Cognitive Services の価格 - Face API

視覚、音声、言語、ナレッジ機能を有効にするインテリジェンス API の使用

Microsoft Face API は、最先端のクラウドベースの顔アルゴリズムを使用して画像から人の顔を検出し、認識します。顔検出や顔検証のほか、見た目の類似性に基づいて顔をグループにまとめる顔のグループ化などの機能を備えています。

価格の詳細

レベル 機能 料金
Face API – Free 1 分あたり 20 トランザクションまで 30,000 無料トランザクション / 月
Face API – Standard 最大 10 トランザクション/秒
0 ~ 1,000,000トランザクション $-/1,000 トランザクション
1,000,001 ~ 5,000,000トランザクション $-/1,000 トランザクション
5,000,001 ~ 20,000,000トランザクション $-/1,000 トランザクション
フェイス ストレージ 1 つ 4 MB までの画像を保存 画像 1,000 枚あたり月額 $-

サポートおよび SLA

  • 請求およびサブスクリプション管理サポート (無償) が含まれます。
  • Cognitive Services については、Standard レベルでの実行時に 99.9% の可用性が保証されます。Free レベルに対して、SLA は提供されません。SLA を参照してください

FAQ

Face API

  • フェイス ストレージを使用すると、サブスクリプションで人物オブジェクトや顔リストを使用して、Face API により識別や類似性照合を行う場合に、保存する顔の数を増やすことができます。

  • 保存した画像には、顔 1,000 個あたり $- の料金がかかります。この料金は日割りで課金されます。

    たとえば、アカウントで月の前半は毎日 10,000 個の顔を保存し、後半は保存を行わなかった場合、保存した期間の 10,000 個の顔についてのみ料金が請求されます。このため、料金は、($-/1,000) * (10,000*15+0*16)/31 = $- と計算されます。

    2 つ目の例として、ある月に毎日数時間 1,000 個の顔を保存し、その日の夜にはそれらの顔を削除するとします。この場合でも、毎日 1,000 個の保存した顔について料金が請求されます。

  • 保存された人物グループ数のクォータは現在 1,000 で、人物グループまたは顔リストごとに 1,000 人までです。

全般

  • Emotion API、Face API、Language Understanding Intelligent Service API、Bing Speech to Text API、Bing Text-to-Speech API は、実稼働 API 呼び出しがアクティブに実行されている間の 1,000 件の API トランザクション呼び出しごとに課金されます。課金は、実稼働 API トランザクション呼び出し数に対して按分計算されます。

    Bing Long Form Speech API サービスは、分析された音声の時間単位で課金されます。課金は分単位で計算されます。

    Recommendations API と Text Analytics API は、Standard レベルを 1 単位として固定価格で購入できます。レベルの各単位には、API トランザクション数が含まれています。含まれているトランザクション数を超える場合、超過分は上記の料金表に指定されている料金が課金されます。これらの超過分は按分計算され、サービスは月単位で課金されます。レベルに含まれているトランザクション数は毎月リセットされます。

  • トランザクションが Free レベルの上限に達した場合は使用量が制限されます。お客様は、Free レベルの超過分を課金されることはありません。

  • 1 ドキュメントに対する注釈はすべて、1 トランザクションとしてカウントされます。バッチ スコアリング呼び出しでは、そのトランザクションでスコア付けする必要があるドキュメントの数も考慮されます。そのため、たとえば 1 つの API 呼び出しで感情分析のために 1,000 ドキュメントが送信される場合、1,000 トランザクションとしてカウントされます。1 つの API で 1 つ以上の注釈操作がサポートされている場合は、それも考慮されます。たとえば、1 つの API 呼び出しで 1,000 ドキュメントの感情分析とキー フレーズ抽出を実行すると、2,000 トランザクション (2 注釈 x 1,000 ドキュメント) としてカウントされます。

  • Standard レベルの使用量を超えた場合は、そのアカウントの超過分の課金が開始されます。これらの超過分は月単位で課金され、各レベルに指定されている料金が計算されます。

  • バッチ スコアリング呼び出しを除くすべての API 呼び出しは、1 トランザクションとしてカウントされます。バッチ スコアリング呼び出しは、そのトランザクションでスコア付けする必要があるアイテムの数に応じてカウントされます。

  • トランザクションが Free レベルの上限に達した場合は使用量が制限されます。お客様は、Free レベルの超過分を課金されることはありません。Free レベルではバッチ スコアリングはサポートされていません。

  • Recommendations API は、Standard レベルを 1 単位として固定価格で購入できます。レベルの各単位には、API トランザクション数が含まれています。含まれているトランザクション数を超える場合、超過分は上記の料金表に指定されている料金が課金されます。これらの超過分は按分計算され、サービスは月単位で課金されます。レベルに含まれているトランザクション数は毎月リセットされます。

  • いつでも上のレベルにアップグレード可能です。アップグレード後のレベルに対応する課金レートと含まれるトランザクション数がすぐに適用されます。

リソース

Azure サービスの月額料金を概算できます。

Azure の価格についてよく寄せられる質問を見ることができます

詳細を表示するCognitive Services

技術チュートリアル、ビデオ、その他のリソースを確認します。

見積に追加されました。 計算ツールで表示するには 'v' を押してください 計算ツールで表示する

$200 のクレジットで学習と開発ができ、継続は無料です

無料アカウント