Live and On-demand Streaming

事実上すべてのデバイスに大規模にコンテンツを配信

1 回のエンコードで、どこへでもストリーム配信が可能

Azure Media Services によるジャストインタイムのパッケージ化と暗号化により、クロスプラットフォーム コンテンツ配信がシンプルになり、コストを抑えられます。この組み合わせは、エンコードの新しい形式やバージョンが登場したとしてもライブラリの再構築は必要ないため、将来も使い続けることが可能です。

あらゆる規模の対象ユーザーにも対応できるスケーラブルなストリーミング

Media Services は、2014 年 FIFA ワールドカップや 2014 年ソチ冬季オリンピックなどの世界規模の大きなイベントを Web キャストで配信してきました。大規模イベントでこれまでにない最高レベルのグローバルなストリーミングを行いたい場合でも、小規模の地元のイベントのためにコスト効率の良いソリューションが必要な場合でも、Media Services はあらゆる規模の対象ユーザーに対応できます。

クラウド完全対応の DVR ワークフロー機能

ライブ リニア ストリームからオンデマンド資産を瞬時に作成し、ライブ アーカイブの先頭や末尾から不要なコンテンツをトリミングして、ライブ ストリームからクリップを作成し、すぐに公開することができます。Media Services の DVR ワークフロー機能により、オンデマンド資産の製品化までにかかる時間が短縮され、コストも削減されます。

すべての画面サイズに対応した 1 セットのエンコーダー

Media Services の機能である動的マニフェストでは、あらゆるデバイスで必要とされる品質レベルや解像度を備えたアセットを 1 つ用意し、デバイスのプロファイルに合わせてフィルター処理することが可能です。解像度、ビット レート、コーデックによってフィルター処理することで、各画面サイズに合わせて最適化されたストリーミング資産を動的に作成できます。

柔軟な収益化オプション

DRM 全体の強制およびサブスクライバー認証が必要なサブスクリプション モデルを使用している場合も、動的な広告挿入とより軽い暗号化を使用している場合も、Media Services はユーザーのビジネス ニーズに応えます。

メディア ソリューションをすぐに作成