Azure Functions の価格

サーバーレス コードを使用してイベントを処理

Azure Functions では、豊富なイベント トリガーとデータ バインディングにより、サーバーを必要とせずに開発を行うことができます。

価格オプションの詳細

フィルターを適用して、価格オプションをお客様のニーズに合わせてカスタマイズします。

使用量

Azure Functions 従量課金プランでは、1 秒あたりのリソースの使用量と実行回数に基づいて課金されます。従量課金プランの価格には、1 百万要求分の月あたりの無料提供と、サブスクリプションあたりの月次 400,000 GB のリソース消費が、そのサブスクリプションに含まれるすべての関数アプリ全体にわたり、従量課金制価格で含まれています。Azure Functions Premium プランでは、パフォーマンスの向上を提供し、プレミアム機能により消費される vCPU 数と GB 数に基づいて、1 秒単位で課金されます。標準の App Service プランの料金で、Functions を App Service プランの中で実行することもできます。

従量制課金 料金 無料提供 (月々)
実行時間* $-/GB 秒 400,000 GB 秒
総実行回数* 100 万実行回数あたり $- 100 万実行回数
*無料提供は有料の従量課金プラン サブスクリプションのみに適用されます。

- ストレージ アカウントは、既定で各 Functions App によって作成されます。ストレージ アカウントは、無料提供には含まれません。標準のストレージ料金ネットワーク料金は、該当する場合、別々に課金されます。

利用可能なリージョンの詳細を見る

Premium プラン

Azure Functions Premium plan provides the same features and scaling mechanism used on the Consumption plan (based on number of events) with no cold start, enhanced performance and VNET access. Billing for the Premium plan is based on the number of core seconds and memory allocated across instances. There is no execution charge with the Premium plan. At least one instance must be allocated at all times per plan. To learn more, see Azure Premium Plan details.

When creating or scaling your plan, you can choose between three instance sizes. You will be billed for the total number of cores and memory provisioned, per second that each instance is allocated to you. Your app can automatically scale out to multiple instances as needed.

従量制課金 料金
vCPU 使用時間 vCPU: $-
メモリ使用時間 メモリ: $-

Functions on Kubernetes (In Preview)

Now in Preview, Functions can run on pre-provisioned Kubernetes clusters in Azure Kubernetes Service or on Arc-enabled clusters on-premises and in other clouds. This capability is currently free* during Preview.

*Note customers will still pay for the underlying Kubernetes infrastructure and are responsible for managing and scaling their own node pools. Learn more about the capabilities of Functions on Azure Arc.

実行

Functions では、すべての関数に対して各月にリクエストされた実行の総数に基づいて課金されます。実行回数は、バインドによってトリガーされたイベントに応じて関数が実行されるたびにカウントされます。毎月、最初の 100 万回は無料で実行できます。

リソース使用量

Functions では、ギガバイト秒 (GB 秒) 単位での実際のリソース使用量に基づいて課金されます。実際のリソース使用量は、平均メモリ サイズ (GB) に関数の実行にかかった時間 (ミリ秒) を乗じて計算されます。関数によって使用されたメモリは、128 MB 単位で切り上げて測定されます。最大メモリ サイズは 1,536 MB です。実行時間は 1 ミリ秒単位で切り上げて計算されます。1 つの関数の実行の最小実行時間は 100 ミリ秒、最小メモリは 128 MB です。Functions の価格には、月間 400,000 GB 秒の無料提供が含まれています。

Azure Functions は、Azure IoT Edge で無料でご利用いただけます。

Functions プロキシ

Functions プロキシには同じ料金が適用されます。プロキシとは、HTTP 要求によってトリガーされる関数です。プロキシで使用されるメモリは 128 MB 未満です。プロキシは HTTP 接続を有効な状態で維持する必要があるため、プロキシの実行時間はラウンドトリップ時間 (要求から応答まで) となります。プロキシによって関数がトリガーされた場合、関数の実行およびメモリ使用量は別々にカウントされます。

価格の例

実際のメモリ使用量が 512 MB である関数が月間に 3,000,000 回実行され、各実行の実行時間が 1 秒であるとします。月額使用料は次のように計算されます。

リソース使用量による料金計算

リソース使用量 (秒)
実行 300 万実行回数
実行時間 (秒) 1 秒
リソース使用量の合計 300 万秒
リソース使用量 (GB 秒)
GB 秒に変換したリソース使用量 512 MB / 1,024 MB
実行時間 (秒) 300 万秒
合計 GB 秒 1.500 万 GB 秒
課金対象のリソース使用量
リソース使用量 1.500 万 GB 秒
月あたりの無料提供 400,000 GB 秒
課金対象の使用量の合計 1.100 万 GB 秒
月あたりのリソース使用量の料金
課金対象のリソース使用量 1.100 万 GB 秒
リソース使用量の料金 $-/GB 秒
料金総額 $17.6

実行回数による料金計算

課金対象の実行回数
月あたりの合計実行回数 300 万実行回数
月あたりの無料実行回数 100 万実行回数
月あたりの課金対象の実行回数 200 万実行回数
月あたりの実行回数の料金
月あたりの課金対象の実行回数 200 万実行回数
100 万実行回数ごとの価格 $-
月あたりの実行回数の料金 $-

合計使用量による料金計算

総月額料金
月あたりのリソース使用量の料金 $17.6
月あたりの実行回数の料金 $-
総月額料金 $-

詳細情報

Azure の価格および購入オプション

Microsoft と直接つながる

Azure の価格のチュートリアルをご覧ください。お客様のクラウド ソリューションの価格について理解し、コストの最適化について確認し、カスタムの提案を依頼できます。

営業担当者に問い合わせる

購入方法を見る

Azure の Web サイト、Microsoft の担当者、または Azure パートナーを通じて、Azure サービスをご購入ください。

お客様のオプションを調べる

その他の資料

Azure Functions の詳細

Azure Functions の特徴と機能についての詳細情報

料金計算ツール

Azure 製品の任意の組み合わせを使用する場合の推定の月間コストを見積もります。

SLA

この製品のサービス レベル アグリーメントをご確認ください。

ドキュメント

技術チュートリアル、ビデオ、その他の Azure Functions のリソースをご確認ください。

Azure の価格の説明については、営業担当者にお問い合わせください。クラウド ソリューションの価格を把握できます。

無料のクラウド サービスと、30 日間 Azure を検証できる $200 のクレジットを利用できます。