Content Protection

マルチ DRM (PlayReady、Widevine、FairPlay Streaming) または AES クリア キー暗号化を使用して高度にセキュリティ保護されたコンテンツを安全に配信

  • クラウドへのアップロードから再生まで、コンテンツをセキュリティで保護
  • AES クリア キーおよびマルチ DRM (PlayReady、Widevine、FairPlay Streaming) を使用
  • キーの管理を簡略化してすばやい動的暗号化を可能に
  • Active Directory または独自の認証システムとの統合
  • 単純な API または Web ポータルを使って保護ルールを構成
  • すべてのデバイスに対しネイティブ HTML5 またはクライアント SDK により高度にセキュリティ保護された再生を配信

キーおよびライセンス配布をすばやく構成

システムでの DRM ライセンス サーバーのセットアップと構成は、複雑な作業になることがあります。Azure Content Protection を使用すれば、主要な DRM ライセンス配信 (Microsoft PlayReady、Widevine、FairPlay Streaming) を数分でセットアップできます。必要なライセンスの種類を定義すると、インフラストラクチャ、セキュリティ、拡張性が自動的に処理されます。

メディア コンテンツを即時に暗号化

Azure Media Services によって、ビデオ オン デマンド (VOD) とライブ ストリームで即時の暗号化を利用できます。Media Services は標準的なマルチビットレート MP4 を 1 つだけ保管し、動的な暗号化を採用しているので、従来の静的な暗号化およびパッケージングよりもコスト効率が良くなっています。万が一コンテンツ キーが侵害された場合は、ライブラリ全体を再度暗号化するのではなく、提供されている API を呼び出しキーを変更するだけで済みます。

最先端の業界標準をサポート

最新のブラウザーの多くは、HTML5 で暗号化コンテンツを再生する際に Encrypted Media Extensions (EMC) 標準をサポートするようになってきています。Media Services は、Azure Media Player を含むさまざまなプレイヤーでサポートされる MPEG-DASH ストリームで、PlayReady と Widevine DRM テクノロジを使い、Common Encryption (CENC) を使用できるようにします。また、Media Services では、Apple TV ストリーミングのコンテンツを FairPlay Streaming DRM を使用して保護することもできます。

Azure Active Directory でシームレスに作業を行う

Content Protection は、あらゆる種類のキー/ライセンス配信に対してトークンベースの認証を提供します。JSON Web トークン (JWT) または Simple Web トークン (SWT) を使って、顧客の要求を追加または検証できます。さらに、Azure Active Directory (Azure AD) カスタマー向けに、Azure AD を使用してコンテンツを承認する手順を詳細に説明したサンプル コードをリリースしました。

Content Protection を信頼する理由

  • Microsoft では、サイバーセキュリティの研究と開発に年間 10 億米国ドルを超える投資を行っています。

  • Microsoft には、データ セキュリティとプライバシーを専門とする 3,500 人を超えるセキュリティ エキスパートがいます。

  • Azure は、他のクラウド プロバイダーを上回るコンプライアンス認定を受けています。包括的なリストをご確認ください。

手軽に作業開始

無料の Azure アカウントにサインアップすることで、すぐにアクセスできるようになり、$200 クレジットを獲得できます。

5 分でできるクイックスタート チュートリアルとドキュメントで、Content Protection の使用方法をご確認ください。

セキュリティバックアップ サービスなどの追加の機能や製品で Content Protection を強化しましょう。

Media Services の更新情報、ブログ、お知らせ

準備が整ったら、Azure の無料アカウントを設定しましょう。