CarMax、1600 万人のサイト利用者に実店舗のカスタマー エクスペリエンスをクラウドで提供

ケース スタディを読む

ワールド クラスの企業による革新的な事例をご覧ください

現在 211 件のケース スタディが公開されています

以下のカテゴリを選択し、検索を絞り込む

フィンテック企業が Linux で SQL Server のパフォーマンスとスケーラビリティを取得

dv01, Inc.

同社の財務報告および分析プラットフォームは、機関投資家に消費者金融市場の透明性と洞察力を提供します。当初、PostgreSQL と Redshift データ ウェアハウスをベースにしていた dv01 のアプリケーションは、複雑さが増すにつれて動作が遅くなり始めました。複数のソリューションを検討した結果、dv01 では最終的に Azure 仮想マシン上で動作する SQL Server 2016 に移行。この結果、急激な成長への対応に必要なスケーラビリティを実現し、クエリの応答時間を 30 秒から 1 ~ 2 秒に短縮、管理時間を 90% 削減しました。
モノとネットをつなぐ「スマートプレート」を事業展開、そのバックエンドの基盤を AWS から Azure へと移行

株式会社アクアビットスパイラルズ

同社ではサービス提供のクラウド基盤を、Microsoft Azure へと移行しつつあります。きっかけになったのは、サービス提供を通じて収集されたデータの分析に、Power BI を採用したことでした。その後、Azure Machine Learning の活用もスタート。データ分析にマイクロソフト テクノロジーを利用するのであれば、データを生成するサービス基盤そのものも、Azure へと移行すべきだと判断されたのです。
海洋ゴミをはじめ、世界各地で深刻な脅威となっている「ゴミのポイ捨て問題」の解決へ! 問題の深刻度を測る "世界基準" の確立に向けて、ディープラーニングを活用

株式会社ピリカ

同社は、2011 年に京都大学の研究室から生まれたベンチャー企業です。「IT を活用して、環境問題の解決に取り組む方法」を模索して、同年 5 月にゴミ拾い SNS 「ピリカ」を公開。現在では年間数千万個のゴミが自主的に拾われるコミュニティが育っています。そして 2015 年には、ゴミのポイ捨て問題の根本的な解決に近づくために、ディープラーニングを活用した調査・分析システム「タカノメ」を開発。このシステムを、世界中で、より安価に、より効率よく活用してもらうための改良に活用されているのが Microsoft Azure と Cognitive Toolkit です。
SQL Server をコア テクノロジーとした経営管理システム Sactona の導入により、経営計画に要する時間を 1/3 に削減。Azure SQL Data Warehouse 上に構築したデータ分析基盤と連携することで、サービス品質の向上に向けた「未来予測」も進める

イオンペット株式会社

経営部門や事業部門における従来の意思決定は、どうしてもそれを行う人間の "勘" や "経験" にアウトプットが大きく左右されてきました。しかし今では、膨大なデータを統合的に分析することにより、システムが与えてくれる「未来予測」のもと、正確な意思決定が下せるようになりつつあるのです。しかし、これを進めるうえでは、往々にして「膨大なデータをいかにして収集するか」が大きな壁として立ちはだかります。イオンペット株式会社では、データ分析基盤として Azure SQL Data Warehouse を、そして Microsoft SQL Server をコア テクノロジーとする経営管理システム Sactona を利用することで先の壁を乗り越え、未来予測の取り組みを推進しています。
クルマの価値を "⼿段" から "目的" へと変える、Honda のカー シェア スタイル レンタカー サービス。Microsoft Azure が、同サービスの安定稼動と発展を⽀える

本田技研工業株式会社

自動車の世界市場が勢いを増す一方、国内市場は都市部を中心に自動車普及率が縮小傾向にあります。そのような中、世界有数の自動車メーカーとして存在感を放ち続ける本田技研工業株式会社 (以下、Honda) では、販売店との Win-Win の関係を継続するための取り組みに注力しています。その 1 つとして挙げられるのが、カー シェア スタイルのレンタカー サービス「Honda Cars スムーズレンタカー」です。「ユーザーが Honda の先進創造を実感できるクルマを気軽に体験できる」という機会を提供する同サービスは、乗車の楽しみを味わってもらうことで、クルマの価値を "手段" から "目的" へと変革していくことを目指しています。国内の市場開発という大きな命題を持つ Honda Cars スムーズレンタカー。その提供基盤に Microsoft Azure が採用されています。
eコマースの挑戦者が首位の座を見据え、Microsoft Azure で運営

Jet.com Inc.

