Azure Monitor for VMs でバインドされているポートの新しいデータ セットが利用可能

2019年5月30日 に投稿済み

米国東部と西ヨーロッパを含む、サポートされているすべての Log Analytics ワークスペース リージョンで Azure Monitor for VMs をご利用のお客様は、VMBoundPort データ セットをご利用いただけるようになりました。

VMBoundPort には、受信トラフィックを許可したすべてのポートまたはレポート期間中のトラフィックをサポートする可能性のあるすべてのポートに関する情報が含まれます。また、"アクティブなポート" と "開いているポート" という新しいブックも組み込まれ、Azure Monitor for VMs からこの情報を表示できるようになりました。これにより、セキュリティ分析とトラブルシューティングのシナリオにおいて、開いているポートとアクティブなポートを特定できます。

  • Azure Monitor
  • Virtual Machines
  • Virtual Machine Scale Sets
  • Features
  • Management
  • Security