更新情報のアーカイブ

4月 2019 の毎月の更新情報

04/05

Azure FXT Edge Filer のパブリック プレビュー

プレビュー

Avere FXT Edge Filer ソリューションは現在プレビューになっています。この再設計されたハードウェアは、Avere Systems のソフトウェア テクノロジを利用して、ネットワーク接続ストレージ (NAS) 環境を高速化し、Azure BLOB へのアクセスを拡大します。

  • Azure FXT Edge Filer
  • Avere vFXT for Azure
04/05

Azure API Management の更新情報 (4 月 4 日)

今月の API Management サービスの更新プログラムには、REST API、ポリシー、リビジョン、OpenAPI 仕様ファイル、ユーザー登録に対する機能強化が含まれています。

  • API Management
04/03

パブリック プレビュー:Azure App Service での Windows Server 2019 コンテナーのサポート

プレビュー

Windows Server 2019 コンテナーのサポートは、Azure App Service における Windows コンテナーのパブリック プレビューで提供開始されました。

  • App Service
04/03

Azure Functions の Premium プラン

プレビュー

Premium Plan は Function Apps の新しいホスティング オプションです。これにより、事前ウォーミングされた worker が提供されるため、アプリを実行する際に、アイドル状態になった後の遅延が発生したり、VNET の接続や強力なハードウェアが必要になったりすることがありません。待ち時間やスケールで妥協する必要がなくなります。

  • Azure Functions
04/03

Azure Security Center for IoT がパブリックプレビューに

プレビュー

お使いのデバイス、ハブ、クラウド リソースにとって、Azure は IoT 向けのエンドツーエンド セキュリティを備えた最初の主要パブリック クラウドとなりました。Microsoft では、次の 3 つの重要なサービスに IoT 向けの高度な脅威保護を追加しています: Azure Security Center、Azure Sentinel、および Azure IoT Hub。

  • Azure IoT Hub
  • Azure IoT Edge
  • Azure Sphere
  • Security Center
  • Azure Sentinel
  • Security
04/03

パブリック プレビュー:米国中部、米国東部 2、東アジア、米国西部、および米国中南部における Azure Log Analytics

米国中部、米国東部 2、東アジア、米国西部、および米国中南部で、Azure Log Analytics を使用したテレメトリの収集とサービスの状態および使用量の分析のパブリック プレビューが開始されました。

  • Azure Monitor
04/03

一般提供:Azure Log Analytics (フランス中部、韓国中部、北ヨーロッパ)

提供中

フランス中部、韓国中部、および北ヨーロッパの各リージョンで、Azure Log Analytics を使用したテレメトリの収集とサービスの状態および使用量の分析の一般提供が開始されました。

  • Azure Monitor
04/03

Azure AD B2C の URL の、新しいリダイレクトのサポートが現在開発中

開発中

最近、Azure AD B2C では、新しい URL である b2clogin.com を導入し、以前使用していた URL を今後廃止する予定です。

  • API Management
04/03

Azure API Management での開発者ポータルは現在開発中です

開発中

Paperbits フレームワーク (paperbits.io) の独自のフォークに基づいて、Azure API Management の 新しいオープンソースの開発者ポータル サービスに取り組んでいます。

  • API Management
04/03

Azure Database for PostgreSQL の Query Store の提供を開始

提供中

Azure Database for PostgreSQL で、Query Store のサポートが一般提供となりました。これは、Intelligent Performance の機能セットを構成する 3 つの機能のうちの 1 つです。Query Store は、クエリ実行の統計情報と待機イベントの分布情報を収集、保存する機能です。

  • Azure Database for PostgreSQL
04/03

Azure Database for PostgreSQL の Performance Recommendations の提供を開始

提供中

Azure Database for PostgreSQL には、学習によりユーザーのワークロードに適応する機能があります。一般提供リリースの Performance Recommendations (Intelligent Performance の機能セットを構成する 3 つの機能のうちの 1 つ) は、新しいインデックスの作成や削除に関する推奨事項の一覧をユーザーに提供することで、ユーザーのワークロードのパフォーマンスを向上させることができる可能性があります。

