API Management の価格

API を開発者、パートナー、および従業員に、安全かつ大規模に発行する

Azure API Management を使用すると、組織は Azure、オンプレミス、その他のクラウドでホストされている API をより安全、確実、かつ大規模に発行することができます。管理ポータルのビジネスやログの分析結果を活用しながら、社内チーム、パートナー、および開発者間の API 使用を推進します。このサービスにより、組織がエンド ツー エンド API 管理、およびユーザー ロールのプロビジョニング、使用プランとクォータの作成、ペイロード変換のためのポリシーの適用、調整、分析、監視、アラートなどに必要なツールが提供されます。

価格オプションの詳細

フィルターを適用して、価格オプションをお客様のニーズに合わせてカスタマイズします。

  使用量 Developer Basic Standard Premium Isolated プレビュー
目的 API Management サービスの軽量型でサーバーレスのバージョン、実行ごとに課金 非運用ユースケースと評価 エントリレベルの運用ユース ケース 中容量の運用ユースケース 大容量またはエンタープライズ運用のユース ケース 高レベルの分離を必要とするエンタープライズ運用のユース ケース
料金 (ユニットごと) $- (100 万件の問い合わせごと。100 万件までは無料3) $- $- $- $-
追加ユニット (1 個以上) の単価は、最初に購入したユニットの 50%
TBA8
キャッシュ (ユニットごと) 外部のみ 10 MB 50 MB 1 GB 5 GB 5 GB
スケールアウト (ユニット) 該当なし (自動スケーリング) 1 2 4 リージョンごとに 12
(電話サポートなど)
リージョンごとに 12
(電話サポートなど)
SLA 99.95% いいえ 99.95% 99.95% 99.99%1 99.99%
分離 共有 Private Private Private Private Private
使用制限 制限の適用 いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ
キャッシュ、外部4 はい はい はい はい はい はい
開発者ポータル いいえ はい はい はい はい はい
複数のカスタム ドメイン名5 いいえ はい いいえ いいえ はい はい
開発者ポータルでの Azure Active Directory 統合 いいえ はい いいえ はい はい はい
可用性ゾーンのサポート いいえ いいえ いいえ いいえ はい いいえ
仮想ネットワーク サポート いいえ はい いいえ いいえ はい はい
複数リージョン デプロイ いいえ いいえ いいえ いいえ はい はい
セルフホステッド ゲートウェイ いいえ はい6 いいえ いいえ はい7 はい
予測最大スループット2
★DTPで削除★
該当なし (自動スケーリング) 500 要求/秒 1,000 要求/秒 2,500 要求/秒 4,000 要求/秒 4,000 要求/秒
コンピューティングの分離 いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ はい

1 2 つ以上の可用性ゾーンまたはリージョンに少なくとも 1 つのユニットをデプロイする必要があります。

2 実際のスループットは多数の要因の影響を受けます。たとえば、同時クライアント接続の数と頻度、構成済みポリシーの種類と数、ペイロード サイズ、バックエンド API パフォーマンスなどです。表に示された数値は、1000 の永続クライアントのセキュア HTTP 同時接続、最小ペイロード サイズ、ポリシー構成なし、待機時間の少ないバックエンド API の条件によるテストで得られたものです。

3 Azure サブスクリプションにつき、1 か月あたり 100 万のリクエストが無料提供。

4 Redis と互換性のあるキャッシュ (例: Azure Redis Cache) を持ち込んだ場合。

5 ゲートウェイにのみご利用いただけます。インスタンスあたりの上限は 20 ドメイン名です。追加が必要な場合は、サポートにお問い合わせください。

6 Developer レベルでは、セルフホステッド ゲートウェイ機能を追加コストなしで利用できます。ゲートウェイのデプロイの数に制限はありませんが、各デプロイは 1 つのゲートウェイ レプリカ (ノード) に制限されます。

7 In the Premium tier, the self-hosted gateway feature is available at an additional cost (see below). The number of gateway replicas (nodes) in each deployment is not limited.

8 価格を確認したり、Isolated サービス レベルをプロビジョニングしたりするには、サポートにお問い合わせください

セルフホステッド ゲートウェイ

セルフホステッド ゲートウェイ機能により、ハイブリッドおよびマルチクラウド環境に API Management サポートが拡張されます。これにより、お客様はセキュリティ、コンプライアンス、パフォーマンスを損なうことなく、単一の API 管理ソリューションを使用してすべての API を管理できます。セルフホステッド ゲートウェイ機能を使用することで、組織はコンテナー化されたバージョンの API Management ゲートウェイ コンポーネントを、API をホストしているのと同じ環境にデプロイしながら、関連付けられている Azure の API Management サービスから引き続き管理できます。

料金 $-
課金は 2020 年 6 月 1 日から開始され、Premium レベルのデプロイにのみ適用されます。Developer レベルのデプロイは無料です。

Azure の価格および購入オプション

Microsoft と直接つながる

Azure の価格のチュートリアルをご覧ください。お客様のクラウド ソリューションの価格について理解し、コストの最適化について確認し、カスタムの提案を依頼できます。

営業担当者に問い合わせる

購入方法を見る

Azure の Web サイト、Microsoft の担当者、または Azure パートナーを通じて、Azure サービスをご購入ください。

お客様のオプションを調べる

その他の資料

API Management の詳細

API Management の特徴と機能についての詳細情報

料金計算ツール

Azure 製品の任意の組み合わせを使用する場合の推定の月間コストを見積もります。

SLA

この製品のサービス レベル アグリーメントをご確認ください。

ドキュメント

技術チュートリアル、ビデオ、その他の API Management のリソースをご確認ください。

よく寄せられる質問

  • Developer レベルでは、SLA は提供されません。そのため、運用環境での使用には適していません。Developer レベルは、評価、開発、テストに使用する必要があります。

  • はい。新しいセルフホステッド ゲートウェイ機能により、オンプレミスだけでなく、マルチクラウドのデプロイが可能になります。この機能は、Premium レベルでは運用環境で、Developer レベルでは評価目的で使用できます。詳細については、製品ページと、上記の価格に関するセクションをご覧ください。

  • お客様はユニットの追加や削除を行うことにより、API Management をスケーリングできます。各ユニットには、サービスのレベルに依存する特定の要求処理容量があります。たとえば、Standard レベルのユニットには、1 秒あたり約 2,500 件の要求の推定最大スループットがあります。ユニットを追加または削除すると、容量が比例してスケーリングされます。たとえば、Standard レベルの 2 つのユニットでは、1 秒あたり約 5,000 件の要求の推定スループットが提供されます。

  • ゲートウェイのデプロイ内のすべてのノードは、場所のプロパティと構成 (カスタム ドメイン名、割り当てられた API など) を共有します。各ゲートウェイのデプロイは、API Management サービス内のゲートウェイ ブレードの Azure portal 経由、または管理 API 経由でプログラムを使用して、ゲートウェイ リソースとやりとりします。
  • Isolated サービス レベルの目的は、コンピューティング環境の分離が要件となる、高度に規制された業界で API Management Premium サービス レベルのすべての機能を使用できるようにすることです。

Azure の価格の説明については、営業担当者にお問い合わせください。クラウド ソリューションの価格を把握できます。

無料のクラウド サービスと、30 日間 Azure を検証できる $200 のクレジットを利用できます。