Batch の価格

クラウド規模のジョブ スケジュール設定とコンピューティング管理

Azure Batch は、ジョブのスケジュール設定とクラスター管理を提供して、アプリケーションやアルゴリズムを大きな規模で同時に実行できるようにします。

Batch 自体は無料でご利用いただけます。バッチのジョブの実行に消費される、基盤となるコンピューティングやその他のリソースにのみ料金が発生します。また、該当するソフトウェア ライセンス料金も発生します。コンピューティングでは、Batch によって Cloud Services、Linux Virtual Machines または Windows Virtual Machines を使用できます。コンピューティングの通常の料金が適用されます。この料金は以下で確認できます。また、バッチのグラフィックスとレンダリングのソフトウェア ライセンス料金も以下でご覧いただけます。また、Batch では低優先度の仮想マシン (VM) の使用も可能です。Azure Batch サービスをユーザー サブスクリプション プール アプリケーション モードで使用している場合に、Reserved Virtual Machine Instances を利用できます。

Batch 内の低優先度 VM

低優先度の VM は、通常の VM よりも格段に安い料金で利用でき、一定のワークロードのランニング コストを大幅に削減したり、同じコストで、より大きな規模でより多くの作業を実施したりできます。ただし、低優先度の VM の特性は異なり、特定のタイプのアプリケーションやワークロードにしか適していません。低優先度の VM は余剰容量から割り当てられるため、可用性が異なります。割り当てられる VM がない場合や、割り当てられた VM が優先度が上位の割り当てによって割り込まれる場合もあります。このため、通常の VM の可用性 SLA は、低優先度の VM には適用されません。

アプリケーションでの中断が許容できる場合、低優先度の VM を使用すればコンピューティングのコストを大幅に抑えることができます。低優先度の VM には、バッチの処理や HPC のジョブといった、多くの非同期タスクに作業が分割されるワークロードが適しています。VM が割り込まれた場合、タスクが中断され再実行されます。容量が低下した場合は、ジョブの完了時間も長くなります。低優先度の VM は、最初は Azure Batch からのみ使用できます。Azure Batch では、バッチ処理のワークロードに対してジョブのスケジュール設定やリソース管理を行えます。Azure Batch プールには、通常の VM と低優先度の VM の両方を含めることができます。低優先度の VM が割り込まれた場合、中断されたタスクはすべて再度キューに登録されます。その後、プールが失った容量を自動的に置き換えようとします。

仮想マシンの料金は、1 秒ごとに分単位で切り捨てられて請求されます。


汎用

バランスのとれた CPU 対メモリ比。 テストと開発、小~中規模のデータベース、および低~中程度のトラフィックの Web サーバーに最適です。

Av2 Standard

Av2 Standard は A シリーズ仮想マシンの最新世代で、同程度の性能の CPU と、高速になったディスクを搭載しています。これらの仮想マシンは、開発ワークロード、テスト サーバー、ビルド サーバー、コード リポジトリ、低トラフィックの Web サイトと Web アプリケーション、マイクロ サービス、初期の製品検査、小規模データベースに適しています。以前の A Standard 世代と同様に、Av2 仮想マシンでは追加料金不要で負荷分散と自動スケールを利用できます。

追加
見積もり
インスタンス vCPU メモリ 一時
ストレージ
従量課金制
(低優先度)
従量課金制
(中優先度)
1 年予約
(% 割引)
3 年予約
(% 割引)
A1 v2 1 2 GiB 10 GiB $- $- – – Blank – – Blank
A2 v2 2 4 GiB 20 GiB $- $- – – Blank – – Blank
A2m v2 2 16 GiB 20 GiB $- $- – – Blank – – Blank
A4 v2 4 8 GiB 40 GiB $- $- – – Blank – – Blank
A4m v2 4 32 GiB 40 GiB $- $- – – Blank – – Blank
A8 v2 8 16 GiB 80 GiB $- $- – – Blank – – Blank
A8m v2 8 64 GiB 80 GiB $- $- – – Blank – – Blank

