メイン コンテンツにスキップ

クラウド コンピューティングとは

ビギナーズ ガイド

  • 簡単に言えば、クラウド コンピューティングとは迅速なイノベーション、柔軟なリソース、スケール メリットの提供を目的としてコンピューティング サービス (サーバー、ストレージ、データベース、ネットワーク、ソフトウェア、分析、インテリジェンスなど) をインターネット ("クラウド") 経由で配信することです。一般的に、自分が使用するクラウド サービスに対してのみ支払うため、運用コストを削減し、インフラストラクチャをより効率的に実行し、ビジネス ニーズの変化に合わせてスケーリングすることができます。

クラウド コンピューティングの主な利点

クラウド コンピューティングによって、IT リソースに対する企業の従来の考え方は大きく変わります。ここでは、組織がクラウド コンピューティング サービスの導入を始める 7 つの共通する理由を紹介します。

コスト

  • クラウド コンピューティングでは、ハードウェアやソフトウェアの購入、およびオンサイトのデータセンターのセットアップと運用 (サーバー ラック、無休の電源供給および冷却用の電力、インフラストラクチャを管理する IT 専門家) のための資本的支出は不要です。このようなコストはすぐに膨れあがります。

スピード

  • ほとんどのクラウド コンピューティング サービスはセルフサービスかつオンデマンドで提供されるため、大量のコンピューティング リソースであっても数分でプロビジョニングでき、一般的にはマウスを数回クリックするだけです。そのため、企業にとっては柔軟性が大きく向上し、最大利用可能時間の計画のプレッシャーもなくなります。

グローバルなスケール

  • 弾力的にスケーリングできることも、クラウド コンピューティング サービスの利点の 1 つです。つまり、クラウドの視点で言えば、IT リソース (たとえばコンピューティング能力、ストレージ、帯域幅) を適切な量に増減し、そのリソースが必要とされているときに、適切な地理的位置から提供することを意味します。

生産性

  • オンサイトのデータセンターでは一般的に、かなりの量の "ラック アンド スタック"、つまりハードウェアのセットアップ、ソフトウェアのパッチ適用、その他の時間のかかる IT 管理業務が必要になります。クラウド コンピューティングを利用すればこれらのタスクの多くが不要になるため、IT チームはより重要なビジネス目標の達成に時間をかけることができます。

パフォーマンス

  • 最大級のクラウド コンピューティング サービスは、セキュリティで保護されたデータセンターの、世界規模のネットワーク上で稼働しています。これらのデータセンターは、高速で効率的な最新世代のコンピューティング ハードウェアへと定期的にアップグレードされます。これには、単一の自社データセンターに比べて、アプリケーションのネットワーク待機時間短縮やスケール メリットの拡大などの多数の利点があります。

信頼性

  • クラウド コンピューティングを利用すると、データ バックアップ、ディザスター リカバリー、およびビジネス継続性をさらに簡単に、かつ低コストで実現できます。その理由は、クラウド プロバイダーのネットワーク上にある複数の冗長サイトでデータをミラーリングできるからです。

セキュリティ

  • 多くのクラウド プロバイダーは、利用者のセキュリティ態勢全体を強化するポリシー、テクノロジ、およびコントロールの広範なセットを提供しており、利用者のデータ、アプリ、インフラストラクチャを潜在的な脅威から保護することを支援しています。

クラウド コンピューティングの種類

クラウドはどれも同じではなく、どの種類のクラウド コンピューティングも万人に適しているというわけではありません。利用者のニーズに合ったソリューションを提供するために、さまざまなモデル、種類、およびサービスが進化してきました。

 

最初に、どの種類のクラウド デプロイ、つまりクラウド コンピューティング アーキテクチャ上でクラウド サービスを実装するかを決定する必要があります。クラウド サービスをデプロイするには、パブリック クラウド、プライベート クラウド、ハイブリッド クラウドという 3 つの方法があります。 パブリック、プライベート、ハイブリッド クラウドの詳細についてご確認ください

パブリック クラウド

パブリック クラウドは、サードパーティのクラウド サービス プロバイダーが所有し運用するクラウドです。プロバイダーは、サーバーやストレージなどの自社のコンピューティング リソースをインターネット経由で提供します。Microsoft Azure はパブリック クラウドの一例です。パブリック クラウドでは、すべてのハードウェア、ソフトウェア、およびその他の支援インフラストラクチャがクラウド プロバイダーによって所有され、管理されます。利用者は Web ブラウザーを使用してこれらのサービスにアクセスし、自分のアカウントを管理します。 パブリック クラウドの詳細についてご確認ください

プライベート クラウド

プライベート クラウドとは、単一の企業または組織によって独占的に使用されるクラウド コンピューティング リソースを指します。プライベート クラウドは、企業のオンサイト データセンター内に物理的に配置できます。企業の中には、サードパーティのサービス プロバイダーに費用を払って自社のプライベート クラウドのホストを委託しているところもあります。プライベート クラウドとは、サービスとインフラストラクチャがプライベート ネットワーク上で維持されるクラウドです。 プライベート クラウドの詳細についてご確認ください

ハイブリッド クラウド

ハイブリッド クラウドは、パブリック クラウドとプライベート クラウドを組み合わせたものであり、これらのクラウド間でのデータとアプリケーションの共有を可能にするテクノロジによって結び付けられています。ハイブリッド クラウドを利用すると、データとアプリケーションをプライベート クラウドとパブリック クラウドの間で移行できるようになるため、企業にとっては柔軟性が向上し、デプロイのオプションが増え、既存のインフラストラクチャ、セキュリティ、コンプライアンスの最適化にも役立ちます。 ハイブリッド クラウドの詳細についてご確認ください

