更新情報のアーカイブ

製品

    5月 2019 の毎月の更新情報

    05/31

    Azure Front Door Service 向けの Web Application Firewall (WAF) の一般提供開始

    Azure Front Door Service 向けの Web Application Firewall (WAF) の一般提供が開始されました。お客様は WAF を使用してセキュリティ ポリシーを定義し、Azure Front Door を介して提供される Web アプリケーションへのアクセスを許可、ブロック、転送、またはレート制限することができます。

    • Azure Front Door
    • Features
    • Security
    • Services
    05/31

    Azure Sphere 19.05 リリースで MT3620 の新機能を提供

    Retail フィードで Azure Sphere 19.05 パブリック プレビューの提供を開始

    • Azure Sphere
    • Operating System
    • SDK and Tools
    05/31

    Azure Monitor for VMs が米国西部 2 で利用可能

    Azure Monitor for VMs が米国西部 2 でご利用いただけるようになりました。これで、世界の 7 つのパブリック リージョンでご利用いただけるようになりました。

    • Azure Monitor
    • Virtual Machines
    • Virtual Machine Scale Sets
    • Compliance
    • Features
    • Management
    • Regions & Datacenters
    05/31

    Linux 1.10 用 Log Analytics エージェントの提供開始

    Linux v1.10 用 Log Analytics エージェント リリースが利用できるようになりました。これには、安定性と信頼性に関する重要な改善が含まれています。

    • Azure Monitor
    • Management
    05/30

    Azure Monitor for VMs でバインドされているポートの新しいデータ セットが利用可能

    米国東部と西ヨーロッパを含む、サポートされているすべての Log Analytics ワークスペース リージョンで Azure Monitor for VMs をご利用のお客様は、VMBoundPort データ セットをご利用いただけるようになりました。

    • Azure Monitor
    • Virtual Machines
    • Virtual Machine Scale Sets
    • Features
    • Management
    • Security
    05/30

    動的しきい値を使用した Azure Monitor AIOps アラートの一般提供開始について

    動的しきい値を使用すると、アラートのしきい値を手動で識別して設定する必要がなくなります。この警告ルールは、高度な機械学習 (ML) 機能を活用してメトリックの動作の履歴を学習して、サービスに問題がある可能性を示すパターンや異常を識別します。

    • Azure Monitor
    • Features
    • Management
    • Microsoft Build
    05/29

    Event Grid の高度なフィルターの一般提供を開始

    Event Grid の高度なフィルターの一般提供が開始されました。入れ子になったキー (例: Data.Key1.Key2…KeyN) の数に制限はありません。

    • Event Grid
    • Features
    • Services
    05/29

    Event Grid の IoT Hub デバイス テレメトリ イベント - パブリック プレビュー

    デバイス テレメトリ イベントへサブスクライブできるようにすることで、IoT Hub の機能が Event Grid のイベント ソースとして拡張されます。

    • Event Grid
    • Azure IoT Hub
    • Features
    • Services
    05/29

    Event Grid で最大 1 MB のイベントをサポート - パブリック プレビュー

    より大きいサイズのイベントのサポートがパブリック プレビュー段階になり、最大 1 MB がサポートされるようになりました。

    • Event Grid
    • Features
    • Services
    05/29

    Event Grid で Service Bus へイベントを発行可能

    Event Grid で Service Bus をイベント ハンドラーとして使用できるようになりました。

    • Event Grid
    • Service Bus
    • Features
    • Services
    05/29

    Event Grid で geo ディザスター リカバリーが使用可能

    Event Grid のメタデータについて、サーバー側の自動 geo ディザスター リカバリーがこのサービス上で使用可能になりました。

    • Event Grid
    • Features
    • Management
    • Security
    • Services
    05/29

    Event Grid のイベント ドメインの一般提供を開始

    Azure ドメインの一般提供が開始されました。これにより、ドメインあたり 100,000 トピックを所有できます。

    • Event Grid
    • Services
    05/29

    Azure Container Registry - Helm 3 のサポートのプレビュー開始

    Helm 3 のサポートがプレビュー段階になりました。この更新によって、Helm の次のバージョンである Helm 3 チャートの格納をサポートし、改善されたセキュリティ モデルと新しい Lua ベースのスクリプト エンジンが使用可能になります。

    • Container Registry
    • Features
    05/29

    Azure Container Registry - Open Container Initiative (OCI) での新しい成果物レジストリの種類のサポート (プレビュー)

    Azure Container Registry - OCI での新しい成果物レジストリの種類のサポートがプレビュー段階になりました。

    • Container Registry
    • Features
    • Open Source
    05/29

    最大 6 TB のメモリを提供する Azure Mv2 仮想マシンの一般提供開始

    3TB および 6 TB のメモリ構成で最大 208 vCPU を提供する Azure Mv2 シリーズ仮想マシンが、米国東部および米国東部 2 リージョンで一般提供されます。Mv2 VM は、SAP HANA OLTP および OLAP の運用環境ワークロードについて、SAP によって認定されています。

    • Virtual Machines
    • Services
    05/29

    Azure Security Center でアダプティブ ネットワーク強化の提供開始

    アダプティブ ネットワーク強化機能を使用すると、Security Center が Azure ワークロードのネットワーク トラフィックと接続パターンを学習し、インターネットに接続されている仮想マシンに対して NSG ルールの推奨事項を提示します。

    • Security Center
    • Security
    05/29

    Azure NetApp Files is now generally available

    Azure NetApp Files, an Azure first-party service, is a powerful file-storage service to run your most demanding file workloads in Azure, without the need for any code modification.

    • Azure Migrate
    • SAP HANA on Azure Large Instances
    • File Storage
    • Features
    • Microsoft Ignite
    • Microsoft Inspire
    • Services
    05/29

    Azure API Management の従量課金レベルの一般提供開始

    2019 年 5 月 29 日以降、Azure API Management の従量課金レベルが、プレビュー期間中と同じ 6 つのリージョンで一般提供されます。

    • API Management
    • Features
    05/29

    統合サービス環境 (ISE) の一般提供開始

    統合サービス環境の一般提供により、プレビューからいくつかの機能が改善され、ISE での実行時に Logic Apps がさらに強化されます。

    • Logic Apps
    • Features
    05/29

    Azure App Configuration のプレビューを開始

    Azure App Configuration は、アプリケーション設定を一元的に管理するサービスを提供し、そのアクセスをセキュリティで保護します。また、機能フラグを使用して、運用環境で機能を容易に "フライティング" できるため、開発者によるコードの出荷を高速化できます。

    • App Service
    • Virtual Machines
    • App Configuration
    • Services

    関連資料

    四半期ごとの Azure の更新情報の振り返りをダウンロードします。

    2019 年第 2 四半期

    Azure ブログで最新ニュースを確認しましょう。

    ブログ

    Azure へのご意見や今後の要望をお聞かせください。

    フィードバックの提供

    Azure は、他のどんなクラウド プロバイダーよりも多くのリージョンでご利用いただけます。

    自分のリージョンで製品が利用可能か確認する