メイン コンテンツにスキップ

Azure Spring Apps の価格

Microsoft と VMware のフル マネージド サービスを使用して、Spring Boot アプリケーションをビルドしてデプロイします

Azure Spring Apps を使用すると、Spring Boot アプリケーションをクラウドに迅速、安全、簡単にデプロイおよび操作できます。

価格オプションの詳細

フィルターを適用して、価格オプションをお客様のニーズに合わせてカスタマイズします。

価格は見積もりに過ぎず、実際の価格設定としては意図されていません。実際の価格は、Microsoft との契約の種類、購入日、通貨換算レートによって異なる場合があります。料金は米ドルに基づいて計算され、毎月 1 日に更新される Thomson Reuters ベンチマーク レートを使用して変換されます。Azure 料金計算ツールにサインインして、Microsoft での現在のプログラム/プランに基づく価格を確認してください。価格の詳細については、Azure 営業担当者に問い合わせるか、価格クォートを要求してください。Azure の価格の詳細については、よく寄せられる質問を参照してください。

Azure Spring Apps では、Basic レベルのアプリ インスタンスごとに 1 つの [Basic vCPU およびメモリ グループ使用量] (4 GB のメモリと 2 vCPU を含む) の料金が請求されます。[Basic vCPU およびメモリ グループ使用量] に含まれる容量のいずれか、または両方を超過した場合、[Basic 超過分メモリ使用量] と [Basic 超過分 vCPU 使用量] の合計に基づく実際の追加使用分が請求されます。最初の 50 vCPU 時間と 100 メモリ GB 時間は毎月無料です。最初の 50 vCPU 時間と 100 メモリ GB 時間は毎月無料であり、Basic、Standard、および Eenterprise で共有されます。

Azure Spring Apps では、Standard レベルのアプリ インスタンスごとに 1 つの [Standard vCPU およびメモリ グループ使用量] (12 GB のメモリと 6 vCPU を含む) の料金が請求されます。[Standard vCPU およびメモリ グループ使用量] に含まれる容量のいずれか、または両方を超過した場合、[Standard 超過分メモリ使用量] と [Standard 超過分 vCPU 使用量] の合計に基づく実際の追加使用分が請求されます。最初の 50 vCPU 時間と 100 メモリ GB 時間は毎月無料です。最初の 50 vCPU 時間と 100 メモリ GB 時間は毎月無料であり、Basic、Standard、および Eenterprise で共有されます。

Azure Spring Apps では、Enterprise レベルのアプリ インスタンスごとに 1 つの [Enterprise vCPU およびメモリ グループ使用量] (12 GB のメモリと 6 vCPU を含む) の料金が請求されます。[Enterprise vCPU およびメモリ グループ使用量] に含まれる容量のいずれか、または両方を超過した場合、[Enterprise 超過分メモリ使用量] と [Enterprise 超過分 vCPU 使用量] の合計に基づく実際の追加使用分が請求されます。最初の 50 vCPU 時間と 100 メモリ GB 時間は毎月無料であり、Basic、Standard、および Eenterprise で共有されます。

Basic - 試用や個人での Dev/Test 標準 - 汎用的な運用ワークロード用 Enterprise - VMware Tanzu コンポーネントを使用した運用ワークロード用
基本料金 $-/時間 $-/時間 $-/時間
含まれている vCPU とメモリ 2 vCPU、4 GB 6 vCPU、12 GB 6 vCPU、12 GB
超過 vCPU 料金 $-/vCPU 時間 $-/vCPU 時間 $-/vCPU 時間
超過メモリ料金 $-/GB 時間 $-/GB 時間 $-/GB 時間
*月あたりの無料提供 50 vCPU 時間
100 メモリ GB 時間
50 vCPU 時間
100 メモリ GB 時間
50 vCPU 時間
100 メモリ GB 時間
VMware Tanzu ライセンス - - ライセンス費用の詳細
アプリ インスタンスの最大サイズ 1 個の vCPU、2 GB 4 個の vCPU、8 GB 4 個の vCPU、8 GB
アプリ インスタンスの最大数 25 500 500
SLA - 利用可能 利用可能
VMware Spring ランタイム サポートを有効にする - - 利用可能
可用性の高い Spring Apps ランタイム - 利用可能 利用可能
カスタム ドメイン/SSL - 利用可能 利用可能
VNET の統合 - 利用可能 利用可能

