Heineken はクラウドを活用したグローバル マーケティング キャンペーンで
10,500,000 人ものコンシューマーにリーチ

ケース スタディを読む
Heineken

ワールド クラスの企業による革新的な事例をご覧ください

現在 164 件のケース スタディが公開されています

以下のカテゴリを選択し、検索を絞り込む

各部署で別々に運用されていた大学の基幹システムをクラウドに統合。トータル コストや運用負荷を低減させ、情報の一元化による業務効率と学生サービスの向上を実現

学校法人 享栄学園 鈴鹿大学・鈴鹿大学短期大学部

享栄学園は、鈴鹿大学の郡山キャンパスに鈴鹿短期大学 (現在の鈴鹿大学短期大学部) を統合させるのに伴い、組織統合や事務機能の見直しを行い、大学と短大で使っていた異なるシステムを統合することを検討。学務システムを Microsoft Azure をプラットフォームに採用している「キャンパスプラン for Azure」に統合することによって、運用の手間を低減し、学生満足度の向上を目指しています。
SAP ERP の開発検証環境を Azure 上に移行。グローバル ビジネスを ICT 面で支援するためのアジリティを獲得し、本番機としての Azure 活用も目指す

オイレス工業株式会社

世界に 10 か所以上の拠点を持つ同社にとって、全拠点における業務とワークフローを標準化する ERP は、きわめてミッション クリティカル性の高いシステムとなります。同社はパブリック クラウドの活用を選択肢に据えた ICT 基盤の移行を計画。高い信頼性を評価し、ERP の開発検証環境を Microsoft Azure へ移行し、オンプレミスに残すシステムの DR サイトとしても Azure を活用しています。
安定性、利便性、セキュリティに優れた Enterprise Mobility + Security の導入により、モバイル活用のさらなる発展とアジリティ向上を実現

丸紅株式会社

同社では MDM/MAM (モバイル デバイス、アプリケーション管理) プラットフォームとして、クラウド サービスである Microsoft Intune を採用。さらに、Microsoft Advanced Threat Analytics (ATA) や Azure Active Directory Premium (AADP) の採用検討も含め、同社のモバイル活用は今後、強靭なセキュリティのもといっそうの発展を遂げていきます。
ギフト業務向けクラウド サービスの提供基盤を自社仮想環境から Microsoft Azure へ移行。よりセキュアかつ利便性の高いサービスへのリニューアルを実現

株式会社セゾン情報システムズ

同社は「GIFT クラウドサービス」について、全面的なサービス リニューアルを実施。提供基盤を従来の自社仮想環境から Microsoft Azure へと移行し、よりセキュアかつ利便性の高い「STORES-GIFT」として、新たに提供を開始しました。わずか 3 か月という短期間でシステムの再構築を完了。「料金体系」と「利便性」、「セキュリティ」の改良を実現し、約 50% もの運用工数の削減を実現しました。
Microsoft Operations Management Suite により稼働状況が高度に見える化されたことで、先手を打ったシステム管理とその高次元化を実現

株式会社エイアンドティー

限られた人的リソースでシステムの安定稼動を支えるためには、各システムの障害リスクを迅速に優先順位付けし対応することが求められます。ハイブリット クラウドを採った新たな IT 基盤では、Microsoft Operations Management Suite によって、その障害リスクの見える化を実現。事業継続を支えるための「安定したシステム稼動」に大きく貢献しています。
Microsoft Azure 上で基幹システムを構築し IT を積極的に活用。科学的かつシステマティックなアプローチで家事代行サービスに変革をもたらす

株式会社カジタク

イオン グループにおける生活支援サービス企業として、業界に変革をもたらし続けている同社のアプローチを支える基幹系システムは、Azure 上で構築/運用されています。またビジネスの急成長に対応しやすいスケーラビリティや、他のクラウド サービスとの連携が容易なオープンな設計を高く評価。今後も最先端の IT を積極的に活用することで、日常生活のインフラ企業になることを目指されています。
事業継続性とセキュリティ レベルの向上に加え、運用工数、コストの大幅な削減を実現

愛知みなみ農業協同組合

愛知みなみ農業協同組合は、自然災害の発生といった緊急時においても農家の支援を継続できるよう、従来オンプレミスで運用していた IT 基盤の見直しを実施。優れた信頼性とセキュリティを評価し、Microsoft Azure によるハイブリッド クラウド環境の構築を決定しました。新たな IT 基盤は、事業継続性やセキュリティ レベルの向上に加え、運用工数とコストの大幅な削減をもたらしています。
次世代植物工場研究の最前線から、農業の未来を支える「スマート農業」の確立へ。Microsoft Azure を活用したソリューションを活用し、研究活動を加速

大阪府立大学

大阪府立大学 地域連携研究機構 植物工場研究センターでは、コンソーシアム企業とのコラボレーションによって、完全人工光型植物工場に必要な要素技術の総合的な研究・開発が進められています。その一環として、Microsoft Azure をプラットフォームとして活用した温室内環境遠隔モニタリングシステム「みどりクラウド」を活用し、"スマート農業" の実践に貢献する共同研究が進められています。
個人情報の厳格な保護を求める「お客様の声」と、仕事を、より円滑に進めたい「社員の潜在需要」を満たすため、スマートフォン + クラウド活用へ

株式会社オオサキ

同社は創業以来 32 年、水道工事を中心とした事業活動を地域に密着して展開しています。2016 年 4 月から「どうすれば、現場の社員にも喜ばれるか?」という視点から現場業務を再把握し、「情報セキュリティのあり方」を模索。その結果たどり着いたのが、マイクロソフトのクラウド サービスを活用し、スマートフォンからメールやスケジュール、各種ドキュメントを閲覧・編集する方法でした。
Xamarin.Forms と Azure Mobile Engagement によって、新機軸を打ち出したモバイル向けイベント アプリを開発クロス プラットフォーム開発を効率化でき、プッシュ型情報配信の組み込みも容易に

株式会社ジェーエムエーシステムズ

同社では Xamarin を活用し、2016 年 9 月に開催された「Microsoft Foresight」のイベント アプリの開発を行いました。開発環境として Xamarin.Forms を選択し、9 割近くのソース コードをプラットフォーム間で共通化。また、このアプリを拡張した「Microsoft Tech Summit」向けのアプリも開発。検証を繰り返し、機能強化を進めて、高品質で使いやすいモバイル アプリを実現しています。

無料アカウント

今すぐサインアップして $200 の Azure クレジットを手に入れましょう

今すぐ利用を開始する

Visual Studio

サブスクライバーは 1 年ごとに最大 $1800 までの Azure サービスが利用できます。

今すぐアクティブ化

スタートアップ

BizSpark プログラムに参加して、Azure サービスを無料で利用しましょう

詳細情報