メイン コンテンツにスキップ

Azure Dedicated Host の価格

Windows および Linux 用の Azure VM をホストする専用物理サーバー

Azure Dedicated Host は、1 つ以上の Azure 仮想マシンをホストできる、お客様の組織とワークロード専用の物理サーバーを提供する Azure サービスです。そのサーバー容量は、他のお客様と共有されません。ホストをプロビジョニングする際、基になる Azure インフラストラクチャを直接可視化して制御できます。

価格オプションの詳細

  • 従量課金制

    長期契約や前払いが不要でコンピューティング容量の分だけお支払い。オンデマンドで使用量を増減できます。

  • コンピューティング用の Azure 節約プラン

    1 年間または 3 年間にわたって時間あたりの固定の使用量をコミットすることで、一部のコンピューティング サービスのコストを全体的に節約し、時間あたりのコミットメントに達するまで低価格での利用が可能になります。動的なワークロード向けであり、計画的または計画外の変更に対応できます。

  • 予約

    予約を購入すると、Azure サービスが割引されます。予約は、Azure サービスの特定のインスタンスを使用するための 1 年または 3 年の契約です。

フィルターを適用して、価格オプションをお客様のニーズに合わせてカスタマイズします。

価格は見積もりに過ぎず、実際の価格設定としては意図されていません。実際の価格は、Microsoft との契約の種類、購入日、通貨換算レートによって異なる場合があります。料金は米ドルに基づいて計算され、毎月 1 日に更新される Thomson Reuters ベンチマーク レートを使用して変換されます。Azure 料金計算ツールにサインインして、Microsoft での現在のプログラム/プランに基づく価格を確認してください。価格の詳細については、Azure 営業担当者に問い合わせるか、価格クォートを要求してください。Azure の価格の詳細については、よく寄せられる質問を参照してください。

Dedicated Host はホスト レベルで課金されます。そのホスト上で実行している Azure VM の数に関係なく、ホストをプロビジョニングするとすぐに課金されます。

Dedicated Host SKU
(VM シリーズとホストの種類)
使用可能な vCPU 使用可能な RAM CPU 従量課金制 1 年節約プラン 3 年節約プラン 1 年予約 3 年予約 追加
見積もり
*物理コア

ソフトウェア ライセンス

コンピューティング リソースに加えて、ソフトウェア ライセンスの料金が使用量に基づき VM レベルで個別に請求されます。資格のあるユーザーは、Azure ハイブリッド特典を活用してさらに節約できます。

ライセンスの種類 従量課金制

Azure の価格および購入オプション

Microsoft と直接つながる

Azure の価格のチュートリアルをご覧ください。お客様のクラウド ソリューションの価格について理解したり、コストの最適化について確認したり、カスタム提案を要求したりすることができます。

営業担当者に問い合わせる

購入方法を見る

Azure の Web サイト、Microsoft の担当者、または Azure パートナーを通じて、Azure サービスをご購入ください。

お客様のオプションを調べる

その他の資料

Azure Dedicated Host

Azure Dedicated Host の特徴と機能についての詳細情報

料金計算ツール

Azure 製品の任意の組み合わせを使用する場合の推定の月間コストを見積もります。

SLA

Azure Dedicated Host のサービス レベル アグリーメントをご確認ください。

ドキュメント

技術チュートリアル、ビデオ、その他の Azure Dedicated Host のリソースをご確認ください。

  • ホストがプロビジョニングされている時間に対する従量課金制となっており、そのホスト上で実行している VM インスタンス数に関係なく、ホスト全体に対して課金されます。ソフトウェア ライセンスなど、その他の料金はこれとは別に課金されます。

  • ソフトウェア ライセンスは、使用量に基づいて個々の VM レベルで個別に請求されます。資格のあるユーザーは、Azure ハイブリッド特典を活用してライセンス料金を節約できます。

  • ハードウェアがお客様専用であるため、2019 年 10 月 1 日以前に取得された Windows Server および SQL Server のライセンスに適用されるアウトソーシング ソフトウェア管理条項により、ご自身のデータ センター内のサーバーに対してライセンスする場合と同様、既存のライセンスを Azure Dedicated Host に割り当てることが認められています。資格のあるユーザーは、Azure ハイブリッド特典を活用して、Azure Dedicated Host のデプロイ料金を節約できます。詳細については、Azure ハイブリッド特典のページでご確認ください

  • 一般的に、同じ専用ホストで異なる VM サイズを実行できます。たとえば、D2s v3 VM と D16s v3 VM を同一ホストにデプロイできます。ただし、一部例外があります (NVasv4_Type1 Dedicated Host SKU など)。 どの場合でも、Dsv3 と Esv3 など、異なる VM シリーズの VM をデプロイすることはできません。詳細と最新情報については、ドキュメントを参照してください。

  • 2019 年 10 月 1 日より前に取得した Windows Server および SQL Server のライセンスに適用される外部委託ソフトウェア ライセンス条項により、既存のライセンスを Dedicated Host に割り当てることが認められています。Azure ハイブリッド特典 を受ける資格があるユーザーは、Dedicated Host のデプロイでさらに節約できます。2019 年 10 月 1 日以降に新たにライセンスを購入する場合、それらを Azure に割り当てることができるのは、Azure ハイブリッド特典を利用する場合に限られます。それらのライセンスを Dedicated Host に適用するには、ソフトウェア アシュアランスか同等の権利が付随するサブスクリプションが必要です。詳細については、ライセンス FAQ をお読みください。

