ナビゲーションをスキップする

Managed Disks の価格

Azure 仮想マシン向けの安全で永続的なディスク ストレージ

Azure Managed Disks は、Azure Virtual Machines や Azure VMware Solution (ディスク プールはプレビュー中) で使用するために設計された、ハイパフォーマンスで堅牢なブロック ストレージです。Microsoft は、Ultra Disk Storage、Premium SSD、Standard SSD、Standard HDD の 4 つのディスク ストレージ オプションを提供します。Azure Managed Disks には、特定のディスク サイズに対応する最も近いサービス レベルの価格が設定され、時間単位で課金されます。

ページ BLOB (非管理対象ディスク) の価格の詳細をお探しの場合は、非管理対象ディスクとページ BLOB の価格に関するページをご覧ください。

価格オプションの詳細

フィルターを適用して、価格オプションをお客様のニーズに合わせてカスタマイズします。

Premium SSD

Premium SSD は、I/O 集中型のワークロードをサポートするよう設計された、ハイパフォーマンスのソリッド ステート ドライブ (SSD) ベースのストレージで、非常に高いスループットと低遅延が備わっています。Premium SSD を使用すると、永続ディスクをプロビジョニングし、そのサイズとパフォーマンス特性を構成できます。

Premium SSD の総コストはディスクのサイズと数に応じて異なり、送信データ転送の回数も関係します。これらのディスク サイズごとに、異なる IOPS (1 秒あたりの入出力操作回数)、スループット上限、GiB あたりの月額料金が設けられています。Premium SSD は、お客様のワークロードを実行できるよう、仮想マシンのさまざまなサイズとオプション (DS シリーズ、DSv2 シリーズ、FS シリーズ、GS シリーズなど) でサポートされています。Premium SSD では、ローカル冗長ストレージ (LRS) オプションとゾーン冗長ストレージ (ZRS) オプションの両方がサポートされています。冗長性オプションの詳細については、「Azure Storage replication (Azure Storage レプリケーション)」のページをご覧ください。ZRS を搭載した Premium SSD は現在パブリック プレビュー中で、一部の運用リージョンでは GA 価格と同じ、プレビュー価格でご利用いただけます。ZRS の価格を確認するには、ドロップダウンで [ZRS] を冗長オプションとして選択してください。Premium SSD で Azure 共有ディスクを使用する場合、ディスクの追加マウントは、ディスク サイズに基づいて 1 か月ごとに課金されます。共有ディスクの価格は、LRS または ZRS オプションと同じです。

スナップショットを使用する

お客様は Premium SSD の完全なスナップショットとイメージを Standard ストレージに格納できます。ローカル冗長 (LRS) とゾーン冗長 (ZRS) スナップショットのいずれかのオプションをお選びいただけます。Standard LRS と Standard ZRS どちらのオプションでも、これらのスナップショットとイメージはディスクの使用量に応じて月々 $0.05/GB で課金されます。たとえば、プロビジョニングされた容量が 64 GB のマネージド ディスクのスナップショットを作成し、実際に使用したデータ サイズが 10 GB だった場合、スナップショットは、使用したデータ サイズである 10 GB に対してのみ課金されます。Premium SSD マネージド ディスク ストレージに保存することを選択した場合、1 か月あたり $-/GB で課金されます。

Premium SSD の増分スナップショットは、Standard ストレージにのみ格納できます。前回のスナップショットからの差分変更によって占有されているストレージの Standard LRS および ZRS スナップショット オプションの両方について、1 か月あたり $0.05/GB で課金されます。たとえば、プロビジョニングされたサイズが 128 GB で、使用サイズが 100 GB のマネージド ディスクを使用しているとします。最初の増分スナップショットは、使用されたサイズの 100 GB に対してのみ課金されます。2 つ目のスナップショットを作成する前に、20 GB のデータがディスクに追加されると、2 つ目の増分スナップショットは、20 GB に対してのみ課金されます。

バースト

P20 以下のディスクの場合、クレジットベースのバーストは既定で有効になり、追加のコストはかかりません。パフォーマンスを最大 3,500 IOPS、170 MB/秒まで最長 30 分間向上させて、スパイクの多いトラフィックを管理し、バッチジョブを処理し、起動時間を改善することができます。