Marc Lore 氏は、最終的には Amazon に売却された Diapers.com という有名な eコマース サイトの創設者として、よく知られています。現在、Lore 氏らは Jet.com という革新的なオンラインのマーケット プレイスを立ち上げ、デジタル小売業の巨大企業に正面から立ち向かっています。開発や配送インフラを含む包括的な eコマース プラットフォームを迅速に立ち上げ運営するため、Jet.com は .NET とオープンソース テクノロジーの両方が活用できる Microsoft Azure を基盤として採用しました。
最先端の技術を使った世界初の飲食店サービスを Azure 上に展開。注文や支払いの手間をなくし、データ分析によるプロモーションも実現

ボクシーズ株式会社

同社が提供する「Putmenu」によって、飲食店は注文業務と会計業務を減らし、業務効率化と売上増を期待することができ、来店するお客様は、店の混雑状況に関わらず瞬時に注文と会計を終えることができます。また、増え続ける訪日観光客に向けて、12 言語に対応していることも大きな特長となっています。同社では、この Putmenu のインフラとして Microsoft Azure を採用。多言語化に Microsoft Translator Text API を利用しており、飲食店のマーケティング支援のために将来的に Azure のさまざまな機能を使うことも考えています。
超大容量データを高速転送する「DIRECT! EXTREME」の提供を開始。サービス基盤に Azure を採用することで安定的な転送速度を実現

日本ワムネット株式会社

「WAM!NET Direct!」を高度化する要求に応えるため、同社はその後継サービスとなる「DIRECT! EXTREME」の提供を開始。このサービス基盤として採用されているのが Microsoft Azure です。これにより高速なだけではなく、安定したデータ転送を実現。オート スケール機能と連携し負荷変動への自動対応も実現しています。またライセンス形態として CSP を採用することで、コスト超過となるリスクも回避。将来は Azure が提供する機械学習やデータ分析機能などを活用し、さらなる付加価値を提供することも視野に入っています。
Azure App Service on Linux のモビリティの高さを活用し、手間を 1/10 に削減できるクラウド経費精算システムのバックエンドを Heroku と AWS から Azure へ移行

クラウドキャスト株式会社

クラウド型経費精算サービス「Staple (ステイプル)」を提供している同社は、以前はすべての機能を他社クラウド上で動かしていましたが、最新バージョンでは、一部の機能を Microsoft Azure へと移行しています。この移行を決意させたのが、「Azure App Service on Linux」と「Azure Database for PostgreSQL」の発表でした。Azure への移行によってオート スケール機能が利用可能になり、Docker コンテナによるマイクロ サービス化も実現。マイクロソフトとの協業によるビジネス拡大も期待されています。
ニーズは、春と秋の 2 回のみ! 大学教科書販売をより円滑にサポートするオンライン サービスを、クラウド活用によって "スピーディー" かつ "コンパクト" に開発・運用!

株式会社三省堂書店

創業以来 1 世紀以上にわたって、時代の知的欲求に応え続けてきた株式会社三省堂書店は、デジタル化が加速度的に進む今も、お客様のニーズに積極的に応え続けています。そして、2017 年 4 月からは、大学における学生サービスのニーズを受けて、年 2 回の教科書販売を円滑化するために新しいオンライン サービスの提供を開始しています。そして、年間のごく限られた期間だけ利用されるこのサービスを、短期間に、最小限のコストで開発するために最適なサービス提供基盤として選ばれたのが、Microsoft Azure でした。

無料アカウント

$200 の Azure クレジットを取得して、人気のサービスを 12 か月無料でご利用ください。

無料で始める

Visual Studio

サブスクライバーは 1 年ごとに最大 $1800 までの Azure サービスが利用できます。

今すぐアクティブ化

スタートアップ

BizSpark プログラムに参加して、Azure サービスを無料で利用しましょう

詳細情報