ブロック BLOB の価格

Azure 無料アカウントの利用を開始して、30 日間有効な $200 のクレジットと、ストレージ アカウント への 12 か月の無料アクセスを入手しましょう。

ブロック BLOB ストレージは、ドキュメント、ビデオ、写真、バックアップ、他の非構造化テキストまたはバイナリ データのストリーミングと保存に使用します。

ブロック BLOB ストレージの総コストは、次の項目に応じて異なります。

  • 1 か月あたりに保存されたデータの量。
  • 実行した操作の回数と種類、およびデータ転送コスト。
  • 選択したデータ冗長オプション。

ストレージ オプションの詳細

アカウントの種類や冗長性など、Azure ブロック BLOB のストレージ オプションについて説明します。ストレージ アカウントの種類と冗長性の詳細はこちらをご覧ください。

FAQ

  • Blob Storage アカウントは、データを BLOB として格納することに特化しており、ユーザーは、このアカウント内のデータへのアクセス頻度に基づいてアクセス層を指定できます。General Purpose アカウントは、BLOB だけでなく、File、Disk、Table、Queue の格納にも使用できます。

  • いいえ。汎用ストレージ アカウントでのブロック BLOB の料金は変更されていません。

  • リソース名に “ホット”、“クール”、“アーカイブ” のいずれかが表示されている場合、料金が Blob Storage アカウントに関連付けられていることを意味します。たとえば、"Standard IO – クール ブロック BLOB (GB)" と表示されている場合は、BLOB ストレージ アカウントまたは汎用 v2 アカウントを使用しており、そのアカウントに対して課金されることを意味します。"Standard IO – ブロック BLOB (GB)" は、汎用ストレージ アカウントでのブロック BLOB の使用に関連付けられたメトリックです。

  • Premium* Blob Storage は、Premium ブロック BLOB ストレージ アカウントの種類でのみ利用できます。これは、ストレージの一貫した低待機時間を必要とする、IO 集中型のワークロードに最適です。

    Storage GB の価格は、アーカイブからクール、クールからホット、ホットからプレミアムの順に高くなります。そして、トランザクションのコストは、プレミアムからホット、ホットからクール、クールからアーカイブという逆の順に増えていきます。アーカイブ層とクール層は、滅多にアクセスしないデータ (アーカイブ層) や、アクセス頻度の低いデータ (クール層) の格納に使用してください。クール層は、ホット層と比べて可用性の SLA が低くなります。

    Blob Storage アカウントと General Purpose v2 アカウントでは、BLOB のアクセス層をホット、クール、アーカイブのいずれかに設定できることに注目してください。現在のところ、プレミアムからホット、クール、またはアーカイブへのデータの階層化、およびホット、クール、またはアーカイブからプレミアムへのデータの階層化は行うことはできません。将来的にプレミアムについてオブジェクトの階層化をサポートするための作業に取り組んでいます。

  • BLOB ストレージ アカウントまたは汎用 v2 アカウントをクールからホットに切り替えると、読み取り操作 (10,000 BLOB あたり) とデータ取得 (GB あたり) の両方に課金されます。たとえば、Blob Storage アカウントまたは General Purpose v2 アカウントに 100 GB のデータに相当する 10,000 の BLOB があり、このアカウントをクールからホットに切り替えた場合には、データ取得に対して 10,000 x ($-/10,000) + 100 × $- = $- の料金が発生します。

  • 汎用 v2 アカウントの場合、書き込み操作 (10,000 単位) に対して課金されます。BLOB ストレージ アカウントの場合、書き込み操作の料金は発生しません。

  • データを GRS アカウントに書き込むと、そのデータが別の Azure リージョンにレプリケートされます。Geo レプリケーション データ転送の料金は、別の Azure リージョンへのデータのレプリケーションにかかる帯域幅料金になります。アカウントを RA-GRS から GRS または LRS (あるいは RA-GZRS から GZRS または ZRS) に切り替えた場合、そのアカウントは変換日からさらに 30 日間、RA-GRS (または RA-GZRS) として課金されます。

  • アーカイブ層から直接 BLOB を読み取ることはできません。アーカイブ層の BLOB を読み取るには、まず層をホットまたはクールに変更する必要があります。たとえば、アーカイブ層に 90 日間保存されている単一の 1,000 GB の アーカイブ済み BLOB を取得して読み取る場合、次の料金が適用されます。

    アーカイブ層からのデータ取得 (GB あたり): $-/GB - 月 x 1,000 GB = $-

    リハイドレート操作 (BLOB 層をアーカイブからホットに変更): $-/10,000 = $-

    早期削除料金: (180 - 90 日)/30 日 x $-/GB か月 x 1,000 = $-

    ホットからの BLOB の読み取り操作 = $-/10,000 = $-

    合計料金 = $- + $- + $- + $- = $-

  • クール層のデータ書き込み (GB あたり) の料金と早期削除の料金を除き、BLOB ストレージ アカウントと汎用 v2 アカウントのブロック BLOB ストレージの価格は同じです。BLOB ストレージ アカウンでは、クール層のデータ書き込み (GB あたり) には課金されますが、クール層の早期削除には課金されません。一方、汎用 v2 アカウントでは、クール層の早期削除には課金されますが、クール層のデータ書き込み (GB あたり) には課金されません。

  • プライマリ リージョンで、すべてのデータに geo レプリケーション料金を掛けた合計金額と同等の料金が発生します。この料金は、1 回のみ請求されます。アーカイブ層に格納されているデータについては、プライマリ リージョンから全データを読み取る操作 (10,000 BLOB 単位の読み取り操作と GB 単位のデータ取得の両方) と、セカンダリ リージョンに全データを書き込む操作 (10,000 単位の書き込み操作) に対しても料金が発生します。

  • 現在のところ、プレミアムからホット、クール、またはアーカイブへのデータの階層化、およびホット、クール、またはアーカイブからプレミアムへのデータの階層化は行うことはできません。将来的にプレミアムについてオブジェクトの階層化をサポートするための作業に取り組んでいます。

    データを移行するために、新しい Put Block From URL API (サンプル コード) を使用するか、この API をサポートするバージョンの AzCopy を使用して BLOB を同期的にコピーすることができます。Put Block From URL ではデータ サーバー側のコピーが同期的に行われます。つまり、呼び出しが完了するとデータのコピーは終了し、Azure Storage 内ですべてのデータの移行が実行されます。

サポートおよび SLA

  • 請求およびサブスクリプション管理サポート (無償)。
  • 柔軟なサポート プラン ($29 ~/月)。プランを探す
  • 99.9 パーセント以上の可用性を保証 (プレビュー サービスは除く)。SLA をご覧ください

リソース

Azure サービスの月額料金を概算できます。

Azure の価格についてよく寄せられる質問を見ることができます

ストレージ アカウントの詳細を表示します

技術チュートリアル、ビデオ、その他のリソースを確認します。

見積に追加されました。 計算ツールで表示するには 'v' を押してください

$200 のクレジットで学習と開発ができ、継続は無料です