ナビゲーションをスキップする

Azure Purview の価格

統合データ ガバナンスでビジネス価値を最大化

Azure Purview は、ハイブリッド データのビジネス価値を最大化させるのに役立つ統合データ ガバナンス サービスです。Purview Data Map を利用すると、データの大規模なスキャンと分類を自動化できます。Purview Data Catalog を利用すると、セルフサービス方式のデータ検出によって BI、分析、AI、ML を高速化できます。

価格オプションの詳細

フィルターを適用して、価格オプションをお客様のニーズに合わせてカスタマイズします。

Azure Purview Data Map

Azure Purview Data Map は、クラウド規模でデータ ガバナンスを管理するための基盤です。Data Map を利用すると、データ資産に関連付けされているメタデータ、系列、分類やその他の注釈が格納されて、Apache Atlas の API、または Data Catalog などの Data Map 上に構築されたアプリケーションを介して、この情報に対する要求が処理されます。Data Map によって処理される要求の例としては、機密としてタグ付けされたデータ資産に対する検索要求や、Data Catalog での系列グラフのレンダリングがあります。

Data Map は、Purview アカウントに登録されているデータ ソースのスキャンによって、クラウド規模で自動的に取り込みを行い、最新の状態を維持することができます。スキャンは、メタデータとコンテンツ検査に基づいてデータを分類するように構成することもできます。Data Map には、データ資産のストレージを最適化するための機能 (リソース セットなど) が組み込まれています。

柔軟な Data Map

By default, a Purview account is provisioned with a Data Map of at least 1 Capacity Unit. 1 Capacity Unit supports requests of up to 25 data map operations per second and includes storage of up to 2 GB of metadata about data assets.

Data Map can scale capacity elastically based on the request load. Request load is measured in terms of data map operations per second. As a cost control measure, a Data Map is configured by default to elastically scale up to a peak of 8 times the steady state capacity.

A data map operation is a create, read, update, or delete of an entity in the Data Map. Examples of an entity include a data asset or a lineage relationship between two data assets. A search request may require multiple operations depending on the assets returned and complexity of the request. Storage size of an entity may vary in size depending on the type of entity and annotations associated with the entity.

Data Map requires an additional Capacity Unit for every 2 GB of metadata storage required. For example, a Data Map with 2 GB of metadata storage is billed at 1 Capacity Unit per hour. If the addition of new data assets increases the size to 2.1 GB, the Data Map is billed at 2 Capacity Unit per hour.

利用できません 料金
容量ユニット $- per 1 Capacity Unit Hour
Free in Preview Starting August 16, 2021 until Further Notice

Note: To encourage trial of the Elastic Data Map, we are providing all customers free usage of Data Map from August 16, 2021 until the end of public preview.


自動スキャンと分類

Data Map の自動取り込みに対する請求はサーバーレスで、スキャンやインジェスト ジョブの時間に基づいて行われます。これらのジョブの時間は、スキャンされるシステムの数、スキャン対象のシステムに含まれているデータ資産、選択する分類の数、スキャンされるシステムのデータの形とパフォーマンスによって異なる場合があります。

スキャンまたはインジェスト ジョブには、メタデータのスキャン、系列の抽出、メタデータまたはコンテンツ検査に基づく分類、Purview クライアント (Azure Data Factory) からのエンティティの自動インジェストなどがあります。これには、Apache Atlas を使用したエンティティの追加や変更は含まれません。それらについては、要求の負荷 (操作数/秒単位) によって決まる容量ユニットに基づいて請求が行われます。

利用できません 料金
オンラインの Power BI の場合 プレビュー段階では無料
オンプレミスの SQL Server の場合 プレビュー段階では無料
他のデータ ソースの場合 1 仮想コア時間あたり $-

メモ:Purview アカウントがプロビジョニングされているサブスクリプション内の管理対象リソースとして、ストレージ アカウントと Azure Event Hubs アカウントが Azure Purview によってプロビジョニングされます。これは、スキャン中のセキュリティ機能の強化をサポートするために必要です。このことにより、別途料金が発生する場合がありますが、ほとんどの場合、スキャンの料金の 2% を超えることはありません。Azure portal で Azure Purview リソース JSON 内の管理対象リソース セクションを参照してください。

メモ:Azure Purview を使用して他のクラウド (AWS、GCP など) のデータ ガバナンスを行っているお客様には、Azure Purview Data Map に対するメタデータのパブリッシュに関連するデータ転送と API 呼び出しによって追加料金が発生する場合があります。この料金はリージョンによって異なります。AWS のデータのスキャンについては、AWS マネジメント コンソール内の Billing and Management コンソールを参照してこれらの料金を確認してください。


その他の機能

リソース セットは Data Map の組み込みの機能で、データ レイクでパーティション分割されたファイルに関連付けされているデータ資産のストレージと検索を最適化するために使用されます。リソース セットにおけるデータ資産の処理に対する請求はサーバーレスで、処理の時間に基づいて行われますが、時間はパーティション分割されたファイルの変更と構成されているリソース セットのプロファイルによって異なる場合があります。

利用できません 料金
リソース セット 1 仮想コア時間あたり $-
プレビュー段階では無料

メモ:既定では、リソース セットの処理は、スキャン対象として構成されていて、リソース セットの切り替えが有効になっているすべてのシステムに対して 12 時間ごとに実行されます。

Azure Purview Data Catalog

Purview Data Catalog は、Data Map 上に構築されたアプリケーションで、ビジネス データ ユーザーや、データ エンジニアおよびスチュワードがデータの検出、系列の関係性の特定、ビジネス コンテキストの割り当てを迅速かつ簡単に行うために使用します。

Service 機能 料金
C0
  • データ資産の検索と参照
  • ビジネス用語集、系列の視覚化、カタログの分析情報
Data Map に含まれる
C1
  • ビジネス ワークフロー
プレビュー段階では無料
D0
  • カタログの分析情報
  • 機密データの識別の分析情報
プレビュー段階では無料

サンプル シナリオ:

In addition to the above, here is more information about how pricing works after preview ends to help estimate costs.