Reserved Virtual Machine Instances は、現在 Av2 シリーズではご利用になれません。

D2-64 v3 最新世代

D2-64 v3 インスタンスは、2.4 GHz Intel Xeon® E5-2673 v3 (Haswell) プロセッサと 2.3 GHz Intel Xeon® E5-2673 v4 (Broadwell) プロセッサの両方で動作する、最新世代のハイパースレッド汎用インスタンスです。Intel Turbo Boost Technology 2.0 により、Dv3 は最大 3.5 ギガヘルツ (GHz) まで高速化できます。Dv3 シリーズの各サイズにより、ほとんどの運用環境のワークロードに最適な vCPU、メモリ、ローカル ディスクの組み合わせが提供されます。

追加
見積もり
インスタンス vCPU メモリ 一時
ストレージ
従量課金制
(低優先度)
従量課金制
(中優先度)
1 年予約
(% 割引)
3 年予約
(% 割引)
D2 v3 2 8 GiB 50 GiB $- $- $- $-
D4 v3 4 16 GiB 100 GiB $- $- $- $-
D8 v3 8 32 GiB 200 GiB $- $- $- $-
D16 v3 16 64 GiB 400 GiB $- $- $- $-
D32 v3 32 128 GiB 800 GiB $- $- $- $-
D48 v3 48 192 GiB 1,200 GiB $- $- $- $-
D64 v3 64 256 GiB 1,600 GiB $- $- $- $-

D2s-64s v3 最新世代

Dsv3 シリーズは、Premium Storage をサポートし、2.4 GHz Intel Xeon® E5-2673 v3 (Haswell) プロセッサと 2.3 GHz Intel Xeon® E5-2673 v4 (Broadwell) プロセッサの両方で動作する、最新世代のハイパースレッド汎用インスタンスです。Intel Turbo Boost Technology 2.0 により、Dsv3 は最大 3.5 ギガヘルツ (GHz) まで高速化できます。Dsv3 シリーズの各サイズにより、ほとんどの運用環境のワークロードに最適な vCPU、メモリ、一時ストレージの組み合わせが提供されます。

Dsv3 サイズの VM の料金および課金の計算方法は、Dv3 シリーズと同じです。固定ストレージ ディスクは、仮想マシンとは別に課金されます。ディスクの料金をご確認ください

追加
見積もり
インスタンス vCPU メモリ 一時
ストレージ
従量課金制
(低優先度)
従量課金制
(中優先度)
1 年予約
(% 割引)
3 年予約
(% 割引)
D2s v3 2 8 GiB 16 GiB $- $- $- $-
D4s v3 4 16 GiB 32 GiB $- $- $- $-
D8s v3 8 32 GiB 64 GiB $- $- $- $-
D16s v3 16 64 GiB 128 GiB $- $- $- $-
D32s v3 32 128 GiB 256 GiB $- $- $- $-
D48s v3 48 192 GiB 384 GiB $- $- $- $-
D64s v3 64 256 GiB 512 GiB $- $- $- $-

D1-5 v2

D1-5 v2 インスタンスは、2.4 GHz Intel Xeon® E5-2673 v3 (Haswell) プロセッサまたは 2.3 GHz Intel Xeon® E5-2673 v4 (Broadwell) プロセッサをベースとしており、Intel Turbo Boost Technology 2.0 の使用により 3.1 GHz まで高速化できます。D1-5 v2 インスタンスはほとんどの実稼働アプリケーションに、CPU、メモリ、ローカル ディスクの強力なコンビネーションを提供します。

追加
見積もり
インスタンス vCPU メモリ 一時
ストレージ
従量課金制
(低優先度)
従量課金制
(中優先度)
1 年予約
(% 割引)
3 年予約
(% 割引)
D1 v2 1 3.5 GiB 50 GiB $- $- $- $-
D2 v2 2 7 GiB 100 GiB $- $- $- $-
D3 v2 4 14 GiB 200 GiB $- $- $- $-
D4 v2 8 28 GiB 400 GiB $- $- $- $-
D5 v2 16 56 GiB 800 GiB $- $- $- $-

DS1-S5 v2

固定ストレージ ディスクは、仮想マシンとは別に課金されます。Premium Storage ディスクを使用するには、Dsv2 という種類の仮想マシンを使用してください。Dsv2 サイズの料金および課金の計算方法は、Dv2 シリーズと同じです。ディスクの料金をご確認ください

