Backup の価格

シンプルで信頼性の高いクラウド統合されたバックアップ

現在 System Center を使用している場合 Microsoft Operations Management Suite (OMS) を活用してください。Log Analytics、Automation、Backup および Site Recovery を含むすべてのサービスで IT 管理が単純化されています。サブスクリプション オプションについてはこちらをご覧ください。

価格の詳細

Azure Backup の価格は、バックアップされたデータのサイズによって決まり、保護されたインスタンスごとに、圧縮および暗号化前に計算されます。

  • 仮想マシンの場合は、データ サイズは割り当てられたディスクのサイズで決まります。
  • ファイルおよびフォルダーをバックアップする場合は、データ サイズはバックアップ対象として構成されたファイルおよびフォルダーのサイズで決まります。
  • SQL Server をバックアップする場合は、データ サイズはバックアップ対象として構成されたデータベースのサイズで決まります。

ローカル冗長ストレージ (LRS) と Geo 冗長ストレージ (GRS) のどちらかを選ぶことができます。LRS、GRS どちらもブロック Blob Storage です。ブロック Blob Storage の料金については、Azure Storage 料金のページをご覧ください。ストレージの料金は、Azure Backup の料金とは別に課金されます。

各インスタンスのサイズ Azure Backup 月額
インスタンスは 50 GB 以下 $- + 使用したストレージ
インスタンスは 50 GB より大きいが、500 GB 以下 $- + 使用したストレージ
インスタンスは 500 GB より大きい 500 GB の増分ごとに $- + 使用したストレージ

例: インスタンスに 1.2 TB のデータがある場合、料金は $- プラス使用したストレージ分となります。500 GB の増分 x 2 に対して $-、残りの 200 GB のデータに対して $- 課金されます。

サポートおよび SLA

  • 一般公開されているすべての Azure サービス (Backup を含む) のテクニカル サポートは Azure のサポートを通じて、$29.0/月からご利用いただけます。課金やサブスクリプションの管理についてのサポートは、無料で提供されています。
  • マイクロソフトは、Azure Backup サービスのバックアップ機能および復元機能に対し、99.9 %以上の可用性を保証します。可用性は月ごとの請求サイクルで計算されます。

Azure Backup の料金 - FAQ

概要

  • はい、Azure Backup の新しい料金モデルには次の 2 つのコンポーネントがあります。

    • 保護するインスタンス: これは、Azure Backup の基本的な請求単位です。Azure Backup サービスで保護するインスタンスの数に対して支払います。
    • ストレージ: バックアップ コンテナーとして、ローカル冗長ストレージ (LRS) と Geo 冗長ストレージ (GRS) のどちらかを選ぶことができます。ストレージの実料金は、サービスに格納するデータ量に応じて異なります。

    これら 2 つのコンポーネントは、Azure の月額料金では個別の行項目として表示されます。

  • 保護されたインスタンスとは、Azure へのバックアップ構成に使用するコンピューター、物理サーバー、仮想サーバー、またはデータベースのことです。インスタンス保護は、コンピューター、サーバー、またはデータベースのバックアップ ポリシーを構成してデータのバックアップ コピーを作成すると有効になります。以降、バックアップ データをコピーするとストレージの使用量は変化しますが、バックアップ コピーを追加しても保護されたインスタンスの数には追加されません。保護されたインスタンスの一般的な例には、仮想マシン、アプリケーション サーバー、データベース、Windows オペレーティング システムを実行するパーソナル コンピューターなどがあります。例:

    • Hyper-V または Azure IaaS ハイパーバイザー ファブリックを実行する仮想マシン。これらの仮想マシンのゲスト オペレーティング システムは、Windows Server または Linux のどちらでも構いません。
    • Windows Server を実行する物理マシンまたは仮想マシンのアプリケーション サーバーと、バックアップ対象データを含むワークロード。一般的なワークロードには、Microsoft SQL Server、Microsoft Exchange サーバー、Microsoft SharePoint サーバー、Microsoft Dynamics、Windows Server のファイル サーバー ロールがあります。これらのワークロードをバックアップまたは保護するには、Azure Backup Server または System Center Data Protection Manager (DPM) が必要です。
    • Windows オペレーティング システムを実行するパーソナル コンピューター。
    • サーバー上のすべてのデータベースを含む SQL Server。

    仮想マシン ハイパーバイザー ファブリックとそのゲスト ワークロードをバックアップする場合は、ハイパーバイザー ファブリックとゲスト ワークロードは個別の保護されたインスタンスとして扱われ、別々に課金されます。

  • いいえ。請求では、インスタンスはサイズに応じて 3 つのカテゴリに分けられます。保護されたインスタンスあたりの料金は、上記の価格表に記載されているインスタンスの分類に応じて異なります。上記の表の料金には、ストレージが含まれていないことに注意してください。ストレージの料金が別途発生します。

  • すべての復元操作または復元操作と関連する送信ネットワークの帯域幅 (送信) に関する料金は発生しません。

  • 新料金は、すべての Azure Backup のお客様に適用されます。

保護するインスタンス

  • いいえ。使用量は、インスタンスが保護された月内の日数に基づいて日単位で課金されます。

  • Azure Backup に格納されているすべてのデータは、データが Azure Backup に保持されている期間、Azure ブロック BLOB Storage レートで課金されます。ただし、保持期間が延びても、支払い対象の保護されたインスタンスのソフトウェア料金には影響しません。この動作を確実にするためには、最新の Azure Backup エージェントがコンピューターにインストールされている必要があります。