  • Azure ハイブリッド特典 は、ソフトウェア アシュアランスか同等の権利のあるサブスクリプション ライセンスが付随する Windows Server Standard および Datacenter ライセンス、SQL Server Standard および Enterprise Core ライセンスに適用されます。

  • はい。Dedicated Host で実行されている Windows Server および SQL Server 2008/2012 および 2008/2012 R2 向けの 拡張セキュリティ更新プログラム を、サポート終了後 3 年間にわたって無料でご利用いただけます。

  • はい、あります。Azure ハイブリッド特典プログラムでは、ソフトウェア アシュアランスが付属する既存の Windows Server Datacenter ライセンスまたは SQL Server Enterprise エディション ライセンスを、特定の Dedicated Host サーバーで使用できるすべての物理コアに適用すると、無制限の仮想化権限が付与されます。たとえば、オンプレミスのソフトウェア アシュアランスが付属する既存の Windows Server Datacenter ライセンスが 32 ある場合、同じ 32 ライセンスを使用して、Windows Server を実行している Azure VM を、基になるサーバーの物理的な容量に従って必要な数だけ Dedicated Host にインストールできます。プロビジョニングを計画している各 Dedicated Host で使用可能な物理コア (たとえば、Dsv3 Type 1 Dedicated Host の 32 コア) のみにライセンスを付与する必要があります。

  • 使用可能な物理コアは、ホスト内の使用可能な vCPU (価格ページで一覧表示されている) を各 VM シリーズの vCPU:core の値で割ることにより計算されます (Azure コンピューティング ユニットのドキュメントを参照)。Dedicated Host で利用できるほとんどの Azure VM では、vCPU:core の比率が 2 に等しくなります。たとえば、Esv3 シリーズの Type 1 Dedicated Host には、使用可能な物理コアが 32 個あり、vCPU:core の比率が 2 に等しいため、最大 64 個の vCPU をホストできます。

  • 無制限の仮想化権限を使用すると、Windows Server と SQL Server のライセンス コストを大幅に削減できます。各 VM の vCPU 数に基づいて個々の Azure VM にライセンスを付与したり、Azure Dedicated Host 上にデプロイする各 VM で Azure ハイブリッド特典を使用したりする代わりに、各専用ホストで使用可能な物理コアのセット全体にライセンスを付与することができます。たとえば、2019 年 10 月 1 日より前に購入された既存の Windows Server Datacenter の 32 ライセンスをお持ちで、Azure Dedicated Host Type 1 上に 2 つの vCPU を搭載した 32 の Dsv3 VM をデプロイする必要がある場合、次のものが必要になります。

    • Windows Server Datacenter の 256 ライセンス (VM レベルで特典を適用しながら Azure ハイブリッド特典を活用したい場合)。
    • Windows Server Datacenter の 40 ライセンス (外部委託規則を適用し、Azure Dedicated Host Type 1 の全物理コア数にライセンスを付与している場合)。
    • Windows Server Datacenter の 32 ライセンスのみ (同じホストで Azure ハイブリッド特典の無制限の仮想化権限を使用する場合)。

    さらに、Azure Dedicated Host とオンプレミスのライセンス サーバーで同時に同じライセンスを最長 180 日間使用することができます。

  • SQL Server の場合、無制限の仮想化の対象になるには、Enterprise Edition とアクティブな Software Assurance またはサブスクリプション ライセンスが必要です。Windows Server の場合、Datacenter Edition が必要です。2019 年 10 月 1 日以降に取得したライセンスを使用する場合、Dedicated Host で無制限の仮想化の対象になるには、アクティブな Software Assurance またはサブスクリプション ライセンスが必要です。

    2019 年 10 月 1 日以前に購入した Windows Server Datacenter ライセンスでは、ライセンスのみの権利に基づく無制限の仮想化権限があります。その日以降に取得したライセンスは、Azure ハイブリッド特典によってのみ無制限の仮想化権限を得られます。

    Azure ハイブリッド特典を使用して、SQL Server または Windows Server のライセンスを Dedicated Host に割り当てる場合、ホスト上で利用可能な物理コアのみにライセンス付与する必要があります (例: Esv3 シリーズの Type 1 Azure Dedicated Host では 32 コア)。

    2019 年 10 月 1 日以前に購入した Windows Server ライセンスを割り当てた場合、ホストに対して Azure ハイブリッド特典を使用することなく、ホストのすべての物理コアにライセンス付与しなければなりません (たとえば、Esv3 シリーズ Type 1 Azure Dedicated Host の場合は 40 コア)。

Azure の価格の説明については、営業担当者にお問い合わせください。クラウド ソリューションの価格を把握できます。

無料のクラウド サービスと、30 日間 Azure を検証できる $200 のクレジットを利用できます。

見積に追加されました。 計算ツールで表示するには 'v' を押してください
どのようなご用件ですか?