動的しきい値を使用した Azure Monitor AIOps アラートの一般提供開始について

2019年5月30日 に投稿済み

動的しきい値を使用したメトリック アラートの一般提供が開始されました。パブリック プレビュー以来、多くのユーザーがメトリック パターンを検出して考慮できる警告ルールを作成しており、複数のディメンションやリソースに大規模に適用して、高度な概念を使用しています。さらに詳細な情報については、以前のブログ記事ドキュメントを参照してください。

このリリースでは、フィーチャー エクスペリエンスを一層強化するため、ユーザーから寄せられた多くのフィードバックを組み込みました。

  • 警告ルール作成に関するエクスペリエンスの強化
    • メトリック警告ルールの作成エクスペリエンスが簡略化されてシームレスになったため、これまでに静的なしきい値警告ルールを作成したことのあるユーザーにとって、操作が簡単になりました。
    • 検出したパターンをユーザーに通知するレコメンデーション情報バルーンと、動的しきい値でノイズと管理オーバーヘッドを大きく削減できるシナリオを追加しました。
  • 発生したアラートに関するエクスペリエンスの強化
    • アラート ビューが刷新され、アラート発生時のメトリックの動作を表示するチャートが含まれるようになりました。このチャートには、静的しきい値か、アラート発生時に使用された動的しきい値のいずれかが表示されます。
    • ユーザーは、動的しきい値のアラートの正確性とエクスペリエンスに関するフィードバックを提供できるようになりました。このフィードバックは、機械学習のアルゴリズム研究に影響を与え、将来の検出改善につながります。 
  • 動的しきい値を使用するログのメトリック警告ルールのサポート

価格情報については、料金ページをご覧ください。使用を開始するには、ドキュメントを参照してください。

皆様のフィードバックをお待ちしております。ご質問やご提案がありましたら、azurealertsfeedback@microsoft.com までお寄せください

 

  • Azure Monitor
  • Features
  • Management
  • Microsoft Build