ナビゲーションをスキップする

App Service の価格

Web およびモバイル向けのパワフルなクラウド アプリを短期間で作成

App Service には、あらゆるプラットフォームやデバイス向けの Web サイトや Web API を作成するために必要なすべてのものが揃っています。Free および Shared (プレビュー) プランは、マネージド Azure 環境でアプリケーションをテストする場合に最適です。Basic、Standard、および Premium プランは運用ワークロード向けで、専用の仮想マシン インスタンスで稼働します。各インスタンスでは、複数のアプリケーションとドメインがサポートされます。Isolated プランでは、お客様のアプリがプライベートな専用 Azure 環境でホストされるため、お客様のオンプレミス ネットワークとの安全な接続を必要とするアプリに最適です。プレビューが開始された Linux Web Apps は Azure Kubernetes Service の事前プロビジョニング済みの Kubernetes クラスターや、オンプレミスや他のクラウドの Arc 対応クラスター上で実行できます。

価格オプションの詳細

  • 従量課金制

    長期契約や前払いが不要でコンピューティング容量の分だけお支払い。オンデマンドで使用量を増減できます。

  • コンピューティング用の Azure 節約プラン

    1 年間または 3 年間にわたって時間あたりの固定の使用量をコミットすることで、一部のコンピューティング サービスのコストを全体的に節約し、時間あたりのコミットメントに達するまで低価格での利用が可能になります。動的なワークロード向けであり、計画的または計画外の変更に対応できます。

  • 予約

    予約の購入により、Azure サービスの割引が受けられます。これはサービスの特定のインスタンスを 1 年間または 3 年間使用する契約です。

フィルターを適用して、価格オプションをお客様のニーズに合わせてカスタマイズします。

価格は見積もりに過ぎず、実際の価格設定としては意図されていません。実際の価格は、Microsoft との契約の種類、購入日、通貨換算レートによって異なる場合があります。料金は米ドルに基づいて計算され、毎月 1 日に更新される Thomson Reuters ベンチマーク レートを使用して変換されます。Azure 料金計算ツールにサインインして、Microsoft での現在のプログラム/プランに基づく価格を確認してください。価格の詳細については、Azure 営業担当者に問い合わせるか、価格クォートを要求してください。Azure の価格の詳細については、よく寄せられる質問を参照してください。

無料 無料で試す 共有 開発/テスト用の環境 Basic 開発/テスト専用の環境 Standard 運用環境のワークロードの実行 Premium 強化されたパフォーマンスとスケール Isolated ハイパフォーマンス、セキュリティおよび分離
Web、Mobile、API、API Apps 10 100 無制限 無制限 無制限 無制限
ディスク領域 1 GB 1 GB 10 GB 50 GB 250 GB 1 TB
最大インスタンス数 最大 3 最大 10 最大 30* 最大 100
カスタム ドメイン サポート対象 サポート対象 サポート対象 サポート対象 サポート対象
自動スケール サポート対象 サポート対象 サポート対象
ハイブリッド接続 サポート対象 サポート対象 サポート対象 サポート対象
仮想ネットワーク接続 サポート対象 サポート対象 サポート対象 サポート対象
プライベート エンドポイント サポート対象 サポート対象 サポート対象 サポート対象
コンピューティングの種類 Shared Shared Dedicated Dedicated Dedicated Isolated
従量課金制料金 無料 $- $- $- $- $-

* 選択したリージョン内。Premium v2 プランのスケールアウト制限の詳細をご覧ください。

App Service プランに関する詳細を表示する

Free と Shared

Free および Shared (プレビュー) サービス プランは、他のアプリと同じ Azure VM で稼働する基本レベルです。一部のアプリが他のお客様に属する場合もあります。このレベルは、開発とテストのみでの使用を目的としています。Free および Shared サービス プランでは SLA は提供されません。Free と Shared のプランはアプリ単位で課金されます。

Shared (プレビュー) プランの料金には、プレビュー割引が適用されています。

インスタンス コア数 RAM ストレージ 従量課金制
F1
Free
共有
(60 CPU 分/日)
1 GB 1.00 GB $-
D1
共有
共有
(240 CPU 分/日)
1 GB 1.00 GB $-
サイトごと