P30 以上のディスクの場合は、バーストをオンデマンドで有効にするための月々 $- の有効化料金と、追加 IOPS のための 10,000 IO あたり $- のバースト トランザクション料金が発生します。お客様は任意の時点で、最大 30,000 IOPS、1,000 MB/秒までパフォーマンスを向上させることができます。たとえば、5,000 IOPS の P30 ディスクをプロビジョニングし、30,000 IOPS にバーストした場合、お客様にはバースト機能を有効にするための有効化料金と、追加の 25,000 IOPS に対するバースト トランザクション料金が請求されます。プロビジョニングされた量を超えてスループットをバーストする場合は、追加のスループットに対するバースト トランザクション料金も請求されます。課金のしくみの詳細な例については、こちらの記事をご覧ください。

P30 以上のディスクのバースト料金は、一部の運用地域ではプレビュー料金でご利用いただけます。プレビュー リージョンの詳細については、Azure ディスクの FAQ をご覧ください。

予約

Azure Disk Storage 予約を利用すると、1 年間の Premium SSD 容量がコミットされ、ディスク ストレージのコストを節約することができます。予約容量は、1 ディスクの単位で、1 年間のコミットメント期間で購入できます。すべての価格は、1 か月あたりの価格です。詳細については、Azure Disks に関する FAQ をご覧ください。

利用できません ディスク サイズ 月額 1 年予約済み
月額
最大 IOPS (最大 IOPS、バーストあり) 最大スループット (最大スループット、バーストあり) 1 か月あたりのマウントあたりの料金 (共有ディスク)
P1 4 GiB $- 該当なし 120 (3,500) 25 MB/秒 (170 MB/秒) $-
P2 8 GiB $- 該当なし 120 (3,500) 25 MB/秒 (170 MB/秒) $-
P3 16 GiB $- 該当なし 120 (3,500) 25 MB/秒 (170 MB/秒) $-
P4 32 GiB $- 該当なし 120 (3,500) 25 MB/秒 (170 MB/秒) $-
P6 64 GiB $- 該当なし 240 (3,500) 50 MB/秒 (170 MB/秒) $-
P10 128 GiB $- 該当なし 500 (3,500) 100 MB/秒 (170 MB/秒) $-
P15 256 GiB $- 該当なし 1,100 (3,500) 125 MB/秒 (170 MB/秒) $-
P20 512 GiB $- 該当なし 2,300 (3,500) 150 MB/秒 (170 MB/秒) $-
P30 1 TiB $- $- 5,000 (30,000) 200 MB/秒 (1,000 MB/秒) $-
P40 2 TiB $- $- 7,500 (30,000) 250 MB/秒 (1,000 MB/秒) $-
P50 4 TiB $- $- 7,500 (30,000) 250 MB/秒 (1,000 MB/秒) $-
P60 8 TiB $- $- 16,000 (30,000) 500 MB/秒 (1,000 MB/秒) $-
P70 16 TiB $- $- 18,000 (30,000) 750 MB/秒 (1,000 MB/秒) $-
P80 32 TiB (32767 GiB) $- $- 20,000 (30,000) 900 MB/秒 (1,000 MB/秒) $-
利用できません ディスク サイズ 月額 1 年予約済み
月額
最大 IOPS (最大 IOPS、バーストあり) 最大スループット (最大スループット、バーストあり) 1 か月あたりのマウントあたりの料金 (共有ディスク)
P1 4 GiB $- 該当なし 120 (3,500) 25 MB/秒 (170 MB/秒) $-
P2 8 GiB $- 該当なし 120 (3,500) 25 MB/秒 (170 MB/秒) $-
P3 16 GiB $- 該当なし 120 (3,500) 25 MB/秒 (170 MB/秒) $-
P4 32 GiB $- 該当なし 120 (3,500) 25 MB/秒 (170 MB/秒) $-
P6 64 GiB $- 該当なし 240 (3,500) 50 MB/秒 (170 MB/秒) $-
P10 128 GiB $- 該当なし 500 (3,500) 100 MB/秒 (170 MB/秒) $-
P15 256 GiB $- 該当なし 1,100 (3,500) 125 MB/秒 (170 MB/秒) $-
P20 512 GiB $- 該当なし 2,300 (3,500) 150 MB/秒 (170 MB/秒) $-
P30 1 TiB $- 該当なし 5,000 (30,000) 200 MB/秒 (1,000 MB/秒) $-
P40 2 TiB $- 該当なし 7,500 (30,000) 250 MB/秒 (1,000 MB/秒) $-
P50 4 TiB $- 該当なし 7,500 (30,000) 250 MB/秒 (1,000 MB/秒) $-
P60 8 TiB $- 該当なし 16,000 (30,000) 500 MB/秒 (1,000 MB/秒) $-
P70 16 TiB $- 該当なし 18,000 (30,000) 750 MB/秒 (1,000 MB/秒) $-
P80 32 TiB (32767 GiB) $- 該当なし 20,000 (30,000) 900 MB/秒 (1,000 MB/秒) $-