追加
見積もり
インスタンス vCPU メモリ 一時
ストレージ
従量課金制
(低優先度)
従量課金制
(中優先度)
1 年予約
(% 割引)
3 年予約
(% 割引)
DS1 v2 1 3.5 GiB 7 GiB $- $- $- $-
DS2 v2 2 7 GiB 14 GiB $- $- $- $-
DS3 v2 4 14 GiB 28 GiB $- $- $- $-
DS4 v2 8 28 GiB 56 GiB $- $- $- $-
DS5 v2 16 56 GiB 112 GiB $- $- $- $-

DC シリーズ プレビュー

DC シリーズは、Azure の仮想マシンの新しいファミリであり、パブリック クラウドで処理中のデータおよびコードの機密性と整合性を保護するために役立ちます。これらのマシンは、最新世代の 3.7 GHz Intel XEON E-2176G プロセッサと SGX テクノロジによって支援されています。Intel Turbo Boost Technology により、これらのマシンは最大 4.7 GHz まで高速化できます。DC シリーズのインスタンスを使用すると、安全なエンクレーブベースのアプリケーションを構築して、コードやデータを使用中に保護することができます。
追加
見積もり
インスタンス コア メモリ 一時
ストレージ
従量課金制
(低優先度)
従量課金制
(中優先度)
1 年予約
(% 割引)
3 年予約
(% 割引)
DC2s 2 8 GiB 100 GiB $- $- – – Blank – – Blank
DC4s 4 16 GiB 200 GiB $- $- – – Blank – – Blank

Reserved Virtual Machine Instances は、現在 Dc シリーズではご利用になれません。

*プレビュー料金は変更の対象です

D1-4 – v1

D1-4 インスタンスはほとんどの実稼働アプリケーションに、CPU、メモリ、ローカル ディスクの強力なコンビネーションを提供します。永続ストレージが必要な場合は、代わりに "Ds" という種類の仮想マシンを使用し、Premium Storage を別途ご購入ください。Ds サイズの料金および課金の計算方法は、D シリーズと同じです。

追加
見積もり
インスタンス コア メモリ 一時
ストレージ
従量課金制
(低優先度)
従量課金制
(中優先度)
1 年予約
(% 割引)
3 年予約
(% 割引)
D1 1 3.5 GiB 50 GiB $- $- $- $-
D2 2 7 GiB 100 GiB $- $- $- $-
D3 4 14 GiB 200 GiB $- $- $- $-
D4 8 28 GiB 400 GiB $- $- $- $-

A0-7 – Standard

A Standard は、負荷分散と自動スケールを必要とするアプリケーションをサポートします。これらの仮想マシンは、開発ワークロード、テスト サーバー、ビルド サーバー、コード リポジトリ、低トラフィックの Web サイトと Web アプリケーション、マイクロ サービス、初期の製品検査、小規模データベースに適しています。

追加
見積もり
インスタンス コア メモリ 一時
ストレージ
従量課金制
(低優先度)
従量課金制
(中優先度)
1 年予約
(% 割引)
3 年予約
(% 割引)
A1 1 1.75 GiB 70 GiB $- $- – – Blank – – Blank
A2 2 3.5 GiB 135 GiB $- $- – – Blank – – Blank
A5 2 14 GiB 135 GiB $- $- – – Blank – – Blank
A3 4 7 GiB 285 GiB $- $- – – Blank – – Blank
A6 4 28 GiB 285 GiB $- $- – – Blank – – Blank
A4 8 14 GiB 605 GiB $- $- – – Blank – – Blank
A7 8 56 GiB 605 GiB $- $- – – Blank – – Blank

Reserved Virtual Machine Instances は、現在 A シリーズではご利用になれません。

コンピューティングの最適化

高い CPU 対メモリ比。トラフィックが中程度の Web サーバー、ネットワーク アプライアンス、バッチ処理、アプリケーション サーバーに適しています。

Fsv2 シリーズ

Fsv2 シリーズの仮想マシンは、vCPU あたり 2 GiB RAM と 8 GB のローカル一時ストレージ (SSD) をサポートし、コンピューティング集中型のワークロードに最適化されています。F シリーズは、ハイパースレッド対応で、Intel Xeon® Platinum 8168 (SkyLake) プロセッサを基盤としています。このプロセッサは Intel Turbo Boost Technology 2.0 によってシングル コアでターボ クロック速度 3.7 GHz に達し、全コア ターボで最大 3.4 GHz を持続できます。これらの仮想マシンは、バッチ処理、Web サーバー、分析、ゲームなどのシナリオに適しています。

