Azure Storage 料金

大規模データにも小規模データにも対応する信頼性と経済性に優れたクラウド ストレージ。

Azure には、BLOB、File、Disk、Table、Queue という 5 種類のストレージがあります。各ストレージのしくみを参照する

総料金は、格納したデータの量、ストレージ トランザクションと送信データ転送の量と種類、および選択したデータ冗長オプションに応じて異なります。比較については「データ冗長オプション」セクションをご覧ください。

File Storage

File Storage が一般提供されました。業界標準の SMB 3.0 プロトコルが使用されます。使い慣れた Windows API やファイル REST API を使用して、仮想マシンで実行中のアプリケーション間でファイルを共有できます。

詳細情報

ストレージ料金

File Storage でのデータ格納料金は以下のとおりです。下記料金は、格納データ 1 GB あたりの月額料金です。これらの料金は、選択した冗長オプションに応じて変化します。

LRS GRS
$-/GB $-/GB

アクセス料金

File データに対する SMB 操作の料金は以下のとおりです。これらの料金は、選択した冗長オプションに応じて変化することがあります。

LRS GRS
Put、Create Container 操作 (10,000 件あたり) $- $-
List 操作 (10,000 件あたり) $- $-
Delete (無料) 以外のその他すべての操作 (10,000 件あたり) $- $-

Import/Export

ハード ディスク ドライブを使用して Azure との間で大量のデータを転送します。詳細情報

データ冗長オプション

Locally Redundant Storage (LRS) 1 つのデータセンター内でデータの同期コピーを複数作成します。
Zone Redundant Storage (ZRS) 同一リージョン内または複数のリージョンに位置する複数のデータセンターに 3 つのデータ コピーを保管します。ブロック BLOB 専用です。
Geographically Redundant Storage (GRS) LRS の機能に加えて、数百 Km 離れた位置にある 2 番目のデータセンターへの複数の非同期コピーが可能です。
Read-Access Geographically Redundant Storage (RA-GRS) GRS の機能に加えて、2 番目のデータセンターへの読み取りアクセスが可能です。

冗長オプションとこのオプションを使用して高可用性を実現する方法の詳細については、「Azure Storage のレプリケーション」を参照してください。ストレージの種類によっては一部の冗長性は使用できないことに注意してください。

サポートおよび SLA

  • 請求およびサブスクリプション管理サポート (無償)。
  • 柔軟なサポート プラン ($29.0 ~/月)。プランを探す
  • 99.9% 以上の可用性を保証 (プレビュー サービスは除く)。SLA を読む

全般

BLOB Storage

Disk Storage

リソース

Calculator

計算ツール

Azure サービスの月額料金を概算できます。

Frequently Asked Questions

購入の FAQ

Azure の価格についてよく寄せられる質問を見ることができます

Product Details

製品詳細

詳細を表示するStorage

Documentation

ドキュメント

技術チュートリアル、ビデオ、その他のリソースを確認します

今すぐサインアップして $200 の Azure クレジットを手に入れましょう

今すぐ利用を開始する