バーストが有効になっている P30 以上のディスクについて、$- のバースト有効化料金と、10,000 トランザクション ユニットあたり $- のトランザクション料金が請求されます。読み取り、書き込み、削除などのストレージに対するすべての種類の操作は、トランザクションとしてカウントされます。バースト トランザクションの詳細については、バーストのドキュメントをご覧ください。

Standard SSD

Standard SSD は低コストの SSD オファリングで、一貫した待機時間を必要とするテストおよびエントリレベルの運用ワークロード向けに最適化されています。さらに Standard SSD は、高いスループットを必要とするビッグ データ ワークロードにも使用できます。Standard SSD を使用すると、Standard HDD よりも待機時間が短くなるうえ、お客様のアプリケーションの信頼性とスケーラビリティが向上します。またこれは、すべての Azure VM サイズでご利用いただけます。Standard SSD Disks は、Premium SSD Disks に容易にアップグレードできます。これにより、低レイテンシが求められる高負荷なエンタープライズ ワークロードに対応できます。Standard SSD は、Premium SSD が持つものと同じ業界最高レベルの耐久性と可用性を備えています。

Standard SSD ストレージの総コストは、ディスクのサイズと数、トランザクションの回数、および送信データ転送の回数に応じて異なります。Standard SSD では、ローカル冗長ストレージ (LRS) およびゾーン冗長ストレージ (ZRS) オプションの両方がサポートされています。冗長性オプションの詳細については、「Azure Storage replication (Azure Storage レプリケーション)」のページをご覧ください。ZRS を搭載した Standard SSD は現在パブリック プレビュー中で、一部の運用リージョンでは GA 価格と同じ、プレビュー価格でご利用いただけます。Standard SSD で Azure 共有ディスクを使用する場合、ディスクの追加マウントは、ディスク サイズに基づいて 1 か月ごとに課金されます。共有ディスクの価格は、LRS または ZRS オプションと同じです。

スナップショットを使用する

Standard SSD の完全なスナップショットとイメージを、Standard HDD ストレージに保存できます。ローカル冗長 (LRS) とゾーン冗長 (ZRS) スナップショットのいずれかのオプションをお選びいただけます。Standard LRS と Standard ZRS どちらのオプションでも、これらのスナップショットとイメージはディスクの使用量に応じて月々 $0.05/GB で課金されます。たとえば、プロビジョニングされた容量が 128 GB のマネージド ディスクのスナップショットを作成し、実際に使用したデータ サイズが 10 GB だった場合、スナップショットは、使用したデータ サイズである 10 GB に対してのみ課金されます。SSD ストレージに保存することを選択した場合、1 か月あたり $-/GB で課金されます。