追加
見積もり
インスタンス vCPU メモリ 一時
ストレージ
従量課金制
(低優先度)
従量課金制
(中優先度)
1 年予約
(% 割引)
3 年予約
(% 割引)
F2s v2 2 4 GiB 16 GiB $- $- $- $-
F4s v2 4 8 GiB 32 GiB $- $- $- $-
F8s v2 8 16 GiB 64 GiB $- $- $- $-
F16s v2 16 32 GiB 128 GiB $- $- $- $-
F32s v2 32 64 GiB 256 GiB $- $- $- $-
F48s v2 48 96 GiB 384 GiB $- $- $- $-
F64s v2 64 128 GiB 512 GiB $- $- $- $-
F72s v2 72 144 GiB 576 GiB $- $- $- $-

F シリーズ

F シリーズの仮想マシンは、CPU コアあたり 2 GiB の RAM と 16 GB のローカル ソリッド ステート ドライブ (SSD) をサポートし、コンピューティング集中型のワークロード向けに最適化されています。F シリーズは 2.4 GHz Intel Xeon® E5-2673 v3 (Haswell) プロセッサを基盤としています。このプロセッサは Intel Turbo Boost Technology 2.0 によって最高 3.2 GHz のクロック速度を達成できます。これらの仮想マシンは、バッチ処理、Web サーバー、分析、ゲームなどのシナリオに適しています。

永続ストレージが必要な場合は、代わりに Fs という種類の仮想マシンを使用し、Premium Storage を別途ご購入ください。Fs サイズの料金および課金の計算方法は、F シリーズと同じです。

追加
見積もり
インスタンス コア メモリ 一時
ストレージ
従量課金制
(低優先度)
従量課金制
(中優先度)
1 年予約
(% 割引)
3 年予約
(% 割引)
F1 1 2 GiB 16 GiB $- $- $- $-
F2 2 4 GiB 32 GiB $- $- $- $-
F4 4 8 GiB 64 GiB $- $- $- $-
F8 8 16 GiB 128 GiB $- $- $- $-
F16 16 32 GiB 256 GiB $- $- $- $-

Fs シリーズ

追加
見積もり
インスタンス コア メモリ 一時
ストレージ
従量課金制
(低優先度)
従量課金制
(中優先度)
1 年予約
(% 割引)
3 年予約
(% 割引)
F1s 1 2 GiB 4 GiB $- $- $- $-
F2s 2 4 GiB 8 GiB $- $- $- $-
F4s 4 8 GiB 16 GiB $- $- $- $-
F8s 8 16 GiB 32 GiB $- $- $- $-
F16s 16 32 GiB 64 GiB $- $- $- $-

メモリの最適化

高いメモリ対コア比。 リレーショナル データベース サーバー、中~大規模のキャッシュ、およびメモリ内分析に適しています。

E2-64 v3 最新世代

E2-64 v3 インスタンスは、最新世代のハイパースレッド メモリ最適化インスタンスです。E2-64 v3 インスタンスは、2.3 GHz Intel XEON® E5-2673 v4 (Broadwell) プロセッサをベースとしており、Intel Turbo Boost Technology 2.0 の使用により 3.5 GHz まで高速化できます。E2-64 v3 インスタンスは、メモリへの負荷が高いエンタープライズ アプリケーションに最適です。

固定ストレージ ディスクは、仮想マシンとは別に課金されます。Premium Storage ディスクを使用する場合は、Esv3 という種類の仮想マシンを使用してください。Esv3 サイズの料金および課金の計算方法は、Ev3 シリーズと同じです。ディスクの料金をご確認ください