Data Map can scale capacity elastically based on the request load. Request load is measured in terms of data map operations per second. As a cost control measure, a Data Map is configured by default to elastically scale up to a peak of 8 times the steady state capacity.

For dev/trial usage:

Data Map (Always on): 1 capacity unit x 料金 per capacity unit per hour x 730 hours per month

Scanning (Pay as you go): Total duration (in minutes) of all scans in a month / 60 min per hour x 32 vCore per scan x $- per vCore per hour

Resource Set: Total duration (in hours) of processing resource set data assets in a month * 料金 per vCore per hour

The total cost per month for Azure Purview = cost of Data Map + cost of Scanning + cost of Resource Set

Azure の価格および購入オプション

Microsoft と直接つながる

Azure の価格のチュートリアルをご覧ください。お客様のクラウド ソリューションの価格について理解し、コストの最適化について確認し、カスタムの提案を依頼できます。

営業担当者に問い合わせる

購入方法を見る

Azure の Web サイト、Microsoft の担当者、または Azure パートナーを通じて、Azure サービスをご購入ください。

お客様のオプションを調べる

その他の資料

Azure Purview の詳細

Azure Purview の特徴と機能についての詳細情報

料金計算ツール

Azure 製品の任意の組み合わせを使用する場合の推定の月間コストを見積もります。

ドキュメント

技術チュートリアル、ビデオ、その他の Azure Purview のリソースをご確認ください。

よく寄せられる質問

  • プレビュー中は、柔軟な Data Map に関して料金は発生しません。Data Catalog と Data Insights も現在プレビュー中で、無料です。プレビュー期間の終了後は、Purview Data Map の容量ユニットとスキャンの料金が請求されます。Azure Purview を使い始めるには、Data Map のプロビジョニングを行う必要があります。Data Map は、容量ユニット (スループットとメタデータ ストレージ) 単位で請求が行われます。Data Map のプロビジョニングを行うと、Azure Purview インスタンスのプロビジョニング解除を行うまで、Data Map の料金が請求されます。自動スキャンと分類は、サーバーレスの仮想コア時間単位で請求が行われます。プレビュー中は、一部の Power BI および SQL Server 資産のスキャンが無料です。詳細については、下記の FAQ をご覧ください。プレビュー中は、Data Catalog は無料です。Data Catalog の価格は、今後発表される予定です。
  • 使用したスキャンの仮想コア時間単位でのお支払いのみになります。使用時間は、最も近い分単位に切り上げられます。プレビュー中は、Power BI および SQL Server 資産のスキャンが無料です。詳細については、下記をご覧ください。別のデータ ストアへのコネクタについて、追加料金は請求されません。
  • プレビュー中は、オンプレミスでホストされているスキャンと分類のランタイムを通じて Azure Purview に接続できるオンプレミスの SQL Server のスキャンと分類が、Azure Purview で無料で利用できます。クラウドのランタイムを使用する他のすべての SQL Server は、この無料スキャンの対象ではありません。
  • プレビュー中は、Azure Purview による使用に対応した管理 API を利用している Power BI のオンライン テナントのスキャンと分類が、Azure Purview で無料で利用できます。プレビュー段階では、オンプレミスの Power BI Premium はサポートされていません。
  • Data Map は、データ資産、関連付けられたメタデータ、データ資産を接続する系列のマップのことです。容量ユニットは、Data Map の動作を維持するためにプロビジョニングされる一連のリソースのことです。1 容量ユニットで、1 秒あたり約 25 個の操作をサポートでき、2 GB のメタデータ ストレージが含まれます。この容量は、Azure Purview Studio または Apache Atlas の API のユーザー エクスペリエンスによって使用されます。
  • Data Map によって、データ資産に関連付けされているビジネスおよび技術的メタデータと系列が、検索可能なグラフ形式で格納されます。検索可能なグラフのストレージ (GB 単位) がメタデータ ストレージです。Data Map の 1 つの容量ユニットには 2 GB のメタデータ ストレージが含まれています。
  • 容量ユニット数を 1 以上にして Data Map のプロビジョニングを行うことができます。Data Map のメタデータ ストレージは、プロビジョニングされる容量ユニット単位で 2 GB ずつ直線的にスケーリングされます。プロビジョニング後に Data Map の容量を変更することはできません。

Azure の価格の説明については、営業担当者にお問い合わせください。クラウド ソリューションの価格を把握できます。

無料のクラウド サービスと、30 日間 Azure を検証できる $200 のクレジットを利用できます。

見積に追加されました。 計算ツールで表示するには 'v' を押してください