Premium SSD の増分スナップショットは、Standard ストレージにのみ格納できます。前回のスナップショットからの差分変更によって占有されているストレージの Standard LRS および ZRS スナップショット オプションの両方について、1 か月あたり $0.05/GB で課金されます。たとえば、プロビジョニングされたサイズが 128 GB で、使用サイズが 100 GB のマネージド ディスクを使用しているとします。最初の増分スナップショットは、使用されたサイズの 100 GB に対してのみ課金されます。2 つ目のスナップショットを作成する前に、20 GB のデータがディスクに追加されると、2 つ目の増分スナップショットは、20 GB に対してのみ課金されます。

バースト

E30 以下のディスクの場合、クレジットベースのバーストは既定で有効になり、追加のコストはかかりません。お客様はパフォーマンスを最大 1,000 IOPS、250 MB/秒まで最長 30 分間増加させて、スパイクの多いトラフィックを管理し、バッチジョブを処理し、起動時間を改善することができます。

利用できません ディスク サイズ 月額 最大 IOPS (最大 IOPS、バーストあり) 最大スループット (最大スループット、バーストあり) 1 か月あたりのマウントあたりの料金 (共有ディスク)
E1 4 GiB $- 500 (600) 60 MB/秒 (150 MB/秒) $-
E2 8 GiB $- 500 (600) 60 MB/秒 (150 MB/秒) $-
E3 16 GiB $- 500 (600) 60 MB/秒 (150 MB/秒) $-
E4 32 GiB $- 500 (600) 60 MB/秒 (150 MB/秒) $-
E6 64 GiB $- 500 (600) 60 MB/秒 (150 MB/秒) $-
E10 128 GiB $- 500 (600) 60 MB/秒 (150 MB/秒) $-
E15 256 GiB $- 500 (600) 60 MB/秒 (150 MB/秒) $-
E20 512 GiB $- 500 (600) 60 MB/秒 (150 MB/秒) $-
E30 1 TiB $- 500 (1,000) 60 MB/秒 (250 MB/秒) $-
E40 2 TiB $- 500 60 MB/秒 $-
E50 4 TiB $- 500 60 MB/秒 $-
E60 8 TiB $- 2,000 400 MB/秒 $-
E70 16 TiB $- 4,000 600 MB/秒 $-
E80 32 TiB (32767 GiB) $- 6,000 750 MB/秒 $-

Standard SSD の料金は、10,000 トランザクション ユニットあたり $- です。読み取り、書き込み、削除などのストレージに対するすべての種類の操作は、トランザクションとしてカウントされます。請求対象のトランザクション ユニットの計算には、I/O ユニット サイズ 256 KiB が使用されます。詳しくは、Standard SSD のドキュメントをご覧ください。)

利用できません ディスク サイズ 月額 最大 IOPS (最大 IOPS、バーストあり) 最大スループット (最大スループット、バーストあり) 1 か月あたりのマウントあたりの料金 (共有ディスク)
E1 4 GiB $- 120 (600) 25 MB/秒 (150 MB/秒) $-
E2 8 GiB $- 120 (600) 25 MB/秒 (150 MB/秒) $-
E3 16 GiB $- 120 (600) 25 MB/秒 (150 MB/秒) $-
E4 32 GiB $- 120 (600) 25 MB/秒 (150 MB/秒) $-
E6 64 GiB $- 240 (600) 50 MB/秒 (150 MB/秒) $-
E10 128 GiB $- 500 (600) 60 MB/秒 (150 MB/秒) $-
E15 256 GiB $- 500 (600) 60 MB/秒 (150 MB/秒) $-
E20 512 GiB $- 500 (600) 60 MB/秒 (150 MB/秒) $-
E30 1 TiB $- 500 (1,000) 60 MB/秒 (250 MB/秒) $-
E40 2 TiB $- 500 60 MB/秒 $-
E50 4 TiB $- 500 60 MB/秒 $-
E60 8 TiB $- 2,000 400 MB/秒 $-
E70 16 TiB $- 4,000 600 MB/秒 $-
E80 32 TiB (32767 GiB) $- 6,000 750 MB/秒 $-

Standard SSD の料金は、10,000 トランザクション ユニットあたり $- です。読み取り、書き込み、削除などのストレージに対するすべての種類の操作は、トランザクションとしてカウントされます。請求対象のトランザクション ユニットの計算には、I/O ユニット サイズ 256 KiB が使用されます。詳しくは、Standard SSD のドキュメントをご覧ください。)