追加
見積もり
インスタンス vCPU メモリ 一時
ストレージ
従量課金制
(低優先度)
従量課金制
(中優先度)
1 年予約
(% 割引)
3 年予約
(% 割引)
E2 v3 2 16 GiB 50 GiB $- $- $- $-
E4 v3 4 32 GiB 100 GiB $- $- $- $-
E8 v3 8 64 GiB 200 GiB $- $- $- $-
E16 v3 16 128 GiB 400 GiB $- $- $- $-
E20 v3 20 160 GiB 500 GiB $- $- $- $-
E32 v3 32 256 GiB 800 GiB $- $- $- $-
E48 v3 48 384 GiB 1,200 GiB $- $- $- $-
E64i v3 1 64 432 GiB 1,600 GiB $- $- $- 該当なし
E64 v3 64 432 GiB 1,600 GiB $- $- $- $-
1 Azure Compute では、特定のハードウェアの種類に分離される、単一顧客専用の仮想マシン サイズを提供します。これらの仮想マシン サイズは、コンプライアンスや規制上の要件などの要素が関係するワークロードについて、他の顧客からの高いレベルの分離を必要とするワークロードに最適です。

E2s-64s v3 最新世代

ESv3 シリーズ インスタンスは、2.3 GHz Intel XEON® E5-2673 v4 (Broadwell) プロセッサをベースとしており、Intel Turbo Boost Technology 2.0 の使用により 3.5 GHz まで高速化が可能で、Premium Storage を使用します。Ev3 シリーズ インスタンスは、メモリへの負荷が高いエンタープライズ アプリケーションに最適です。

固定ストレージ ディスクは、仮想マシンとは別に課金されます。Premium Storage ディスクを使用する場合は、Esv3 という種類の仮想マシンを使用してください。Esv3 サイズの料金および課金の計算方法は、Ev3 シリーズと同じです。ディスクの価格をご確認ください。

追加
見積もり
インスタンス vCPU メモリ 一時
ストレージ
従量課金制
(低優先度)
従量課金制
(中優先度)
1 年予約
(% 割引)
3 年予約
(% 割引)
E2s v3 2 16 GiB 32 GiB $- $- $- $-
E4s v3 4 32 GiB 64 GiB $- $- $- $-
E8s v3 8 64 GiB 128 GiB $- $- $- $-
E16s v3 16 128 GiB 256 GiB $- $- $- $-
E20s v3 20 160 GiB 320 GiB $- $- $- $-
E32s v3 32 256 GiB 512 GiB $- $- $- $-
E48s v3 48 384 GiB 768 GiB $- $- $- $-
E64is v3 1 64 432 GiB 864 GiB $- $- $- 該当なし
E64s v3 64 432 GiB 864 GiB $- $- $- $-
1 Azure Compute では、特定のハードウェアの種類に分離される、単一顧客専用の仮想マシン サイズを提供します。これらの仮想マシン サイズは、コンプライアンスや規制上の要件などの要素が関係するワークロードについて、他の顧客からの高いレベルの分離を必要とするワークロードに最適です。

D11-15 v2

D11-15 v2 インスタンスは、2.4 GHz Intel Xeon® E5-2673 v3 (Haswell) プロセッサまたは 2.3 GHz Intel Xeon® E5-2673 v4 (Broadwell) プロセッサをベースとしており、Intel Turbo Boost Technology 2.0 の使用により 3.1 GHz まで高速化できます。D11-15 v2 インスタンスは、メモリへの負荷が高いエンタープライズ アプリケーションに最適です。D15 v2 インスタンスは、単一の顧客専用のハードウェアに分離されます。

追加
見積もり
インスタンス vCPU メモリ 一時
ストレージ
従量課金制
(低優先度)
従量課金制
(中優先度)
1 年予約
(% 割引)
3 年予約
(% 割引)
D11 v2 2 14 GiB 100 GiB $- $- $- $-
D12 v2 4 28 GiB 200 GiB $- $- $- $-
D13 v2 8 56 GiB 400 GiB $- $- $- $-
D14 v2 16 112 GiB 800 GiB $- $- $- $-
D15 v2 20 140 GiB 1,000 GiB $- $- $- $-

DS11-S15 v2

永続ストレージが必要な場合は、代わりに Dsv2 という種類の仮想マシンを使用し、Premium Storage を別途ご購入ください。Dsv2 サイズの料金および課金の計算方法は、Dv2 シリーズと同じです。

追加
見積もり
インスタンス vCPU メモリ 一時
ストレージ
従量課金制
(低優先度)
従量課金制
(中優先度)
1 年予約
(% 割引)
3 年予約
(% 割引)
DS11 v2 2 14 GiB 28 GiB $- $- $- $-
DS12 v2 4 28 GiB 56 GiB $- $- $- $-
DS13 v2 8 56 GiB 112 GiB $- $- $- $-
DS14 v2 16 112 GiB 224 GiB $- $- $- $-
DS15 v2 20 140 GiB 280 GiB $- $- $- $-

