Site Recovery の価格

サービスを保護する自動レプリケーション

Azure Site Recovery を使用して、保護されているインスタンスの自動レプリケーションと回復を 2 次拠点で調整することにより、重要なサービスを保護することができます。

価格の詳細

Azure Site Recovery は保護するインスタンスの数に基づいて課金されます。下記のように、Azure Site Recovery で保護されるインスタンスはすべて、最初の 31 日間無料です。

最初の 31 日間の価格 31 日の後の価格
お客様所有サイトに対する Azure Site Recovery 無料 保護するインスタンスにつき $-/月
Azure への Azure Site Recovery 無料 保護するインスタンスにつき $-/月
Azure リージョン間での Azure Site Recovery は、Azure への Azure Site Recovery の場合と同じ料金が発生します。

Azure Site Recovery は、保護するインスタンスの 1 か月における 1 日あたりの平均数を 1 単位として課金されます。たとえば、月の前半に一貫して 20 個のインスタンスを保護し、後半では保護しなかった場合は、その月の保護するインスタンスの平均数は 1 日あたり 10 個です。

サポートおよび SLA

FAQ

  • Azure Site Recovery で保護されるすべてのインスタンスは、保護を開始してから 31 日間は無料になります。32 日目以降は、インスタンスの保護に対して上記の料金が課金されます。

  • はい。どれほど長く Azure Site Recovery を使用しているかは関係ありません。どの保護対象インスタンスも、最初の 31 日間は Azure Site Recovery の課金が発生しません。たとえば、過去 6 か月間に 10 個のインスタンスを保護していて、11 番目のインスタンスを Azure Site Recovery に接続した場合、11 番目のインスタンスに対する Azure Site Recovery の課金は最初の 31 日間はありません。最初の 10 個のインスタンスは、既に 31 日間を超えて保護されているので、引き続き Azure Site Recovery の課金が発生します。

  • はい。Azure Site Recovery は保護されたインスタンスに対して最初の 31 日間無料ですが、Azure Storage、ストレージ トランザクション、データ転送について課金が発生する場合があります。仮想マシンの復旧も、Azure の通常の課金の対象になる場合があります。

  • When you use Site Recovery, you incur charges for the Site Recovery license, Azure storage, storage transactions, and outbound data transfer.

    The Site Recovery license is per protected instance, where an instance is a virtual machine or a physical server.

    • If a virtual machine disk replicates to a standard storage account, the Azure Storage charge is for the storage consumption. For example, if the source disk size is 1 TB, and 400 GB of storage is used, Site Recovery creates a 1 TB VHD in Azure, but the storage charged is 400 GB (plus the amount of storage space used for replication logs).
    • If a virtual machine disk replicates to a premium storage account, the Azure storage charge is for the provisioned storage size, rounded out for the nearest premium storage disk option. For example, if the source disk size is 50 GB, Site Recovery creates a 50 GB disk in Azure, and Azure maps this to the nearest premium storage disk (P10). Costs are calculated on P10, and not on the 50 GB disk size. Learn more. If you're using premium storage, a standard storage account for replication logging is also required, and the amount of standard storage space used for these logs is also billed.
    • No disks are created until a test failover or a failover. In the replication state, storage charges under the category of "Page blob and disk" as per the storage pricing calculator are incurred. These charges are based on the type of storage—premium or standard—and the data redundancy type, including LRS, GRS, RA-GRS, and more.
    • If the option to use managed disks on a failover is selected, charges for managed disks apply after a failover or test failover. Managed disks charges do not apply during replication. During replication, storage charges under the category of "Unmanaged disks and page blobs" are incurred. These charges are based on the storage type of premium/standard and the data redundancy type - LRS, GRS, RA-GRS etc.

      Example: For a VM replicating to premium storage with 128 GB OS disk and 500 GB data disk:

      1. During replication: Storage charges under the category of "Unmanaged disks and page blobs" for premium storage disk sizes P10 and P20 are incurred. The size of the disks being replicated (128 GB and 500 GB) are rounded off to the nearest unmanaged premium disk size of P10(128 GB) and P20(512 GB) for billing. A standard storage account for logging delta changes during replication is also used. Storage charges under the category of "Unmanaged disks and page blobs" based on the amount of standard storage used for these logs is also billed.
      2. During a Test failover or after failover to managed disks: Managed disk charges for premium managed disks of sizes P10 and P20 apply.

