Cognitive Services の価格 – Text Analytics API

インテリジェンス API を使用して、視覚、言語、検索機能を有効にする

Text Analytics は、構造化されていないテキスト内の感情、エンティティ、キー フレーズなどの分析情報を得られる AI サービスです。Text Analytics には、次の 4 つの主要な機能があります。感情分析、キー フレーズ抽出、言語検出、固有表現認識。

また、Text Analytics for Health についてもご紹介します。これは自然言語処理を使用して、構造化されていない臨床ドキュメント内の情報を検索し、ラベル付けします。パブリック プレビュー期間中は、Text Analytics for health の使用料金は発生しません。これはゲート機能です。ゲート プロセスの詳細については、こちらからご確認ください。価格は、機能の一般提供が開始された時点で発表いたします。

価格の詳細

Text Analytics API は、各レベルで購入できます。

Text Analytics API 要求への入力として指定されるドキュメント内の 1,000 文字ユニット数に相当するテキスト レコード。

インスタンス 機能 料金
無料 - Web/コンテナー 感情分析 (およびオピニオン マイニング)
重要なフレーズを抽出
言語検出
名前付きエンティティの認識 (コンテナーでは使用できません)
5,000 無料トランザクション / 月
Standard - Web/コンテナー 感情分析 (およびオピニオン マイニング)
重要なフレーズを抽出
言語検出
名前付きエンティティの認識 (コンテナーでは使用できません)
0-500,000 テキスト レコード — $- (1,000 あたり) テキスト レコード
0.5M-2.5M テキスト レコード — $- (1,000 あたり) テキスト レコード
2.5M-10.0M テキスト レコード — $- (1,000 あたり) テキスト レコード
10M+ テキスト レコード — $- (1,000 あたり) テキスト レコード
医療向け Text Analytics (プレビュー)* 無料

*現在、医療向け Text Analytics API は、米国東部 2、米国西部 2、米国中部、北ヨーロッパ、西ヨーロッパでご利用いただけます。

Text Analytics API 要求への入力として指定されるドキュメント内の 1,000-文字ユニット数に相当するテキスト レコード。

サポートおよび SLA

  • 請求およびサブスクリプション管理サポート (無償) が含まれます。
  • Cognitive Services については、Standard レベルでの実行時に 99.9 パーセントの可用性が保証されます。無料試用版では SLA は提供されません。SLA はこちらからご覧ください
  • 2021 年 3 月以降、S0-S4 価格インスタンスは非推奨となりました。現在 S0 – S4 を使用している既存のお客様は、2024 年 3 月までに Standard インスタンスに移行する必要があります。移行方法に関するガイド

よく寄せられる質問

  • In the S tier, the service is billed for only the amount of Text Records submitted to the service.
  • トランザクションが Free レベルの上限に達した場合は使用量が制限されます。お客様は、Free レベルの超過分を課金されることはありません。
  • たとえば、1 回の API 呼び出しで 1,000 ドキュメントの感情分析とキー フレーズ抽出を実行すると、2,000 トランザクション (2 x 1,000 ドキュメント) としてカウントされます。1 つのドキュメントの最大サイズは、StringInfo.LengthInTextElements によって測定される 5,120 文字です。ドキュメントに 5,120 文字以上が含まれている場合、その特定のドキュメントは処理されず、無効なドキュメントがエラーとして表示されます。要求に複数のドキュメントがある場合は、5,120 文字未満のすべてのドキュメントが処理されます。
  • If the usage on the S0-S4 tier is exceeded, the account starts to accrue overages. These overages are billed on a monthly basis and are calculated at the rate specified for each tier. S0-S4 pricing tiers are now deprecated and you are encouraged to switch to S tier.
  • いつでも上のレベルにアップグレード可能です。アップグレード後のレベルに対応する課金レートと含まれるトランザクション数がすぐに適用されます。
  • A text record in the S tier contains up to 1,000 characters as measured by StringInfo.LengthInTextElements. If an input document into the text analytics API is more than 1,000 characters, it counts as one text record for each unit of 1,000 characters. For instance, if an input document sent to the API contains 7,500 characters, it would count as 8 text records. If an input document sent to the API contains 500 characters, it would count as 1 text record. If two documents are submitted, one document of 500 characters and one document of 1,200 characters, then the service would be billed for three text records in total: one record for the 500 character document and two text records for the 1,200 character document. You can check your text records usage in your Text Analytics resource in Azure portal under Monitoring > Metrics > Processed Text Records.
  • Standard 価格 (S インスタンス) はテキスト レコードベースの価格で、Text Analytics の最新の機能を使用できます。トランザクションベースの価格を使用するよりも、コスト効率に優れています。移行する方法についてのガイド

リソース

Azure サービスの月額料金を概算できます。

Azure の価格についてよく寄せられる質問を見ることができます

Azure Cognitive Servicesの詳細を表示します

技術チュートリアル、ビデオ、その他のリソースを確認します。

見積に追加されました。 計算ツールで表示するには 'v' を押してください

Azure の価格の説明については、営業担当者にお問い合わせください。クラウド ソリューションの価格を把握できます。

無料のクラウド サービスと、30 日間 Azure を検証できる $200 のクレジットを利用できます。