更新情報のアーカイブ

製品

    5月 2019 の毎月の更新情報

    05/31

    Azure Sphere 19.05 リリースで MT3620 の新機能を提供

    Retail フィードで Azure Sphere 19.05 パブリック プレビューの提供を開始

    • Azure Sphere
    • Operating System
    • SDK and Tools
    05/29

    Event Grid の IoT Hub デバイス テレメトリ イベント - パブリック プレビュー

    デバイス テレメトリ イベントへサブスクライブできるようにすることで、IoT Hub の機能が Event Grid のイベント ソースとして拡張されます。

    • Event Grid
    • Azure IoT Hub
    • Features
    • Services
    05/29

    Event Grid で最大 1 MB のイベントをサポート - パブリック プレビュー

    より大きいサイズのイベントのサポートがパブリック プレビュー段階になり、最大 1 MB がサポートされるようになりました。

    • Event Grid
    • Features
    • Services
    05/29

    Event Grid で Service Bus へイベントを発行可能

    Event Grid で Service Bus をイベント ハンドラーとして使用できるようになりました。

    • Event Grid
    • Service Bus
    • Features
    • Services
    05/29

    Azure Container Registry - Helm 3 のサポートのプレビュー開始

    Helm 3 のサポートがプレビュー段階になりました。この更新によって、Helm の次のバージョンである Helm 3 チャートの格納をサポートし、改善されたセキュリティ モデルと新しい Lua ベースのスクリプト エンジンが使用可能になります。

    • Container Registry
    • Features
    05/29

    Azure Container Registry - Open Container Initiative (OCI) での新しい成果物レジストリの種類のサポート (プレビュー)

    Azure Container Registry - OCI での新しい成果物レジストリの種類のサポートがプレビュー段階になりました。

    • Container Registry
    • Features
    • Open Source
    05/29

    Azure App Configuration のプレビューを開始

    Azure App Configuration は、アプリケーション設定を一元的に管理するサービスを提供し、そのアクセスをセキュリティで保護します。また、機能フラグを使用して、運用環境で機能を容易に "フライティング" できるため、開発者によるコードの出荷を高速化できます。

    • App Service
    • Virtual Machines
    • App Configuration
    • Services
    05/28

    Azure Monitor のアプリケーションの変更の分析は現在、パブリック プレビューの段階です

    App Services の問題の診断と解決ツールへの統合を含む変更の分析のパブリック プレビュー。

    • Azure Monitor
    • App Service
    • Features
    • Services
    05/20

    Azure の第 2 世代仮想マシン – パブリック プレビュー

    Azure の第 2 世代 (UEFI ブート) 仮想マシンがパブリック プレビューで提供開始

    • Virtual Machines
    • Features
    • Pricing & Offerings
    05/17

    Azure Kubernetes Service (AKS) が Windows Server コンテナー対応になりました

    ワークロードの場所 (Windows、Linux、または両方) に関係なく、すべてのワークロードにマネージド Kubernetes を使用してください。

    • Azure Kubernetes Service (AKS)
    • Features
    05/16

    Azure Sphere 19.05 のパブリック プレビューの提供を開始 (評価用)

    本日、Azure Sphere パブリック プレビュー 19.05 機能リリースの提供が Retail Evaluation フィードで開始されました。通常の Retail OS フィードでは引き続きバージョン 19.04 が提供され、2 週間以内に 19.05 にアップグレードされる予定です。

    • Azure Sphere
    • Operating System
    05/16

    MFA とパスワードのリセット セキュリティ情報の統合登録エクスペリエンスのための Azure AD 条件付きアクセス ポリシー

    多要素認証とセルフサービスでのパスワードのリセットに必要な機密のセキュリティ情報を登録できる条件を制御します。

    • Azure Active Directory
    • Features
    • Security
    05/15

    Azure Database for MySQL および Azure Database for PostgreSQL のリージョン間の読み取りレプリカ

    Azure Database for MySQL および Azure Database for PostgreSQL のクロスリージョンの非同期レプリケーションは、現在プレビュー段階にあります。

    • Azure Database for PostgreSQL
    • Azure Database for MySQL
    • Features
    05/08

    Azure SQL Data Warehouse で結果セット キャッシュ機能のプレビューを開始

    結果セットのキャッシュ機能により、ビジネス アナリストとレポート ユーザーが分析情報を得るまでにかかる時間を短縮しながら、即時のクエリ応答が可能になります

    • SQL Data Warehouse
    • Features
    • Microsoft Build
    05/08

    Azure Monitor BUILD 2019 の更新

    Azure Monitor はエンドツーエンドの AKS 監視、ログのための詳細な RBAC、インテリジェントでスケーラブルなアラート、新しいアプリケーションの変更分析機能など、さまざまな機能を導入しています。

    • Azure Monitor
    • Features
    • Microsoft Build
    05/08

    Azure SQL Data Warehouse で順序指定クラスター化列ストア インデックスのプレビューを開始

    列ストアは、大量のデータの格納および効率的なクエリを実現する鍵となります。

    • SQL Data Warehouse
    • Features
    • Microsoft Build
    05/08

    Azure SQL Data Warehouse で動的データ マスクのプレビューを開始

    動的データ マスク (DDM) は、定義されたマスキング規則に基づいて、クエリ結果内で機密データを即座に難読化することにより、データ ウェアハウス内の機密データへの未承認アクセスを防止します。

    • SQL Data Warehouse
    • Features
    • Microsoft Build
    05/08

    Azure SQL Data Warehouse で JSON データ サポートのプレビューを開始

    ビジネス アナリストは、使い慣れた T-SQL 言語を使用して、JSON データとして書式設定されたドキュメントのクエリおよび操作を行えるようになりました

    • SQL Data Warehouse
    • Features
    • Microsoft Build
    05/07

    App Service Linux の新しいネットワーク機能のプレビュー提供

    Linux アプリからリソースに安全にアクセスするための新しいネットワーク機能がプレビュー段階に入りました。

    • App Service
    • Features
    • Microsoft Build
    05/07

    Durable Functions による新しいステートフルなエンティティ パターンのサポート開始

    Durable Functions で、新しいステートフルなエンティティ パターンがサポートされるようになり、アクターにマップするステートフルな Azure Functions を構築できるようになりました。

    • Azure Functions
    • Features
    • Microsoft Build
    • Services

    関連資料

    四半期ごとの Azure の更新情報の振り返りをダウンロードします。

    2019 年第 2 四半期

    Azure ブログで最新ニュースを確認しましょう。

    ブログ

    Azure へのご意見や今後の要望をお聞かせください。

    フィードバックの提供

    Azure は、他のどんなクラウド プロバイダーよりも多くのリージョンでご利用いただけます。

    自分のリージョンで製品が利用可能か確認する