      Example: For a VM replicating to standard storage with 32 GB OS disk and 250 GB data disk:

      1. During replication: Storage charges under the category of "Unmanaged disks and page blobs" for standard storage are incurred.
      2. During a Test failover or after failover to managed disks: Managed disk charges for standard managed disks of sizes S4(32 GB) and S15(256 GB) apply. As you can see, the size of the disks (32 GB and 250 GB) have been rounded off to the nearest standard managed disk size of S4(32 GB) and S15(256 GB).
    • If the option to use managed disks on a failover is not selected, storage charges under the category of "Unmanaged Disks and Page blobs" as per the Storage pricing calculator are incurred after failover. These charges are based on the type of storage—premium or standard—and the data redundancy type, including LRS, GRS, RA-GRS, and more.
    • Storage transactions are charged during steady-state replication and for regular virtual machine operations after a failover or test failover. But these charges are negligible.

    Costs are also incurred during test failover, where the virtual machine, storage, egress, and storage transactions costs will be applied.

  • Azure ハイブリッド特典を使用すると、オンプレミスとクラウド内のライセンスを最大限に活用することができます。これにより、ソフトウェア アシュアランス付きの Windows Server ライセンスを基本コンピューティング料金の仮想マシンに利用でき、すべての Azure リージョンにおいて 最大で 40 パーセント以上の割引を受けることができます。Windows サーバーを Azure に移行する際は、Azure ハイブリッド特典をご利用ください。詳細はこちら (英語)。

  • See Azure Site Recovery frequently asked questions.

    Licensing Microsoft Server products for disaster recovery

    It's important to note that when an instance protected by Azure Site Recovery is recovered at the recovery site, the software running inside the protected instance must be properly licensed as well. The end customer needs to license Microsoft server products as follows, depending on the recovery site selected.

    On-Premises* Service Provider Dedicated Hardware Service Provider Shared Hardware Azure
    Windows Server
    • Fully licensed servers, or
    • End Customer licenses, via Disaster Recovery Software Assurance benefit
    • Service Provider provides via Services Provider License Agreement (SPLA)
    • End customer licenses, via Disaster Recovery Software Assurance benefit (for example, dedicated outsourcing)
    • Service Provider provides via Services Provider License Agreement (SPLA)
    • Azure Site Recovery, now lets you leverage your Hybrid Benefit while migrating your Windows servers to Azure. Learn more.
    Other Microsoft Servers (SQL, Exchange, SharePoint, etc.)
    • Fully licensed servers, or
    • End Customer licenses, via Disaster Recovery Software Assurance benefit
    • Service Provider provides via Services Provider License Agreement (SPLA)
    • End customer licenses, via Disaster Recovery Software Assurance benefit (for example, dedicated outsourcing)
    • Service Provider provides via Services Provider License Agreement (SPLA)
    • The disaster recovery software assurance benefit applies to Microsoft server products protected with Azure Site Recovery. This change was made in the 2015 Product Use Rights (PUR).

    *On-premises can be used to describe both an end customer or service provider environment, as long as it is for their own usage and not resold.

  • そのサーバーは Windows Server ライセンスで完全にライセンスされている必要があります。ユーザーがプライマリ サイトで使用している Windows Server を対象としたアクティブなソフトウェア アシュアランスを持っている場合、ディザスター リカバリーを非運用環境でのみ行う目的で、ディザスター リカバリー ソフトウェア アシュアランスの特典を利用してセカンダリ サイトに Windows Server をデプロイする可能性があります。製品使用権 (PUR) を参考にして、ユーザーがディザスター リカバリー ソフトウェア アシュアランス特典の基準に沿って使用しているかどうかを確認してください。

  • それらのサーバーについては、セカンダリ サイトで個別のライセンスを使用して、またはユーザーがディザスター リカバリー ソフトウェア アシュアランス特典を利用できる場合はこの特典を利用して、ライセンスを取得できます。

  • Windows Server のライセンスは、サービス プロバイダー ライセンス契約 (SPLA) で取得できます。

  • Windows Server のライセンスは、ご契約の SPLA またはエンド カスタマー向けライセンスで、ディザスター リカバリー ソフトウェア アシュアランスの特典の利用資格をお持ちの場合に取得できます。

  • それらのサーバー製品については、通常 SPLA でサーバーがライセンスを取得する単位 (コアごと、ユーザーごとなど) に基づいて、契約した SPLA でライセンスを取得できます。

  • それらのサーバーのライセンスは、ご契約の SPLA またはエンド カスタマー向けライセンスで、ディザスター リカバリー ソフトウェア アシュアランスの特典の利用資格をお持ちの場合に取得できます。

  • Azure ハイブリッド特典 は、Azure の入手方法 (Enterprise Agreement、クラウド ソリューション プロバイダーなど) に関わらず、アクティブなソフトウェア アシュアランスをお持ちのすべてのお客様に適用され、Azure でアクティベートできます。

