CarMax、1600 万人のサイト利用者に実店舗のカスタマー エクスペリエンスをクラウドで提供

ケース スタディを読む

ワールド クラスの企業による革新的な事例をご覧ください

現在 200 件のケース スタディが公開されています

以下のカテゴリを選択し、検索を絞り込む

人工知能を研究助手として、ライフサイエンス研究を加速! 誰でも研究画像の高度な解析が行える革新的なプラットフォームを、クラウドサービスとして提供

エルピクセル株式会社

同社は、2014 年 3 月に、東京大学の研究室の 3 名が設立した大学発ベンチャー企業です。「21 世紀はライフサイエンス × IT の時代」というスローガンの下、独自の画像解析に関する知識と経験を活かし、研究者支援アプリケーション等を提案しています。そして、2017 年 6 月には "AI (人工知能) を研究助手として活用する" 革新的な画像解析プラットフォーム「IMACEL」をリリースしています。そして、この「IMACEL」のサービス提供基盤として採用されているのが、Microsoft Azure なのです。
第二創業期と据えた中期経営計画を進めるゴルフダイジェスト・オンライン。ビジネス スピードの加速に追従すべく、SAP ERP 環境に Azure を採用した IT 基盤のフル クラウド化を実施

株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン

2017 年現在、国内ゴルフ市場は縮小傾向にある状況を鑑みて、同社は 2016 年より、「GDO NEXT from Scratch」と称する中期経営計画を推進。従来の枠組みにとらわれない新たなビジネスの創造を目指しています。同計画では、ビジネス スピードをこれまで以上に加速するとともに、その速度へ IT 側が追従するための IT 基盤整備も必要となります。この基盤整備において株式会社ゴルフダイジェスト・オンラインが選択したのが、SAP ERP 環境に Microsoft Azure を採用した、IT 基盤のフル クラウド化です。
多忙感を解消し、教員が教育活動に専念できる環境づくりを目指す。Microsoft Azure をプラットフォームとする教育クラウドを市で整備、運用することで、教育と校務の情報化と、教員の働き方改革を推進

西条市教育委員会

同市では、教育クラウドという構想のもと、教育委員会が各校の ICT を統合管理する体制を敷くことによって、サービスの安定提供を実現しています。 同市が提供する教育クラウドのユニークな点は、教育用システムだけでなく、校務を支援するシステムもそこで運用していることです。成績情報を取り扱う背景から、プラットフォームにはきわめて高い水準のセキュリティが求められます。愛媛県西条市では、マイクロソフトの Microsoft Azure を採用することで、安定かつセキュアな環境のもとでサービスを提供しています。
2017 冬季アジア札幌大会情報システムに Azure を採用。コストを抑えたシステム運用を実現、Web アクセス増にも柔軟に対応。

第8回札幌アジア冬季競技大会組織委員会

2017 冬季アジア札幌大会では、競技大会情報システムにパブリック クラウドを採用し、アジア競技大会で初めてクラウド コンピューティングを利用したケースとして、大きな注目を集めました。第8回札幌アジア冬季競技大会組織委員会では、準備を含めても短期間のイベントであることやスケーリングの柔軟性、コストなどを考え、大会の運営に必要な競技管理システムや競技結果配信システム、競技映像のストリーミングなどを行う情報システムの基盤として Microsoft Azure を採用。大会を円滑に運営し、成功させました。
日本のサービス産業にイノベーションを! ディープラーニングに必要な環境をクラウドでスピーディーに整え、大学の枠を超えた "文理融合" の共同研究を実施。

明治大学

明治大学 総合数理学部 ネットワークデザイン学科 機械学習システム研究室 (櫻井 義尚 准教授) では、明治大学が 2015 年 1 月から女性研究者支援の一環として運用している「研究サポーター制度」を活用したことをきっかけにして、大学と研究分野の枠を超えた "文理融合" の共同研究を本格的にスタート。"テーマパークにおけるホスピタリティ" を学ぶ西武文理大学の学生たちと共に、日本のサービス産業のイノベーションに貢献するための研究に取り組んでいます。
従来型に比べ低コストで導入しやすいバス ロケーション システムを Azure 上で実現。少子高齢化が進む地域でもバス利用者の利便性向上を目指す。

