ナビゲーションをスキップする

Azure Data Lake Storage Gen1 の価格

ビッグ データの分析ワークロード用のハイパースケール リポジトリ

Unlock maximum value from all your unstructured, semi-structured, and structured data using the first cloud data lake built for enterprises—with no limits on the size of data. Azure Data Lake Storage Gen1 is secured, massively scalable, and built to the open HDFS standard, allowing you to run massively-parallel analytics.

The total cost of Azure Data Lake Storage Gen1 depends on how much you store, as well as the volume and size of transactions and outbound data transfers.

価格オプションの詳細

フィルターを適用して、価格オプションをお客様のニーズに合わせてカスタマイズします。

従量課金制

使用方法 価格/月
最初の 100 TB $-/GB
次の 100 TB ~ 1,000 TB $-/GB
次の 1,000 TB ~ 5,000 TB $-/GB
5,000 TB 超 問い合わせ先
1 GB = 1,024^3 バイト

マンスリー コミットメント パッケージ

マンスリー コミットメント パッケージでは、従量課金制と比較して、大幅な割引価格 (最大 33%) が適用されます。

契約した容量 価格/月 従量課金制の割引率
1 TB $-
10 TB $-
100 TB $-
500 TB $-
1,000 TB $-
1,000 TB 超 問い合わせ先

1 GB = 1,024^3 バイト

パッケージに含まれるストレージ量を超過した分については、$-/GB/月 が課金されます。

トランザクション料金

データに対して実行したトランザクションには下の料金が適用されます。従量課金制のパッケージとマンスリー コミットメント パッケージの両方に、同じトランザクション料金が適用されます。

使用方法 料金
書き込み操作 (10,000 単位) $-
読み取り操作 (10,000 単位) $-
操作を削除 無料
トランザクション サイズの制限 無制限

Azure の価格および購入オプション

Microsoft と直接つながる

Azure の価格のチュートリアルをご覧ください。お客様のクラウド ソリューションの価格について理解し、コストの最適化について確認し、カスタムの提案を依頼できます。

営業担当者に問い合わせる

購入方法を見る

Azure の Web サイト、Microsoft の担当者、または Azure パートナーを通じて、Azure サービスをご購入ください。

お客様のオプションを調べる

その他の資料

Azure Data Lake Storage Gen1 の詳細

Azure Data Lake Storage Gen1 の特徴と機能についての詳細情報

料金計算ツール

Azure 製品の任意の組み合わせを使用する場合の推定の月間コストを見積もります。

SLA

この製品のサービス レベル アグリーメントをご確認ください。

ドキュメント

技術チュートリアル、ビデオ、その他の Azure Data Lake Storage Gen1 のリソースをご確認ください。

よく寄せられる質問

  • Azure Data Lake Storage Gen1 への操作ごとに、1 つのトランザクションとして課金されます。これには、HTTP 操作と Azure Data Lake Analytics のジョブによる操作が含まれます。

  • Azure Data Lake Storage Gen1 のトランザクションは、データの読み取り時と本サービスへのデータの書き込み時に発生します。ユーザー、アプリケーション、または別の Azure サービスによって、最大 4 MB のサイズのデータの読み取りまたは書き込みが行われるたびに、1 つのトランザクションとして課金されます。たとえば、1 回の書き込み操作で 128 KB のデータを Data Lake Storage Gen1 に格納する場合、1 つのトランザクションとして課金されます。トランザクションは最大 4 MB 単位で課金されます。4 MB より大きいアイテムについては、この単位を複数組み合わせて課金されます。たとえば、1 回の読み取り操作で 9 MB のデータを Data Lake Storage Gen1 から取得する場合、3 つのトランザクションとして課金されます (4 MB + 4 MB + 1 MB)。

    読み取りおよび書き込み操作に基づいて、トランザクションがどのように請求書に記載されるかを説明します。ここでは、毎秒 10 個のアイテム (各アイテムは 8 MB) という速度でアプリケーションによって Data Lake Storage Gen1 へのデータの書き込みが行われる、というシナリオを前提とします。さらに、Azure IoT Hub を使用して、毎秒 5 個のアイテム (各アイテムは 4 MB 未満) という速度でデータが Data Lake Storage Gen1 に取り込まれるとします。また、1 日 4 時間実行する Data Lake Analytics ジョブがあり、ジョブの実行時、毎秒 1,000 個のアイテム (各アイテムは 4 MB 未満) が読み込まれるとします。前述のシナリオでは、アプリケーションと Azure IoT Hub がデータを書き込む際の書き込みトランザクション、および Data Lake Analytics が Data Lake Storage Gen1 からデータを読み取る際の読み取りトランザクションの料金が Data Lake Storage Gen1 で発生します。請求の内容は次のとおりです。

    項目 月々の使用量 月々の料金 月額料金
    顧客のアプリケーションからの書き込みトランザクション 2 * (10 アイテム/秒 * 3,600 * 730) $0.05 /1 万トランザクション $262.8
    Azure IoT Hub からの書き込みトランザクション 5 アイテム/秒 * 3,600 * 730 $0.05 /1 万トランザクション $65.7
    Data Lake Analytics からの読み取りトランザクション 1,000 アイテム/秒 * 3600 * 4 * 31 $0.004 /1 万トランザクション $178.56
    トランザクション費用合計 $507.06

