Cloud Shell

Microsoft が管理する、Azure の、Azure のための管理マシン。

シェルを使用して事実上どこからでもアクセス

クラウド内でホストされている、認証された、ブラウザーベースのシェルを使用して、事実上どこからでも Azure に接続できます。Azure Cloud Shell は 1 ユーザー アカウントごとに割り当てられ、セッションごとに自動で認証が行われます。Azure Portal の親しみやすい GUI を、Cloud Shell の強力で柔軟な、認証されたシェルで操作できます。

日常的に使用されるツールやプログラミング言語のサポート

Microsoft は定期的に Cloud Shell の保守と更新を行っており、この Cloud Shell には Linux シェル インタープリター、Azure Tools、テキスト エディター、ソース管理、ビルド ツール、コンテナー ツール、データベース ツールなどの日常的に使用される CLI ツールが搭載されています。また、Cloud Shell は、Node.js、.NET、Python などの人気のプログラミング言語をサポートしています。

接続されたクラウド ストレージでファイルを維持する

Cloud Shell は Azure のファイル共有に接続し、$Home ディレクトリを維持します。ファイル共有をはじめて使用する際、セッション間でファイルを維持するために Azure File Storage 内でファイル共有を作成するよう求められます。以降のセッションについては Cloud Shell が自動で再接続します。

関連製品およびサービス

Microsoft Azure Portal

単一の統合コンソールですべての Azure 製品をビルド、管理、監視する

開発者向けのツールと SDK

マルチプラットフォーム、スケーラブルなアプリおよびサービスの構築、デプロイ、診断、管理を実現

File Storage

標準の SMB 3.0 プロトコルを使用するファイル共有

ブラウザーベースのシェルを使用して Azure 管理者エクスペリエンスを効率化