Azure Storage の Advanced Threat Protection が利用可能になりました

2019年4月2日 に投稿済み

Azure Storage の Advanced Threat Protection が利用可能になりました。ストレージ アカウントに対する通常と異なる潜在的に有害なアクセスの試行すなわちストレージ アカウントの悪用を検出するセキュリティ インテリジェンスが強化されます。

セキュリティの専門家以外でも、この保護レイヤーにより、ストレージ アカウント への潜在的な脅威に関する懸念事項に対処できます。有効化は簡単でシンプルです。Azure portal で、または標準の Azure API (REST/PowerShell) を使用して、特定のストレージ アカウントまたはサブスクリプションにサインアップします。いったん有効にすると、セキュリティ アラートは不審なアクティビティが発生したときにトリガーされます。これらは Azure Security Center で確認できます。セキュリティ アラートは、不審なアクティビティの詳細と、潜在的な脅威の調査や危険性の軽減のために推奨される対処方法を提供します。

Azure portal にサインアップする

  • Security Center
  • Security