ナビゲーションをスキップする

Content Protection

AES、PlayReady、Widevine、Fairplay を使用した安全なコンテンツ配信

  • クラウド アップロードから再生まで、コンテンツをセキュリティで保護する
  • AES クリア キーとマルチ DRM (PlayReady、Widevine、FairPlay Streaming) を使用する
  • キー管理を簡素化し、動的暗号化を即座に許可する
  • Active Directory または独自の認証システムと統合する
  • 単純な API または Web ポータルを使用して保護ルールを構成する
  • すべてのデバイスでネイティブ HTML5 またはクライアント SDK を使用して、安全性の高い再生を実現する

キーおよびライセンス配布をすばやく構成

システムでの DRM ライセンス サーバーのセットアップと構成は、複雑な作業になることがあります。Azure Content Protection を使用すれば、主要な DRM ライセンス配信 (Microsoft PlayReady、Widevine、FairPlay Streaming) を数分でセットアップできます。必要なライセンスの種類を定義すると、インフラストラクチャ、セキュリティ、拡張性が自動的に処理されます。

メディア コンテンツを即時に暗号化

Azure Media Services によって、ビデオ オン デマンド (VOD) とライブ ストリームで即時の暗号化を利用できます。Media Services は標準的なマルチビットレート MP4 を 1 つだけ保管し、動的な暗号化を採用しているので、従来の静的な暗号化およびパッケージングよりもコスト効率が良くなっています。万が一コンテンツ キーが侵害された場合は、ライブラリ全体を再度暗号化するのではなく、提供されている API を呼び出しキーを変更するだけで済みます。

最先端の業界標準をサポート

最新のブラウザーの多くは、HTML5 で暗号化コンテンツを再生する際に Encrypted Media Extensions (EMC) 標準をサポートするようになってきています。Media Services は、Azure Media Player を含むさまざまなプレイヤーでサポートされる MPEG-DASH ストリームで、PlayReady と Widevine DRM テクノロジを使い、Common Encryption (CENC) を使用できるようにします。また、Media Services では、Apple TV ストリーミングのコンテンツを FairPlay Streaming DRM を使用して保護することもできます。

Azure Active Directory でシームレスに作業を行う

Content Protection は、あらゆる種類のキー/ライセンス配信に対してトークンベースの認証を提供します。JSON Web トークン (JWT) または Simple Web トークン (SWT) を使って、顧客の要求を追加または検証できます。さらに、Azure Active Directory (Azure AD) カスタマー向けに、Azure AD を使用してコンテンツを承認する手順を詳細に説明したサンプル コードをリリースしました。

Content Protection を信頼する理由

  • Microsoft ではサイバーセキュリティの研究と開発に年間 USD 10 億を超える投資を行っています。

  • Microsoft には、データ セキュリティとプライバシーを専門とする 3,500 人を超えるセキュリティ エキスパートがいます。

  • Azure は、他のクラウド プロバイダーを上回る数の認定を受けています。包括的なリストをご確認ください。

作業を開始するために必要なものがそろっています

無料の Azure アカウントにサインアップして、すぐにアクセスし、$200 のクレジットを獲得できます。

5 分間のクイックスタートのチュートリアルとドキュメントで Content Protection の使用方法を学習します。

セキュリティバックアップ サービスなどの追加の機能と製品を使用して、Content Protection を強化します。

準備が整ったら、Azure の無料アカウントを設定しましょう。

どのようなご用件ですか?