Basic サービス プラン

Basic サービス プランは、トラフィック要件が低く、高度な自動スケール機能やトラフィック管理機能が不要なアプリ向けに設計されています。価格は、実行するインスタンスのサイズと数によって決まります。組み込みのネットワーク負荷分散サポートが、トラフィックを自動的に各インスタンスに分散させます。Linux ランタイム環境で使用される Basic サービス プランは、Web App for Containers をサポートします。

インスタンス コア数 RAM ストレージ 従量課金制
B1 1 1.75 GB 10 GB $-
B2 2 3.50 GB 10 GB $-
B3 4 7 GB 10 GB $-

Standard サービス プラン

Standard サービス プランは、運用ワークロードの実行を対象として設計されています。価格は、実行するインスタンスのサイズと数によって決まります。組み込みのネットワーク負荷分散サポートが、トラフィックを自動的に各インスタンスに分散させます。Standard プランには、トラフィックのニーズに合わせて実行中の仮想マシンのインスタンス数を自動的に調整できる自動スケール機能が含まれています。Linux ランタイム環境で使用される Standard サービス プランは、Web App for Containers をサポートします。

インスタンス コア数 RAM ストレージ 従量課金制
S1 1 1.75 GB 50 GB $-
S2 2 3.50 GB 50 GB $-
S3 4 7 GB 50 GB $-

Premium v2 サービス プラン

Premium サービス プランは、実稼働アプリ向けの優れたパフォーマンスを提供するために設計されています。アップグレードされた Premium プランである Premium v2 は、より高速なプロセッサ、SSD ストレージを搭載し、メモリ対コア比が Standard の 2 倍である Dv2 シリーズ VM が特徴です。この新しい Premium プランは、インスタンス数の増加によってより高いスケールも提供し、その一方で Standard プランの高度な機能もすべて提供します。既存のお客様がお持ちのスケールのニーズに応えて、第一世代の Premium プランも引き続き提供されています。

インスタンス コア数 RAM ストレージ 従量課金制
P1v2 1 3.50 GB 250 GB $-
P2v2 2 7 GB 250 GB $-
P3v2 4 14 GB 250 GB $-

Premium v3 サービス プラン

アップグレードされた Premium プランの Premium v3 は、より高速なプロセッサ、Hyper-V 仮想化、VNet 接続のサポートを特徴としています。新しい Premium プランは、一般提供が開始されている Windows コンテナーのサポートを含むコンテナーと、コードベースのデプロイの両方をサポートしており、vCPU、メモリ、インスタンス数が増えることで、より大規模なスケールを提供します。以前の世代の Premium プランも、既存のお客様のスケーリング ニーズに対応するため、引き続きご利用いただけます。

コンピューティング用の Azure の節約プランを開始すると、3 年と 1 年の節約プランでは、Windows バージョンの Premium v3 プランが一時的に値下げされます。2023 年 1 月 1 日に、価格は通常の節約プランの価格に戻ります。 Linux の価格は変更されません。 2023 年 1 月 1 日時点の予想価格を参照してください。

インスタンス コア数 RAM ストレージ 従量課金制 1 年節約プラン * 3 年節約プラン * 1 年予約済み 3 年予約済み
P1v3 2 8 GB 250 GB $- $-
$-
$-
$-
P2v3 4 16 GB 250 GB $- $-
$-
$-
$-
P3v3 8 32 GB 250 GB $- $-
$-
$-
$-

*コンピューティング用の Azure の節約プランを開始すると、3 年と 1 年の節約プランでは、Windows バージョンの Premium v3 プランが一時的に値下げされます。2023 年 1 月 1 日に、価格は通常の節約プランの価格に戻ります。 Linux の価格は変更されません。 2023 年 1 月 1 日時点の予想価格を参照してください。

Isolated サービス プラン

Isolated サービス プランは、仮想ネットワークで実行するために必要なミッション クリティカルなワークロードを実行するように設計されています。Isolated プランを使用すると、お客様は Azure データセンター内のプライベートな専用環境でアプリを実行できます。Isolated プランで使用されるプライベート環境は、App Service Environment v2 と呼ばれます。プランは 100 インスタンスにスケーリングできます。詳細については、Isolated プランと App Service Environment v2 をご覧ください。Isolated プラン インスタンスあたりの料金に加えて、$-/時間(~ $-/月) の各 App Service Environment に対する定額スタンプ料金も発生します。

