メイン コンテンツにスキップ

Microsoft Dev Box の価格

開発の生産性を高めるために構築された、安全なクラウドベースのワークステーション。

Microsoft Dev Box の価格には、次の 2 つの部分が含まれています。

1) ユーザーライセンス:

Microsoft Dev Box を使用するには、各ユーザーに Windows 11 Enterprise または Windows 10 Enterprise、Microsoft Endpoint Manager、および Azure Active Directory P1 のライセンスが付与されている必要があります。

これらのライセンスは、単独で入手できることに加えて、Microsoft 365 F3、Microsoft 365 E3、Microsoft 365 E5、Microsoft 365 A3、Microsoft 365 A5、Microsoft 365 Business Premium、および Microsoft 365 Education Student Use Benefit サブスクリプションに含まれています。

Microsoft Dev Box は、アプリケーションの設計、開発、テストに使用されます。

2) 価格設定:

Microsoft Dev Box の価格設定には、開発ボックス インスタンスごとに月次および時間別の価格オプションが用意されており、クラウドで開発ワークステーションを提供するために必要なものがすべて含まれています。

価格オプションの詳細

フィルターを適用して、価格オプションをお客様のニーズに合わせてカスタマイズします。

価格は見積もりのみで、実際の価格見積もりとして意図されていません。実際の価格は、Microsoft との契約の種類、購入日、為替レートによって異なる場合があります。価格は米ドルに基づいて計算され、前月の最後の営業日前の 2 営業日に捕捉されたロンドン市場の引け値レートを使用して変換されます。月末までの 2 営業日が主要市場の銀行休日に該当する場合、通常、レート設定日は 2 営業日の直前の日です。このレートは、今後 1 か月間のすべてのトランザクションに適用されます。Azure 料金計算ツールにサインインして、Microsoft の現在のプログラムまたはオファーに基づく価格を確認します。価格の詳細については、Azure 営業担当者にお問い合わせいただくか、価格見積もりを要求してください。Azure の価格についてはよく寄せられる質問を参照してください。

Dev Box を使用すると、Dev Box インスタンスごとに予測可能な月額料金を支払うことで、請求月中にそのインスタンスを無制限に使用できます。

柔軟に使用するには、Dev Box インスタンスの構成に基づいて、最大月額料金まで従量制で支払います。Dev Box が作成されると、Dev Box が削除されるまで毎月のストレージ料金を支払い、その月のアクティブな使用時間ごとにコンピューティング料金を支払います。Dev Box の総コスト (毎月のストレージと時間当たりのコンピューティングを含む) が、その月のそのインスタンスの最大月額料金のレベルに達すると、その Dev Box インスタンスに対する請求は自動的に停止されます。

より高い使用率が必要なシナリオには自動的に適用される、Dev Box あたりの予測可能な最大月額料金を利用し、コストを最適化するための柔軟性が必要なシナリオには時間単位の料金を利用します。

Dev Box コンピューティング

Dev Box インスタンスあたりの価格
SKU 最大月額料金 時間ごとのコンピューティング 月間ストレージ
8 個の vCPU、32 GB の RAM、256 GB のストレージ $- $- $-
8 個の vCPU、32 GB の RAM、512 GB のストレージ $- $- $-
8 個の vCPU、32 GB の RAM、1024 GB のストレージ $- $- $-
8 個の vCPU、32 GB の RAM、2048 GB のストレージ $- $- $-
16 個の vCPU、64 GB の RAM、256 GB のストレージ $- $- $-
16 個の vCPU、64 GB の RAM、512 GB のストレージ $- $- $-
16 個の vCPU、64 GB の RAM、1024 GB のストレージ $- $- $-
16 個の vCPU、64 GB の RAM、2048 GB のストレージ $- $- $-
32 個の vCPU、128 GB の RAM、512 GB のストレージ $- $- $-
32 個の vCPU、128 GB の RAM、1024 GB のストレージ $- $- $-
32 個の vCPU、128 GB の RAM、2048 GB のストレージ $- $- $-

Azure の価格および購入オプション

Microsoft と直接つながる

Azure の価格のチュートリアルをご覧ください。お客様のクラウド ソリューションの価格について理解したり、コストの最適化について確認したり、カスタム提案を要求したりすることができます。

営業担当者に問い合わせる

購入方法を見る

Azure の Web サイト、Microsoft の担当者、または Azure パートナーを通じて、Azure サービスをご購入ください。

お客様のオプションを調べる

その他の資料

Microsoft Dev Box

Microsoft Dev Box の特徴と機能についての詳細情報

料金計算ツール

Azure 製品の任意の組み合わせを使用する場合の推定の月間コストを見積もります。

SLA

Microsoft Dev Box のサービス レベル アグリーメントをご確認ください。

ドキュメント

技術チュートリアル、ビデオ、その他の Microsoft Dev Box のリソースをご確認ください。

  • インスタンスごとの月額最大料金は、特定のインスタンスの使用によってコストがその月の最大料金を超えて増加する場合に適用されます。このサービスは、時間単位の価格と最大月単位の価格を自動的に切り替えるため、使用量の管理を心配する必要がなく、使用量に基づいてインスタンスごとに最適な価格が得られます。
  • アクティブな使用状況とは、Dev Box が実行状態である場合として定義されます。
  • いいえ、休止状態の Dev Box は実行中とみなされず、コンピューティング料金は発生しません。
  • ストレージの料金は、Dev Box の作成時から削除時までに請求されます。 これには、Dev Box が実行されていない時間も含まれます。
  • ストレージ料金は使用量に基づいて時間ごとに日割り計算されません。Dev Box を削除すると、その請求月の使用時間に基づいて料金が請求されます。
  • 開発者は複数の Dev Box を使用でき、各 Dev Box インスタンスには SKU に基づいて個別の最大価格があり、使用量に応じて課金されます。
  • Microsoft Dev Box を使用するには、各ユーザーに、Windows 11 Enterprise または Windows 10 Enterprise、Microsoft エンドポイント マネージャー、および Azure Active Directory P1 のライセンスが付与されている必要があります。
  • お客様は、アプリケーションの設計、開発、またはテストを行うために Microsoft Dev Box を使用する必要があります。お客様が前述の目的のいずれかで Dev Box を使用している場合、その他の使用が許可されます。Dev Box は、Azure の一般サービス条件の Azure Customer Solution 条項の対象となりません。

Azure の価格の説明については、営業担当者にお問い合わせください。クラウド ソリューションの価格を把握できます。

無料のクラウド サービスと、30 日間 Azure を検証できる $200 のクレジットを利用できます。

見積に追加されました。 計算ツールで表示するには 'v' を押してください
どのようなご用件ですか?