    Azure Data Lake Analytics を含むあらゆるアプリケーションやサービスから生成される読み取りおよび書き込み操作は、非常にさまざまな要素に依存します。1 つ 1 つのアプリケーションから生成される操作の数を簡単に、また正確に予測できる方法はありません。トランザクションの費用を見積もるには、代表的なワークロードを一定期間実行して、読み取りと書き込みの数、およびその結果として課金されるトランザクションを確認してください。

  • はい。ストレージ容量は、1 か月にわたり、保存されていたデータ量の 1 日あたりの平均 (GB 単位) を基準に請求されます。たとえば、月の前半は 10 GB のストレージを常に使用し、後半は使用しなかった場合は、ストレージの平均使用量の 5 GB が課金されます。

  • 例 - 120 TB のデータを 1 か月間、Azure Data Lake Storage Gen1 に保存するとします。その月の間に、このデータで 1 億件の操作を実行するとします。これらの操作のうち 20% が書き込み操作、残り 80% が読み取り操作だとします。従量課金制での総料金の計算方法を以下に示します。

    計算単位 使用量 料金 月額料金
    1 か月あたりの GB 120 * 1,024= 122,800 $0.039 (最初の 100 TB)、$0.038 (次の 20 TB) 100 * 1,024 * $0.039 + 20 * 1,024 * $0.038 = $4771.84
    書き込み操作 20% * 1 億 = 2,000 万 $0.05 /1 万トランザクション 2,000 * $0.05 = $100
    読み取り操作 80% * 1 億 = 8,000 万 $0.004 /1 万トランザクション 8,000 * $0.004 = $32
    合計 $4903.84
  • マンスリー コミットメント パッケージの課金は、次のようなしくみになっています。

    • 課金サイクルはカレンダーの月に合わせています。このため、課金サイクルは常にその月の 1 日に始まり、その月の最終日に終わります。
    • 最初にパッケージを契約した時点で、その月の残りの日数分、月額料金が日割り計算されます。たとえば、100 TB のパッケージを契約し、その月の残りの日数が 10 日の場合は、100 TB が、$935.484 ($2900 / 月の 31 日 * 残りの 10 日) の料金で直ちにご利用いただけます。お客様にとって常に有利な条件になるよう、料金は 31 日で日割り計算されます。
    • 月の途中で、いつでも新しいパッケージをお選びいただけます。変更は翌月 1 日からの適用となります。つまり、1 か月の間に、10 TB のパッケージをご利用のお客様が 100 TB のパッケージに契約することを決めた場合、この変更は翌月 1 日からの適用となります。その月については、10 TB のパッケージのままです。
    • ストレージ使用量がパッケージの上限を超えた場合、超過分については、月額 $0.039/GB の料金が日割り計算されて課金されます。たとえば、パッケージの上限を 100 GB、10 日間超過した場合、100 * $0.039 /31 * 10 = $1.259 が課金されます。
    • マンスリー コミットメント パッケージは、Azure Data Lake Storage Gen1 アカウントに適用されます。現時点では、購入した複数のマンスリー コミットメント パッケージを 1 つのアカウントに適用することはできません。たとえば 200 TB のデータを保存する必要がある場合に、同一のアカウントで 100 TB のマンスリー コミットメント パッケージを 2 つ購入することはできません。100 TB のマンスリー コミットメント パッケージを購入して、残りの 100 TB については超過分の料金を支払うのが最も良い方法です。
  • 例 - 月の初めに 100 TB のパッケージを契約し、その月の前半の 15 日間は 100 TB、後半の 16 日間は 120 TB をお使いの Data Lake Storage Gen1 アカウントに保存するとします。その月の間に、このデータで 1 億件の操作を実行するとします。これらの操作のうち 20% が書き込み操作、残り 80% が読み取り操作だとします。マンスリー コミットメント パッケージでの総料金の計算方法を以下に示します。

    計算単位 使用量 料金 月額料金
    100 TB パッケージ 該当なし $2900 $2900
    超過分 (GB 単位) 20 * 1,024 = 20,480 GB $0.039/月を日割り計算 20,480 * $0.039 * 16 / 31 = $412.243
    書き込み操作 20% * 1 億 = 2,000 万 $0.05 /1 万トランザクション 2,000 * $0.05 = $100
    読み取り操作 80% * 1 億 = 8,000 万 $0.004 /1 万トランザクション 8,000 * $0.004 = $32
    合計 $3444.243
  • はい。ファイルやフォルダーのメタデータは、課金対象のストレージ容量に累計されます。Azure Data Lake Storage Gen1 で課金対象となるファイルやフォルダーの最小サイズは 256 KB です。よりサイズの小さいファイルを保存することも可能ですが、課金されるデータ量は、(a) アカウントに保存された合計データ量 (b) 256 KB * (ファイルとフォルダーの数) の、いずれか大きい方になります。

    いくつかの計算例を下の表に示します。

    アカウントに保存されたデータ量 アカウント内のファイルとフォルダーの数 メタデータ ストレージのサイズ 保存されたデータ量 (課金計算用)
    8 月 B C = 256 KB * B 最大 (A、C)
    100 バイト 1 256 KB 256 KB
    300 KB 2 512 KB 512 KB
    100 MB 10 2,560 KB 100 MB
    1 GB 100 25,600 KB 1 GB

    上の例に示されるように、メタデータの保存コストを抑えるためには、大きいサイズのファイルにデータを保存することをお勧めします。

Azure の価格の説明については、営業担当者にお問い合わせください。クラウド ソリューションの価格を把握できます。

無料のクラウド サービスと、30 日間 Azure を検証できる $200 のクレジットを利用できます。

見積に追加されました。 計算ツールで表示するには 'v' を押してください