インスタンス コア数 RAM ストレージ 従量課金制
I1 1 3.50 GB 1 TB $-
I2 2 7 GB 1 TB $-
I3 4 14 GB 1 TB $-

Isolated v2 サービス プラン

アップグレードされた Isolated プランの Isolated v2 は、リソースの分離、最大のスケーラビリティ、高度なネットワーク機能を必要とするワークロード用に最適化されています。Isolated v2 を使用すると、顧客は Azure データセンター内のプライベートな専用環境でアプリを実行できます。Isolated v2 では、スケーリング時間が大幅に短縮されたほか、100 インスタンス (プラン全体では合計 200 インスタンス) までスケーリングでき、必要に応じてより多くのインスタンスを利用できます。Isolated v2 プランで使用されるプライベート環境は、App Service Environment v3 と呼ばれ、パブリック インターネットに依存せず、簡略化されたネットワーク構成エクスペリエンスで仮想ネットワーク内で実行される Azure App Service の単一テナント インストールです。App Service Environment v3 には、リージョン内の Availability Zones 全体でゾーン冗長モードで実行するオプションがあります。また、Isolated v2 で既にスタンプ料金が廃止され、1 年と 3 年の予約インスタンス価格が導入されています。詳細については、課金に関するドキュメント を参照してください。

コンピューティング用の Azure の節約プランを開始すると、3 年と 1 年の節約プランでは、Windows バージョンの Isolated v2 プランが一時的に値下げされます。2023 年 1 月 1 日に、価格は通常の節約プランの価格に戻ります。 Linux の価格は変更されません。 2023 年 1 月 1 日時点の予想価格を参照してください。

インスタンス コア数 RAM ストレージ 従量課金制 1 年節約プラン * 3 年節約プラン * 1 年予約済み 3 年予約済み
I1v2 2 8 GB 1 TB $- $-
$-
$-
$-
I2v2 4 16 GB 1 TB $- $-
$-
$-
$-
I3v2 8 32 GB 1 TB $- $-
$-
$-
$-

*コンピューティング用の Azure の節約プランを開始すると、3 年と 1 年の節約プランでは、Windows バージョンの Isolated v2 プランが一時的に値下げされます。2023 年 1 月 1 日に、価格は通常の節約プランの価格に戻ります。 Linux の価格は変更されません。 2023 年 1 月 1 日時点の予想価格を参照してください。

開発とテスト向けの料金の設定

開発とテストのワークロードを個別に、またはチームとして実行することを検討している Visual Studio サブスクライバーであれば、Dev/Test オファーは Azure ハイブリッド特典価格と同じ料金となるため、ライセンス込み料金で最大 55% 節約できます。開発/テスト料金は、Windows App Service Basic、Standard、さらに Premium v2 と Premium v3 でも利用できます。

App Service ドメイン

カスタム ドメインを購入し、Web Apps や Azure Virtual Machines など、ご利用の Azure サービスに割り当てることができます。カスタム ドメインは Azure Portal 内で管理できます。使用できるトップレベル ドメインは、com、net、co.uk、org、nl、in、biz、org.uk、co.in です。詳細については、ドメインの購入方法に関する記事をご覧ください。

料金 1 年あたり $11.99 (プライバシー保護が含まれる)

Azure App Service の証明書

カスタム ドメイン用の Secure Sockets Layer (SSL) 証明書は、Basic、Standard、Premium のサービス プランで利用できます。SSL 証明書により、カスタム ドメインの Websites へのセキュリティ保護された接続 (https://) が有効になります。

Azure App Service のお客様が、さまざまなアプリケーションで使用する SSL 証明書を購入できるようになりました。標準 SSL 証明書とワイルドカード SSL 証明書を以下の価格でご購入いただけます。どちらのタイプの SSL 証明書も、有効期間は 1 年で、購入時に自動更新を設定できます。

マネージド証明書は、現在パブリック プレビュー段階にあります。ネイキッド ドメインはサポートされていません。標準証明書のみを発行し (ワイルドカード証明書は使用できません)、無料の証明書はカスタム ドメインごとに 1 つに制限されています。

App Service マネージド証明書 標準 SSL 証明書 ワイルドカード SSL 証明書
料金 Free $69.99/年/1 年間有効 $299.99/年/1 年間有効

