更新情報のアーカイブ

7月 2019 の毎月の更新情報

07/08

SAML および WS-Fed プロバイダーを使用した Azure AD B2B コラボレーションの直接フェデレーション

プレビュー

ゲストやパートナーが使用している IT マネージド ID ソリューションで SAML または WS-Fed 標準がサポートされている場合、そのゲストやパートナーとシームレスにコラボレーションできます。

  • Azure Active Directory
  • Security
07/08

Azure HDInsight での Apache Spark 2.4 および Apache Kafka 2.1 のサポートについて

提供中

Azure HDInsight で Apache Spark 2.4 および Apache Kafka 2.1 がサポートされるようになりました。クラスターの作成時に、Spark か Kafka のどちらか希望するバージョンを Azure portal で選択できます。どちらの更新プログラムにも、新機能がいくつか追加されているほか、バグ修正や機能強化が数多くなされています。

  • HDInsight
07/05

Azure DevOps での新機能の追加 (リリースと Jira イシュー間の双方向の追跡機能など)

提供中

Microsoft では Jira 用 Azure Pipelines アプリを Atlassian マーケットプレースにリリースします。この統合によって、リリースと共にデプロイされる作業項目として Jira イシューへのリンクが追加され、Jira イシューで直接デプロイの詳細を確認できるようになります。

  • Azure DevOps
07/04

Azure Data Factory Mapping Data Flow のパブリック プレビューにパラメーター サポートが追加されます

プレビュー

Azure Data Factory Mapping Data Flow には、大規模な ETL データ変換のビルドと運用のためのコーディング不要の設計環境が備わっています。ADF チームは、Data Flow のパラメーター サポートを追加することにより、パイプラインから動的に呼び出すことのできるフレキシブルかつ再利用可能なデータ フローを実現しました。

  • Data Factory
07/03

Azure Data Factory での Teradata コネクタのアップグレードにより新機能と拡張機能をご利用いただけます

提供中

Azure Data Factory では Teradata コネクタがアップグレードされます。これには、組み込みの Teradata ドライバー、Teradata からデータを並列して効率的に取り込む既定のデータ パーティション分割などの新機能の追加と機能拡張が含まれます。

  • Data Factory
07/03

Azure Monitor Log での複数の Azure リソースにおけるログ検索のサポート開始

提供中

多数の Azure サービスでのログの検索を容易にする新しい方法に対するサポートの追加

  • Azure Monitor
07/01

B12、B16、B20 を導入 - より大きい VM サイズで CPU 使用率が柔軟な新しい B シリーズ

提供中

B シリーズに 3 つの新しいサイズをリリースしました。B12ms、B16ms、B20ms です。これは低コストの VM で CPU 使用率が柔軟です。

  • Virtual Machines
07/01

Azure Search - 新しいストレージ最適化サービス レベルの提供が開始されました

提供中

Storage Optimized エディション (L1 と L2) の一般提供が開始され、さらに多くのストレージをより価格の低いレベルでご利用いただけるようになりました。

  • コグニティブ検索
07/01

Azure Cosmos DB ExpressRoute BGP コミュニティが利用できるようになりました

提供中

ExpressRoute に Azure Cosmos DB コミュニティが追加され、Azure Cosmos DB のリージョン別の広告が可能になることを発表します。

  • Azure ExpressRoute
  • ストレージ アカウント
  • Azure Cosmos DB
  • Azure SQL Database
07/01

Azure Data Factory ログを Azure Monitor ログの専用テーブルとして利用できるようになりました

提供中

Azure ログ ターゲットの診断設定の新しいログ モードにより、Azure Data Factory を開始すると、改善されたインジェスト待機時間、クエリ パフォーマンス、データの検出可能性などを活用できます。

  • Log Analytics
  • Data Factory
07/01

コンテナーの Azure Monitor:ライブ データの強化された検索およびその他の更新を利用できます

提供中

機能更新プログラムにより、ライブ データの検索、AKS でのノード ストレージまたはネットワーク パフォーマンス、データ収集フィルターが強化されました

  • Azure Monitor
  • Azure Kubernetes Service (AKS)

関連資料

四半期ごとの Azure の更新情報の振り返りをダウンロードします。

2019 年第 3 四半期

2019 年第 2 四半期

Azure ブログで最新ニュースを確認しましょう。

ブログ

Azure へのご意見や今後の要望をお聞かせください。

フィードバックの提供

Azure は、他のどんなクラウド プロバイダーよりも多くのリージョンでご利用いただけます。

自分のリージョンで製品が利用可能か確認する