ナビゲーションをスキップする

Azure Migrate

オンプレミスの仮想マシンを簡単に検出、評価して、Azure に移行

オンプレミス VM の検出と評価

CPU やメモリの使用率、ディスクの詳細、ネットワークなどの VMware 仮想マシンの情報を検出します。単一の VM または VM グループの依存関係が表示されるように依存関係の視覚化を設定することで、マシンをグループ化して信頼性の高い移行評価を実施できます。

自信を持って移行を計画

クラウド リソースの適切なサイジングに関するアドバイスを入手して自信を持って手順を進め、効率的な使用率に基づいて移行コストをより適切に制御できます。Azure Migrate で特定の VM の問題が検出された場合には、検出された問題を段階的なガイダンスに従って解決し、移行を順調に進めることができます。

ワークロードを Azure に簡単に移行する

Azure Migrate でクラウド評価を実行したら、Azure Site Recovery や Database Migration Service などのサービスを使用して、オンプレミス VM の Azure への移行を開始します。詳細については、「Azure Migration Center」をご覧ください。Microsoft パートナーから提供されている検出やデータ移行に関するソフトウェア ツールも入手できます。

セットアップと検出

依存関係の視覚化

対応性の評価

手順 1/4

VMware で実行されている VM を検出する

移行の最初の手順として、オンプレミスの VMware 環境で実行されている仮想マシン (VM) を検出します。

手順 2/4

仮想アプライアンスをダウンロードする

Azure Migrate Collector アプライアンスをダウンロードします。このダウンロード ファイルには、オンプレミス環境の検出をスムーズに行うための前提条件がすべてパッケージ化されています。

手順 3/4

セットアップを完了する

オンプレミス環境の検出を開始するように仮想アプライアンスを構成します。Azure への移行についての VM の評価に使用する VM 構成および使用率データがアプライアンスによって収集されます。

手順 4/4

仮想マシンを検出する

検出された VM は Azure Migrate プロジェクトの解析に使用できます。

手順 1/3

マシンの依存関係を視覚化する

検出されたマシンの依存関係を表示します。

手順 2/3

マシンをグループ化する

検出されたマシンをグループ化し、1 つの論理ユニットとしてアプリケーションの移行を計画します。

手順 3/3

グループの依存関係を視覚化する

移行中に予期しない事態が発生しないように、アプリケーションの依存関係を詳細に把握し、他に依存関係がないかを確認します。

手順 1/3

評価をカスタマイズする

ニーズに応じて評価をカスタマイズし、Azure への移行を計画します。Azure への移行の対応性やコスト見積もりなど、個々の評価ビューを詳細に確認します。

手順 2/3

対応性状態を表示する

オンプレミスの各マシンの Azure 対応性状態を表示し、対応性に関する問題の修復に関するガイダンスを確認して、オンプレミス マシンのニーズを満たすのに最適な Azure VM と構成を把握します。

手順 3/3

コストのお見積り

Azure で仮想マシンを実行するコストを確認し、Azure のプランとリージョンに関する要件を満たすように評価のプロパティを調整します。評価レポートをエクスポートし、直接の利害関係者に共有します。

Azure Migrate でできることを確認する

関連製品およびサービス

Site Recovery

プライベート クラウドの保護と回復の調整

Azure Database Migration Service

オンプレミスからクラウドへのデータベースの移行を簡素化

Data Box

安全で耐久性の高い、Azure データ転送用のアプライアンス

Azure Migrate で移行プロジェクトを始める