Azure Site Recovery の価格

サービスを保護する自動レプリケーション

Azure Site Recovery を使用して、保護されているインスタンスの自動レプリケーションと回復を 2 次拠点で調整することにより、重要なサービスを保護することができます。

価格の詳細

Azure Site Recovery は保護するインスタンスの数に基づいて課金されます。下記のように、Azure Site Recovery で保護されるインスタンスはすべて、最初の 31 日間無料です。

最初の 31 日間の価格 31 日の後の価格
お客様所有サイトに対する Azure Site Recovery 無料 保護するインスタンスにつき $-/月
Azure への Azure Site Recovery 無料 保護するインスタンスにつき $-/月
Azure リージョン間での Azure Site Recovery は、Azure への Azure Site Recovery の場合と同じ料金が発生します。

Azure Site Recovery は、保護するインスタンスの 1 か月における 1 日あたりの平均数を 1 単位として課金されます。たとえば、月の前半に一貫して 20 個のインスタンスを保護し、後半では保護しなかった場合は、その月の保護するインスタンスの平均数は 1 日あたり 10 個です。

サポートおよび SLA

FAQ

  • Azure Site Recovery で保護されるすべてのインスタンスは、保護を開始してから 31 日間は無料になります。32 日目以降は、インスタンスの保護に対して上記の料金が課金されます。

  • はい。どれほど長く Azure Site Recovery を使用しているかは関係ありません。どの保護対象インスタンスも、最初の 31 日間は Azure Site Recovery の課金が発生しません。たとえば、過去 6 か月間に 10 個のインスタンスを保護していて、11 番目のインスタンスを Azure Site Recovery に接続した場合、11 番目のインスタンスに対する Azure Site Recovery の課金は最初の 31 日間はありません。最初の 10 個のインスタンスは、既に 31 日間を超えて保護されているので、引き続き Azure Site Recovery の課金が発生します。

  • はい。Azure Site Recovery は保護されたインスタンスに対して最初の 31 日間無料ですが、Azure Storage、ストレージ トランザクション、データ転送について課金が発生する場合があります。仮想マシンの復旧も、Azure の通常の課金の対象になる場合があります。

  • Site Recovery を使用すると、Site Recovery ライセンス、Azure ストレージ、ストレージ トランザクション、送信データ転送について料金が発生します。

    1. Site Recovery ライセンスは、インスタンスが仮想マシンまたは物理サーバーの場合に、保護されたインスタンスごとに課金されます。
    2. ストレージのコストは、ターゲットの場所のストレージの Site Recovery レプリカに対して発生します。このレプリカ ストレージ上で取得されたスナップショットは、テスト フェールオーバーまたはフェールオーバー時に新しいターゲット ストレージ ディスクを作成するのに使用されます。したがって、全体のストレージ コストは、ストレージのレプリカと 1 年間に実行されたディザスター リカバリーの演習の数に基づきます。
    3. ストレージ トランザクションは、安定状態のレプリケーション中に課金され、フェールオーバーまたはテスト フェールオーバー後の通常の仮想マシン運用におけるトランザクションが課金対象になります。
    4. 送信データ転送のコストはエグレスとも呼ばれ、トラフィックが Azure リージョンから出たときにのみ課金されます。そのため、Azure 仮想マシンをあるリージョンから別のリージョンにレプリケートするとき、これらの料金が適用されます。Azure Site Recovery は、お客様が転送する前にデータを圧縮します。そのため、エグレスは圧縮されたレプリケーション データに対して課金されます。
    5. Site Recovery によって作成された復旧ポイントは、レプリカ ストレージ用に取得されたスナップショットです。これらのスナップショットは、消費された容量に基づいて課金されます。詳細については、Managed Disks の価格をご覧ください。
    6. また、仮想マシンのコンピューティング容量についてもコストが発生し、テスト フェールオーバーとフェールオーバーの時点でのみ適用されます。通常このコストは、アクティブなディザスター リカバリーの演習や実際のディザスターがなければゼロです。
    7. Azure 仮想マシンの保護については、Site Recovery ではターゲット側でソース ストレージの種類が模倣されます。たとえば、お客様がストレージ アカウント内のディスクを使用して Azure 内の仮想マシンを保護する場合、Site Recovery ではターゲット側のストレージ アカウントを使用してレプリケーション データが格納されます。別のケースでは、Azure の仮想マシンでマネージド ディスクが使用されている場合、Site Recovery によって各ソース ディスクに対応するターゲットに ASR レプリカ ディスクが作成されます。
    8. VMware/物理マシンの場合、Site Recovery では、各ソース ディスクに対応するターゲットに ASR レプリカ ディスクが作成されます。2019 年 3 月以降のすべての新しいレプリケーションは、マネージド ディスクを使用してレプリケーションとフェールオーバーの両方を実現します。マネージド ディスクのコストは、プロビジョニング済みの容量に基づいて計算されます。詳細については、Managed Disks の価格をご覧ください。
    9. Hyper-V マシンの場合、Site Recovery ではレプリケーション用のストレージ アカウントが作成され、使用されます。既定では、テスト フェールオーバーまたはフェールオーバーはストレージ アカウント上で行われます。ただし、必要に応じて、マネージド ディスクにフェールオーバーするオプションが用意されています。この場合、フェールオーバー時にマネージド ディスクが作成されます。
  • Azure ハイブリッド特典を使用すると、オンプレミスとクラウド内のライセンスを最大限に活用することができます。これにより、ソフトウェア アシュアランス付きの Windows Server ライセンスを基本コンピューティング料金の仮想マシンに利用でき、すべての Azure リージョンにおいて 最大で 40 パーセント以上の割引を受けることができます。Windows サーバーを Azure に移行する際は、Azure ハイブリッド特典をご利用ください。詳細情報

