ナビゲーションをスキップする

Azure Maps

ビジネス アプリケーションとソリューションに場所データとマッピング ビジュアルを追加する

お客様の企業で位置情報インテリジェンスを活用する

Azure Maps は、組織が位置情報ベースのデータを Web およびモバイル ソリューションに簡単に組み込むのに役立つ地理空間サービスのスイートです。位置情報とマップ データを使用して、分析情報を生成し、データに基づく意志決定を通知し、セキュリティを強化し、カスタマー エクスペリエンスを向上させます。

位置情報に関する分析情報を使用してビジネスを変革する

地理空間サービス、API、SDK の包括的なセットを使用して、位置情報認識 Web アプリとモバイル アプリを使用してビジネス チャンスを生み出します。Microsoft Cloud を活用して、データの収集と分析、ビジネスの機敏性の実現、ROI の向上、運用効率とセキュリティの向上を促進する新しい方法を見つけます。

マップベースのアプリを簡単に開発する

使い慣れた API とパターンを使用して、位置情報認識アプリを簡単に構築したり、既存のソリューションを Azure に移行したりできます。Web およびモバイル用の Azure Maps API と SDK、または Leaflet などの外部 SDK を選択します。

信頼できる Azure プラットフォームでサービスを結合する

最高レベルのスケーラビリティとセキュリティのために、他の Azure のツールとサービスを実装します。使用した分だけを支払い、Azure Maps の使用量を既存の Azure サブスクリプションまたは Enterprise Agreement に簡単に追加できます。

Azure Maps の動作を確認する

Azure Maps デモを試し、250 を超えるコード サンプルを参照してから、地理空間データ、アニメーション、マップ レイヤー、空間操作などを使用して、位置情報認識ソリューションの作成を開始します。

マップ

交通情報

天気

画像

標高

データの可視化

手順 1/3

マップ: 詳しい道路範囲、建物の占有範囲、目的地を含むマップを実装します。

手順 2/3

検索: 住所と目的地を検索します。

手順 3/3

ルート指定: 自動車、自転車、歩行者、トラックのルート案内を表示します。距離行列、移動時間ポリゴン、または最適化されたルートを計算します。

手順 1/1

交通情報: リアルタイムおよび予測の交通情報データを使用して、時間どおりに目的地にアクセスする方法を計画します。

手順 1/1

天気: 現在の天気、過去の天気、天気予報、大気質の情報、および重大な気象警報を取得します。

手順 1/1

画像: 高解像度の衛星および航空映像を使用して世界を探索します。

手順 1/1

標高: 数値標高モデル (DEM) や地形分析用の等高線などの標高データを取得します。

手順 1/1

データの可視化: さまざまなマップ スタイルとオーバーレイを使用してデータに光を当て、意思決定に役立つようにします。

Azure Maps のサービス

マップ

Web アプリケーションやモバイル アプリケーションに組み込まれた静的マップ画像または対話型のベクトル マップ タイル上に、オブジェクト、目的地、会社一覧を表示します。さまざまなマップ スタイルと、デジタル標高線などのマップ データの種類から選択し、豊富なデータ可視化を開発できます。

トラフィック

リアルタイムの交通量とインシデントの詳細を取得して、現在の交通状況が物流業務にどのような影響を与える可能性があるかを判断します。

検索

レストランやガソリン スタンドなど、近隣の目的地の情報を提供するアプリケーションを作成します。住所をジオコーディングして対応する緯度と経度を取得したり、特定の座標を逆ジオコーディングして関連する位置情報を取得したりできます。

位置情報

IP アドレスが存在する国を検索します。ユーザーの位置情報に基づいてコンテンツとサービスをカスタマイズし、顧客の地理的分布に関する分析情報を取得できます。

画像

世界中で利用可能で、継続的に更新される、高解像度の衛星および航空映像を取得します。

天気

現在および過去の気象状態、天気予報、ルート上の天気、大気質データ、レーダーおよび赤外線による天気図タイルを取得し、お客様のアプリで天気に基づく意思決定や可視化を実行できるようにします。

標高

地球上のあらゆる場所の標高データを検索します。グローバルに一貫したデジタル地形モデル データセットを使用した価値あるデータ製品やアプリを作成します。

空間演算

ジオフェンシング、最接近点、大圏距離、バッファーなどの一般的な地理空間数学計算のライブラリを使用して、位置情報のインテリジェンスを強化します。

ルーティング

同時に複数の目的地への最短距離または最速のルートを計算したり、歩行者、自転車、商用車に特化したルートを提供したりできます。

Creator

デザイン、配布、縮尺、アクセスの制御を維持管理できるカスタム屋内マップを作成して発行します。

タイム ゾーン

世界中のあらゆる場所の現在時刻をユーザーが簡単に表示できるようにします。タイム ゾーンを知りたい場所、協定世界時 (UTC) との時差、夏時間の更新を選択することができます。