国際東北グループ

同グループではバス利用者の利便性をさらに高めるため、新世代のバス ロケーション システムの実証実験が行われています。そのために導入されたのが、アーティサン株式会社が開発した「バス予報」。最新技術を積極的に活用することで、従来型システムに比べてはるかに低コストでの導入を可能にしています。このシステムの基盤としては Microsoft Azure を採用。システムの低コスト化や立ち上げの迅速化、スピーディな改善プロセスなどを実現するうえで、重要な役割を果たしています。
シリーズ販売本数が 7,800 万本を超える「バイオハザード」。そのユーザー体験を拡大する Web サービス「RESIDENT EVIL.NET」のゲーム基盤に Azure を採用することで、秒間 500 件もの I/O にも耐えうる環境を整備

株式会社カプコン

同社が注力するのは、「ゲームを楽しんでいるユーザー」に向けた Web 活用です。2010 年という早期からこれに取り組んできた同社では、2017 年、秒間 500 件もの I/O にも対応できる拡張性を確保すべく、Web サービスの提供基盤をパブリック クラウドへ移行します。PaaS による拡張性とゲーム基盤としての親和性、そして対応力を評価して同社が採用したのは、マイクロソフトが提供する Microsoft Azure と株式会社インターネットイニシアティブが提供する IIJ GIO を組み合わせたマルチ クラウドでした。
電子カルテのクラウド サービス化で Azure を採用。中小規模の医療機関の電子カルテ導入を促し、地域医療連携や医療介護連携を目指す。

株式会社シーエスアイ

同社では、プライベート クラウドやデータ センターを利用したクラウド サービスを構築するのは、初期投資コストや 5 年ごとの更新コストの面で非現実的と判断し、パブリック クラウドをインフラとしたクラウド サービスを展開することを決意。医療向けのガイドラインを遵守してセキュリティ面で信頼性が高く、国内に東西 2 か所のデータ センターを持つ Microsoft Azure を採用し、「MI・RA・Is/PX For Cloud」としてサービスを開始しています。
街が日々生みだす膨大なデータを、Microsoft Azure を組み込んだ「IoT ビジネスプラットフォーム」で可視化。データ分析の基盤産業化を目指す、倉敷市の挑戦

倉敷市

同市では、「データ・ドリブン・シティ」という理念のもとで、データの有効活用を推進。加えて、データの収集、分析活動自体の基盤産業化を目指しております。地域のデータ活用を推進する同市の取り組みにおいては、「現場でまさにいま起こっていること」をデータ化することが欠かせません。これを収集し、蓄積するプラットフォームとして倉敷市が選んだのは、Microsoft Azure を基盤に提供する、日本ユニシスの「IoT ビジネスプラットフォーム」でした。
大学本来の価値を向上させる "研究 IR" 実践に向け、膨大な情報資産を多様な書式・形式のまま管理し、分析・活用する画期的な情報基盤を、クラウドで実現

国立大学法人 岐阜大学

同大学では、「2025 年問題」(団塊世代が 75 歳以上となる超高齢化社会の到来) を見据えた 10 か年計画 "岐阜大学の将来ビジョン" に取り組んでいます。このビジョンに基づき、「研究力の強化」といった大学本来の価値を高めるため、同学は大学 IR に力を入れています。その実現のために、クラウド サービスと先進のテクノロジー利用による画期的な情報基盤の構築・活用が今、進められています。

無料アカウント

$200 のクレジットで学習と開発ができ、継続は無料です

無料で始める

Visual Studio

サブスクライバーは 1 年ごとに最大 $1800 までの Azure サービスが利用できます。

今すぐアクティブ化

スタートアップ

BizSpark プログラムに参加して、Azure サービスを無料で利用しましょう

詳細情報