Azure Database for MariaDB の価格

エンタープライズ対応のフル マネージド コミュニティ MariaDB

Azure Database for MariaDB では、高可用性などの機能が追加料金なしで組み込まれたアプリ開発/デプロイ用のフル マネージド データベース サービスが提供されます。プレビュー価格の割引は、2019 年 1 月 31 日まで継続されます。2019 年 2 月 1 日以降、GA 価格が有効になります。以下に示すのは GA 価格です。

高可用性を内蔵

追加の構成、レプリケーション、費用なしに高可用性を実現します。

シンプルなスケーリング

コンピューティングを秒単位で動的に変更し、ストレージを個別にスケーリングできます。

柔軟な価格

隠れたコストなしでワークロードのリソースを選択できます。

Basic

必要となるコンピューティングと I/O パフォーマンスが高くないワークロード

コンピューティング

コンピューティングは仮想コアにプロビジョニングされます。仮想コアは論理 CPU を表します。

コンピューティング世代 Gen 5

Gen 5 論理 CPU は、Intel E5-2673 v4 (Broadwell) 2.3 GHz プロセッサをベースにしています。

vCore 料金
1 $-
2 $-

Storage

サーバー用にプロビジョニングしたストレージに対して課金されます。ストレージは最大 1 TB までプロビジョニングできます。

料金
GB/月 $-

Backup

バックアップ ストレージは、サーバーの自動バックアップに関連付けられたストレージです。バックアップ保有期間を長くすると、サーバーで使用されるバックアップ ストレージが増えます。バックアップ ストレージは、プロビジョニングされたサーバー ストレージ合計の 100% まで追加料金がかかりません。100% を超えるバックアップ ストレージの使用については、月あたりの GB 数で請求されます。

料金
ローカル冗長 (GB/月) $-

汎用

バランスのとれたコンピューティングおよびメモリとスケーラブルな I/O スループットが必要なほとんどのビジネス ワークロード

コンピューティング

コンピューティングは仮想コアにプロビジョニングされます。仮想コアは論理 CPU を表します。

コンピューティング世代 Gen 5

Gen 5 論理 CPU は、Intel E5-2673 v4 (Broadwell) 2.3 GHz プロセッサをベースにしています。

vCore 料金
2 $-
4 $-
8 $-
16 $-
32 $-
64 $-

Storage

サーバー用にプロビジョニングしたストレージに対して課金されます。ストレージは最大 4 TB までプロビジョニングできます。

料金
GB/月 $-

Backup

バックアップ ストレージは、サーバーの自動バックアップに関連付けられたストレージです。バックアップ保有期間を長くすると、サーバーで使用されるバックアップ ストレージが増えます。バックアップ ストレージは、プロビジョニングされたサーバー ストレージ合計の 100% まで追加料金がかかりません。100% を超えるバックアップ ストレージの使用については、月あたりの GB 数で請求されます。

料金
ローカル冗長 (GB/月) $-
地理冗長 (GB/月) $-

メモリの最適化

トランザクション処理時間の短縮とコンカレンシーの向上のためにインメモリ パフォーマンスが必要な高パフォーマンス データベース ワークロード

コンピューティング

コンピューティングは仮想コアにプロビジョニングされます。仮想コアは論理 CPU を表します。

コンピューティング世代 Gen 5

Gen 5 論理 CPU は、Intel E5-2673 v4 (Broadwell) 2.3 GHz プロセッサをベースにしています。

vCore 料金
2 $-
4 $-
8 $-
16 $-
32 $-

Storage

サーバー用にプロビジョニングしたストレージに対して課金されます。ストレージは最大 4 TB までプロビジョニングできます。

料金
GB/月 $-

Backup

バックアップ ストレージは、サーバーの自動バックアップに関連付けられたストレージです。バックアップ保有期間を長くすると、サーバーで使用されるバックアップ ストレージが増えます。バックアップ ストレージは、プロビジョニングされたサーバー ストレージ合計の 100% まで追加料金がかかりません。100% を超えるバックアップ ストレージの使用については、月あたりの GB 数で請求されます。

