ナビゲーションをスキップする

Azure Functions

エンド ツー エンドの開発エクスペリエンスでイベント ドリブンのサーバーレス コード関数を実行します

サーバーレス アプリケーションの開発を高速化し、簡略化します

複雑なオーケストレーションの問題を解決するのに役立つイベント駆動型のサーバーレスコンピューティングプラットフォームを使用して、より効率的に開発を行います。Azure Functions のエンド ツー エンドの開発エクスペリエンスでは、使い慣れた言語を使用できます。追加のセットアップなしでローカルでビルドとデバッグを行い、クラウドで大規模にデプロイして運用し、トリガーとバインディングを使用してサービスを統合します。

インフラストラクチャ管理から解放するための自動化された柔軟なスケーリング

イベントに応答し、他のサービスにシームレスに接続するための統合プログラミングモデル

統合されたツールと組み込みの DevOps 機能によるエンドツーエンドの開発エクスペリエンス

さまざまな プログラミング言語と各シナリオに適合するホスティングオプション

各自の方法で開発

  • 既に知っている一般的なプログラミング言語から選択します。
  • 使用するテクノロジ スタックを使用して、学習する新しい言語やフレームワークを使用せずに、すぐにコーディングを開始します。
  • .NET、Node.js、Java を使用した Web アプリや API、Python を使用した機械学習ワークフロー、PowerShell を使用したクラウド オートメーションなど、さまざまな機能やシナリオを実装します。

サポートされている言語を確認する

エンドツーエンドのサーバーレス開発エクスペリエンスの向上

  • ローカルでの構築とデバッグからクラウドでのデプロイと監視まで、完全なサーバーレス アプリケーション開発エクスペリエンスを利用できます。
  • Visual Studio および Visual Studio Code で Azure Functions の拡張機能を使用すると、Azure プラットフォームと完全に統合されたローカル マシンでより迅速かつ効率的な開発が可能になります。
  • Azure Pipelines を使用して継続的インテグレーションと継続的デリバリー (CI/CD) を設定します。
  • Azure Monitor から、運用環境におけるサーバーレス アプリケーションのパフォーマンスに関するインテリジェントでプロアクティブな分析情報を取得できます。

ローカル開発環境を設定する

複雑なオーケストレーションの課題解決を容易化

  • Durable Functions 拡張機能を使用して、サーバーレス コンピューティング環境でステートフルなワークフローを記述します。
  • Azure Logic Apps の 250 を超えるコネクタで動作する宣言型ワークフローでサーバーレス関数を使用します。

Durable Functions とアプリケーション パターンに関する詳細情報

統合をハードコーディングせずに他のサービスに接続することでソリューション開発を迅速化

  • ハードコードする必要はありません。トリガーを使用して関数を呼び出す方法を定義し、バインドを使用して他のリソースを宣言的に関数に接続する方法を定義します。
  • トリガーとバインドに基づくプログラミング モデルを使用してコーディング時間を節約します。
  • マイクロサービスに優しいアプローチで、よりスケーラブルで安定したイベント駆動型アプリケーションを構築します。

トリガーとバインドを使用して時間を節約する方法を確認する

一度構築すれば、どこにでもデプロイ可能

  • ビジネス ニーズに最適な Functions ホスティング プランから選択します。
  • クラウドでの実行料金から Azure でホストされている Kubernetes クラスター、別のパブリック クラウドでホストされている Kubernetes クラスター、エッジ コンピューティング用の IoT デバイスまで、同じコードを複数のターゲットにデプロイします。

関数を Kubernetes にデプロイする

包括的なセキュリティとコンプライアンスの組み込み

  • Microsoft ではサイバーセキュリティの研究と開発に年間 $10 億を超える投資を行っています。

  • Microsoft には、データ セキュリティとプライバシーを専門とする 3,500 人を超えるセキュリティ エキスパートがいます。

  • Azure は、他のクラウド プロバイダーを上回る数の認定を受けています。包括的なリストをご確認ください。

ビジネス ニーズに合ったホスティング プランを選択

  • 従量課金プラン

    自動的にスケーリングし、関数の実行時にコンピューティング リソースに対してのみ支払います。受信イベントの数に基づいて、Functions ホストのインスタンスが動的に追加および削除されます。