D11-14 – v1

D11-14 インスタンスは、メモリへの負荷が高いエンタープライズ アプリケーションに最適です。永続ストレージが必要な場合は、代わりに "Ds" という種類の仮想マシンを使用し、Premium Storage を別途ご購入ください。Ds サイズの料金および課金の計算方法は、D シリーズと同じです。

追加
見積もり
インスタンス コア メモリ 一時
ストレージ
従量課金制
(低優先度)
従量課金制
(中優先度)
1 年予約
(% 割引)
3 年予約
(% 割引)
D11 2 14 GiB 100 GiB $- $- $- $-
D12 4 28 GiB 200 GiB $- $- $- $-
D13 8 56 GiB 400 GiB $- $- $- $-
D14 16 112 GiB 800 GiB $- $- $- $-

G シリーズ

G シリーズの仮想マシンは Intel® Xeon® プロセッサ E5 v3 ファミリを採用しており、非常に優れたコンピューティング性能によって、特に SAP HANA、SQL Server、Hadoop、DataZen、Hortonworks といった大規模なデータベース ワークロードをサポートします。G5 インスタンスは、単一の顧客専用のハードウェアに分離されます。

永続ストレージが必要な場合は、代わりに GS という種類の仮想マシンを使用し、Premium Storage を別途ご購入ください。GS サイズの価格および請求額の計算方法は、G シリーズと同じです。

追加
見積もり
インスタンス コア メモリ 一時
ストレージ
従量課金制
(低優先度)
従量課金制
(中優先度)
1 年予約
(% 割引)
3 年予約
(% 割引)
G1 2 28 GiB 384 GiB $- $- – – Blank – – Blank
G2 4 56 GiB 768 GiB $- $- – – Blank – – Blank
G3 8 112 GiB 1,536 GiB $- $- – – Blank – – Blank
G4 16 224 GiB 3,072 GiB $- $- – – Blank – – Blank
G5 32 448 GiB 6,144 GiB $- $- – – Blank – – Blank

Reserved Virtual Machine Instances は、現在 G シリーズではご利用になれません。

M シリーズ

M シリーズ仮想マシンは、ハイパースレッドで、Intel® Xeon® E7-8890 v3 2.5 GHz (Haswell) プロセッサが搭載されています。M シリーズは、最大 128 コアと 4.0 TiB のメモリを採用しており、非常に優れたコンピューティング性能によって大規模なメモリ内ワークロードをサポートします。

すべての M シリーズ仮想マシンで、標準またはプレミアムの永続ディスクを使用できます。Ms サイズの料金および課金の計算方法は、M シリーズと同じです。

M シリーズの VM は、SAP HANA OLTP および OLAP ワークロードの SAP によって認定されています。Azure 上の SAP HANA の実行について詳しくは、SAP ソリューションを参照してください。

追加
見積もり
インスタンス vCPU メモリ 一時
ストレージ
従量課金制
(低優先度)
従量課金制
(中優先度)
1 年予約
(% 割引)
3 年予約
(% 割引)
M8ms 8 219 GiB 256 GiB $- $- $- $-
M16ms 16 438 GiB 512 GiB $- $- $- $-
M32ts 32 192 GiB 1,024 GiB $- $- $- $-
M32ls 32 256 GiB 1,024 GiB $- $- $- $-
M32ms 32 875 GiB 1,024 GiB $- $- $- $-
M64ls 64 512 GiB 2,048 GiB $- $- $- $-
M64s 64 1,024 GiB 2,048 GiB $- $- $- $-
M64 1 64 1,024 GiB 7,168 GiB $- $- $- $-
M64ms 64 1,792 GiB 2,048 GiB $- $- $- $-
M64m 1 64 1,792 GiB 7,168 GiB $- $- $- $-
M128s 128 2,048 GiB 4,096 GiB $- $- $- $-
M128 1 128 2,048 GiB 14,336 GiB $- $- $- $-
M128ms 128 3,892 GiB 4,096 GiB $- $- $- $-
M128m 1 128 3,892 GiB 14,336 GiB $- $- $- $-
1 Azure Compute の各仮想マシンには同じ vCPU、RAM に加え、同量の合計ストレージ (ローカル ディスク ストレージ サイズおよび XIO キャッシュ ディスク ストレージ サイズは異なる) が搭載されています。これにより、お客様はワークロード要件に合わせて異なるディスク割り当てを柔軟に選択できます。