Standard HDD

Standard HDD では、ハード ディスク ドライブ (HDD) ベースのストレージ メディアが使用されます。これは、パフォーマンス変動の影響を受けにくい開発テストやアクセス頻度の少ないワークロードに最適です。

Standard HDD の総コストは、ディスクのサイズと数、トランザクションの回数、および送信データ転送の回数に応じて異なります。Standard HDD では、ローカル冗長ストレージ (LRS) のみがサポートされます。冗長性オプションの詳細については、「Azure Storage replication (Azure Storage レプリケーション)」のページをご覧ください。

スナップショットを使用する

LRS と ZRS スナップショットのどちらのオプションでも、フル スナップショットおよびイメージはディスクの使用量に応じて月々 $-/GB で課金されます。たとえば、プロビジョニングされた容量が 64 GB のマネージド ディスクのスナップショットを作成し、実際に使用したデータ サイズが 10 GB だった場合、スナップショットは、使用したデータ サイズである 10 GB に対してのみ課金されます。

Standard HDD の増分スナップショットは、最後のスナップショットからの差分変更によって占有されているストレージに基づいて、LRS および ZRS スナップショット オプションの両方について 1 か月あたり $0.05/GB で課金されます。たとえば、プロビジョニングされたサイズが 128 GB で、使用サイズが 100 GB のマネージド ディスクを使用しているとします。最初の増分スナップショットは、使用されたサイズの 100 GB に対してのみ課金されます。2 つ目のスナップショットを作成する前に、20 GB のデータがディスクに追加されると、2 つ目の増分スナップショットは、20 GB に対してのみ課金されます。

利用できません ディスク サイズ 月額 ディスクあたりの IOPS ディスクあたりのスループット
S4 32 GiB $- 最大 500 最大 60 MB/秒
S6 64 GiB $- 最大 500 最大 60 MB/秒
S10 128 GiB $- 最大 500 最大 60 MB/秒
S15 256 GiB $- 最大 500 最大 60 MB/秒
S20 512 GiB $- 最大 500 最大 60 MB/秒
S30 1 TiB $- 最大 500 最大 60 MB/秒
S40 2 TiB $- 最大 500 最大 60 MB/秒
S50 4 TiB $- 最大 500 最大 60 MB/秒
S60 8 TiB $- 最大 1,300 最大 300 MB/秒
S70 16 TiB $- 最大 2,000 最大 500 MB/秒
S80 32 TiB (32767 GiB) $- 最大 2,000 最大 500 MB/秒

Standard HDD の料金は、トランザクション 10,000 回あたり $- です。読み取り、書き込み、削除などのストレージに対するすべての種類の操作は、トランザクションとしてカウントされます。

Ultra Disk

Ultra Disk は、最低限の待機時間と一貫した高い IOPS/スループットを提供する構成可能なパフォーマンス属性を持つ、次世代型のハイ パフォーマンスなソリッド ステート ドライブ (SSD) です。Ultra Disk では、ミリ秒未満の待機時間を実現する、かつてない極めてスケーラブルなパフォーマンスが提供されます。お客様は小さな IOPS とスループット単位で開始し、ワークロードの IO の負荷が高くなった場合はパフォーマンスを調整することができます。

Ultra Disk の総コストは、ディスクのサイズとそのパフォーマンス構成によって異なり、ディスク数の影響を受けます。

Ultra Disk にはさまざまなサイズがあり、1 秒あたりの入出力操作回数 (IOPS) の範囲と、スループット (MB/秒) の範囲が構成可能で、1 時間あたりの料金で課金されます。お客様に必要なストレージ サイズ、IOPS、スループットに最もよく合ったオプションを選択できます。Ultra Disk では、ローカル冗長ストレージ (LRS) のみサポートされています。冗長性オプションの詳細については、「Azure Storage replication (Azure Storage レプリケーション)」のページをご覧ください。

