SQL Server Stretch Database の価格

SQL Server データベースを Azure に動的に拡張

SQL Server Stretch Database により、ウォームおよびコールド トランザクション データを Microsoft SQL Server から Azure に動的に拡張できます。典型的なコールド データ管理ソリューションとは異なり、Stretch Database ではデータは常に手元にあります。 Stretch Database を使用することで、企業のストレージを拡張することなく大量のデータのリテンション期間を延長することができます。パフォーマンス要件に応じてパフォーマンス レベルを選択し、必要に応じてスケールアップまたはダウンしてください。

価格の詳細

Stretch Database では Compute と Storage に対して個別に請求が行われます。Compute の使用量はデータ ストレッチ ユニット (DSU) で表され、お客様はいつでも、必要なパフォーマンスと DSU のレベルを上げたり下げたりできます。

Compute

パフォーマンス レベル (DSU) 料金
100 $-
200 $-
300 $-
400 $-
500 $-
600 $-
1000 $-
1200 $-
1500 $-
2000 $-

データベースのサイズは 240 TB に制限されます。

月あたりの見積額は、同じ DSU レベルで 1 か月に 744 時間として算出しています。

Stretch DB は、インド南部、中国北部、ブラジル南部、米国中北部、インド西部、オーストラリア、日本、米国政府を除くすべてのリージョンで一般公開されています。

送信データ転送の料金

送信データ転送は通常のデータ転送料金に基づいて課金されます。

データ ストレージおよびスナップショット

データ ストレージの課金は $-/GB/月単位で行われます。データ ストレージには、Stretch DB およびバックアップ スナップショットのサイズも含まれます。すべての Strech Database で、7 日分の増分バックアップ スナップショットが保持されます。

注: ストレージ トランザクションに対する課金は行われません。ストレージ トランザクションではなく、保存したデータに対してのみお支払いただきます。

geo バックアップ

ディザスター リカバリー用に Stretch Database の geo 冗長コピーを作成することもできます。geo 冗長コピー用のストレージについては、Azure Standard Disk RA-GRS 料金 ($-/GB/月) で課金されます。

サポートおよび SLA

  • 請求およびサブスクリプション管理サポート (無償)。
  • 柔軟なサポート プラン ($29.0 ~/月)。プランの選択
  • 99.99% のアップタイムが保証されます。詳細情報

FAQ

  • Stretch Database は SQL Server 2016 の機能です。Stretch Database は SQL Server 2016 のすべてのエディションで使用できます。Stretch Database の詳細については、SQL Server 2016 Stretch Database の概要に関する記事を参照してください。

  • Stretch Database のパフォーマンス レベルを調整できます。パフォーマンス レベルの変更は数分で完了し、変更中もデータベースはオンラインのままで使用できる状態です。
  • SQL Stretch Database のデータ ストレッチ ユニット (DSU) はクエリの性能を表したものであり、ワークロード目標 (行が書き込み、読み取り、および計算される速度) で数値化されます。これによりお客様は、ワークロードに必要な、相対的なパフォーマンスの量を見積もることができます。

  • 請求額は Storage の予測可能な月額料金と、Compute の変動料金で構成されます。Compute の料金は消費されたコンピューティング リソース (DSU) の量に応じて毎月変化します。消費された算出資源のレベルを分かりやすくするため、請求書の Storage と Compute は別々に記載されます。

  • 請求は、Stretch Database の存在期間に基づき、1 時間単位で行われます。アクティビティには関係がなく、データベースが存在したのが 1 時間未満であっても請求の対象となります。たとえば、Stretch Database を作成して 5 分後に削除した場合、請求書には Compute の 1 データベース時間に加えて、そのデータベースで使用したストレージ分の料金が表示されます。データベースを削除してから、同じ名前で別のデータベースを作成した場合、請求書にはその時間の 2 つそれぞれのデータベース分の料金 (Compute 料金と Storage 料金) が表示されます。

  • DSU は 1 時間の間に適用された最も高いパフォーマンス レベルに応じて、時間単位で請求されます。たとえば、Stretch Database を 100 DSU で作成し、その直後に 400 DSU にスケールアップすると、最初の 1 時間の Compute 料金は 400 DSU のレートで課金されます。

  • Stretch Database のパフォーマンス レベルを調整できます。パフォーマンス レベルの変更は数分で完了し、変更中もデータベースはオンラインのままで使用できる状態です。

  • Stretch Database を使用することで最大 240 TB まで拡張できます。

  • データはオンプレミスの環境にいつでも戻すことができます。Stretch Database から登録解除する場合は、データへのアクセスを保持するため、データを拡張解除することによってオンプレミス環境に戻すか、ストレージ サービスをエクスポートする必要があります。注: Azure から送信されたデータには送信料金が適用されます。データの拡張解除およびエクスポートについて詳しくは、SQL Server 2016 Stretch Database の文書を参照してください。

  • SQL Server に格納されていたデータが Stretch Database に移動するため、Stretch Database では、SQL Server で現在消費しているのとほぼ同じ量のデータを消費します。Stretch Database の支援ツールで、必要なストレージ容量を見積ることができます。ワークロード アドバイザーの使用に関する詳細については、関連するドキュメントを参照してください。

  • 現在、Stretch Database では別の SQL Server への拡張はサポートされていません。SQL Server データベースを別の SQL Server データベースに拡張することはできません。SQL Server データベースまたはテーブルを Stretch Database ではなく別の SQL Server に拡張する必要がある場合は、こちらから詳細なフィードバックをお送りください。

  • 直接アップグレードはサポートされていません。すでに Azure に拡張済みのデータを維持する必要がある場合は、はじめに Azure から SQL Server にデータを移行しないでください。完了後に、アップグレードして、新しい Stretch Database サービスに再拡張することができます。Azure からデータを移行しないと、データ送信に対して課金が発生することにご注意ください。RC1 以降をお使いでしたら、SQL Server がサポートする既存のアップグレード方法で、新しいバージョンにアップグレードすることも可能です。

  • はじめに Azure から SQL Server にデータを戻してください。完了後に、アップグレードして、新しい Stretch Database サービスに再拡張することができます。Azure からデータを移行しないと、データ送信に対して課金が発生することにご注意ください。

リソース

計算ツール

Azure サービスの月額料金を概算できます。

購入の FAQ

Azure の価格についてよく寄せられる質問を見ることができます

製品詳細

詳細を表示するSQL Server Stretch Database

ドキュメント

技術チュートリアル、ビデオ、その他のリソースを確認します。

今すぐサインアップして $200 の Azure クレジットを手に入れましょう

今すぐ利用を開始する