最大メモリ最適化

これらの新しい VM サイズは、大量のメモリ、ストレージ、I/O 帯域幅が頻繁に必要となるものの CPU コアの数がそれほど必要ない、データベース ワークロード (SQL Server や Oracle) に最適化されています。これらを利用すれば、VM の vCPU の数を制限してソフトウェア ライセンスのコストを抑えながら、同じメモリ、ストレージ、I/O 帯域幅を維持できます。SQL Server または Oracle に対して請求されるライセンスは、アクティブな vCPU の数に制限されます。その一方で、OS のライセンスが含まれたコンピューティング コストは、"ベースになる vCPU" に基づいた元のサイズのままです。これらの新しい VM サイズを利用すると、お客様のワークロードで、ソフトウェア ライセンスのコストを最適化しながら、同じメモリ、ストレージ、I/O 帯域幅を使用できます。

追加
見積もり
インスタンス アクティブな vCPU /
ベースになる vCPU
メモリ 一時
ストレージ
従量課金制
(低優先度)
従量課金制
(中優先度)
1 年予約
(% 割引)
3 年予約
(% 割引)
M64-16ms 16 / 64 1,750 GiB 2,048 GiB $- $- $- $-
M64-32ms 32 / 64 1,750 GiB 2,048 GiB $- $- $- $-
M128-32ms 32 / 128 3,800 GiB 4,096 GiB $- $- $- $-
M128-64ms 64 / 128 3,800 GiB 4,096 GiB $- $- $- $-

ストレージの最適化

高いディスク スループットと IO。ビッグ データ、SQL、および NoSQL データベースに最適です。

LSv2 シリーズ

Lsv2 シリーズは、2.55 GHz の全コア ブーストと 3.0 GHz の最大ブーストが可能な AMD EPYCTM 7551 プロセッサ上で実行され、高スループット、低待ち時間、直接マッピングされたローカル NVMe ストレージを特長としています。Lsv2 シリーズの VM には、同時マルチスレッド構成で 8 から 80 vCPU のサイズが用意されています。vCPU あたり 8 GiB のメモリ、8 vCPU あたり 1 つの 1.92 TB NVMe SSD M.2 デバイスが用意され、L80s v2 では最大 19.2 TB (10 x 1.92 TB) を使用できます。

追加
見積もり
インスタンス vCPU メモリ 一時
ストレージ
NVMe ディスク
従量課金制
(低優先度)
従量課金制
(中優先度)
1 年予約
(% 割引)
3 年予約
(% 割引)
L8s v2 8 64 GiB 80 GiB 1 x 1.9 TB $- $- $- $-
L16s v2 16 128 GiB 160 GiB 2 x 1.9 TB $- $- $- $-
L32s v2 32 256 GiB 320 GiB 4 x 1.9 TB $- $- $- $-
L48s v2 48 384 GiB 480 GiB 6 x 1.9 TB $- $- $- $-
L64s v2 64 512 GiB 640 GiB 8 x 1.9 TB $- $- $- $-
L80s v2 80 640 GiB 800 GiB 10 x 1.9 TB $- $- $- $-

GPU

負荷の高いグラフィックスのレンダリングやビデオ編集に特化した仮想マシンを、単一または複数の GPU で利用できます。

NC シリーズ

N シリーズの仮想マシンはコンピューティング処理やグラフィック処理の負荷が高いワークロードに最適であり、ハイエンドのリモート視覚化、深層学習、予測分析などのシナリオを通してイノベーションを促進するのに役立ちます。N シリーズの仮想マシンは NVIDIA Tesla を採用したプラットフォームと NVIDIA GRID 2.0 テクノロジを備えており、今日のクラウド環境に対応した最もハイエンドなグラフィック サポートを実現します。また、密結合並列コンピューティングのワークロード向けに最適化された、低待機時間かつ高スループットのネットワーク インターフェイスを搭載した NC24r 構成も利用できます。

