性が増します。また、マルチクラウド環境とエッジ インフラストラクチャが含まれるように進化を続けています。

    組織は、規制やデータ主権要件への対応、オンプレミス テクノロジへの投資の最大化、待機時間の短いワークロードへの対処、回復性とビジネス継続性の向上など、さまざまな理由でハイブリッド クラウド アプローチを選択しています。

  • マルチクラウド コンピューティングとは、プライベートやパブリックのクラウドを含む、複数のクラウド プロバイダーからのマルチクラウド コンピューティング サービスを異種混在環境で利用することです。マルチクラウド戦略を採用することで、柔軟性が向上し、リスクが軽減します。特定のタスクに対して最適なサービスをさまざまなクラウド プロバイダーから選択したり、特定のクラウド プロバイダーが提供するサービスを特定の場所で利用したりすることができます。

    マルチクラウド コンピューティングではさまざまなクラウドを理解する必要があり、これは簡単ではないことがあります。また、マルチクラウド アプローチでは、運用がさらに複雑になります。そのため、マルチクラウド アプローチを採用し、マルチクラウド管理を大幅に簡素化するための製品機能を提供する、Azure などのクラウド プラットフォームを選択することが重要です。

  • エッジ コンピューティングとは、クラウドのコンピューティング能力をデータが置かれている場所に近いモノのインターネット (IoT) デバイスで利用することで、これにより待機時間を短縮し、リアルタイムの分析情報を得ることができます。スマート センサーと接続されているデバイスが普及し、機械学習や AI などの高度なクラウドテクノロジと組み合わされて、エッジ コンピューティングが現実のものとなりました。

    エッジ コンピューティングを使用すると、お客様はエッジの場所で仮想マシン、コンテナー、データ サービスを実行できます。特定のワークロードをネットワークのエッジに移動することで、デバイスとクラウド間の通信時間が短くなり、より迅速にローカルの変化に対応でき、オフライン期間が長くなっても確実に動作します。また、応答性の高い状況に応じたアプリを通じて、没入型のユーザー エクスペリエンスを提供できます。インテリジェント クラウドとインテリジェント エッジの詳細情報をご覧ください

  • ハイブリッドおよびマルチクラウドのアーキテクチャにより、オンプレミス、マルチクラウド、エッジ環境全体で IT リソースを管理、保護、制御するための統一された方法が提供されます。ハイブリッドとマルチクラウドを持続的に実行することは、環境間で一貫性のあるデータベースの選択とアーキテクチャを実現することを意味します。これにより、必要な場所にアプリケーション データを簡単に移動し、総合的に管理できます。

ワークロードを Azure に簡単に移行する

お客様のハイブリッド クラウド戦略をサポートする柔軟な移行パスをお選びください。評価、移行、最適化、管理に対応する広範なツール セットを使用して、最適な移行計画を作成できます。

準備が整ったら、Azure の無料アカウントを設定しましょう。