クラウド サービスの種類: IaaS、PaaS、サーバーレス、SaaS

ほとんどのクラウド コンピューティング サービスは、サービスとしてのインフラストラクチャ (IaaS)、サービスとしてのプラットフォーム (PaaS)、サーバーレス、およびサービスとしてのソフトウェア (Saas) の 4 つのカテゴリに大別されます。これらは互いに積み重なるように構築されるため、クラウド コンピューティング "スタック"と呼ばれることもあります。これらがどのようなもので、どのような相違点があるかを知っておくと、ビジネス目標の達成が容易になります。

サービスとしてのインフラストラクチャ (IaaS)

最も基本的なクラウド コンピューティング サービスのカテゴリです。IaaS では、利用者はサーバーと仮想マシン (VM)、ストレージ、ネットワーク、オペレーティング システムなどの IT インフラストラクチャを、クラウド プロバイダーから従量課金制でレンタルします。

サービスとしてのプラットフォーム (PaaS)

サービスとしてのプラットフォームとは、ソフトウェア アプリケーションの開発、テスト、配信、管理のためのオンデマンド環境を供給するクラウド コンピューティング サービスのことです。PaaS は、開発に必要となるサーバー、ストレージ、ネットワーク、データベースから成る基盤インフラストラクチャのセットアップや管理について心配することなく、開発者が Web やモバイルのアプリを短期間で作成することを簡単にできるように設計されています。

サーバーレス コンピューティング

PaaS と重なりますが、サーバーレス コンピューティングの焦点は、アプリ機能の構築に必要なサーバーとインフラストラクチャの継続的な管理に時間を費やすことなく、アプリ機能を構築することです。利用者の代わりにクラウド プロバイダーが、セットアップ、最大利用可能時間の計画、サーバー管理を処理します。サーバーレス アーキテクチャは、きわめてスケーラブルかつイベント駆動型であり、リソースが使用されるのは特定の関数またはトリガーが発生したときだけです。

サービスとしてのソフトウェア (SaaS)

サービスとしてのソフトウェアは、インターネット経由でソフトウェア アプリケーションを配信するための手法であり、この配信はオンデマンドで、一般的にはサブスクリプション ベースで行われます。SaaS では、クラウド プロバイダーがソフトウェア アプリケーションと基盤インフラストラクチャのホストと管理を行い、ソフトウェアのアップグレードやセキュリティ パッチ適用などの保守も必要であれば行います。ユーザーはアプリケーションにインターネット経由で、通常は自分のスマートフォン、タブレット、または PC の Web ブラウザーを使用して接続します。

クラウド コンピューティングの用途

あなたもおそらく今、意識していなくてもクラウド コンピューティングを利用しています。メールを送信する、ドキュメントを編集する、映画や TV を見る、音楽を聴く、ゲームをプレイする、または画像などのファイルを保管するという目的でオンライン サービスを利用している場合は、水面下でクラウド コンピューティングによって実現されている可能性が高いと言えます。最初のクラウド コンピューティング サービスの登場から 10 年ほどしか経っていませんが、小さなスタートアップ企業からグローバル企業、政府機関、非営利団体に至るまで、さまざまな組織が既にあらゆる目的でこのテクノロジを活用しています。

 

ここでは、クラウド プロバイダーからのクラウド サービスによって今日実現していることの例をいくつか紹介します。

クラウド ネイティブのアプリケーションを作成

アプリケーション (Web、モバイル、API) をすばやくビルドし、デプロイし、スケーリングできます。コンテナー、Kubernetes、マイクロサービス アーキテクチャ、API 駆動型通信、DevOps などのクラウドネイティブのテクノロジとアプローチを利用できます。

アプリケーションのテストとビルド

簡単にスケールアップまたはスケールダウンできるクラウド インフラストラクチャを使用することで、アプリケーション開発のコストと時間を削減できます。

データの保存、バックアップ、復旧

任意の場所と任意のデバイスからアクセスできるオフサイトのクラウド ストレージ システムにデータをインターネット経由で転送することで、よりコスト効率よく大規模にデータを保護することができます。

データ分析

チーム、部門、場所を横断してデータをクラウド内で統合することができます。これで、より多くの情報に基づいた意志決定を下すためのインサイトを、機械学習や人工知能などのクラウド サービスを使用して見いだすことができます。

オーディオとビデオのストリーミング

グローバル配信を使用した高精細のビデオとオーディオで、場所、時間、デバイスを問わずオーディエンスとつながることができます。

インテリジェンスの埋め込み

インテリジェント モデルを使用して、顧客のエンゲージメントに役立てることや、キャプチャしたデータから貴重な分析情報を提供することができます。

ソフトウェアのオンデマンド配信

サービスとしてのソフトウェア (SaaS) とも呼ばれるオンデマンド ソフトウェアでは、最新のソフトウェア バージョンと更新プログラムを、顧客が必要とするときに、顧客がいる場所に提供することができます。

Microsoft とクラウド コンピューティング

Microsoft は、あらゆる規模の企業に対してクラウド コンピューティング サービスを世界中で提供するリーディング プロバイダーです。Microsoft のクラウド プラットフォーム、Kubernetes on Azure オファリング、サーバーレス アプリケーション プラットフォームの詳細、および Microsoft Azure と他のクラウド プロバイダーの比較については、「Azure とは」と「Azure と AWS」を参照してください。