Scheduler の価格

定期的に繰り返される単純または複雑なスケジュールでのジョブの実行

Azure Scheduler は、HTTP/S エンドポイントの呼び出し、Azure Storage キューへのメッセージの送信などのジョブを任意のスケジュールで実行できるため、ログのクリーンアップ、バックアップの開始、その他の保守タスクなどの定期的なアクションに適しています。すぐに実行する、定期的なスケジュールで実行する、または将来のいずれかの時点で実行するアプリケーションにジョブを統合し (か将来のいつか)、Azure の内部と外部でサービスを呼び出します。

価格の詳細

Standard P10 Premium P20 Premium
月額1 $-/ユニット $-/ユニット $-/ユニット
ジョブの実行 無制限 無制限 無制限
最大実行頻度 毎分 毎分 毎分
ジョブ コレクション 10/単位 10,000/単位 5,000/単位
コレクションあたりのジョブ数 50 50 1,000
スケーリング 10 1 Premium ユニット。
詳細については、お問い合わせください。
1 Premium ユニット。
詳細については、お問い合わせください。
送信認証 含まれている 含まれている 含まれている

1 課金は時間割りで計算されます。上記の料金は、730 時間/月で算出されています。ジョブ コレクション (または端数) が 10 個作成されるごとに 1 Standard ユニットの料金が時間単位で課金されます。同様に、ジョブ コレクション (または端数) が 10,000 個作成されるごとに、1 Premium ユニットの料金が時間単位で課金されます。ジョブが地理を越えて集計されます。

サポートおよび SLA

  • 一般公開されているすべての Azure サービス (Azure Scheduler を含む) のテクニカル サポートは、Azure のサポートを通じて提供されます。請求およびサブスクリプション管理に関するサポートを無料で提供しています。
  • サービス レベル アグリーメント (SLA):Standard レベルの Scheduler に関して、マイクロソフトは、スケジュールされたすべてのジョブが 99.9% 以上、予定されている実行時刻の 30 分以内に開始されることを保証します。可用性の計算は毎月の請求サイクルに基づきます。詳細については、「Azure SLA」ページを参照してください。

FAQ

  • Scheduler は、アクティブなジョブ コレクションが 1 つ以上ある場合に、時間単位で課金されます。Standard ジョブ コレクション (または端数) が 10 個作成されるごとに 1 Standard ユニットの料金が時間単位で課金されます。同様に、Premium ジョブ コレクション (または端数) が 10,000 個作成されるごとに、1 Premium ユニットの料金が時間単位で課金されます。

  • スケジューラのクォータはサブスクリプション レベルで適用されます。加えて、特定のジョブ コレクション内のすべてのジョブはそのジョブ コレクションのリージョンに拘束される点にも注意してください。

  • 実行ログには、循環式に 60 日のジョブ実行の履歴が記録されます。

  • Scheduler では、同一 Geo 内の 2 つのリージョンをペアにして高可用性ワークをサポートします。米国中南部と米国中北部、北ヨーロッパと西ヨーロッパ、アジア太平洋東部とアジア太平洋南東部がペアになります。特定の Geo に対して送信されたジョブは、ペアとなっているリージョンのどちらかで実行されます。

リソース

Azure サービスの月額料金を概算できます。

Azure の価格についてよく寄せられる質問を見ることができます

Schedulerの詳細を表示します

技術チュートリアル、ビデオ、その他のリソースを確認します。

見積に追加されました。 計算ツールで表示するには 'v' を押してください