  • Azure Site Recovery: よく寄せられる質問」をご覧ください。

    ディザスター リカバリー向けの Microsoft Server 製品のライセンス取得

    Azure Site Recovery で保護されるインスタンスがリカバリー サイトでリカバリーされるとき、保護されるインスタンス内で実行されるソフトウェアにも適切なライセンスが必要であることに注意してください。エンド カスタマーは、選択したリカバリー サイトに応じて、次のように Microsoft サーバー製品のライセンスを取得する必要があります。

    オンプレミス* サービス プロバイダー専用ハードウェア サービス プロバイダー共有ハードウェア Azure
    Windows Server
    • 完全にライセンス適用されたサーバー、または
    • エンド カスタマー ライセンスでディザスター リカバリー ソフトウェア アシュアランスの特典を利用
    • サービス プロバイダー ライセンス契約 (SPLA) に基づきサービス プロバイダーが提供
    • エンド カスタマー ライセンスでディザスター リカバリー ソフトウェア アシュアランスの特典を利用 (専用アウトソーシングなど)
    • サービス プロバイダー ライセンス契約 (SPLA) に基づきサービス プロバイダーが提供
    • Azure Site Recovery で Windows サーバーを Azure に移行する際に、ハイブリッド特典を利用できるようになりました。詳細情報
    その他の Microsoft Servers (SQL、Exchange、SharePoint など)
    • 完全にライセンス適用されたサーバー、または
    • エンド カスタマー ライセンスでディザスター リカバリー ソフトウェア アシュアランスの特典を利用
    • サービス プロバイダー ライセンス契約 (SPLA) に基づきサービス プロバイダーが提供
    • エンド カスタマー ライセンスでディザスター リカバリー ソフトウェア アシュアランスの特典を利用 (専用アウトソーシングなど)
    • サービス プロバイダー ライセンス契約 (SPLA) に基づきサービス プロバイダーが提供
    • ディザスター リカバリー ソフトウェア アシュアランスの特典は、Azure Site Recovery で保護される Microsoft サーバー製品に適用されます。この変更は、2015 年の製品使用権 (PUR) で行われました。

    *オンプレミスは、エンド カスタマーまたはサービス プロバイダー環境の両者が、再販売されたものではなく自ら契約したものを使用している限りは、両者の状況を把握するために使用できます。

  • そのサーバーは Windows Server ライセンスで完全にライセンスされている必要があります。ユーザーがプライマリ サイトで使用している Windows Server を対象としたアクティブなソフトウェア アシュアランスを持っている場合、ディザスター リカバリーを非運用環境でのみ行う目的で、ディザスター リカバリー ソフトウェア アシュアランスの特典を利用してセカンダリ サイトに Windows Server をデプロイする可能性があります。製品使用権 (PUR) を参考にして、ユーザーがディザスター リカバリー ソフトウェア アシュアランス特典の基準に沿って使用しているかどうかを確認してください。

  • それらのサーバーについては、セカンダリ サイトで個別のライセンスを使用して、またはユーザーがディザスター リカバリー ソフトウェア アシュアランス特典を利用できる場合はこの特典を利用して、ライセンスを取得できます。

  • Windows Server のライセンスは、サービス プロバイダー ライセンス契約 (SPLA) で取得できます。

  • Windows Server のライセンスは、ご契約の SPLA またはエンド カスタマー向けライセンスで、ディザスター リカバリー ソフトウェア アシュアランスの特典の利用資格をお持ちの場合に取得できます。