データ管理 (プレビュー)

空間演算や画像合成で使用する地理空間データをアップロードして格納することで、遅延を短縮し、生産性を向上させるほか、お客様のアプリケーション内で新しいシナリオを有効にできます。

包括的なセキュリティとコンプライアンスの組み込み

  • Microsoft ではサイバーセキュリティの研究と開発に年間 USD 10 億を超える投資を行っています。

  • Microsoft には、データ セキュリティとプライバシーを専門とする 3,500 人を超えるセキュリティ エキスパートがいます。

  • Azure は、他のクラウド プロバイダーを上回る数の認定を受けています。包括的なリストをご確認ください。

カスタマイズされた価格オプションを確認する

複数のアカウント構成オプションから選択することで、Azure Maps のコストとデプロイを柔軟に管理します。

  • 前払い手数料なし
  • 契約解除手数料なし
  • 使用した分だけお支払い

Azure 無料アカウントで作業を開始する

無料で開始しましょう。30 日間使用できる $200 のクレジットを受け取れます。クレジットを保有している間は、人気のサービスと 40 を超える他の無料サービスを利用できます。

クレジットを使用した後は、従量課金に移行して引き続き無料で構築を行うことができます。月額の無料分を超えた場合にのみ、料金が発生します。

12 か月後、40 を超える常時無料のサービスを引き続き利用できます--今まで通り、月次の無料枠を超えても、発生するのは使用した分の料金のみです。

あらゆる規模の企業から寄せられる信頼

"We can speed up processes tremendously with [Azure] Cognitive Search, Azure Maps, and Power BI embedded in Insights. That means better quality power at lower costs because we don't have to spend half of our time trying to locate the asset information."

Axpo Grid の BI/分析部門責任者 Johannes Manser 氏
Axpo

地理空間データを使用した効率的な分析

再保険会社の Swiss Re では、ユーザーが質問してデータを取得できる自然言語処理だけでなく、地理空間分析に Azure Maps を使用しています。

Swiss Re

Azure Maps のリソースとドキュメント

オープンソースのコード サンプル

Azure Maps Web コントロールのサンプル ギャラリーにアクセスして、コード サンプルをご覧ください

マップ コントロール

マップ コントロールを使用して、マップをレンダリングし、Azure Maps の機能を Web またはモバイル アプリに組み込む方法について説明します。

IoT 技術コミュニティ

Microsoft のエンジニアや Azure コミュニティのエキスパートに質問して回答をもらいましょう。コミュニティに参加する

Azure Maps に関してよく寄せられる質問

  • Azure Maps は、マップ、目的地、交通情報、道路データ用の基になる位置情報インテリジェンスを提供する、世界クラスの位置情報テクノロジ パートナーとの協力により作成されています。
  • はい、ライセンスが必要です。使用制限については、ライセンスの使用条件とドキュメントをご覧ください。Azure Maps の価格は使用量ベースで、初期コストは必要ありません。使用した分だけ支払いが発生し、Azure Maps の使用量を既存の Azure サブスクリプションまたは Enterprise Agreement に簡単に追加できます。
  • Gen2 は Azure Maps の最新の価格レベルです。これにより、ユーザーはボリュームベースの割引料金ですべてのマップ機能にアクセスできます。スロットリングは行われず、使用したサービスに対してのみ料金が発生します。S0 および S1 の価格カテゴリの従来の Gen1 オファリングは引き続きご利用いただけます。より小型のアプリケーションについては、ご自分のサービス要件がコア地理空間 API によって満たされる場合は、S0 価格レベルが適していると考えられます。より高度な要件については、Gen2 の価格を検討してください。詳細については、価格に関するページを参照してください
  • ジオコーディングの対象範囲は地域によって異なり、道路データの対象範囲と、ジオコーディング サービスの精度に依存します。対象範囲の詳細を参照してください
  • Azure Maps は複数の言語をサポートしますが、言語サポートは機能によって異なります。ローカライズ サポートに関する詳細 を参照してください。

準備が整ったら、Azure の無料アカウントを設定しましょう。

どのようなご用件ですか?