更新情報のアーカイブ

7月 2019 の毎月の更新情報

07/31

Azure Site Recovery 更新プログラム ロールアップ 38 (2019 年 7 月)

提供中

Azure Site Recovery の最新の更新プログラム ロールアップが利用できるようになりました。

  • Azure Site Recovery
07/31

Azure DevOps ロードマップ: 2019 Q3 の更新

開発中

Azure DevOps 担当のエンジニアリング チームは継続的にサービス全体にわたり機能強化と新規機能の提供に努めています。最近はこれまでにないスピードで Azure DevOps に新しい機能を追加しています。下記のリストで今後数か月で利用可能になる主要な新規機能の例をご確認いただけます。完全なリストについては DevOps の機能に関するタイムラインを参照してください。

  • Azure DevOps
07/31

Azure クラウド内のネットワーク トラフィック 格納により Managed Instance のセキュリティを強化

提供中

Azure SQL Database の Managed Instance のネットワーク トラフィックが、既定で Azure クラウド内に格納されるようになりました。この更新により、セキュリティが強化され、インターネット経由でのデータ流出を防ぎます。

  • Azure SQL Database
  • Managed Instance
07/30

米国中南部、米国西部、西ヨーロッパ、北ヨーロッパの Azure リージョンでの、GPU 最適化された視覚化 VM の提供を開始

提供中

NVv3 シリーズ VM が米国中南部、米国西部、西ヨーロッパ、北ヨーロッパの Azure リージョンで利用可能になりました。

  • Virtual Machines
07/29

Data Factory の Mapping Data Flow に追加された新機能により、スキーマの誤差の処理が簡略化

プレビュー

今週 ADF サービスに追加された新機能により、データ変換のために大規模な Mapping Data Flow を作成する際の柔軟なスキーマおよびスキーマの誤差のシナリオの処理が非常に簡単になりました

  • Data Factory V2
07/29

従量課金制のお客様を対象とした Azure Cost Management で Azure Marketplace の料金が利用可能に

プレビュー

従量課金制のお客様を対象としたコスト分析ツール内で Azure Marketplace の料金のプレビュー リリースがいよいよ開始されました。このプレビューの一環として、コスト分析内でお使いの Azure サービスの料金と Marketplace の料金を一緒に分析し、コスト分析と新しい使用状況 CSV ダウンロード API の両方を使って、ご自身の Azure Marketplace 請求書を調整できるようになりました。

  • コスト管理と請求
07/29

ネットワーク セキュリティ グループの改良 - ICMP のサポートおよび Azure プラットフォームに関する既定の考慮事項のオーバーライド

提供中

ネットワーク セキュリティ グループ (NSG) はさまざまな Azure リソースとの間を行き来するネットワーク トラフィックをフィルタリングしますが、これに新しい改良が加えられました。NSG ルールのプロトコルとして ICMP を指定することと、Azure プラットフォームに関する既定の考慮事項をオーバーライドすることができるようになりました。

07/26

新しい分析レポートと Azure Boards アプリが Slack で利用可能になりました

提供中

Azure DevOps の Sprint 155 Update で、新しい Azure Boards レポートが導入され、重要なチーム メトリックを追跡しやすくなりました。[ボード]、[バックログ]、[スプリント] ハブで、[分析] タブの下に新しいレポートが表示されます。

  • Azure DevOps
07/25

Azure Blob ライフサイクル管理は、すべての Azure リージョンで使用できるようになりました。

提供中

Azure Blob ライフサイクル管理が拡張され、利用可能なリージョンが拡大され、直観的なポータル エクスペリエンスを備えるようになりました。

  • Blob Storage
  • ストレージ アカウント
07/24

Azure Database for MySQL での MySQL 8.0 のプレビュー サポートの提供

プレビュー

Azure Database for MySQL では、MySQL の最新メジャー バージョンであるバージョン 8.0 のプレビュー サポートの提供が開始されました。

  • Azure Database for MySQL
07/24

Azure Lab Services の新しいインスタンス サイズ "中" (入れ子になった仮想化) の提供開始

提供中

Azure Lab Services では、"中" (入れ子になった仮想化) という新しいインスタンス サイズの提供が開始されました。価格はすべてのリージョンで 1 時間あたり 0.55 米国ドル (1 時間あたり 55 ラボ ユニット) です。

  • Azure Lab Services
07/24

Azure Lab Services での、ユーザーあたりのクォータからの無制限オプション削除によるコスト削減の支援

提供中

Azure Lab Services では、ラボ所有者が各ラボに必要な特定の時間数を意図的に選択することでコストを削減できるように、ユーザーあたりのクォータから無制限オプションが削除されました。

  • Azure Lab Services
07/24

Azure Lab Services - パスワードをリセットし、Ubuntu イメージをサポートする機能の追加

提供中

Azure Lab Services では、パスワードをリセットし、Ubuntu イメージを追加でサポートする機能が提供されました。

  • Azure Lab Services
07/24

Azure Functions Premium プランでの Linux のサポート

プレビュー

Azure Functions Premium プランのプレビューが、Linux ホスティングおよびカスタム Docker コンテナーにまで拡張されました。

  • Azure Functions
07/24

SQL Server CTP 3.2 ビッグ データ クラスターのプレビュー提供開始

プレビュー

SQL Server 2019 の主要な新機能の 1 つであるビッグ データ クラスターのプレビュー提供が開始されました。これによって SQL Server が Apache Spark および Hadoop Distributed File System と結合され、リレーショナルと非リレーショナルを含むすべてのデータに対する分析と AI を可能にする統合データ プラットフォームが実現されます。

  • Azure SQL Database
07/24

Azure Database Migration Service - Azure Migrate v2 との統合

プレビュー

Azure Data Migration ツールおよび Azure Database Migration Service と、Azure Migrate ハブの統合のプレビューが提供開始されました。

  • Azure Database Migration Service
07/24

Azure Database for PostgreSQL での PostgreSQL 11 の一般提供開始

提供中

PostgreSQL の最新メジャー バージョンである PostgreSQL 11 が、Azure Database for PostgreSQL で一般提供されました。

  • Azure Database for PostgreSQL
07/24

Azure Container Registry - タスクにおけるビルドパック サポートのプレビュー提供開始

プレビュー

Container Registry タスクを使用して、OS とフレームワークの修正プログラム適用のためにビルドパックと基本スタック追跡をアセンブルできます。

  • Container Registry
07/24

統合サービス環境の新しい開発者価格レベル

提供中

低コストで統合サービス環境 (ISE) を展開できる開発者価格レベル (一般提供) が提供されるようになりました。

  • Logic Apps
07/24

Azure IoT Edge 1.0.8 リリースの提供開始

提供中

さまざまな改良点が含まれる Azure IoT Edge 1.0.8 リリースが提供されました。

  • Azure IoT Edge

関連資料

四半期ごとの Azure の更新情報の振り返りをダウンロードします。

2019 年第 3 四半期

2019 年第 2 四半期

Azure ブログで最新ニュースを確認しましょう。

ブログ

Azure へのご意見や今後の要望をお聞かせください。

フィードバックの提供

Azure は、他のどんなクラウド プロバイダーよりも多くのリージョンでご利用いただけます。

自分のリージョンで製品が利用可能か確認する