  • Azure Database for PostgreSQL
04/03

Azure Database for PostgreSQL の Query Performance Insights の提供を開始

提供中

Azure Database for PostgreSQL の Query Performance Insights 機能の一般提供が開始されました。Query Performance Insights は、Intelligent Performance の機能セットを構成する 3 つの機能のうちの 1 つです。

  • Azure Database for PostgreSQL
04/03

Azure Event Hubs に対応した Spring Cloud Stream Binder を使用したイベント ドリブン Java が利用可能になりました

提供中

Spring Cloud Stream と Event Hubs を使用して高度にスケーラブルなイベント ドリブン Java アプリを簡単に構築できます。Event Hubs は、Azure におけるフル マネージドのリアルタイム データ インジェスト サービスが利用可能になり、どのような状況でも高い回復性と信頼性が提供されるようになりました。

  • Event Hubs
04/02

Azure Lab Services の更新:GPU サイズ、イメージの保存、およびオンプレミス リソースへの接続

提供中

GPU サイズ、オンプレミス リソースへの接続、イメージの保存、電子メールの登録リンクの送信、リモート デスクトップを使用した Linux マシンへの接続など、Azure Lab Services の機能が更新されました。

  • Azure Lab Services
04/02

Anomaly Detector が利用可能になりました

プレビュー

Azure Cognitive Services 内の新しいサービスである Anomaly Detector の一般提供が開発者向けに開始されました。異常検出機能をアプリに簡単に組み込むことができるので、問題をすばやく特定し、損失と顧客への影響を最小限にすることができます。

  • Cognitive Services
04/02

Azure Security Center の規制コンプライアンス ダッシュボードが利用可能になりました

提供中

このダッシュボードを使用すると、サポートされている一連の基準と規制についてコンプライアンス体制に関する分析情報を提供することで、コンプライアンスのプロセスを合理化できます。

  • Security Center
  • Security
04/02

Azure Security Center で仮想マシン (VM) スケール セットがサポートされるようになりました

提供中

Security Center で VM スケール セットを保護できるようになりました。セキュリティの推奨事項に従って VM スケール セットのセキュリティ体制を簡単に監視し、セキュリティ全般の向上、脆弱性の削減、脅威の検出を実現できます。

  • Security Center
  • Security
04/02

Azure Government で Azure Firewall が利用可能に

提供中

Azure Firewall サービスの一般提供が Azure Government で開始されました。これは、2018 年 9 月以降からすべての Azure パブリック リージョンで利用可能になっています。

  • Azure Firewall
04/02

Cognitive Services の Custom Vision が利用可能になりました

提供中

貴社の最先端のコンピューター ビジョン モデルを、独自の用途向けに簡単にカスタマイズできます。ラベル付けした画像をいくつかアップロードするだけで、あとは Custom Vision Service におまかせください。1 回クリックするだけで、トレーニング済みのモデルをデバイスでの実行用や、Docker コンテナーとしてエクスポートできます。

  • Cognitive Services
04/02

Video Indexer が ISO、SOC、HiTRUST、FedRAMP、HIPAA、PCI 認定を取得しました

提供中

Video Indexer が、エンタープライズ認定要件に対応するために新しい認定を取得しました。

  • Video Indexer

関連資料

四半期ごとの Azure の更新情報の振り返りをダウンロードします。

2019 年第 3 四半期

2019 年第 2 四半期

Azure ブログで最新ニュースを確認しましょう。

ブログ

Azure へのご意見や今後の要望をお聞かせください。

フィードバックの提供

Azure は、他のどんなクラウド プロバイダーよりも多くのリージョンでご利用いただけます。

自分のリージョンで製品が利用可能か確認する