  • データが Azure Backup に保持されている限り、保護されたインスタンスとストレージの両方についてお支払いいただく必要があります。保護されたインスタンスの請求は、保護の停止を決定する前の時点で最後に正常に実行されたバックアップのサイズに基づきます。ストレージの請求は、該当するインスタンスのバックアップ コンテナーに保存されたデータの合計量に基づきます。

    100 GB の仮想マシンのバックアップを例に考えましょう。保護されたインスタンスの料金は、毎月 $- です。毎日 1 GB のデータが追加され、データは 120 日間保持されます。そのストレージの料金は別途課金されます。1 か月後に仮想マシンの保護を停止することにしたものの、データは Azure Backup に保持する場合、バックアップ データを明示的に削除しない限り、毎月 $- が課金されます。

  • はい。新料金を利用するには、Azure Backup エージェントを最新バージョンにアップグレードする必要があります。古いエージェントを使用すると、課金対象の保護するインスタンスのサイズに悪影響を与えます。

  • 新料金は、すべての Azure Backup のお客様に適用されます。

Backup ストレージのコスト

  • 新しい価格では、Azure に格納されたバックアップ データは、リージョンのブロック BLOB レートで課金されます。

  • これは、バックアップ コンテナーで選択したストレージの選択肢によって変わります。バックアップ コンテナーのストレージの選択肢とは、ローカル冗長ストレージ (LRS) または Geo 冗長ストレージ (GRS) です。

  • はい。各コンテナー内のバックアップ データは、コンテナーが配置されているリージョンの適切な LRS または GRS のブロック BLOB レートで課金されます。お客様は、選択したコンテナーの選択肢によって Azure Storage の課金を完全に管理できます。

  • 特定の保護するインスタンス用の Azure Backup に保持されたバックアップ データの総量 (「バックエンド サイズ」) は、次の要因に応じて変化します。

    • バックアップしたデータの保持期間
    • 各回復ポイントで格納される正味の新規チャーン
    • バックアップ データで達成された圧縮レベル
    • スケジュールされたバックアップ ジョブの頻度
    • 関連付けられたバックアップ メタデータ
  • バックアップ コンテナーの [ダッシュボード] ページに、コンテナーに登録されたコンピューターからのデータの合計が表示されます。また、バックアップ コンテナーで使用するストレージの種類も表示されます。

  • 現在の料金と同様、Azure Backup でのストレージ トランザクションに関する料金は無料です。これは、有料のソフトウェアの価格の一部として含まれています。

ネットワーク コスト

  • ExpressRoute の料金は、Azure Backup に含まれていません。お客様には、選択したポートの速度に基づいて、引き続き Azure Backup と ExpressRoute で個別にお支払いいただきます。

  • プライマリ コンピューター ワークロード 保護するインスタンスのサイズ 請求額*
    Windows ホスト x1 Windows Server 2012 (ファイル/フォルダーのバックアップ) 300 GB $-/月
    Windows ホスト x3 Microsoft Exchange
    Microsoft Exchange
    Microsoft Exchange
    600 GB
    1300 GB
    400 GB
    $-/月
    $-/月
    $-/月
    Windows クライアント コンピューター x1 Windows 8.1 (ファイル/フォルダーのバックアップ) 25 GB $-/月
    Hyper-V 仮想マシン x1 仮想マシンのバックアップ 30 GB $-/月
    Azure IaaS 仮想マシン x1 仮想マシンのバックアップ 250 GB $-/月
    Windows ゲスト コンピューター x1 Windows Server 2012 (ファイル/フォルダーのバックアップ) 120 GB $-/月
    Windows ゲスト コンピューター x1 スタンドアロンの Microsoft SQL Server 600 GB $-/月
    Windows ゲスト コンピューター x3 Microsoft SQL Server のクラスター:
    • コンピューター 1: 50 データベース
    • コンピューター 2: 75 データベース
    • コンピューター 3: 20 データベース
    70 GB
    80 GB
    15 GB
    $-/月以上
    $-/月以上
    $-/月

    注: データベースがクラスター内を移動する場合、バックアップ時のサイズが計算に使われます。

    Windows ゲスト コンピューター x5 SharePoint ファームをフロントエンド、コンテンツ データベース化などで作成する 1300 GB $-/月 (SharePoint ファームのサイズが 1000 GB を超え、1500 GB 未満)

    注: SharePoint ファームは特別なエンティティであるため、ファーム内の保護されているデータの合計サイズに基づいて課金されます。

    *Azure Storage は、バックアップの選択に基づいて追加で課金されます。

  • 250 GB の SQL Server データベースを Azure Backup で保護する場合、SQL Server は保護するインスタンスとして取り扱われます。保護されたインスタンスのサイズは 50 GB を超え、500 GB 未満であるため、毎月 $- が課金されます。仮想マシンも Azure Backup にバックアップされている場合は、別の保護するインスタンスとしてカウントされます。仮想マシンのサイズは 50 ~ 500 GB であるため、この場合も毎月 $- が課金されます。

    仮想マシンのバックアップとインゲスト ワークロードのバックアップは個別に課金されます。

  • はい、MAB サーバーを使用してローカルにデータをバックアップする場合、インスタンスごとにバックアップ サービス料金が請求されます。ただし、データはローカルにのみバックアップされるため、Azure ストレージ料金の対象にはなりません。

リソース

計算ツール

Azure サービスの月額料金を概算できます。

購入の FAQ

Azure の価格についてよく寄せられる質問を見ることができます

製品詳細

詳細を表示するBackup

ドキュメント

技術チュートリアル、ビデオ、その他のリソースを確認します。

1000 GB のデータを無料でバックアップ

今すぐ利用を開始する