  • ライセンス モビリティと Azure ハイブリッド特典ではソフトウェア アシュアランスが必要になるため、SPLA には適用されません。契約条件に関するサービス プロバイダーの SPLA をご確認ください。

  • ディザスター リカバリー ソフトウェア アシュアランスの特典は、Azure Site Recovery で保護される Microsoft サーバー製品に適用されます。この変更は、2015 年 1 月の製品使用権で行われました。

  • いいえ。それらの各ソフトウェア アシュアランスの特典には制限があるため、Azure への復旧の際のライセンス取得には不適切です。ライセンス モビリティの特典では、ユーザーが最低 90 日間のライセンスを Azure に再割り当てする必要があるため、Azure での一時的な運用環境の復旧には適していません。また、ライセンス モビリティの特典では同時に 1 つのインスタンスしか実行できないため、Azure でテスト復旧インスタンスを実行しながら、オンプレミスで実稼働インスタンスを実行し続ける場合、テスト復旧ができません。ディザスター リカバリーの特典は実稼働とテストの両方の復旧シナリオに対応していますが、共有 (マルチテナント) ハードウェア上で複数のインスタンスを実行することはできません。

  • ユーザーが Azure Site Recovery を使用して Microsoft サーバー製品 (SQL Server など) をサービス プロバイダーから Azure に移行する場合は、ユーザーが自分のソフトウェア アシュアランスを所有してライセンス モビリティを使用する必要があります。

  • はい。テスト復旧は 90 日ごとに 1 週間以内というディザスター リカバリー テストの短い期間に制限されます。

  • SQL Server 向けの Azure Site Recovery レプリケーションは、すべての Azure Site Recovery のシナリオ (オンプレミスから Azure へのディザスター リカバリー、またはリージョン間 Azure IaaS のディザスター リカバリー) で、ソフトウェア アシュアランス (ディザスター リカバリー特典) の対象になります。

    SQL Server 向けの他の高可用性テクノロジ (SQL AlwaysOn 可用性グループなどのフェールオーバー クラスタリングまたはレプリケーション テクノロジ、データベース ミラーリング、ログ配布など) の使用については、以下の SQL Server ライセンス ガイドラインが適用されます。1 つ目のパッシブ データベース インスタンス (ローカルの高可用性テクノロジとして一般的) は、プライマリ データベースのソフトウェア アシュアランス ライセンスの対象になります。追加のパッシブ データベース インスタンス (リモートのオンプレミス データ センターやすべてのクラウドでのディザスター リカバリー用) には、追加の SQL Server ライセンスが必要です。プライマリ SQL インスタンスが専用ハードウェア上にある場合、1 つ目のパッシブ インスタンスは専用ハードウェア上のソフトウェア アシュアランス ライセンスの対象になりますが、共有ハードウェアの場合は対象になりません。プライマリ SQL インスタンスが共有ハードウェア上にある場合は、1 つ目のパッシブ インスタンスは共有ハードウェア上で対象になります。詳細については、「SQL Server Licensing guide (SQL Server ライセンス ガイド)」をご覧ください。

  • 現世代のプラットフォーム (NetWeaver) と次世代のプラットフォーム (HANA) の両方の SAP ソリューションを実行できる、幅広い認定を Azure は取得しています。SAP の認定は、SAP 製品のビジネス アプリケーション、ゲスト OS、リレーショナル データベース管理システムの組み合わせに基づいています。詳細はこちら (英語)。より詳しくは、SAP Support Portal の SAP Notes をご覧ください。

  • Oracle は、Microsoft Azure で Oracle ソフトウェアを実行するユーザーに、ライセンス モビリティを提供します。「Licensing Oracle Software in the cloud computing environment (クラウド コンピューティング環境における Oracle ソフトウェアのライセンス取得)」をご覧ください。Oracle と Microsoft のパートナーシップにより、Oracle からの認定とサポートを得て、ユーザーは Oracle ソフトウェアを Microsoft のパブリック クラウドまたはプライベート クラウドにデプロイできます。

  • ご利用のサードパーティ アプリケーションのライセンス条項をご確認ください。

  • Azure では永続的な MAC アドレスはサポートされないため、MAC ベース ライセンス モデルのソフトウェアは、オンプレミスから Azure への移行、またはディザスター リカバリーの両方で使用できません。

リソース

Azure サービスの月額料金を概算できます。

Azure の価格についてよく寄せられる質問を見ることができます

詳細を表示するSite Recovery

技術チュートリアル、ビデオ、その他のリソースを確認します。

見積に追加されました。 計算ツールで表示するには 'v' を押してください 計算ツールで表示する

$200 のクレジットで学習と開発ができ、継続は無料です

無料アカウント