追加
見積もり
インスタンス コア メモリ 一時
ストレージ
GPU
従量課金制
(低優先度)
従量課金制
(中優先度)
1 年予約
(% 割引)
3 年予約
(% 割引)
NC6 6 56 GiB 340 GiB 1X K80 $- $- $- $-
NC12 12 112 GiB 680 GiB 2X K80 $- $- $- $-
NC24r 24 224 GiB 1,440 GiB 4X K80 $- $- $- $-
NC24 24 224 GiB 1,440 GiB 4X K80 $- $- $- $-

NCv2 シリーズ

NCv2 シリーズの仮想マシンは GPU 製品ファミリに新たに加わったシリーズで、NVIDIA Tesla P100 GPU を採用しており、人気の NC シリーズの次世代のマシンとなっています。これらの最新の GPU を活用することで、従来の HPC ワークロードでパフォーマンス向上の恩恵を受けることができ、貯留層モデリング、DNA シーケンシング、タンパク質解析、モンテ カルロ シミュレーションといったシナリオに対応できます。これらの新しい GPU は、現在の NC シリーズの 2 倍以上の計算性能を有しています。また、Microsoft のNC シリーズと同様に、石油およびガス、自動車、ゲノミクスなどの高速インターコネクトを必要とするワークロードに対応するために、InfiniBand ネットワークを備えた構成を提供してスケールアウト機能も向上させると共に、単一インスタンスのパフォーマンスも改善されました。また、密結合並列コンピューティングのワークロード向けに最適化された、低待機時間かつ高スループットのネットワーク インターフェイスを搭載した NC24r 構成も利用できます。

追加
見積もり
インスタンス コア メモリ 一時
ストレージ
GPU
従量課金制
(低優先度)
従量課金制
(中優先度)
1 年予約
(% 割引)
3 年予約
(% 割引)
NC6s v2 6 112 GiB 736 GiB 1X P100 $- $- $- $-
NC12s v2 12 224 GiB 1,474 GiB 2X P100 $- $- $- $-
NC24rs v2 24 448 GiB 2,948 GiB 4X P100 $- $- $- $-
NC24s v2 24 448 GiB 2,948 GiB 4X P100 $- $- $- $-

NCv3 シリーズ

NCv3 シリーズの仮想マシンは GPU 製品ファミリに新たに加わったシリーズで、NVIDIA Tesla V100 GPU を採用しており、人気の NC シリーズの次世代のマシンとなっています。これらの最新の GPU を活用することで、従来の HPC ワークロードでパフォーマンス向上の恩恵を受けることができ、貯留層モデリング、DNA シーケンシング、タンパク質解析、モンテ カルロ シミュレーションといったシナリオに対応できます。これらの新しい GPU は、現在の NCv2 シリーズの 1.5 倍以上の計算性能を有しています。また、Microsoft の他の NC シリーズと同様に、石油およびガス、自動車、ゲノミクスなどの高速インターコネクトを必要とするワークロードに対応するために、InfiniBand ネットワークを備えた構成である NC24r v3 を提供してスケールアウト機能も向上させると共に、単一インスタンスのパフォーマンスも改善されました。

追加
見積もり
インスタンス コア メモリ 一時
ストレージ
GPU
従量課金制
(低優先度)
従量課金制
(中優先度)
1 年予約
(% 割引)
3 年予約
(% 割引)
NC6s v3 6 112 GiB 736 GiB 1X V100 $- $- $- $-
NC12s v3 12 224 GiB 1,474 GiB 2X V100 $- $- $- $-
NC24rs v3 24 448 GiB 2,948 GiB 4X V100 $- $- $- $-
NC24s v3 24 448 GiB 2,948 GiB 4X V100 $- $- $- $-

NV シリーズ

N シリーズの仮想マシンはコンピューティング処理やグラフィック処理の負荷が高いワークロードに最適であり、ハイエンドのリモート視覚化、深層学習、予測分析などのシナリオを通してイノベーションを促進するのに役立ちます。N シリーズの仮想マシンは NVIDIA Tesla を採用したプラットフォームと NVIDIA GRID 2.0 テクノロジを備えており、今日のクラウド環境に対応した最もハイエンドなグラフィック サポートを実現します。