料金
ローカル冗長 (GB/月) $-
地理冗長 (GB/月) $-

サポートおよび SLA

  • 請求およびサブスクリプション管理サポート (無償)
  • 柔軟なサポート プラン ($29 ~/月)。プランの選択
  • お客様のサブスクリプションで実行されるアプリが、サブスクリプション期間の 99.99% 利用できることを保証します。SLA を参照してください

FAQ

  • Basic レベルは、必要となるコンピューティングと I/O パフォーマンスが高くないワークロード向けに設計されています。たとえば、開発やテストに使用されるサーバー、使用頻度の低い小規模なアプリケーションなどが挙げられます。汎用レベルは、バランスのとれたコンピューティングおよびメモリとスケーラブルな I/O スループットが必要なほとんどのビジネス ワークロードに適しています。たとえば、Web アプリやモバイル アプリ、その他のエンタープライズ アプリケーションをホストするためのサーバーが挙げられます。メモリ最適化レベルは、トランザクション処理時間の短縮とコンカレンシーの向上のためにインメモリ パフォーマンスが必要な高パフォーマンス データベース ワークロードに適しています。たとえば、リアルタイム データと高パフォーマンスなトランザクション アプリや分析アプリを処理するためのサーバーが挙げられます。詳細については、こちらのドキュメントをご覧ください。

  • どの価格レベルにおいても、サービスは、価格レベル、仮想コアでプロビジョニングされたコンピューティング、サーバーとバックアップ用にプロビジョニングされたストレージ (GB/月) に基づいて、予測可能な時間単価で課金されます。請求金額では、仮想コアの時間数、サーバー用のストレージ (GB/月)、およびバックアップ用のストレージ (GB/月) が個別の品目として記載されます。

  • サーバーが 1 時間ずっとアクティブであったかどうかにかかわらず、1 時間未満は 1 時間として切り上げて、MariaDB サーバーが存在した 1 時間単位で課金されます。データベースを拡大縮小した場合は、対象の時間に使用された最も高い価格レベル、プロビジョニングされた仮想コア数、およびプロビジョニングされたストレージに基づいて課金されます。

    その例を次に示します。

    • MariaDB サーバーを作成し、それを 5 分後に削除した場合、コンピューティングとストレージがプロビジョニングされた時間を 1 時間として課金されます。
    • 8 個の仮想コアを使用する汎用レベルに MariaDB サーバーを作成し、それをすぐに汎用レベルの 16 個の仮想コアにアップグレードした場合、最初の 1 時間も 16 個の仮想コアのレートで課金されます。
  • はい。2018 年 7 月 1 日より、ネットワークのエグレスに標準の料金が適用されています。詳しくは、帯域幅の価格ページをご覧ください。

  • バックアップ ストレージは、サーバーの自動バックアップに関連付けられたストレージです。バックアップ保有期間を長くすると、MariaDB サーバーで使用されるバックアップ ストレージが増えます。バックアップ ストレージは、プロビジョニングされたサーバー ストレージ合計の 100% まで追加料金がかかりません。100% を超えるバックアップ ストレージの使用については、月あたりの GB 数で請求されます。たとえば、データベースのストレージ サイズが 100 GB の場合、追加費用なしで 100 GB のバックアップを使用できます。しかし、バックアップが 110 GB の場合は、10 GB に対してお支払いいただきます。

リソース

Azure サービスの月額料金を概算できます。

Azure の価格についてよく寄せられる質問を見ることができます

Azure Database for MariaDBの詳細を表示します

技術チュートリアル、ビデオ、その他のリソースを確認します。

見積に追加されました。 計算ツールで表示するには 'v' を押してください

$200 のクレジットで学習と開発ができ、継続は無料です