Microsoft と Oracle を使用してクラウドの導入を加速する

Azure と Oracle® Cloud で Oracle Database およびエンタープライズ アプリケーションを実行する

事業目標のサポート

Microsoft と Oracle のクラウドの相互運用性を活用することにより、Microsoft Azure と Oracle Cloud Infrastructure 間でミッション クリティカルなエンタープライズ ワークロードの移行と実行が可能になります。Oracle Database、およびエンタープライズ アプリケーション (JD Edwards EnterpriseOne、Oracle E-Business Suite、PeopleSoft、Oracle Retail、Oracle WebLogic Server など) を、Oracle Linux、Windows Server、および Azure でサポートされている他のオペレーティング システム上で実行できます。

Azure が Oracle にとって最適のクラウドである理由

  • Oracle 認定の Oracle Database Standard Edition または Oracle Database Enterprise Edition を使用して、Azure 上で実行できます。
  • Oracle によりサポートされていることを認識しているので、安心して Azure で Oracle エンタープライズ アプリケーションを実行できます。
  • Microsoft および Oracle からクラス最高のエンドツーエンドのサポートを受けることができます。
  • ビジネスに必要なスケーラビリティ、柔軟性、およびコンプライアンスを Oracle ワークロードで達成します。

Microsoft と Oracle でクラウドの能力を拡張する

  • オンプレミスの分散データ資産、Azure、Oracle Cloud Infrastructure から分析情報を引き出しましょう。
  • 幅広い Azure サービスを活用し、今すぐにビジネスに AI と IoT を実現できます。
  • Oracle や Microsoft のテクノロジ、関連するスキルセット、これまで培ったパートナーシップの戦略的エコシステムなど、既存の投資資産の上に構築します。
  • 数々のクラウド機能およびクロスクラウド展開モデルから選択します。スケーラビリティ、パフォーマンス、信頼性などの要件を犠牲にする必要はありません。

Azure でサポートされている Oracle ソリューションの詳細情報

ビジネスに適したクラウド展開モデルを選択する

  • ネットワークに最適化された、待機時間の短い、プライベート インターコネクトである ExpressRoute と Oracle FastConnect を経由して、Azure と Oracle Cloud Infrastructure との間で業界初のクロスクラウドの実装を利用できます。
  • テスト済みで検証済み、かつサポートが行われている Oracle エンタープライズのデプロイ、Oracle Cloud Infrastructure にデプロイされた Oracle データベースを使用した Azure のカスタム アプリケーション (Real Application Clusters (RAC)、Exadata、Autonomous Database) を基盤にしています。
  • 統合 ID およびアクセス管理と共同サポート モデルを使用して、Azure と Oracle Cloud Infrastructure 全体で一貫したアプリケーション ライフサイクルを実現できます。

Azure と Oracle Cloud Infrastructure の統合に関する詳細情報

最高レベルのパフォーマンスと拡張性を実現する

  • 最大 416 vCPU、メモリ 12 TB を装備したハイパースレッド Azure Virtual Machines でインフラストラクチャのパフォーマンスをアップグレードしましょう。
  • Azure Disk Storage が、持続性があり、安全性が高く、費用対効果の高い SSD オプションを提供して、ミッション クリティカルな Oracle アプリケーションをサポートします。
  • Azure のインフラストラクチャの柔軟性を利用して、Oracle アプリケーションに必要なストレージとコンピューティング リソースを常に確保します。

IT インフラストラクチャのコストを削減する

  • Azure の制約付きコア仮想マシンは、Oracle ワークロード向けに最適化されているため、Oracle ライセンス コストの削減につながります。
  • Azure Reserved Virtual Machine Instances を使用して、予測可能なワークロードに対してリソースを事前に予約することで、従量課金制の料金と比較して最大 72% コストを削減できます。
  • オンプレミスのライセンスを再利用して、Azure ハイブリッド特典を使用して Azure 上で Windows Server VM を実行し、Azure Reserved Virtual Machine Instances と Azure ハイブリッド特典を組み合わせることによって、最大 80% 節約することができます。
  • Azure に移行すると、Windows Server 2008 および 2008 R2 の無料のセキュリティ更新プログラムがさらに 3 年間延長されます。

Azure 用にライセンスされている Oracle ソフトウェアの一覧を読む

Azure 仮想マシンへの Oracle ソフトウェアのデプロイを開始する

Azure で Oracle ソフトウェアを使ってみる