  • それらのサーバー製品については、通常 SPLA でサーバーがライセンスを取得する単位 (コアごと、ユーザーごとなど) に基づいて、契約した SPLA でライセンスを取得できます。

  • それらのサーバーのライセンスは、ご契約の SPLA またはエンド カスタマー向けライセンスで、ディザスター リカバリー ソフトウェア アシュアランスの特典の利用資格をお持ちの場合に取得できます。

  • Azure ハイブリッド特典 は、Azure の入手方法 (Enterprise Agreement、クラウド ソリューション プロバイダーなど) に関わらず、アクティブなソフトウェア アシュアランスをお持ちのすべてのお客様に適用され、Azure でアクティベートできます。

  • ライセンス モビリティと Azure ハイブリッド特典ではソフトウェア アシュアランスが必要になるため、SPLA には適用されません。契約条件に関するサービス プロバイダーの SPLA をご確認ください。

  • ディザスター リカバリー ソフトウェア アシュアランスの特典は、Azure Site Recovery で保護される Microsoft サーバー製品に適用されます。この変更は、2015 年 1 月の製品使用権で行われました。

  • ユーザーが Azure Site Recovery を使用して Microsoft サーバー製品 (SQL Server など) をサービス プロバイダーから Azure に移行する場合は、ユーザーが自分のソフトウェア アシュアランスを所有してライセンス モビリティを使用する必要があります。

  • はい。テスト復旧は 90 日ごとに 1 週間以内というディザスター リカバリー テストの短い期間に制限されます。

  • SQL Server 向けの Azure Site Recovery レプリケーションは、すべての Azure Site Recovery のシナリオ (オンプレミスから Azure へのディザスター リカバリー、またはリージョン間 Azure IaaS のディザスター リカバリー) で、ソフトウェア アシュアランス (ディザスター リカバリー特典) の対象になります。

    SQL Server 向けの他の高可用性テクノロジ (SQL AlwaysOn 可用性グループなどのフェールオーバー クラスタリングまたはレプリケーション テクノロジ、データベース ミラーリング、ログ配布など) の使用については、以下の SQL Server ライセンス ガイドラインが適用されます。1 つ目のパッシブ データベース インスタンス (ローカルの高可用性テクノロジとして一般的) は、プライマリ データベースのソフトウェア アシュアランス ライセンスの対象になります。追加のパッシブ データベース インスタンス (リモートのオンプレミス データ センターやすべてのクラウドでのディザスター リカバリー用) には、追加の SQL Server ライセンスが必要です。プライマリ SQL インスタンスが専用ハードウェア上にある場合、1 つ目のパッシブ インスタンスは専用ハードウェア上のソフトウェア アシュアランス ライセンスの対象になりますが、共有ハードウェアの場合は対象になりません。プライマリ SQL インスタンスが共有ハードウェア上にある場合は、1 つ目のパッシブ インスタンスは共有ハードウェア上で対象になります。詳細については、「SQL Server Licensing guide (SQL Server ライセンス ガイド)」をご覧ください。

  • 現世代のプラットフォーム (NetWeaver) と次世代のプラットフォーム (HANA) の両方の SAP ソリューションを実行できる、幅広い認定を Azure は取得しています。SAP の認定は、SAP 製品のビジネス アプリケーション、ゲスト OS、リレーショナル データベース管理システムの組み合わせに基づいています。詳細情報より詳しくは、SAP Support Portal の SAP Notes をご覧ください。

  • Oracle は、Microsoft Azure で Oracle ソフトウェアを実行するユーザーに、ライセンス モビリティを提供します。「Licensing Oracle Software in the cloud computing environment (クラウド コンピューティング環境における Oracle ソフトウェアのライセンス取得)」をご覧ください。Oracle と Microsoft のパートナーシップにより、Oracle からの認定とサポートを得て、ユーザーは Oracle ソフトウェアを Microsoft のパブリック クラウドまたはプライベート クラウドにデプロイできます。詳細については、「Oracle Data Recovery Licensing paper (Oracle データ復旧ライセンシング ペーパー)」をご覧いただけます。

  • ご利用のサードパーティ アプリケーションのライセンス条項をご確認ください。

  • Azure では永続的な MAC アドレスはサポートされないため、MAC ベース ライセンス モデルのソフトウェアは、オンプレミスから Azure への移行、またはディザスター リカバリーの両方で使用できません。

リソース

Azure サービスの月額料金を概算できます。

Azure の価格についてよく寄せられる質問を見ることができます

Azure Site Recoveryの詳細を表示します

技術チュートリアル、ビデオ、その他のリソースを確認します。

見積に追加されました。 計算ツールで表示するには 'v' を押してください

$200 のクレジットで学習と開発ができ、継続は無料です