提供中

Azure Lab Services - パスワードをリセットし、Ubuntu イメージをサポートする機能の追加

公開日: 7月 24, 2019

Azure Lab Services ではパスワードをリセットできるようになりました。これはラボ作成時に構成できるオプションで、これによってラボ所有者が [Use same password for all virtual machines]\(すべての仮想マシンに同じパスワードを使用する\) 設定の有効/無効を切り替えることができます。   

この設定を無効にすると (既定では有効)、学生は仮想マシン (VM) への初回ログイン時にパスワードを設定し、後でパスワードをリセットすることもできます。ラボ所有者は、テンプレート マシンのパスワードをいつでもリセットできます。   

Ubuntu イメージのサポートも提供されました。これまで、Ubuntu VM では、学生は初回のサインインでパスワードを設定する必要があったため、Azure Lab Services ではこれがサポートされていませんでした。このたび、Ubuntu イメージを使用してラボを作成できるようになりました。  

フィードバックのご提供やご提案については、フィードバック フォーラムにアクセスしてください。 

ご質問がある場合は、Stack Overflow にアクセスしてください。 

詳細についてはこちら (英語) をご覧ください

  • Azure Lab Services
  • Features