SSL 接続

Azure App Service では、2 種類の SSL 接続がサポートされています。Server Name Indication (SNI) SSL 接続および IP Address SSL 接続。SNI ベースの SSL は、最新のブラウザーで使用できますが、IP ベースの SSL はすべてのブラウザーで使用できます。

SNI ベースの SSL の使用に料金はかかりません。Standard と Premium のサービス プランには、App Service プランごとに 1 つの IP SSL を無償で使用する権利が含まれています。Free サービス プランおよび Shared サービス プランでは、SSL はサポートされません。追加の SSL 接続を使用する権利は、以下の料金でご購入いただけます。いずれの場合も、SSL 証明書そのものは別途購入する必要があります。

SNI SSL IP SSL
料金 サポートする証明書**ごとに $0/月* サポートする証明書**ごとに $39/月*
ブラウザーとの互換性 最新のブラウザー すべてのブラウザー

* SSL 接続の課金は時間割りで計算されます。月あたりの見積額は 1 か月の使用時間を 730 時間として算出しています。

** 証明書ごとに、証明書の拇印に基づいて評価されます。

Azure の価格および購入オプション

Microsoft と直接つながる

Azure の価格のチュートリアルをご覧ください。お客様のクラウド ソリューションの価格について理解したり、コストの最適化について確認したり、カスタム提案を要求したりすることができます。

営業担当者に問い合わせる

購入方法を見る

Azure の Web サイト、Microsoft の担当者、または Azure パートナーを通じて、Azure サービスをご購入ください。

お客様のオプションを調べる

その他の資料

App Service

App Service の特徴と機能についての詳細情報

料金計算ツール

Azure 製品の任意の組み合わせを使用する場合の推定の月間コストを見積もります。

SLA

App Service のサービス レベル アグリーメントをご確認ください。

ドキュメント

技術チュートリアル、ビデオ、その他の App Service のリソースをご確認ください。

  • はい。リストされている料金は停止状態のアプリにも適用されます。課金が発生しないようにするには、使用していない アプリを削除するか、レベルを Free に更新してください。

  • はい。App Service (azurewebsites.net ドメインを使用) は、azurewebsites.net ドメイン内の URL については、追加料金なしで SSL 接続を提供しています。Websites には、https://{mysite}.azurewebsites.net を使用して安全にアクセスしてください。

  • いいえ。カスタム ドメインへの SSL 接続では、アプリ/Web サイトに使用する独自の SSL 証明書を追加することができます。自己署名された証明書、およびサードパーティ機関による証明書の両方がサポートされます。

  • はい。ただし、各証明書の SSL 接続は個別に課金されます。さらに、1 つの SSL 証明書で複数のドメインを保護できる SAN/UC 証明書もサポートされています。

  • App Service プランでは、20 MB の無料の SQL データベースに12 か月間アクセスできます。12 か月が経過した後は、この無料の SQL データベースは有料の SQL 基本サブスクリプションに変換されます。12 か月が経過した後に App Service で SQL を使用しないことを選択する場合は、有料の基本サブスクリプションへの移行は不要です。

  • Free レベルを除き、App Service プランでは、使用するコンピューティング リソースに対して課金されます。Shared レベルでは、各アプリが CPU の分単位のクォータを受け取るので、各アプリの CPU クォータに対して課金されます。専用コンピューティング レベル (Basic、Standard、Premium、PremiumV2、PremiumV3) を使用すると、App Service プランによって、アプリがスケーリングされる VM インスタンスの数が定義されるので、App Service プラン内の各 VM インスタンスに対して課金されます。これらの VM インスタンスには、実行されているアプリの数にかかわらず同じ料金が課金されます。予期しない課金を避けるには、App Service プランのクリーンアップに関するページをご覧ください。Isolated レベルでは、App Service Environment によって、アプリを実行する分離された worker の数が定義されるので、各 worker に対して課金されます。さらに、App Service Environment 自体の実行に対して、定額のスタンプ料金があります。

Azure の価格の説明については、営業担当者にお問い合わせください。クラウド ソリューションの価格を把握できます。

無料のクラウド サービスと、30 日間 Azure を検証できる $200 のクレジットを利用できます。

見積に追加されました。 計算ツールで表示するには 'v' を押してください
どのようなご用件ですか?