ナビゲーションをスキップする

Azure Files の料金

Azure 無料アカウントの利用を開始して、30 日間有効な $200 のクレジットと、Storage への 12 か月の無料アクセスを入手しましょう。

Azure Files はクラウドで、業界標準の Server Message Block (SMB) プロトコルを介してアクセスできる、フル マネージド ファイル共有を提供します。Azure ファイル共有は、Windows、macOS、および Linux のクラウドまたはオンプレミスのデプロイで同時にマウントできます。使い慣れた Windows API やファイル REST API を使用して、仮想マシンで実行中のアプリケーション間でファイルを共有できます。さらに、Azure File Sync ではローカル アクセスを目的とした Windows Server での Azure ファイル共有のキャッシュと同期が可能です。

詳細についてはこちら (英語) をご覧ください

ZRS については、GA 料金の適用が始まる 2018 年 6 月 1 日までは、引き続きプレビュー料金が適用されます。

ストレージ オプションの詳細

General Purpose v2 と General Purpose v1 の File ストレージ オプションについて説明します。それぞれのストレージ概要はこちらをご覧ください。

Standard データ ストレージ料金

以下は、Azure ファイル共有でのデータ保存料金を、格納データ 1 GiB あたりの月額料金で示しています。これらの料金は、選択した冗長オプションに応じて変化します。

操作とデータ転送の料金

ディレクトリの列挙やファイルの読み取りなどの操作を含む SMB 操作と REST 操作の両方で、Azure ファイル共有に対するトランザクション コストが発生します。これらの料金は、選択した冗長オプションに応じて変化します。

File Sync の料金

Windows サーバーのファイルをクラウドでの Azure ファイル共有に同期するコストは以下のとおりです。Azure File Sync の詳細はこちらです

Azure File Sync (AFS) サービスの総コストは、クラウド エンドポイント (Azure ファイル共有) に接続するサーバー数に加えて、File ストレージの基本的なコスト (ストレージ コストとアクセス コストを含む)、および送信データ転送によって決まります。

以下は、サーバーごとに固定でかかる月額料金です。

月額
同期サーバー* $-

*ストレージ同期サービスごとに 1 台の同期サーバーが無料です。Sync は、データをクラウドまたは他のサーバーに同期するファイル操作を使用します。同期プロセスで生成されるすべての操作が課金の対象になります。生成されたファイル操作とアクセスの回数にかかるコストで、サーバーでファイルが変更された回数と同期を維持する必要があるサーバーの数に対応します。

FAQ

  • Standard Storage では、設定されたクォータではなく、使用した Standard Storage についてのみ料金が請求されます。Premium Storage では、プロビジョニングされたストレージについて料金が請求されます。これは、Premium ファイル共有で設定されたクォータを通じて指定されます。

サポートおよび SLA

  • 請求およびサブスクリプション管理サポート (無償)。
  • 柔軟なサポート プラン ($29 ~/月)。プランを探す
  • 99.9 パーセント以上の可用性を保証 (プレビュー サービスは除く)。SLA をご覧ください

リソース

Azure サービスの月額料金を概算できます。

Azure の価格についてよく寄せられる質問を見ることができます

詳細を表示するStorage

技術チュートリアル、ビデオ、その他のリソースを確認します。

見積に追加されました。 計算ツールで表示するには 'v' を押してください 計算ツールで表示する

$200 のクレジットで学習と開発ができ、継続は無料です