プレビュー

Azure の第 2 世代仮想マシン – パブリック プレビュー

公開日: 5月 20, 2019

Azure の第 2 世代仮想マシンのパブリック プレビューが発表されました。第 2 世代仮想マシンは、第 1 世代仮想マシンで使用された BIOS ベースのブート アーキテクチャではなく、新しい UEFI ベースのアーキテクチャを使用します。新しいアーキテクチャにより、次のことが可能になります。

  • 大規模な仮想マシンの構築 (最大 12 TB)
  • 2 TB を超える OS ディスクのプロビジョニング

Microsoft は、Windows Server 2012 R2 を使用するオンプレミスの Hyper-V ユーザー向けの第 2 世代仮想マシンを導入しました。ますます多くのユーザーがオンプレミスのワークロードを Azure に移行するようになり、第 2 世代仮想マシンが Microsoft Azure プラットフォームでネイティブにサポートされることを希望する声が高まっています。 Microsoft ではその最初のステップとして、第 2 世代仮想マシンの作成をネイティブにサポートできるよう、Azure インフラストラクチャを拡張しています。

こうした機能の利用を希望するユーザーは、Azure で第 2 世代仮想マシンを作成できるようになりました。ただし、第 2 世代の機能は、ユーザーからのフィードバックを基に今後も拡張が続けられます。第 2 世代仮想マシンの機能、制限事項、デプロイに関連した詳細の完全なリストについては、こちらのドキュメントをご覧ください。

参照用に、第 1 世代仮想マシンと第 2 世代仮想マシンの違いの一部をまとめた表を次に示します。

 

 

第 1 世代仮想マシン

第 2 世代仮想マシン

ブート

PCAT

UEFI

ディスク コントローラー

IDE

SCSI

サポート対象の VM サイズ

すべて

Premium Storage VM

2 TB を超す OS ディスク

いいえ

はい

Azure Site Recovery / Backup

はい

いいえ

Azure Disk Encryption

はい

いいえ

共有イメージ ギャラリー

はい

いいえ

 

以下のことが可能です。

  • Azure portal またはコマンド ラインから、Azure Marketplace のイメージを使用して、スタンドアロンの第 2 世代仮想マシンを作成する。
  • Azure portal またはコマンド ラインから、マネージド イメージやマネージド ディスクを使用して、スタンドアロンの第 2 世代仮想マシンを作成する。
  • Azure portal またはコマンド ラインから、仮想マシン スケール セットを使用して、第 2 世代仮想マシンを作成する。
  • OS ディスクが 2 TB を超す仮想マシンをデプロイする。

 

コメント、質問、フィードバックをぜひお寄せください。皆様のご意見をお待ちしております。

Gen2VMvTeam@microsoft.com


 

  • 仮想マシン
  • Features
  • Pricing & Offerings

関連製品