  • Premium プラン

    事前ウォーミングされたワーカーを使用して、アイドル状態の後に遅延することなくアプリケーションを実行できます。また、より強力なインスタンスでの実行や、VNET への接続も可能です。これらは、需要に基づいて自動的にスケーリングしながら実現されます。

  • Azure App Service プラン

    通常の App Service プラン料金で Functions を実行します。これは、長時間実行される操作や、より予測的なスケーリングとコストが必要な場合に適しています。

Azure 無料アカウントで作業を開始する

無料で始めましょう。30 日間で使用する$200クレジットを受け取れます。クレジットを保有している間は、最も人気のあるサービスに加えて、 40 を超える他の無料サービスをご利用いただけます。

クレジットを使用した後は、従量課金に移行して引き続き無料で構築を行うことができます。月額の無料分を超えた場合にのみ、料金が発生します。

12 か月後、40 を超える常時無料のサービスを引き続き利用できます--今まで通り、月次の無料枠を超えても、発生するのは使用した分の料金のみです。

Azure Functions で成果を挙げているお客様の事例をご覧ください

開発速度の向上

Zeiss が Functions を選択したのは、宣言型バインドを使用したシンプルなプログラミング モデルが理由でした。これにより、書き込むコードの行数を減らすことができました。

Zeiss

サーバレス アプローチによる時間とコストの節約

分析 SaaS プロバイダーである Inlitix は、即座にスケーリングし、サーバーレス コンピューティングを使用して、より高速でコスト効率の高いサービスを顧客に提供します。

Inlitix

インフラストラクチャの管理なしでスケーリングを実現する

PWC は、規制義務ナレッジ マイニング ソリューション用のスケーラブルな API を作成するために Functions を使用しました。

PWC

サービスの統合にかかる時間を短縮

Hotailors は、Functions を使用することで、同じ時間で 3 倍の新規サプライヤーを統合することができました。

Hotailors

コミュニティと Azure サポート

Twitterで Azure Functions をフォローします。Stack Overflow で、Microsoft のエンジニアや Azure コミュニティの専門家に質問したり、サポートを受けたりします。GitHub でサンプルとリポジトリを見つけます。

Functions を使用して次のソリューションを構築

Node.js またはMicrosoft .NET を使用したサーバーレス API

静的な Web サイトや単一ページのアプリケーション用のサーバーレス Web アプリケーション

イベント駆動型のシナリオ向けのサーバーレス マイクロサービス

サーバーレス アーキテクチャを使用した機械学習ワークフロー

ファイルとリアルタイム データ用のサーバーレス データ処理パイプライン

サーバーレスのクラウド自動化とハイブリッド リソース管理

基幹業務アプリ向けのサーバーレス RAD (Rapid Application Development)

Azure Functions の更新プログラム、ブログ、お知らせ

Azure Functions に関してよく寄せられる質問

  • Functions では、C#、JavaScript、F#、Java、Python などの言語のさまざまなレベルのサポートを提供しています。

    サポートされているすべての言語を確認する
  • 従量課金プランと App Service プランの Functions アプリは、99.95% の時間、実行または利用できます。

    Functions の完全な SLA を確認する
  • Functions は、従量課金プラン、Azure App Service プラン、Premium プランの各モードで実行できます。

    各プランのホスティングとスケーリングを比較する
  • トリガーとバインドを使用することで、Azure Blob Storage や Azure Cosmos DB などの他のサービスへのアクセスのハードコーディングを回避できます。トリガーは関数を実行させるものであり、バインドは関数を別のリソースに接続する宣言です。

    Functions でサポートされるすべてのトリガーとバインドを確認する
  • 任意のコード エディターと開発ツールを使用して、ローカル マシン上で関数を作成し、テストします。ローカル関数をライブ Azure サービスに接続し、完全な Functions ランタイムを使用してローカル コンピューター上でデバッグします。ローカル コンピューター上で関数を開発するための要件は、使用するプログラミング言語とツールによって異なります。

    ローカル開発環境を確認する

準備が整ったら、Azure の無料アカウントを設定しましょう。

どのようなご用件ですか?