ナビゲーションをスキップする

Azure の更新情報

Azure 製品の重要な更新情報、ロードマップ、お知らせをご確認ください。最新情報を入手するために通知を受け取ることができます。

製品

    12月 2018

    12/10

    Azure Database for MariaDB name changes

    Effective February 1, 2019, names for Azure Database for MariaDB will change.

    12/10

    Azure databases for MySQL and PostgreSQL resource GUID changes

    Effective February 1, 2019, the resource GUIDs for Azure databases for MySQL and PostgreSQL will change due to the migration from Gen 4 compute to Gen 5 compute.

    12/08

    一般提供開始: Azure SQL Data Warehouse の Azure Virtual Network サービス エンドポイント

    すべての Azure リージョンで、Azure SQL Data Warehouse の Azure Virtual Network サービス エンドポイントの一般提供が開始されました。

    12/07

    パブリック プレビュー: Azure Active Directory B2C ポリシーにおける JavaScript とページ コントラクト

    Azure Active Directory B2C のパブリック プレビューで、コンテンツ定義用のページ コントラクトを定義し、カスタム ポリシー用に JavaScript を有効にすることができるようになりました。

    12/06

    一般公開: Azure Database for MySQL サーバーにおけるコンピューティングの増加

    お客様は、Azure Database for MySQL の汎用価格レベルで 64 仮想コアにコンピューティングをスケールアップしたり、メモリ最適化レベルで 32 仮想コアにスケールアップしたりできるようになりました。

    12/06

    一般公開: Azure Database for PostgreSQL サーバーにおけるコンピューティングの増加

    お客様は、Azure Database for PostgreSQL の汎用価格レベルで 64 仮想コアにコンピューティングをスケールアップしたり、メモリ最適化レベルで 32 仮想コアにスケールアップしたりできるようになりました。

    12/06

    Availability Zones にデプロイされた仮想マシンの他のリージョンへのディザスター リカバリー

    Azure Site Recovery を使用すると、Availability Zones にデプロイされた仮想マシンを他のリージョンにレプリケートしてフェールオーバーできるようになりました。この機能は、Availability Zones をサポートしているすべてのリージョンで一般公開されています。

    12/06

    Azure Portal 2018 年 12 月更新

    2018 年 12 月に Azure Portal で利用可能になった更新内容をご確認ください。

    12/06

    パブリック プレビュー: Azure Database for MariaDB に対応した仮想ネットワーク サービス エンドポイント

    Azure Database for MariaDB に対応した仮想ネットワーク サービス エンドポイントは、パブリック プレビュー段階にあります。

    12/05

    提供開始: Service Fabric Mesh Fall 更新プログラム

    サーバーレスの Azure Service Fabric Mesh Fall 更新プログラムの提供が開始されました。このリリースでは、ストレージの機能強化と修正に加えて、自動スケールやネットワーク、ゲートウェイ リソースなどが機能強化されます。

    12/05

    Azure Container Service は 2020 年 1 月 31 日に廃止予定

    Azure Container Service は 2020 年 1 月 31 日に廃止される予定です。お客様は、Azure Kubernetes Service または他のオプションへの移行を開始してください。

    12/04

    API Management の従量課金レベル - プレビュー

    API Management を、従量課金レベルという新しい使用量ベースの使用プランで利用できるようになりました (プレビュー)。

    12/04

    提供開始: Azure Service Fabric ランタイム バージョン 6.4 & SDK の更新プログラム

    Azure Service Fabric ランタイム バージョン 6.4、およびそれに対応する SDK およびツールの更新プログラムの提供が開始されました。これには、多くの拡張機能が含まれています。

    12/04

    Azure Database for MariaDB をご利用いただけます

    Azure Database for MariaDB のサービスは、オープン ソースの互換性、組み込まれた高可用性と動的スケーリング、柔軟な価格設定といった特徴を有する、エンタープライズ対応のフル マネージド コミュニティ MariaDB を提供します。 

    12/04

    S1 レベルが利用可能

    大規模デプロイで S1 価格レベルの提供が開始されました。

    12/04

    Azure Machine Learning service の提供開始

    開発者とデータ サイエンティストが機械学習モデルをすばやく容易に構築、トレーニング、およびデプロイできるようにするクラウド サービスである、Azure Machine Learning service が一般公開されました。

    12/04

    GitHub のコミットとプル要求を Azure Boards 作業項目にリンクする - Sprint 144 更新プログラム

    Azure DevOps の Sprint 144 更新プログラムでは、引き続き GitHub との統合が強化されます。GitHub のコミットとプル要求を Azure Boards 作業項目にリンクできるようになりました。

    12/04

    Azure IoT リモート監視の新しい更新プログラム

    Azure IoT リモート監視ソリューション アクセラレータに対する一連の更新プログラムの提供が開始されました。これには、根本原因解析を実現にする Time Series Insights の統合や、Azure Active Directory を介したロール ベースのアクセス制御といった機能が含まれています。

    12/04

    Text Translator のカスタム翻訳機能

    Translator Text Cognitive Service のカスタム翻訳機能の一般公開を発表

    さらに詳しく