次の表は、ディスク サイズごとにサポートされる構成をまとめたものです。

Ultra Disk のオファリング
ディスク サイズ (GiB) 4 8 16 32 64 128 256 512 1,024-65,536 (1 TiB ずつ増加)
IOPS 範囲 1,200 2,400 4,800 9,600 19,200 38,400 76,800 153,600 160,000
スループット範囲 (MB/秒) 300 600 1,200 2,000 2,000 2,000 2,000 2,000 2,000
*ディスクを構成する方法の詳細については、Ultra Disk のドキュメント ページをご覧ください。
Ultra ディスク構成 単位 1 時間あたりの料金 月々の料金**
ディスク容量 (GiB) GiB $- $-
プロビジョニング済み IOPS IOPS $- $-
プロビジョニング スループット (MB/秒) MBps $- $-
プロビジョニング済み vCPU 予約料金* vCPU $- $-

*この予約料は、Ultra Disk を接続せずに、VM 上で Ultra Disk の互換性を有効にする場合にのみ発生します。

**料金は、730 時間/月で算出されています。

Ultra Disk は、プロビジョニング済みサイズ、プロビジョニング済み IOPS、プロビジョニング済みスループットに対して課金されます。Azure では、プロビジョニング済みサイズ (切り上げたもの) が、最も近いディスク サイズのプランにマップされます。各ディスクは時間単位で課金されます。たとえば、200 GiB の Ultra Disk (20,000 IOPS および 1,000 MB/秒) をプロビジョニングし、20 時間後に削除した場合、256 GiB のディスク サイズ オファーにマップされ、256 GiB (20,000 IOPS および 1,000 MB/秒で 20 時間) に対して課金されます。ディスクに書き込まれた実際のデータ量および I/O 数には関係ありません。

共有 Ultra Disks のマウントあたりの料金は発生しません。お客様には、ディスク上の容量と合計 IOPS およびスループットに対して課金されます。詳細については、共有ディスクのドキュメントをご覧ください。

Ultra Disk では、ローカル冗長ストレージ (LRS) のみサポートされています。冗長性オプションの詳細については、「Azure Storage replication (Azure Storage レプリケーション)」のページをご覧ください。

ディスク プール (プレビュー)

ディスク プールを使用すると、Azure VMware Solution 上で実行されるデータ集中型でトランザクションが多いワークロードについて、Azure 上の高パフォーマンスで耐久性のあるブロック ストレージにアクセスすることができます。ディスク プールにデプロイされた基盤の Azure リソースと、お客様がアタッチしたディスクに対して、毎月のコストが請求されます。課金のしくみの詳細については、こちらの記事をご覧ください。

Azure の価格および購入オプション

Microsoft と直接つながる

Azure の価格のチュートリアルをご覧ください。お客様のクラウド ソリューションの価格について理解し、コストの最適化について確認し、カスタムの提案を依頼できます。

営業担当者に問い合わせる

購入方法を見る

Azure の Web サイト、Microsoft の担当者、または Azure パートナーを通じて、Azure サービスをご購入ください。

お客様のオプションを調べる

その他の資料

Managed Disks の詳細

Managed Disks の特徴と機能についての詳細情報

料金計算ツール

Azure 製品の任意の組み合わせを使用する場合の推定の月間コストを見積もります。

SLA

この製品のサービス レベル アグリーメントをご確認ください。

ドキュメント

技術チュートリアル、ビデオ、その他の Managed Disks のリソースをご確認ください。

よく寄せられる質問

  • 使用するディスク領域の量に関係なく、プロビジョニングしたディスクには同じ料金が適用されます。

  • 料金は月額を使用して、時間単位で計算されます。たとえば、P15 の Premium SSD は $- になります (リージョンによって料金が異なります)。10 月は、$-/(31 日 x 24 時間) = $-/時間で課金されます

  • Ultra Disk は、プロビジョニング済みサイズ、プロビジョニング済み IOPS、プロビジョニング済みスループットに対して課金されます。

Azure の価格の説明については、営業担当者にお問い合わせください。クラウド ソリューションの価格を把握できます。

無料のクラウド サービスと、30 日間 Azure を検証できる $200 のクレジットを利用できます。