*毎月の無料付与は、Basic、Standard、Enterprise の各レベルで共有されます。

サービス レベルの比較

Basic - 試用や個人での Dev/Test 標準 - 汎用的な運用ワークロード用 Enterprise - VMware Tanzu コンポーネントを使用した運用ワークロード用
制限事項
アプリ インスタンスの最大サイズ 1 個の vCPU、2 GB 4 個の vCPU、8 GB 4 個の vCPU、8 GB
アプリ インスタンスの最大数 25 500 500
可用性の高い Spring Apps ランタイム - 利用可能 利用可能
SLA - 利用可能 利用可能
永続的ストレージ アプリあたり 1 GB、最大 10 個のアプリ アプリあたり 50 GB、最大 10 個のアプリ アプリあたり 50 GB、最大 10 個のアプリ
アプリの管理
ソースからのデプロイ - OSS ビルドパックをソースからビルドする Tanzu ビルドパックをソースからビルドする
* Java 成果物からデプロイする Jar Jar Jar, WAR
カスタム イメージの実行 利用可能 利用可能 利用可能
手動でのスケールイン/アウトまたはスケールアップ/ダウン 利用可能 利用可能 利用可能
アプリケーションの開始、停止、再起動、削除 利用可能 利用可能 利用可能
ローリング アップデート - 利用可能 利用可能
Spring Apps ランタイム
Git での構成の外部化 利用可能 利用可能 利用可能
サービスの登録と検出 利用可能 利用可能 利用可能
Spring Apps Gateway - - 利用可能
API Portal - - 利用可能
ビルド サービス - 利用可能 利用可能
Blue-Green デプロイ - 利用可能 利用可能
監視と診断
Log stream ページ 利用可能 利用可能 利用可能
Azure Spring Apps の診断 利用可能 利用可能 利用可能
Azure Monitor のメトリックとログ 利用可能 利用可能 利用可能
分散トレース 利用可能 利用可能 利用可能
ネットワーク
VNET の統合 - 利用可能 利用可能
SSL ターミネーション 利用可能 利用可能 利用可能
カスタム ドメイン - 利用可能 利用可能
セキュリティ
Azure リソースのマネージド ID 利用可能 利用可能 利用可能
保存時の暗号化 利用可能 利用可能 利用可能
開発ツール
Maven プラグイン 利用可能 利用可能 利用可能
Intellij プラグイン 利用可能 利用可能 利用可能
CI/CD の統合 利用可能 利用可能 利用可能
Azure サービスとのサービス バインド 利用可能 利用可能 利用可能
プログラミング言語とフレームワーク
.NET Core/Steeltoe 利用可能 利用可能 利用可能
Java/Spring 利用可能 利用可能 利用可能

*Spring Boot uber JAR

Azure の価格および購入オプション

Microsoft と直接つながる

Azure の価格のチュートリアルをご覧ください。お客様のクラウド ソリューションの価格について理解したり、コストの最適化について確認したり、カスタム提案を要求したりすることができます。

営業担当者に問い合わせる

購入方法を見る

Azure の Web サイト、Microsoft の担当者、または Azure パートナーを通じて、Azure サービスをご購入ください。

お客様のオプションを調べる

その他の資料

Azure Spring Apps

Azure Spring Apps の特徴と機能についての詳細情報

料金計算ツール

Azure 製品の任意の組み合わせを使用する場合の推定の月間コストを見積もります。

SLA

Azure Spring Apps のサービス レベル アグリーメントをご確認ください。

ドキュメント

技術チュートリアル、ビデオ、その他の Azure Spring Apps のリソースをご確認ください。

  • Azure Spring Apps の料金請求は秒単位です。測定は 1 時間単位で、発生した使用の秒数に基づいて計算され、1 時間未満の分は小数で表します。
  • Azure Spring Apps のリソースと超過分は、サービス インスタンス レベルで追跡されます。
  • \"Basic vCPU およびメモリ グループ使用量\" には、4 GB のメモリと 2 個の vCPU が含まれます。\"Standard vCPU およびメモリ グループ使用量\" には、12 GB のメモリと 6 個の vCPU が含まれます。
  • はい、価格レベル (Basic または Standard) に従って、サービス インスタンスごとに 1 つの "vCPU およびメモリ グループ使用量" に対して請求されます。メモリと vCPU の追加使用量については、Azure Spring Apps の価格レベルに従って、サブスクリプションでの "超過メモリ使用量" と "超過 vCPU 使用量" の合計数に基づいて請求されます。
  • 「vCPU とメモリ グループの継続時間」の一覧に表示される料金停止状態のアプリに適用されます。課金を完全に停止するには、サービス インスタンスを停止するまたは削除します。
  • Basic レベルは、個々のDev/Testでの使用を目的としており、SLA が付属していません。Azure Spring Apps を検討中の場合に適しています。

    Standard レベルは、汎用実稼働ワークロードを対象としており、SLA が付属しています。

    Enterprise レベルは、商用の VMware Tanzu コンポーネントと詳細の Spring Runtime サポートを必要としているユーザーを対象としています。

  • VMware Tanzu ライセンスは、Enterprise レベルで実行されているユーザー アプリの vCPU 使用量に基づいて計算されます。たとえば、次のリソース割り当てを持つ 17.5 vCPU が Enterprise サービス インスタンスに存在するとします。

    コンポーネント vCPU 使用量
    Spring cloud gateway 3
    Build service 2
    API Portal 0.5
    User apps 12

    時間単価 = VMware Tanzu ライセンス コスト x 12

Azure の価格の説明については、営業担当者にお問い合わせください。クラウド ソリューションの価格を把握できます。

無料のクラウド サービスと、30 日間 Azure を検証できる $200 のクレジットを利用できます。

見積に追加されました。 計算ツールで表示するには 'v' を押してください
どのようなご用件ですか?